手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【不定期更新】新企画・マミコと一緒にWebレッスン! ~01.自分を大切にする~

マミコちゃんのお茶のコップの下敷き 新しいの買ったでちか??

こんばんワンダフル!

日曜日に100均とアピタ(ショッピングセンター)に出かけて、雑貨屋さんをチラッとのぞいたらカワイイのにシックな色合いのコースターを発見。
お値段は440円と、意外とお高い…ので逡巡しましたが、コースターを探していたのになかなかピンとくるものがなかったので、自分へのプレゼントにして買っちゃいました♡

ささやかなものですが、毎日使うものだから「お気に入り」だとご機嫌になれちゃいます。
この秋・冬はきっと大活躍してくれる事間違いなしです!

* * *

私のブログは「基本・思い付き」で、脈絡もなければやりたい放題なのですが、今日から不定期で(私の匙加減で…)

マミコと一緒にWebレッスン

と題して、簡単なワークやセルフカウンセリングのようなことを、皆さんと一緒にやっていけたらいいなぁと思い、見切り発車でスタートしてみたいと思います。
やってみて…ではありますが、需要がなければひっそりとこの企画は消滅してもいいですし…

だって、それが「マミコ・スターーーイル」だから!!

ちなみに、企画ものにしている『チオビーとやりたい100の事のリストアップ』も、すごーーく中途半端な「58」で止まっています。
これは止めた訳ではないので、またおいおい私の中の妄想お花畑がルンルンしだしたら発表していきたいと思います。

記念すべき『第1回目』のテーマは…

自分を大切に扱うレッスン

私は過去に、自分をとっても雑に扱っていました。

自分の事を後回しにして人を優先し、自分がしんどかったり気乗りしなくても「誘われたら断る事が出来ず」に飲み会にも参加して疲弊していました。
さらに、自分の感情にも見張りを立てて「ネガディブになるなんてダメ!」と強制的にポジティブにならせようとしたり、自分の意見を言ったら嫌われるのでは?と気持ちを飲み込み続けるうちに、自分の気持ちが分からなくなっていきました。

人のため、周りのために「いい人」でいようと満身創痍で努力していたのに、周りの人から大切に思われるどころか、ポイッと捨てられるように傷つけられたり、いいように利用されていると感じることもあったり、鈍感だと思われてグサッと来る言葉を言われて傷つくこともありました。

それは、自分が自分を大切にしていなかったから。
自分が自分を扱うやり方で、周りの人も自分の事を扱うんですよね。

自分の事を「自分が大切に扱うようになる」と、同じように周りの人や世界からも「大切な存在」として扱われるようになります。

だから、自分を大切にする!というのはとっても大事な事。

何よりも、誰よりも、自分の事を「一番」に思ってあげる事。
自分の事を自分が一番に扱う事をしてあげないと、周りの人も「あなたの行動」を見て、あなたの事を大切にしなくてもいいんだ…と感じてしまいます。

なぜ、自分を大切にすると周りから大切にされて、自分をないがしろにすると他の人からも大切に扱ってもらえなくなるのでしょうか?

人は、その人の言動・行動を見て「どんな扱いをしたらいいのかな?」と判断します。

例えば、いつも自分の意見は言わずに人の意見を尊重して行動している人を見たら、「この人は意見を言わない人だから、意見を聞くのを待つ必要はないんだ」と判断します。

いつも、人に頼まれたことを断らずに引き受けているのを見た人は「あの人は余裕があるみたい。仕事を頼んでいいんだな。」と判断します。

酷い事を言われても言い返さずにニコニコして聞いてたら、この人には少し強い口調で話をしても大丈夫な強いハートの持ち主だと思われてしまいます。

飲み会や女子会など、断るのが苦手だし悪いから…と、誘われたら必ず参加していたら、「飲み会や女子会に参加するのが好きなんだろうな。逆に、誘わないの悪いよね?」と、毎回のように声がかかるようになります。

このように、私たちは『私の事をこんな風に扱ってください』と、自分の扱い方を周りに見せた通りに扱われます。

その逆に、自分を大切にしている人は「今日は疲れているから飲み会は遠慮するね」「そんな風に言われたら傷付いちゃうな」「今、この仕事で手一杯だからサポートは難しいな」「私はこちらの意見がいいと思うな」などなど、ちゃんと自分の事を守ってあげて、自分の言葉で自分を表現できます。
なぜなら、ちゃんと自分を大切に扱っているから。

そして、周りの人も「疲れているんだね!」「この言い方は傷付けちゃったんだね、ごめんね」「仕事も今は忙しいから頼んじゃ迷惑だな」「〇〇さんの意見はこっちなんだな」と分かるので、それを尊重したり理解して接してくれます。

あなたの事が分かるからこそ、周りの人があなたの事を大切に扱えるんですよね。

自分を大切に出来ないと、自分を後回しにして大事な事を相手に伝えられません。
勘違いさせてしまって、自分を雑に扱わせてしまっているんです。

だからこそ、自分が自分を大切にして一番に扱ってあげませんか?
あなたが自分を大切に扱い出すと、周りの人もあなたの事を大切に扱い始めます。
誰かに大切にされるのを待つのではなく、自分がまず最初に、自分の事を大切に扱ってあげてください。

では、自分を大切にするために出来る事ってどんなことがあるでしょうか??

【レッスン1】自分との約束を守る

あなたにとって大切な人がいたら、その人との「信頼関係」を損ねるようなことはしませんよね?

あなたは、毎回約束を破る人の事を信用できますか??

出来ないですよね。
どうせまた、約束したって反故にするんでしょ??と、約束を信じられなくなりませんか?

自分との約束も同じです。

自分の時間を犠牲にしてでも仕事関係や友達との約束は守るのに、自分との約束は平気ですっぽかす…
こんなことをする人の事、信頼できませんよね。

自分との信頼関係は蔑ろにしてもかまわないし、なんとも思わない。

このような扱いは「自分を大切にしている」状態とは程遠いですよね。
私との信頼関係は損なってもいい!と、自分を裏切り続け、自分の価値を見失っている状態です。

それを続けて行くうちに、自分の事はどうせ無視するんでしょ?自分の事は分かってもらえないんでしょ??と自分が自分を諦めてしまいますし、自分の事を嫌いになってしまいます。

自分との信頼関係を取り戻すために、できるだけ自分との約束を守ることをしていきましょう。
例えば仕事が一段落したらあったかいお茶を飲もう!と約束したら、それを叶えてあげる…というような些細な約束を叶えることをしていきましょう。

また、約束したのにそれを叶えられなかった時は、ちゃんと「自分に謝る」ことをしましょう。
ごめんね、約束したのに叶えられなかった、と。
そして、次には約束を守りたいから信じてね!と伝えましょう。

【レッスン2】自分の感情を否定しない

落ち込んだりイライラしたり、泣けてきたり陽気になったり。
私たちの感情は勝手に湧き上がるものですし、感情があるのが人間です。

自分を大切に出来ない時には、とにかく自分の気持ちを否定してしまいます。
ネガティブな気持ちになる自分を否定して、なんでこんな気持ちになるのよ?!と自分を攻撃して、さらにネガディブな感情を増幅させる…
または、大事な感情を抑え込んで感じないようにしてしまう事すらしてしまっていませんか?

完璧な人間など存在していませんから、誰だって落ち込むことがあります。
悲しい気持ちや気落ちしている事を、信頼している人に打ち明けた時にどちらの言葉があなたの心を軽くしてくれるでしょうか?

(パターン1)
悲しんだってどうしようもないじゃない。
ホントにあなたは弱い人だよね。
クヨクヨしてないで顔を上げて、シャンとして!!

(パターン2)
それは悲しかったね。そんなことがあったなら気落ちしちゃうのも当然よね。
私でよかったら、話を聞くから話してみない??

悲しみや気落ちなどの「つらい感情」を抱えている時には、きっと(パターン2)の方が、心を軽く・楽にしてくれるはずです。

分かってもらえた、受け入れてもらえた、と思える事で救われるものですものね。

コレと同じことを自分に対してしてあげましょう。
自分の中に沸き上がった感情を、認めて受け止めてあげる。
思いやりを持って自分の感情に接し、その感情の理由を一緒に理解しようとしてあげることで、うんと暖かい気持ちになれます。

自分を大切に思っているからこそ、大事な感情に寄り添えるんですものね。

* * *

ということで、今日は自分を大切にするための「2つのレッスン」をするためのレッスンシートをご用意しました。
自分との約束を守る…と言われても、後回しにしちゃったり見なかったことにしがちですから、ワークシートを使って『自分との今日の約束を見える化する』のをご提案!

また、自分の感情に寄り添うために、簡単な感情日記のようなものをつけてみて、書き出した内容に「そうだったのね」「そう感じたんだね」と思いやりのある言葉をかけてみましょう。

ぜひぜひ、自分を大切にするための練習をするのに使ってみてください!

レッスンシート(PDF)

  • HOME
  • >
  • Webレッスン
  • >
  • 【不定期更新】新企画・マミコと一緒にWebレッスン! ~01.自分を大切にする~