手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

本当の気持ち、私の願いはきっと、何度も問いかけてタマネギの皮をむくようにして分かっていくもの

ヒヨコちゃんの袋… なんですか、これ??

コロナも落ち着き保健所からの自粛指示の期間が明けた妹と一緒に、ショッピングモールに買い物に行った際にスーパーマーケットで見つけた「0秒チキンラーメン~そのままかじる用~」。

え??
そのままかじる??

妹とビックリしつつ、共にこれは「買いだね!」とカゴに入れちゃいました。
お値段、108円。

ギンちゃんが「なんですか?」と言っちゃうくらいカワイイ黄色のヒヨコちゃんの顔パッケージ。

ラーメンなのにお湯いらないでちか??ヒヨコちゃんなのにラーメンでちか?

そうね…
よく考えると「これなーんだ?」というナゾナゾみたいな状態よね。ウププ。

ラーメン…なんだけれど、そのまま食べるという意味では「スナック菓子」みたいな位置づけになると思うのですが、それにしてはボリューミーで一食分という量だし、どのタイミングで食べるものなんだろう??
明日の晩ご飯は、このカリカリのお湯いらずラーメンにしようかな?

たまにはジャンクな日があってもいいですもんね。
手抜きしてジャンクで自由なのも、ひとりぐらしの醍醐味ですし、いつの日かまた大好きな人とパートナーシップで「二人暮らし」になったら、今ほど自由に思い付きでジャンクな夜なんてできないでしょうし(← 早くそうなって欲しいYO)、だったら今のうちに

一人だからできるお楽しみを満喫♡

しておかないともったいないですもんね~。
二人だから出来るお楽しみは、きっと未来に待っていますから、それまでの時間も満喫したいですもんね!

* * *

今日の私は、お給料日明けの定例行事(?)である、ドラッグストアでのまとめ買いに行く以外は予定を入れず、9/16(金)19:30~の「とことん自分を思いやる」講座の資料作成・準備に充てる予定でした。
あ、さりげなーーくステマしてまーす。

▼9/16(木)オンラインセミナーの詳細はバナーをクリック

とことん自分を思いやる

自分を思いやることの中には、自分の思いを大事にすることが含まれるのですが、自分の「本音」を聞くという事をしてみると、

その時々で、今直面している出来事に左右されて、目の前のことを何とかすることが本音のように見えてしまう

という事がいっぱいあるなぁ、と思ったんです。

もちろん、本音は「何か一つ」である必要もありませんし、状況が変われば変化したりする流動的な部分もあるものです。

私はブログでも幾度も「ライスワークである会社員の仕事」に対して、弱音を吐いています。

会社自体に文句があるとか、人間関係で疲弊するといった事は全くなくて、さらには理想の働き方である「在宅勤務」がコロナをきっかけにずっと継続していて、本当にありがたい環境で毎月のお給料をもらえています。

が…
私は自分の「業務内容」がしんどくて、毎回新しいお客様や業務の担当になるたびに、猛烈に疲弊してしまい、それが『仕事を辞めたい』という思いに繋がっています。

でも、この「辞めたい」の本音をもっともっと自分に質問してみると

会社を辞めたいというよりは、今の業務をやめたい

というのが答えで、幾度も業務転換を申し出ている中で通らないことから「今の業務をやめる=会社を辞めるしかない」という事に繋がっているんですよね。

そしていつも、堂々巡りをして結局は「辞める」という選択肢を選ばないのですが、そこにある本音が

私は何よりも「安定・安心」があることで穏やかでいられる。
私は「安定」があることが今は何より大事だ。

ということ。

安定 > 業務のつらさ

で、圧倒的に「安定してお給料がもらえることの安心感」が私にとっては大事なものなんです。

でも、なんでこんなにも安定を求めているの??

という問いが出てくるのですが、実は私は会社員として働く以前に「フリーランス」だった時期があります。
ありがたいことに生活に困ることはないくらいのお金をもらえていて、だからフリーランスでの失敗体験があるとか恐れがあるという訳ではないのに、なんでなんだろうと自問自答したところ

物質世界のこの地球で生きている以上、どうしてもお金は生きるために必要で、そのお金が毎月決まって入ってくるというのが、

私にとっては思い悩むことがなくてすむ=穏やかに日々を安心して暮らせている=平穏で平和=最高!

という答えが出てきました。

私は「お金の心配のない今」というのがとてもありがたくて、安心して生きていられることに恩恵を感じているんです。

それには離婚という痛い体験も影響しています。

手を取り合って助け合って生きていけるパートナーという存在を失ったことで、突然ポーンと「ひとりで生きる道」に立つことになり、人生設計が急に変わることになりました。

幸いなこと、ありがたいことに私は結婚していた間も仕事を続けていたので、今の職場で変わらずに生きていくためのお金をもらうことができていて、それがどれだけ安心できる材料だったか分かりません。

突き詰めると、お金がない状況ってとても不安や怖れになりますから、業務が嫌だなぁといいつつも冒険せずに今の場所にとどまっていることで得られている「安定感」が私を安心させてくれているんだなーということに気付きました。

お給料・お金という形ではあるけれど、

一番欲しいものは「思い煩わずに穏やかで平和に暮らせる”心の安心感”」なんです。

でもね、それを「苦手な業務」でお金に変えずに、別の方法で稼いでもいい訳ですよね??
ところが、それを考えると途端に「頑張りたくない」「新しことをしたくない」がムクムクしてきて、なーんだ今ちゃんと『私の本音は叶っているなぁ』と苦笑い。

さらにこれをもっともっと掘り下げていけば、求めている穏やかさ、平和な暮らしには大好きな人がいて欲しかったり、その場合は仕事をしているのかどうか?なんかも考えると

憧れの扶養っていっているけれど、扶養内ではきっと働きたい

という気持ちもあったりして、でもそれは今は現実でもなんでもないのでフワッとしているし、もしもこの先にすごくやりたい事が出てきて『仕事命!』みたいにならないとも言えませんし、その時々で変わっていくものってきっと「本音」であってもあるんでしょうね。

そして、表面的な「仕事しんどいからヤダ=やめたい」というものが本音でもありつつも、玉ねぎの皮をむくように「今感じている思い」をペロンと剥がしてみると、もっと大事なものが隠れていたりして、でももっともっと…と自分の心の奥を探っていけば、別の言葉が出てくるのかもしれません。

本音ってもしかしたら、玉ねぎの皮をむいていくようにしながら見つける「宝探し」なのかもですね。

それに、私たちはいつまでも同じ場所にはとどまれず、良くも悪くも変化するからこそ、本音や願いも変わっていくものでしょうし、ね。

すぐには答えが出てこないことや、自分のことなのによく分からないことがある…ということもあります。

また、これが本音が!というように見せかけていて、本音を守って分からないようにする事だってあります。

だからこそ、自分の気持ちを「聞いてみる」「分かろうとする」ことが大事なんですよね。
分かる・分からないよりも「分かろうとする」ことが、本音を知るための大切な鍵なのかもしれませんね。

ということで ← だからいつもどういうことよ?!
思考してあれこれ「結論を出そう」としても、頭が良い訳ではない私は明確な答えに辿り着けずに、ま、いっか…と、うまくまとめらずに尻切れトンボです。

本音ってきっと、状況や見る角度で隠れてしまうこともあるけれど、だからといって本音が隠れていても不幸せじゃなければ別にいいし、自分が心地よく平和であれば、それでいいんですよね。
そして、本音だと思っていたもののさらに奥から別の本音が出てきてもいいですし、そう!!なんだってあり!!!

ということで、本音を煙に巻いたところで今日はドロンです。

おやすみなさーーーい。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 本当の気持ち、私の願いはきっと、何度も問いかけてタマネギの皮をむくようにして分かっていくもの