手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

いつだって全力で私は私の味方でいたい。そして小さなことでフクフクと笑える私でいたい。

オシャレさんの朝ごはんじゃないですか!

幸せって、ちょっとした小さなことで手に入ると思っています。

気になって買ったパンが朝ごはんに待っていること。
いい香りのコーヒーが嬉しくて、思わずスイングしちゃったこと。
好きなフルーツが食べられる季節になって、美味しく食べる”ひと手間”をかけてみたら、なんだかいい女風を演出できたこと。
今日も無事に、一日を始めることができたこと。

ゴールデンウィークは、どこか遠くにお出かけしたりすることはなく、実家に泊まりに行ったり、帰省中の妹と買い物に行ったりして過ごしたのですが、連休後半に『隣の区のJAがやっている大きな直売所』に行ってきました。

マミコが興奮して買ったニューサマーオレンジですね

お野菜やフルーツ、切り花、お肉や加工品などが並ぶ大きな直売所で、冷蔵庫に入るかな??と逡巡しながら大体1週間分の野菜を買いました。

私はあまりフルーツは好きではない…と言っていますが、最近はちょっとフルーツのおいしさも分かるようになってきました。
なので直売所ではフツール売り場もチェックしたところ…

去年初めて食べて、美味しくて感動した「ニューサマーオレンジ」という柑橘が売っているではありませんか!!

やってみたいを叶えた日。これはお気に入りになりそうなYO・KA・N
やってみたいを叶えた日。これはお気に入りになりそうなYO・KA・N
ちょ、ちょっとぉ。いつも「茶系の料理」を作るとか、そういうイメージに関わる事を勝手に発表するのとか、困るんです.....
https://many-smiles.com/about-me/become-a-favorite

ニューサマーオレンジは、日向夏・小夏とも呼ばれていて、私は食べ方が知らずに昨年はワタをむいてしまいましたが、調べたところ日向夏は皮をリンゴのようにクルクル剥いて、ワタがついたままカットして食べるフルーツなのだそう。
ワタも甘くておいしいなんて、知らなかったー。

私の住んでいる場所の近くにあるスーパーでは、日向夏はあまり見かけないので、直売所で出会って大感激でした。
大袋を2つ。大人買いしちゃいました。イヒヒ。

日向夏とキウイの甘酸っぱいフルーツサラダ

サニーレタス、ベビーリーフの上にワタ付でカットしたニューサマーオレンジと、熟れ始めたゴールドキウイを載せたフルーツサラダ。

ちょっとだけいいオリーブオイル、ヒマラヤピンクソルトとレインボーペッパー(共にカルディで買ったミルでガリガリするタイプ)を削って振りかけるだけで、なんともデリシャスでオシャレ風なサラダの完成!!

直売所の帰り道で、人気のパン屋さんに寄って色々とパンを買って冷凍してあるのですが、今日はその中から『春キャベツとチキン』のパンとあわせて、いただきま~す。

ご機嫌に朝をスタートさせられて、今日も自分を笑顔にさせてあげることができました。

そして…
フルーツサラダで「なんか内側からキレイ系?!」にした後は、久しぶりにちょっとだけチオビーに会うことができる日でした。

今日もすごくカッコよくて、チオビーの姿を目で捉えただけで胸がドキドキしました。

忙しそうで本当に少しだけしか話せなかったのだけれど、そのちょっとの間に幾度か笑顔を見せてくれて、その笑顔がとっても愛おしくて眩しくて、私はやっぱりチオビーに出会えてよかったなぁ、大好きな人がいるってなんて暖かくてキラキラしているんだろう?!と嬉しい気持ちでした。

好きな人の笑顔って、なんであんなにも破壊力があるんでしょうねーー。
もうホント、今日は何回「脳内再生」したことか…ぐふふ。

相も変わらず、仕事中ということや他の人がいることもあって何もできなかったけれど、その中で今の私にできることってなんだろう?と考えてみたところ、

「おはようございます」「そうなんですね!」「分かりました」「ありがとうございます」といった、そのわずかな会話かもしれないけれど、うーんと笑顔で元気な声に想いを乗せることにしました。

あなたに会えて、今日は本当に楽しいな!
あなたと少しだけでも話せてすごく嬉しかったよ。
ちょっとだけだったけれど、あなたに会えて私はとっても幸せだな。

その気持ちを笑顔や声のトーンに滲ませちゃおう。
あなたに会えるって私にとっては「ご褒美でスペシャルな時間」だから、素敵な気持ちにさせてくれて、ありがとう。

親密感への怖れだとか、過去の傷の痛みだとか、好きすぎると嫌われたくないから出てくる恐れや不安だとか…考えればいーーっぱいいろんな「原因」が出てくると思うけれど

考えたって、じゃぁ、今、私は行動できるのか?

と聞かれたら、答えはやっぱり「ノー」です。
余程のチャンスがなければ、何もできないのが現状です。

せっかく大切で好きになれた人がいるのに、片思いが長くなると、行動できない自分を責めますし、自分の中にある問題をあれこれ考えて、何かと自分に厳しい目を向けてしまいます。

でも…
身動きできない私を、もどかしくて「ああっ」と言っている私を、私が分かってあげないでどうするのよ!!

どんな私であっても、私の気持ちを一番知っているのは私だもんね。
だから、どんな私であっても「いいんだよ」「しょうがないよね」と、私が私を分かってあげ続けて、抱きしめるように優しくそばにいてあげたい。

私は全力で私を応援し、支え、信頼し、愛し続ける「私の一番の理解者」でいる!って、私と約束したんだもんね。

だから、どんな私であっても私に笑顔を向け続けようと思っています。

* * *

よくあるコップの中の「半分入っている水」の話ではありませんが、そこにある物事はニュートラルで、私たちがそれを「どの角度から見るか」「どのように解釈するか」を自分で決めて選ぶことができます。

コップの中の水が、もう半分しかない…と肩を落とすこともできるけれど、あと半分あるぞ!と笑う事も出来ます。

本当に見方一つなんですよね。
どっちがいい・悪いでジャッジするような事ではなく、自分がどういう見方をした方が心地よいのか?を考えて、どうせなら自分を喜ばせる見方を練習して身につけて行く方が、人生は楽しくなります。

無理にポジティブシンキングをする必要はありませんし、その日の気分でコップの水だって「あと半分しかない」と不安になることだってあっていいんです。
人間には喜怒哀楽が備わっていますから、いつでも上向きでポジティブ全開!にはいられませんから。
女性の場合は特に、女性ホルモンの変化で勝手に気分が乱高下しますし、男性であっても疲れやバイオリズムで落ち込むことだってありますもんね。

いつもご機嫌でいることが難しいからこそ、特に不安やイライラがない時は、自分を笑顔にする事や、自分が喜ぶのは何だろう?と、自分のために世界を見るように意識しています。

そして、笑顔になるためのハードルはどんどん低くしていっています。

私は過去に「笑うことができない時期」がありました。
何をしても楽しいと思えず、世界は色をなくして、何も心が動かず、だから当然のように「おいしい」と感じることもなく、ただ生きているだけの時間に置き去りにされて途方に暮れた期間が、約5年。

あの頃は、生きることが楽しいと全く思えなかった。
それはきっと、笑えなかったから。
笑うってエネルギーが自分に充電されて心地よくなれるんですよね。

笑う事のもたらす力は、科学的にもちゃんと証明されています。

笑う事で副交感神経(自律神経)が活性化されて「エンドルフィン」「ドーパミン」といった脳内物質が放出されます。
この脳内物質は別名『脳内麻薬』とも呼ばれ、幸せな気分を私たちに届けてくれます。

脳内麻薬たちは幸福感をもたらすだけではなく、なんとモルヒネの数倍の鎮静作用があるため痛みすら軽減できるのだそうです。
加えて、脳内麻薬物質で心が穏やかになりリラックスすることで血管が拡がり、血圧まで下がっていくのだとか!!

さらに、エンドルフィンの分泌はNK細胞(ナチュラルキラー細胞)という体に悪影響を及ぼす物質を退治する免疫細胞に働きかけるので、ウイルスやガン細胞などを攻撃する力が強くなり、免疫力もアップ!

さらにさらに、笑うことで脳の「海馬」という領域が刺激されるのですが、この領域は記憶力や新しい事を覚える際に活性化する場所。
また、笑うことでα派が増えるため脳がリラックスし、理性・意思を司っている「大脳新皮質」への血流量がアップすることで、脳そのものの働きが活発化するのだそう。

対人関係でも、笑っている人と不機嫌そうな人とでは「笑っている人」の方がやはり印象がよく、人間関係も円滑に進みますよね。

たがか笑顔。
されど笑顔。
笑う門には「福ばかり」。

ドイツの「オットー・フォン・ゲーリケ大学」の研究で、割りばしを口にくわえて口角を上げてみる”作り笑顔”でも、ドーパミンの活性化があるという結果がでていることから、作り笑いであっても「自分にとっていい影響」が与えらえるそうですYO!

笑えるって大事です。
できるだけ毎日の生活の中で「小さなことで笑う」回数が増えていく方が、幸せだと勝手に感じられる時間が長くなります。

私も笑えなかった時期を経て、少しずつ自分のために「作り笑い」から始めよう!と、意識的に笑う事を増やしていきました。
お笑いやモノマネ番組を見て、緩んじゃうのもオススメです。

さらに、自分に対して優しい目を向けることも、自分に笑ってあげるための力になるのでこちらもオススメです。

いわゆる、アホになる…ということなんですが、出来ないことがある自分を笑ってあげられるようになれたら、やっぱり生きているのが楽になれると思いませんか??

日常の生活の中では、さまざまな出来事や仕事に追われて、余裕がない事の方が多いと思います。
だから、今日からちょっとだけ、寝る前の自分に「たった1分」のプレゼントをしてみませんか?

大きく深呼吸を数回した後、目をつぶって優しく自分の身体を包むようにハグしてあげましょう。
そして、口角を柔らかく持ち上げて「お疲れ様。ありがとう、私。」と自分に暖かい言葉をかけてあげてください。

作り笑いでいいんです。

まずは、自分に小さな小さな優しい「口角上げ」を届けて、眠る前に幸福を感じる脳内物質を分泌させて1日を労ってあげませんか?

これも立派な「ご自愛」です。

小さな笑顔を自分に向けて、少しずつ笑顔になれていくことで「日常の笑顔ハードル」を低くしていくことができますように。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • いつだって全力で私は私の味方でいたい。そして小さなことでフクフクと笑える私でいたい。