手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】気分の上下が激しく自分自身も周りも振り回してしまう状況から抜け出したいです。

ここ、おひさまが当たってホカホカで眠くなるんでち…

今年は暖かい冬を過ごしていますが、ニュースや情報番組によると「異常気象」という事で、寒い冬が好きではない…から嬉しいのですが、当たり前ですが寒い時期に寒くないというのはやっぱり良くないんですよね。

我が家は日当たり良好物件のため、お天気がいいと昼間でもおこただけでファンヒーターなどは使わなくていいのですが、仁くんはホカホカの太陽の光が入る場所で、たまにぬくぬくと日向ぼっこしています。

日向ぼっこってかわいいですよね~。なんかホッコリさせてくれる時間です。かわいい仁くんがかわいすぎる事をして私をキュンと刺せるんだよね~という親バカ情報をお届けした後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

24歳、一人暮らしで社会人の女です。
私は気分の上下が激しく自分自身も周りも振り回してしまいます。

以前はメンタルの弱い自分を責めるだけでしたが、どんなときになぜ感情が動くか分析するようになりました。

1年周期で夏が一番良く、秋に入ると落ち込んでいき冬が最も辛いです。春になると回復していきます。

また1ヶ月周期で生理と連動して上下します。そして30分から3、4時間程度の時間で何もないのにハイテンションになり何でも出来るような気分になり、何もないのに落ち込み、すべてがどうでも良くなります。これらが重なるとかなり辛く、冬の今は近所のスーパーに行くのも一苦労です。

改善しようと生活習慣を整えたり根本さんのブログに載っていたワークをするのですが、落ち込むと何も手がつかなくなり続きません。

調子の良いときはやりたいこと、楽しいことがありますが、体調の良い日は月に数日しかなくたまった家事をしていると終わります。(でも家事をしないとごみ屋敷になり身体も壊してしまいます)

この状況から抜け出したいです。

なぜ何もないのに気分が上下するのでしょうか?
私は何をしたらいいのでしょうか?
相談者:みかんさん

みかんさん、こんにちは。
季節柄冬の今は、気分がなかなか上がらないしんどい時間帯が多いのでしょうか??
気分の浮き沈みに振り回されてしまうのは自分でもガッカリする事が多いですよね。
お気持ちを話していただき、ありがとうございます。

> 以前はメンタルの弱い自分を責めるだけでしたが、どんなときになぜ感情が動くか分析するようになりました。
> 1年周期で夏が一番良く、秋に入ると落ち込んでいき冬が最も辛いです。春になると回復していきます。

自分を責める事を一度手放し、自分の感情を分析できるなんてスゴイですね!!!
そして「傾向」が見えたというのもとってもいい事だと思います。

みかんさんが言われている「秋から落ち込みが深くなり冬がひどい」というのは日照時間とも関係があるようですよね。
実は私も同じで、冬が終わり出して日が少し伸び出したあたりからワクワクし出して夏は大好きなのですが、お盆の頃から少しずつ気分が沈みやすくなり(もうすぐ秋が来る…と感じる事での寂しさ)冬を思うと憂鬱になります。

私は住んでいる場所が冬は日があまり差し込まない鉛色の空が広がる雪国です。
だから尚更、冬を憂鬱に感じて気持ちが落ち気味ですが、そのせいで日常生活に困難を感じるようであれば、季節によって気分が変化する疾患として実際に疾患として認定されているようです。
多少誰しも季節や日照時間で気分の変化はあると思いますが、生活面で不自由を感じるくらいしんどい状態であれば、専門機関を受診してみるのも自分を楽にするかもしれません。

> また1ヶ月周期で生理と連動して上下します。そして30分から3、4時間程度の時間で何もないのにハイテンションになり何でも出来るような気分になり、何もないのに落ち込み、すべてがどうでも良くなります。これらが重なるとかなり辛く、冬の今は近所のスーパーに行くのも一苦労です。

女性はどうしても「生理周期」に気持ちが連動して浮き沈みしてしまいますよね。
これ、本当にしんどいんですよね…
自分ではどうすることも出来ないんですもの。

私たちの気持ち(感情)というのは波のように表現されます。
揺れるのが当たり前で、1時間前に笑っていたのに今は涙が溢れてしまう事があったりと、落ち着いている時や楽しい時もあれば、悲しみや寂しさ、苛立ちや不甲斐なさなど、いろんな波が高まったり引いたりするように押し寄せます。

そして『これが普通の状態』なんです。
揺れるのが『当たり前』なんです。

この揺れ幅や波が大きいとどうしても振り回されて疲れてしまいますから、できるだけ波が穏やかである事を好みますが、社会に出ると外的な要因(人間関係・仕事など)のストレスを受けても波は乱れますし、内的要因として制御できないホルモンバランスや自律神経の乱れなど、色んな要因で感情が揺れてしまうんです。

確かに浮き沈みに対して「楽に過ごしたい」のは誰しも思うことなので、なんとかしなくちゃ!なんとかしたい!!と思いますが、まずは「今の私」は感情が乱高下してしまうタイプなんだ、と自分に対して声がけをしてあげることはできそうですか??

しょうがないよねー。
ホルモンバランスに操作されちゃって波があるのが私なんだし、
季節によっても気分が変調しちゃうのも私なんだよねー。
その中で私に出来る精一杯で頑張ってるよねー。

まずは「揺れ動く中」で頑張ってやっている自分を丸ごとヨシヨシと受け止めてあげて、自分を責める事を少し緩めてあげてみませんか?

なんとかしなくちゃいけない!と焦ってしまったり、自分を否定してしまう時というのはどこかしら自分に「力み」が入っている状態です。

乗っていたボートが転覆してしまい、救命胴衣をつけた状態で海に投げ出された時、みかんさんが助かるためにはどうしたらいいと思いますか?

これから救助が来るという情報が届いたとしても、何とかしなきゃ!!とバタバタもがいていると、かえって力みがあって体は沈んでいきますし、体力も消費して救助を待つ間にグッタリと力尽きてしまいます。
ライフジャケットを着た状態で「力を抜いて身を任せておく」方が、プカーッと浮いて待っていることができますよね。

自分の気持ちに対しても「力んで見張りをつけてしまう」と、ネガティブな方に揺れた自分を攻撃したり許せなかったりして、ますます自分を追い込んでしまいます。

しょうがないよね。だってこれが「今の私」なんだもん。

そう受け入れてあげることで、無駄な力みを抜いてあげることも、感情と上手に折り合いをつけていくための一つの方法です。

また、何もできないくらい落ち込んだ時にみかんさんの気持ちが浮上していくきっかけや合図のようなものは何かありますか??
例えばもうダメだと思ったら寝るようにすると、起きた時には元気になっているなど、自分と付き合っていく中で分かる自分のことと言うのをノートに書き出してみたりするのもオススメです。

いわば『自分の取扱説明書』というのを作ってあげるイメージです。

気分が落ち込んだ時に、こうしてあげると楽になれるというパターンを書き出しておくことで、それを見返して「今の自分に無理なくやれそうなもの」を自分のためのお薬のように処方してあげられますよね!

・しんどい時は寝る
・ノンカフェインのハーブティー(カモミールが良かった!)を飲んだらリラックスして楽になった
・ぬいぐるみをギューッと抱きしめていたら落ち着く
・お笑い番組を見ていると知らずに元気になる
・心に染みる曲をyoutubeで再生してとことん泣くと楽になる
・お風呂でゆっくり体を暖めると嫌なことを忘れる
・グレープフルーツのアロマオイルを焚くとスッキリする
・ポテトチップスを食べて漫画を読むと元気になれる

幾つでもいいので、自分が落ち込んだ時に浮上するきっかけになるものを書き出してみると、なんかそれだけで「こんな風に元気にさせてあげらる方法があるんだなー」とニッコリできるかもしれません。
くだらなくて簡単なものでいいので、できるだけ沢山見つけてあげられるといいですね!

ちょうど昨日、私のブログの中で「明日はきっと、いい日になる」という本に書かれていた、中川 庸子さんというエッセイスト兼イラストレーターさんの【とりあえず主義】というのも、気分が上がらない時には優しく自分に接するヒントになってくれるかもしれないので、ブログ記事をご紹介します。

ホルモンバランスや自律神経の乱れといった要因も重なって感情が浮き沈みしてしまう時は、自分の意思でなんとかしようとしても制御できない部分も沢山あります。
そんな時は「沈みがち」な自分を情けなく感じたり嫌ったりするよりも

今は落ち込んでいるんだし、とりあえずお茶にしましょうか。

そんな風に自分に優しく声をかけてあげることも「自分を大切に愛する方法」の1つです。
私たちは嫌いな面も含めて「全部で私」なんです。
だから、そんな自分を出来るだけ受け入れて「しょうがないよね」「どんまい」と言ってあげる事が自己肯定をしていく上でとっても大事な事なんです。

> 改善しようと生活習慣を整えたり根本さんのブログに載っていたワークをするのですが、落ち込むと何も手がつかなくなり続きません。

自分なりに考えて、自分を助けるために生活習慣を整える努力をしたり、根本さんのブログのワークをやっているみかんさんの事、みかんさんはどれくらい「偉い!スゴイ!やるね、私!!」って褒めてあげられますか??

頑張っているんです。
それがまだ実を結んでいないかもしれないけれど、みかんさんは感情の揺れ動きを少しでも楽にしたくて、みかんさんが出来る事を精一杯に努力しているんです。

続かなくても続けようと思う「私」に『頑張ってくれてありがとう』『諦めないでくれてありがとう』と優しい感謝を送ってあげてください。

感情の揺れって本当に苦しいけれど「それがいけない事だ」「フラットにしたい」と力みすぎるとかえって自分の感情を振り回してしまう事もあります。

私も昨年までは、自分を嫌っていたので自己肯定感が低く感情の揺れ幅は広く、落ち込むことも沢山ありました。
少しでも考える時間を減らしたり、感情に振り回されなくなりたい…と色々手を出すものの、どれも中途半端で、だから変われないんだ…と自分を責めてばかりいました。

そんな私が実践したのが、お返事として書かせていただいたような「しょうがないよね。」と自分を受け入れて許し続けることでした。
許しながら、頑張っている自分・諦めない自分を称賛もし続けました。

その結果、少しずつ感情が揺れても「また揺れてるかー」とそれに振り回されずに少し離れた場所から自分の感情を第三者的に見てあげる事ができるようになりました。
今は落ち込んでしまうんだから、何してもしょうがないか。でもこれも少しすれば抜けるしねー。とことん落ち込む私に付き合ってあげよう!
そんな風に感じられるようになったからか、落ち込んだ状態からの浮上がみるみるうちに早くなっていきました。

そしてこうやって自分の状況を否定せず寄り添うというのは「自己肯定」という作業でもあります。

続けているうちに『私がどんな私でも、私が分かってくれて寄り添ってくれる』と自分に対して信頼ができるようになり、そうしたらだんだんと、感情の揺れ幅も穏やかになっていきました。

波がある感情の起伏のある私でもいいんだよ。
だってホルモンバランスとか諸々、自分ではどうにもならない場合もあるんだし、それでもなんとかしようとしている私って、健気でステキな女の子なんだもんね。
頑張れない私だって私なんだし、もう、いい加減ダメな私も愛してあげよう。
私はワタシ。
揺れたくないけど、揺れちゃって今しんどいのはもうしょうがないんだもん。
このままの私を抱きしめよう。今の私を大事に思ってあげよう。

こんな風に自分に優しく寄り添ってみてください。
寄り添っていても激しいネガティブに襲われて自己否定する日もあると思います。
でも、それも「想定内だわ!」って思ってあげておけば、自分を必要以上に責めずにすみます。

先程、季節感情障害という心のバランスの乱れが病気として存在していることを少し書きましたが、あまりに生理の周期で心が乱れる場合は、PMS(月経前困難症)の可能性など、感情だけではない要因があるかもしれません。
婦人科で相談することで漢方などの力を借りると楽になる方もいるようですし、市販のサプリメントなどでも女性ホルモンに働きかけるものがありますから、補助的に助けを借りるのも一つの方法です。

私も一時、ホルモンバランスが大きく乱れて感情が振り回された時に、エクオールという成分(女性ホルモンに働きかける要素・更年期障害などの際にも効果があるそうです)のサプリを勧められ、しばらく服用してみたら、随分と楽になりました。(今は楽になったのでやめていますが、またしんどくなったら飲もうと思っています)
また、健康診断で貧血が酷いと診断され(子宮腺筋症を持っているのでしょうがないものです)その時は感情も沈みましたし体力もなく動けない自分に涙も出ましたが、病院で処方してもらった鉄錠を飲んだらみるみる元気になって活動できるようになりましたので、もしも感情だけではなく体調面でも不調があるようでしたら、病院を受診してみたり、サプリメントや漢方などに力を借りてみるというのもひとつのアプローチなのかもしれません。

私たちはみんなそれぞれに異なっています。
感情の揺れが少ない人もいれば、大きく動く人もいます。
感情に振り回されるのはしんどいから「望ましい私」ではないかもしれないけれど、それが「今の私」なんです。

その自分を否定し、自分を変えるためにムチうってしんどさを募らせてきたのですから、今はそのやり方を少し変えてみて、しんどい自分を全力で抱きしめて、人とは違う自分でいいんだ、これが今の私の精一杯で、頑張って生きているんだ!!って自分を許し愛してあげませんか?

どんなに自己肯定したり、感情を波立たせないように気をつけても

生きている限り問題に直面すれば感情は揺れ動きますし、悩みだって湧きます。

それはどんなに自分を愛しても、肯定しても、おきてしまう避けられないことなんです。
そんな時に「自分を責めずに寄り添ってあげる」事ができるようになっていると、その悩みや落ち込んだ状態から『抜け出しやすく』なります。
自分を愛して、優しく接してあげ続けると、感情が今までと同じように揺れても、その中でだいぶ楽に自分を置いてあげる事ができるようになります。

調子のいい日にちゃんと自分を愛する行動として家事をしてキレイに保っている事、それって当たり前なんかじゃないんですよ!!
ゴミ屋敷にしないと頑張っている自分がいるから、キレイに保てているんです。
自分では「こんなことしかできない自分」と自分を過小評価してしまいますが

これしかできないくらい精一杯の中で、自分にできる事をこんなに頑張っているんです。

少しだけ見方を変えてあげるだけで「弱い今の自分」がどれだけ自分のために奮闘しているかを知ると、健気な自分が愛おしくなりませんか?

自分を責める事を少しずつ手放しながら、自分を心地よくする優しい自分の取扱説明書を持ってみて、ゆっくり緩んでいきましょう!!

みかんさんはこの世界にたった一人しかいない「唯一無二」のかけがえのない存在です。
できない事や迷惑をかける事があったとしたら「迷惑かけちゃってごめんね」「助けてくれてありがとう」と気持ちを伝えればいいのですもの!
自分を責め続ける武器を置いて、自分を柔らかく抱きしめて、弱い私・浮き沈みのある私に「今の私はこの私なんだから」と言ってあげられますように。

冬も後わずか。
少しずつ気分が明るくなる春がやってきます。
残された冬の間、どうか少しでも自分を許していじめずに、自分を労って過ごしてくださいね。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • その他の問題
  • >
  • 【ココロノマルシェ】気分の上下が激しく自分自身も周りも振り回してしまう状況から抜け出したいです。