手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

(ココロノマルシェからのご質問)「好きならいいじゃん」と居直る事に決めたものの、苦しいが勝ってきた気持ちもあります。

低糖質だから太らないでち…って
自分を納得させながら
毒を食べるでちか…

こんにちは。
あなたの心の痛みや悲しみの傷に優しく絆創膏を貼る「心の保健室」を目指しているマミコです。

先日スーパーの「お菓子売り場パトロール」をした際に、ふと目があったチョコレート。
いつもはサラッとしかチェックしない場所にあって、全くノーマークでしたが「低糖質で罪悪感が薄まる系」のチョコのシリーズの中に【コーヒービーンズチョコレート】があるのを発見し、思わず買っちゃいました。

仕事が立て込んできてバタバタすると、どうも脳の働きが落ちるらしく、実は昨日もうっかりとやらかしました。

毎月1回、ペットグリーフのセミナーに参加申し込みをしていて、とっても楽しみにしているのですが、夕方に慌ただしく作業をしていたら、本当にスコーーンと講座のことを忘れてしまい、翌朝「欠席してしまった事」に気付いて愕然としました。

あー、ほんと、忙しいのはダメですね。

脳に栄養補給しながら適度に忙しく…とバランスを取るのが秋からの課題だなぁと思った私のうっかり話の後は(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】のお返事からブログへお悩み相談をいただきましたのでお返事を書かせていただきます。

マミコ先生
先日はココロノマルシェにてご回答ありがとうございました、ゆこと申します。

ブログ拝見して、つらいよねって言っていただけて、苦しいって言っていただけて、友人にも「やめときなよ」って言われることは分かっていたのでなかなか相談できない事だったので、苦しかった気持ちが少し軽くなりました。ありがとうございました。

今は仕事の物理的な面で、週に1度程来る状態になり、来る日は夕食のリクエストが来るのみ。それで「あ、来るんだ」と理解し、迎える準備をすること。あとは、起きれないからと、毎朝電話で起こす事。
相変わらず、休みの日は友人と出かけていますが
それが女性なのか、男性の友人かもわかりませんし、聞けません。
私服に着替えに家に来る際も聞けないまま…。の状態です。
ご友人と遊びに行く際も、泊まる用の服などの準備していますが、聞けません。サラッと聞けたらいいんですが、勇気がないんです。
(聞いても聞かなくてもモヤモヤするには代わりませんね 苦笑)

最近の変化ですが、10歳も歳が下なのに、顔色を伺ったり、言動に振り回されり、状況は少し悪い方に変化してきました。
だんだんと彼の態度も横柄になり、一緒にいるときもテレビを見ているか会話もほぼなく…更にはずっと携帯を触っているので「なんの為に来てるのか。ただここに来れば、身の回りの世話や、翌日のお弁当の準備を全部私がするし、ラクだから来るだけか」と心のどこかで思ったり。
携帯は常にLINEの着信音。
最近はその音を聞くたびに怖くなり、音への恐怖症になっています。

仕事でも本来自分がしなければいけない事を私に振ってきて、その量や内容も私にとっては仕事の範囲外…。彼の為にもならないと思い、断ると「忙しいからやっとけ」と怒られる始末。
態度は変わっていき、1年前の彼とは違うなって思うようになりました。
私、都合いいように使われているだけじゃんって。
きっと、「なんで家に来るの?」って聞いたら「お前が来いって言ったから来てやっている」ぐらいの事を言われて「そんな事言うならもう来ない」と言われるんだろうなぁと思います。

マミコ先生が仰ってくださったように心の壺はもう溢れる手前かもしれない、でも、感覚がもう鈍っているのかもしれないと思います。
(お恨み帳を作ったものの、目の前にすると一切感情が湧かないんです)

思い返してみれば、振られ続け、彼にとっては無意識かもしれませんが、傷つく言葉もたくさん投げかけられてきました。
最近知った事では、セフレの女性とは身体の関係はないものの、今でも連絡を取り合ったり、ご飯に行ったり、遊びに行ったりしているとのこと…。
実は、この1年の間に私たちはどこかに遊びに行ったことも、外食に出かけたり、そんな事はありませんでした。連絡も必要な事、仕事の愚痴のみ。
なんで、私にはそういう事してくれないんだろうなと、羨ましく思ったり、結局数いるセフレとは切れてなかったんだな。でも、私には扱いが違う。セフレでもないんだなと虚しさや嫉妬に襲われたりします。

好きなはずなんです。ただ、出会った頃の優しくて、可愛いらしく、仕事に前向きに取り組む彼が好きでその頃の影にひっぱられているだけかもしれません。

回答いただいたブログを拝見して「好きならいいじゃん」と居直る事に決めたものの、苦しいが勝ってきた気持ちもあります。

「もういいか…一度気持ちを休ませよう」と、距離を取ろうとすると、いきなり「今日行くから」と言われたり、急にいつもと違う態度になったりと、そこで引き戻されてしまうんです。

私はただ、一人になるのが恐くて執着しているのか、それとも、彼の事が好きで好きでたまらないからここまで耐えているのか…わかりません。

こんな時、どうしたらいいのでしょうか…。

長々と書き綴ってしまい、また、文章も行ったり来たりと支離滅裂になってしまって読みづらかったら申し訳ありません。
ここまでお読みいただきありがとうございます。
もう、自分の頭の中が整理しきれずの状態です…。ブログのネタにしていただけましたら幸いです。
ご感想:ゆこさん

▼ココロノマルシェでゆこさんに宛てたお返事

ゆこさん、こんにちは。
ココロノマルシェでのお返事を通して届けていただいたお悩み、受け取りました。

> ブログ拝見して、つらいよねって言っていただけて、苦しいって言っていただけて、友人にも「やめときなよ」って言われることは分かっていたのでなかなか相談できない事だったので、苦しかった気持ちが少し軽くなりました。ありがとうございました。

ココロノマルシェでのお返事が、何か少しだけでもゆこさんの気持ちを軽くすることができたならば、本当に嬉しいです。

自分に近しい人だからこそ、心配してくれるのが分かるから、つらい胸の内を伝えられないことってありますよね。
そんな時にココロノマルシェを利用していただき、気持ちを吐き出す場所に選んでもらえてよかったです。

ゆこさんのお友達に、今のゆこさんの気持ち・彼との関係を話したら『やめときなよ』と言われることは分かっている…とありましたが、どうしてそう言われると思ったのでしょうか?

ちょっとだけ視点を変えて、ゆこさんが同じ相談をお友達から持ち掛けられたら、きっと同じようにお友達に言うと思うから”お友達が言うであろう台詞が分かる”んだと思うんです。

どうして「やめておきなよ」って言うのか…
それはきっと

苦しそうで、悲しそうで、幸せそうではないから

「やめておきなよ」と言うんだろうと思います。

一歩引いて、俯瞰で自分を見てみるとどうでしょうか?
こんな風にイメージしてみて下さい。

ゆこさんの目の前に白い壁があり、その壁には大きな窓があります。
窓に近付いて中をのぞいてみると、窓の向こうはゆこさんの部屋で、そこには彼を待つゆこさんの姿がありました。

その背中は、しゃんとしてイキイキした楽しそうな背中でしょうか?
不安と悲しみ、言いたい事を飲み込んで震えている背中でしょうか?

そして、彼を待つゆこさんの元に彼が帰ってきてからのふたりの空間が見えますが、彼の太い態度を前にしているゆこさんの表情、仕草はどんなものでしょうか?

彼を待っている時間、彼と一緒の時間、ゆこさんが心からくつろぎ、幸せそうにしている瞬間は見えるでしょうか?

窓の外から自分の姿を見たと想像したら、自分になんと言ってあげたいでしょうか??

お友達から「やめておきなよ」と言われるだろう…と思えるくらい、ゆこさん自信が苦しみ肩を落とし、行き場のない気持ちを抑えて苦しんでいる姿を見て、どう感じますか??

> 態度は変わっていき、1年前の彼とは違うなって思うようになりました。
> 私、都合いいように使われているだけじゃんって。

本当はゆこさんが一番分かっているんですものね。

ゆこさんが彼のことを好きだという気持ちに甘え、だけれどゆこさんの気持ちは受け取ってはくれずに、ゆこさんを「都合いいように使う彼」だということを。

私、都合いいように使われるだけじゃん。

そう思う時に感じる気持ちって、すごく虚しいですし、自分がちっぽけで価値のない、情けない存在にすら思えてしまいます。

一つだけ、言わせてください。

ゆこさんは決して「都合よく扱われていい存在」なんかではありません。
ゆこさんは、ちゃんと大事にされて、心から笑顔で安心して寛げる、そんな関係をパートナーと築くことがふさわしい、素敵な女性です。
どうぞ、それだけは忘れないでいてくださいね。

ゆこさんが書いてくれたお悩みの中で、彼の態度が変わっていったと書かれていましたが、ゆこさんのことを大事に扱ってくれるのではなく「都合よく使っているかのように」見える望ましくない変化をしている…ということを、心理学的な見方で見ると

嫌われたくないという”怖れ”の気持ちから、本来のゆこさんを抑圧して我慢させていることが「彼を通して現れている」と思うんです。

「投影」という言葉を使うのですが、ゆこさんは「パートナーは鏡」というような言葉を聞かれたことはありませんか?

パートナーや同棲といった距離の近い関係であればあるほど、投影(写し鏡)は強く現れます。

彼がどんどんと横柄で雑にゆこさんを扱うようになっているのであれば、彼を通してこんなことを教えてくれているんです。

ねぇ、自分のことを大事にしてあげられている??って。

自分が自分を扱うやり方が鏡である彼に映し出されるのであれば、ゆこさんだけを見て欲しい!ゆこさんを都合よくなんて扱わないで欲しいと思うのであれば…

ゆこさんがゆこさんのことを全力で100%大切にしてあげればいいんです。

こころのマルシェでのお返事でも書かせていただいたのですが、傷付いて苦しんでいるゆこさんのことを「いい子、いい子」って慈しんであげてください。
私をこんなに悲しませる”頭ではこの人はダメだ”って分かっている彼だけれど、それでもまだ手放せない自分をギューーッと抱きしめてあげてください。

そして自分の側にいてあげて、自分を励まし、大事にしてあげながら、まずは疲れを取ることを最優先しましょう。

お友達と美味しいスイーツを食べに行ったり、甘党じゃなければラーメンや焼き肉なんかで幸せ注入をしてもいいですよね!
お笑いの劇場などが近くにあれば、思いっきり笑える時間を堪能しに行ったり、YouTubeでただ笑える動画を見るのもいいですね。
その逆で思いっきり泣くことで発散するのも一つの手ですから、声をあげて号泣してしまうような本や映画を見て感情移入するのもいいと思います。

彼との関係でぽっかり空いている気持ちを全て満たすことはできなくとも、ほんのちょっとでもいいから「おいしかった」「楽しかった」「思いっきり泣いてスッキリした」と思えたら、その分だけ心は軽くなれます。

そして、心がちょっとだけ軽くなったらしっかり寝て英気を養って、自分にパワーをチャージしましょう。

そうやって少しだけでも力が戻ってきたら、現実と向き合うためのあれこれして行けますから!!

私はココロノマルシェでのお返事や、ブログでのお悩み相談でよく言う言葉あります。
それはアントニオ猪木さんの台詞なのですが

元気ですかーーー?

という問いかけをした時に、元気です!!と即答できるかどうか?というものです。

アントニオ猪木さんが言っている通り、元気があれば何でもできる!なんです。
その逆を言えば、元気がない時には力が出せないので、乗り越えたい事があっても乗り越えることが難しいんです。

だからまずは、自分を元気にする事、自分がちょっとでも笑える時間や心地よい時間を増やしてあげてください。
そしてちょっとだけでも元気が湧いてきたら、考えたり行動したりすることをしてけばいいのですから。

自分を労い、元気を出すために疲れを取って自分を喜ばせることを増やしている間に、自分のこともぜひ大事に扱ってあげてください。

例えば…ですが、ショーウインドウに一目見て素敵だと思うようなハイヒールがあって、その靴に一目ぼれしてお店で靴を見せてもらったら「クリスチャンルブタン」の靴で、なんと9万円もする靴でした。

とてもじゃなけれど靴に9万円…と思ったけれど、やっぱりどうしても欲しくて靴のことが忘れられず、ボーナスをもらったばかりだったのでそれを使って、とびきりに素敵なハイヒールを手に入れたとしたら、ゆこさんはその靴をどんな風に扱うでしょうか?

履いた後には型崩れしないようにシューキーパーを使ったり、汚れがあればすぐに拭き、きちんと丁寧に手入れをして大事に大事にすると思います。

では、バーゲンセールで仕事で使えそうだし「激安だったから」買った、靴だとしたらどうでしょうか。
ルブタンの靴と同じように、シューキーパーで形を整え、汚れをチェックして…と手入れはせずに、ワンシーズン履ければいいんだからという見方をするのではないでしょうか?

ゆこさんはルブタンの靴と同じように大事に愛おしい気持ちを持って扱われるべき存在です。
バーゲンセールの「どうせ半年履ければいい」と思われて、適当に扱われるような存在であってはいけないんです!!

先ほども書きましたが、自分が自分をバーゲンセールの靴のように「雑に扱うべき存在」として自分を蔑ろにすると、不思議と周りも

この人は適当に扱っていい

と、自分が扱うやり方で扱われてしまいます。

周りの人だって、ルブタンの靴だと分からなくとも、ゆこさんが大事に大切にその靴を愛おしんで履いているのを見たら、その靴を雑に扱おうとはせず、傷付かないように丁寧に扱ってくれるはずです。

* * *

ゆこさんはなぜ、彼と一緒にいたいのでしょうか?

願わくばゆこさんの「好きな気持ち」を受け取ってもらい、恋人という関係になりたいからこそ、すごく葛藤していると思うんです。
一方通行の気持ちであっても、好きな人だから近くにいたいし、側にいたいんですものね。

私たちは好きな人と恋人になることで、「一緒に幸せを増やしていきたい」「好きな人と笑顔を交換し合い、楽しい時間を過ごしたい」「安心して心地よくいたい」という喜ばしい体験をしたいんですものね。

でも、今の状況はどうでしょうか?
一緒にいるのに「ひとりぼっち」を感じることほど、自分を傷付け、悲しませるものってそうそうないと思うんです。
前回のお返事でも書きましたが、生殺し状態ですもの。すごく苦しい状態だと思います。

私たちは「怖れ」というものを感じている時には、どうしても身動きが取れずに固まってしまいます。
そして怖いからこそ頭で色々と考えて、考え過ぎてしまってさらに身動きが取れなくなります。

そして恐れが強くなると、相手の出方を見て行動を読んだり、これを言ったら関係が悪化する…と言葉を飲み込み、自分の気持ちを無視して状況を『読んで』一手先の行動を!と詰将棋のようなことをしてしまいます。

行動を読んで、先回りして自己犠牲して、自分を傷付けてしまうんです。
でもそれって、苦しいばっかりでちっとも楽しいものではありません。

そして相手の気持ちを読むことばかりに意識が向いてしまうと、自分自身の生活なのに「彼が主人公」で彼の一挙手一投足を気にして、自分が脇役になってしまいます。

彼が主役で自分が脇役になっている、それを「依存の状態」という言い方をしますが、彼にゆこさんがが乗っ取られてしまっている状態です。

彼が主役なのですから、彼が色々と物事を決める立場になります。

「俺が決める!」という状況を前にして「私はそれを待つ側です…」という状況って、本当に苦しい状況なんですよね…。
それはまるで巣で親鳥を待つひな鳥のような気持ちで、不安で怖くて、自信が持てずに震えているしかできなくなってしまいます。

ゆこさんが自分を大切に大事にしてあげながら、今より少し元気を取り戻すことができたら、お互いが対等な状況になれるようにするためにも、

彼のことを手放す、ということが大事になると思うんです。

それは、彼が主人公として自分の人生を作るのではなく、自分が主役となった人生を取り戻すための「手放し」というイメージです。

手放す = 彼を諦める、彼のことを好きな気持ちをなくす、ではありません。

今は頭の中が恐れも含めて彼のことでいっぱいになっていて、自分を苦しい状況や不幸せな場所に置いてしまっていることを甘んじてしまうくらい「自分をおろそかにしてしまっている」状態。
だから、自分を取り戻すために『執着』を手放す。
そして自分を主人公にして彼に縛られている鎖から自由になって考えることで、状況を選択できる状態になることを目指しましょう!

執着というのは「これを失ったらもう終わりだ…」と思ってしまったり、堂々巡りで満たされずに、自分ばかりが傷つくのに、目の前のものごとを必死で握りしめていてもがけばもがくほど傷付いていく状態を作ります。

心の中に、不安、悲しみ、怖れ、無価値な気持ちばかりがあって、自分が苦しい状態で、喜びも楽しさもなくなってしまいます。

執着は、目の前のものだけをギューーッと握りしめていなくてはいけない!!と思ってしまっているので、他の選択肢がない状態です。
選べないからグルグルして、本当に辛い状態が続きます。

執着を手放すのは、選択肢を持つためです。
別れを選ぶため、彼を好きな気持ちをなくすために手放すのではなく、自分が自分を幸せにするための選択肢を考えたり見つけ出すために手放すんです。

実は私は、過去にうーーーんと執着したことがあります。
私は離婚をしているのですが、大好きだった旦那さんだった人から背を向けられ離婚を決めるまでの時間に、彼を失うのが怖くて執着し、こんな気持ちになっていました。

私の中にあったのは「彼を失ったらどうしよう」という怖ればかりで、寝ても覚めてもそのことで頭がいっぱいでした。
「私にはこの人以外はいない」「この人を失ったら私はどうなるんだろう?」といつもグルグルと同じことをエンドレスで考え続け、彼と一緒にいられるならば、苦しくたっていい。なんなら愛されなくてもいいから、この手を放さないで欲しい。そして徐々にまた関係を作り直して行けばいいから、とにかく今は愛されていなくてもいいから一緒にいたい、と。

ずっと苦しくて、苦しんで苦しんで、全く幸せなんて感じられずに自分が雑に扱われていても「それでもいいから側にいて欲しい」と思っていました。

そしてそれが続くと、自分の感情がどんどんわからなくなっていき、自分が楽しいこともやりたいことも感じなくなり、自分がいつだって後回しになりました。

もちろん、手放したくない訳ですから彼の表情、行動、言葉、態度一つ一つに振り回されて、苦しくて悲しくて寂しい状態でした。

手放しの先にあったものは「出会えてヨカッタ」という感謝の気持ちに行きつくことでした。
勿論、100%の手放しなんて目指さなくていいですし、私も手放しできずに「とことん執着する!」と言った事で執着がほどけるという体験をしたほど、簡単なものではありませんでした。

でも、手放そうとしたことで「自分の人生を自分で生きよう」と、選択肢を持つことができて、そしていっぱい傷ついたし泣きましたが、自分を生きることができるようになりました。

執着していて彼がいなくなったら生きていけない…と思っていた時には全く思えなかったけれど、手放そうとしたことで

離れたとしてもまた出会い直すことをしてもいいし、好きな気持ちまではなくさなくてもいい

と思える気持ちを持てるようになりました。

片思いを続けたっていい訳ですし、また好きになってもらえる私を目指したっていいんですものね!
だって、世の中には失恋した後でも復縁している人はいーーっぱいいるんですもの。

離れたら終わりだ…と思って自分を不幸な状況で苦しめるのが、執着の苦しいところなんですよね。
だから、執着を手放すことが必要だ!という事になるのですが、これがどうして…

執着するくらい好きだから、執着を手放すのも簡単ではない

と言うのが困ったところです。(経験談)

傷だらけで動くことすらままならないような「自分が疲弊している時」には、手放しに向かう程の力がありません。
だからまずは、自分を元気にして力を蓄えることが最優先です。

彼と一緒に暮らしているのは、彼と一緒に幸せを感じて楽しく心地よくいたいからのはずです。
一緒にいることで自分を苦しめ、傷付け、泣かせているなんてやっぱりゆこさんがかわいそうすぎますものね。
だからゆっくりでいいので、選択肢を持つための「執着の手放し」をしていくことを書かせていただきました。

好きなままでいいんです。
自分を苦しめている「彼じゃなきゃ」という視野狭窄になっている部分を手放すのですから。

> こんな時、どうしたらいいのでしょうか…。

ゆこさんはお風呂がお好きでしょうか?
であれば、温泉に浸かってみたり日帰り入浴施設などの大きなお風呂で、ぼーーーっと放心したように考えずに自分を緩めてあげてください。
今流行りのサウナで「整える」と言うのも良そうですよね!

マッサージもいいですね!
グルグルと思考が続いて頭も凝っていると思うので、ヘッドスパなどでいい匂いで凝り固まった頭をほぐしてもらって緩むのもおすすめです。

不安が強いならば、柔らかいタオルケットや毛布、ぬいぐるみなどがあればそれをギューーーッと抱きしめるのも癒しの時間になります。

以前ブログでも書いたのですが、思考してしんどいと思ったら五感を意識して思考を緩ませて「考えること」を一時中断させてみてください。

思考し過ぎでしんどい時に、自分を”ほんのちょっと”楽にする方法
思考し過ぎでしんどい時に、自分を”ほんのちょっと”楽にする方法
えーっと、ギンちゃんが何か誤解しているようだけれど… 今日は”週一出社当番”で会社に行く日ではあったけれど、毎.....
https://many-smiles.com/about-me/things-to-try-when-overthinking

手放しについて触れましたが、今すぐに、というのを勧めている訳ではありません。
まずは自分を大切にする事の方が先決です。

考えてしんどい自分を楽にするために、考えない時間や緩む時間を持ってくださいね!!

グルグルしている時間はしんどいけれど、グルグルしたいんです、今は。
グルグルしている時間は、答えを出したくないという自分の心の声が大きい時だと私は思っています。

辛い時間はできるだけ早く終わって欲しいし、笑顔でいられる方がいいに決まっていますが、でもね、グルグルして悩んでいる時間だって無駄なんかではないんです。
どんな時間も、自分にとって必要な時間で、葛藤するから出せる答えというのがあります。

苦しんでいる分だけ、同じ苦しみを持った人の背中をさすれるようになりますし、痛みを理解し「それは苦しいよね」と言ってあげられる力を身に着けることができます。
それはきっと、未来の自分にとっての大きな財産です!!

長くなってしまいましたが、彼といる・いないに関わらず、ゆこさんが自分らしく笑顔で生きることができることが一番ですから、ゆこさんをもっともっと大事にしてあげて欲しいと思っています。

しんどい時ほど、自分に優しくしてあげてくださいね。

フレーフレー、ゆこさん。

心を込めて。

* * *

▼9/16(木)オンラインセミナーを担当します!詳細はバナーをクリック

とことん自分を思いやる

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • (ココロノマルシェからのご質問)「好きならいいじゃん」と居直る事に決めたものの、苦しいが勝ってきた気持ちもあります。