手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】私に好意を寄せてくれる男性が好きなタイプではありません。

夜に飲む専用のヨーグルトなんてあるんですね。マミコ、ヨーグルト苦手なのに…

癖のないチーズは好んで食べるのですが、牛乳・ヨーグルト・生クリームと言った乳製品が少し苦手なマミコと申します。(← なんという自己紹介)

ヨーグルトは嫌いではないものの、積極的に手を出す商品ではないのですが「腸」にとって必要な乳酸菌などを手軽に摂取できる食品。なので出来るだけ頑張って接種を心がけています。

でですね、先日近所のスーパーの「飲むヨーグルト」売り場を久しぶりにチェックしたら

夜+食物繊維ヨーグルト

なる、腸に良さそうで夜用というのがなんだか気になって買ってみました。
今晩寝る前、歯磨き前にごくごく飲んでみようと思います!

気になって買った飲むヨーグルトをご紹介した後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

大学生の女です。
私に好意を寄せてくれる男性が好きなタイプではありません。

女性と付き合ったことがない人や、女友達もほとんどいない人に好意を寄せられることが多いです。
私自身、男性と性的なことをしたことがないので、相手にリードして欲しいと思っているのが本音です。なので、女性と付き合ったことがないと聞くと、少し距離を置きたくなってしまいます。

その反面、下心丸出しで近づいてくる人もいます。そのときは、気持ち悪い!と思ってしまって、その後の関係が薄くなってしまう方がほとんどです。
また、私の雰囲気から「私なら自分のことを受け入れてくれそう」と思われやすいのは感じています。

どうしたら、上記のような男性以外から好かれることができるでしょうか。
ご相談:こむぎさん

こむぎさん、こんにちは。
好きなタイプの人からは好かれず、興味のない人から好意を持たれる…って、あるある!!と頷く方も多いと思います。

> 私自身、男性と性的なことをしたことがないので、相手にリードして欲しいと思っているのが本音です。なので、女性と付き合ったことがないと聞くと、少し距離を置きたくなってしまいます。

こむぎさんの好きな男性のタイプは、女性をリードできるスマートな男性なのかな?と勝手に想像してしまいましたが、好意を寄せてくれるのは女性慣れしていない初々しさのある男性なのですよね??

こむぎさんにちょっと想像してもらいたいシーンがあります。

●シーン1:好みのタイプの男性の前
学校やバイト先、サークルの中など「あ、すてきな人だなぁ」と思う人がいたら、こむぎさんは彼の前で「カッコよく見せよう」「好かれよう」と思いませんか??
きっとこんな女性は好かれるはず!と考えて、男性が「好きであろう」と思う女の子に見られたくて、にこやかに微笑んだり、話に丁寧に答えたり、嫌われないように自分を良く見せるために努力し緊張してしまいますよね。

●シーン2:興味がわかない男性の前
恋愛対象ではない男性の前では、こむぎさんはどんな姿を見せているでしょうか?
「実は私、アニメ好きでオタク要素があるんですよねぇ」など、自分のことを良く見せようとせずに素直に表現出来たり、意識していない分楽しそうに笑っている姿を見せたりと、『飾らないこむぎさん』というのを男性の前で見せられているのかもしれません。

気になるタイプの人や好意を抱く人の前では「好かれたい」と思うがゆえに、自分らしさを隠してしまう事を、私たちはよくやってしまいます。

シーン1とシーン2のどちらだ男性から見たら「かわいいなぁ」「近づきやすいなぁ」と思うかと言うと、自分をイキイキと表現出来ているシーン2の方なんです。

私たちは「好きな物」に対しては思い入れが強くなるので、どうしても緊張したり嫌われたくないという恐れから、自分の事をコントロールしようとします。

「自分のダメな所、恥ずかしいと思っているところを知られたら、彼にどう思われるんだろう?」
そんな思いが沸き上がりますから、どうしても自分らしさを隠してしまいますし、知らず知らずのうちに「こうしたら好かれるかな?」と好きになってもらいたいがゆえに自分の長所や魅力を抑え込んで、相手から見たら印象に残らない自分を演じてしまいます。

どうして好きな人の前では自分を隠してしまうのか、自分らしさを表現できないのか…ですが、好きなタイプの人の前では「緊張する」から。
こむぎさんは男性との性的な経験がない事をどこかで「私なんて…」と卑下してしまうような気持ちがあれば、女性慣れしているリードできる男性を見上げてしまいます。
それは言わば、自分と彼が対等ではない状態です。

わたし「なんて」男性経験がないから…と自分に負い目やコンプレックスを感じていれば、どうしても自分を低く見積もって、好きなタイプの男性を見上げてしまいます。
自分を相手より低く見てしまう「無価値感」があると、こんな素敵な人に愛されたい!でも「わたしなんて…」と自分が愛されるはずがないと委縮してしまいます。

自分らしく堂々とイキイキしている人って、輝いていて魅力的ですよね??
でも、自分を下に見てしまったり自分に自信がければない分だけ、タイプの異性の前では自分らしさを隠してしまい「自分の魅力を自分で封印して」、相手から好意を持ってもらいにくくなります。

> なので、女性と付き合ったことがないと聞くと、少し距離を置きたくなってしまいます。

自分にとって興味の対象ではない異性から恋愛感情を持たれて、お付き合いするつもりがなければ距離を置きたくなるのはごくごく普通の感覚ですが、自分に好意を寄せてくれるタイプの男性が好きではない!と嫌だなぁ~と感じている時には、自分に対しての自信がない時だったり、自分のことを好きじゃなかったりします。

タイプじゃないからもしかしたら迷惑かもしれませんが、こむぎさんに好意を寄せてくれる男性からは「こむぎさんがとても魅力的な女性でキラキラ輝いて見える」んです。

それって「異性から眩しく思われる魅力を持っている」という事を証明しているのですが、自分に関心を持ってくれる男性は自分と同じように「経験が乏しい」人で、自分が思っている理想の人からは好かれない…と「ないものに意識がむいている状態」でもあります。

私は経験がないから、きっとタイプの男性からは愛されない。
私には足りないものがあるから魅力的には見えないんだろう。
私を好きになる人は、魅力のない人しかいない。

こんな風に自分は「足りていない」「好かれない」と『ない』ものをギューッと握りしめていますが、このように自分に自信が持てなければ、同じように自信がない男性からは「分かってもらえる」と引き寄せてしまっている部分もあるのだろうと思います。

> 私の雰囲気から「私なら自分のことを受け入れてくれそう」と思われやすいのは感じています。

こむぎさんがご自身のことをこう言ってくれているように、自分に自信がない人の事を「理解して分かってくれる人」だと思われていれば、彼らの目からみて魅力的に見えている事にプラスして「分かってくれるんだ!」と安心しますから、より好みじゃないタイプの異性を引き付けてしまいますよね。(こむぎさんが願っている事じゃないんですけれどね)

なので、こむぎさんの持つ様々な魅力を認めて受け取ることがとっても大事です。
すでに男性からちゃんと「好意を持たれる」という女性として魅力的な資質を持っている訳ですし、人のことを理解できる思いやりと懐の深い人間性も魅力として周りの人に捉えられていますものね!

自分には「ない」ではなく「ある」を探すというのは、自信をつけて好きな人の前でも輝くのにとっても大事な力になります。
男性経験がないことが自分の中で負い目だったとしても、それ以外の魅力をうーんと搭載している事を認めてあげられれば、好きなタイプの異性の前でも自分を低くしたり緊張ゆえに自分を隠さなくてもよくなれて、こむぎさんの持つ素敵さが発揮されるようになり、それが好みのタイプの異性を引き付けるようになります。

「この人なら自分を受け入れてくれそう」と自信のない男性が引き付けられるとありましたが、もしもこむぎさんが自分の魅力を否定することなくイキイキと自分らしくいられたら、女性経験がない…と自信のない男性は近付いてこれなくなります。
性的な事が目的で近付いてくる人も、こむぎさんが自分の「コンプレックス」だと負い目に感じている部分があるのに漬け込んでアプローチしてきているかもしれませんが、経験がない自分でも自信を持って自分の魅力を受け取っていると

「彼女は素敵過ぎて、僕には無理だよ。手が届かない。」

と、タイプじゃないと思っている人たちは、好意を持っても手が出なくなります。
つまり、アプローチできなくなるんです。

今現在のこむぎさんが「タイプではない男性ばかりから好意を持たれている」という事は

もっとこむぎさんの価値や魅力を肯定していて自分らしく生きていいんだよ!
自分に自信を持って、もっともっと魅力を増していいんだよ!

というサインなのだろうと思います。
タイプじゃない異性からは「手が届かないくらい素敵な女性」になっちゃっていいよ!ということなんです。

私は好きな人に好かれていい、だってここが魅力的だから♡

と自分の「素敵な面」を沢山集めてあげてください。
魅力的だと思う事に根拠はいりません!人から見てどう見えるかではなく、私にはこんなところがあって、それを私はいいと思うよ、そこを私は好きだと思うよ、という「自分が好きな自分」をいっぱい見つけて行ってください。

自分の価値や魅力を見つけて受け取れば受け取る分だけ、輝きが増して好みのタイプの男性に近付いていける!と思えば、やりがいのある作業になりますものね。
ぜひ、遠慮せずにこむぎさんの愛らしさ・素晴らしさ・ちょっとドンマイ!と思えるチャーミングさ、人を受け入れられる大きな器があることや優しさや思いやりのある自分の長所を愛でて行って伸ばしていってあげてください。

自分の価値を認めて自信を持って「自分らしさを表現する」事は、こむぎさんの魅力になります。

自分に自身が持てなかったり、自分を否定してしまっていたりすると、自分らしく生きることを禁止してしまいがちです。
だって、そのままの自分を表現して周りからひかれちゃったり、嫌われちゃったり、違いが見えたら嫌だから。
だから一生懸命に周りに合わせて浮かないようにして「個性を閉じ込めて目立たない私」になろうとしてしまいます。

けれど、違いは大きな魅力です。
こむぎさんに備わっている長所も、ちょっとかけたように見える欠点も、人から見たらそれが「魅力」として届くものです。

もしも好きなタイプの人に自分の魅力が届いていなくて、タイプじゃない人にばかり好かれるとしたら、自分でも気が付いていないうちに「自分らしさ」「自分の魅力」「自分の個性」にフタをしているかもしれません。

もっともっと自由に、もっともっと自分を愛してあげようよ!と、好みではないタイプの男性が好意を持つことで教えてくれているのかもしれませんね。

また、今の自分に対して好意を持ってくれる人が「女性に対して自信がない人ばかり」というのは、こむぎさん自身が「男性に対して自信がない」というのを投影(心理学でいう自分の状況や気持ちを映し出している事)しているのかもしれません。

自分が持つ本来の魅力を「この程度」だと抑え込んでいたら、その程度の男性が集まってくると思いませんか?

自分の魅力を受け取って自分を自由に開放してあげることで、こむぎさんの「本来持つ素敵さ」に惹かれて、こむぎさんに釣り合う男性とうまくいくようになっていきます。

だからこそ、私なんて…と思わずに、こむぎさんの素敵さ・魅力・価値をどんどん肯定してあげてくださいね!!

また、心の世界では「○○できない」という言葉は「○○したくない」という見方をしていると解釈することがあります。
「私は好きな人に好かれない」という言葉は、こむぎさんの中で

私は好きな人には好かれたくない!

とブレーキを踏んで自分を守っているのかもしれません。

「そんなことない!好かれたいもん!」と言いたくなりますが、もしも自分をそのまま表現したら愛してもらえないという気持ちをどこかに持っていれば、こんな自分が好かれるわけがないし、自分のダメな部分がバレたらいけない…と、好きな人に好かれるよりも自分を隠すこと・守ることをしようとしてしまいます。

嫌っている自分のことがバレたら、彼からも嫌われてしまう。
そんなのは嫌だから、最初から好きな人には好かれないようにしよう。

自分を表現したり自分が誰かを好きになって愛そうとすると、大事な人の気持ちが自分から離れてしまうのではないか…と思えば、好きな人って「脅威」「不安」な存在になりますから、健気にも自分のことを守ろうとして、好きな人を遠ざけてしまう事をしてしまいます。

これも「自分に自信がない」「自分は愛されない」と自分を否定してしまっていたり、嫌っていれば起きる事です。
だからこそ、先ほどからしつこく言っている「自分を認める」「自分の魅力や価値を見つけて受け取る」ってすごく大事です。

さらに、自分が自分を好きじゃなければ「こんな私を私の好きな人は好きになってくれるはずがない」と感じ、タイプの人を遠ざけてしまいます。
「私にふさわしい相手」として、自分のタイプじゃない人ばかりを集めてしまって「こんな私だからこんな人ばかりに好かれるんだ」と自分を虐めちゃっているのは嫌ですものね。

ぜひ、好きな人に好かれて幸せを感じるこむぎさんの未来のためにも、こむぎさんのことを受け入れ・好きになってあげて、価値や魅力を集めて輝いてください!

自分を肯定して愛してあげれば愛してあげる分だけ、こむぎさんの魅力にふさわしい素敵な男性が好意を持ってくれるようになります。

是非、こむぎさんの素敵さを爆発させて、すてきな恋を楽しんでくださいね♡

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • 【ココロノマルシェ】私に好意を寄せてくれる男性が好きなタイプではありません。