手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】もう、別れてもいいのでは?と思っています。 彼の言動でモヤモヤが止まりません。

マミコがまた 自分のためのおやつを 増やしたようですよ

こんにちは。
あなたの心の痛みや悲しみの傷に優しく絆創膏を貼る「心の保健室」を目指しているマミコです。

少し前からハマっているのが「ナッツスナッキング」というシリーズのお菓子…というか、ナッツやドライフルーツのミックス。
袋の中に7袋ほど小袋に分けられて入っているので、ちょっとだけつまみたい時に食べ過ぎずに済むのも魅力。

ナッツスナッキング

酒屋さんである「やまや」に行った際に初めて見かけて買ったピスタチオミックスが美味しくて、またやまやに行ったら…と思っていたのですが、近所のスーパーでも売っていたのでウホウホと買い足しました。

仕事の合間に少しだけ…とついつい2袋くらい食べてしまうのですが(えへ)、なんとなーーく体に良さそうですし女子として必要な栄養素が取れそうな気がして、罪悪感なく食べれるオヤツ。

近所のスーパーで買えるシリーズのものしかまだ食べていませんが、他にも色々シリーズがあるようなので、いつか食べてみたいと思っている『女子力高い系オヤツ』をご紹介した後は(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

はじめて相談させていただきます。
わたしには8年お付き合いしている彼がいます。
彼とは同棲しています。
2年ほど前に「自分の子供が欲しい」と言い出しました。わたしは年齢的に無理でした。彼は子供を産んでくれる若い子がいると言ってきました。わたしは「自分の子供が欲しい」という望みを叶えてあげられないので、その若い子との付き合いを許しました。が、今は色々な理由をつけ、その若い子と別れる気配はありません。子供も出来ません。
浮気が本気になることもあると思います。
結婚しようと言われていても、心変わりは仕方ないと思います。
彼は「ちゃんとする」と言ってくれましたが、ズルズルと浮気相手と続いています。
浮気相手とは「友達」と言っています。それでも、浮気相手のウチへお泊まりに行きます。
あと、浮気相手はバツイチで二人のお子さんがいます。お子さんの習い事の送り迎えに行っています。
母子家庭でこの2年仕事もしていないので、お金がないと彼に泣きつき、彼は浮気相手の家庭を守るために、わたしに借金をします。
わたしは彼に「そちらにいるのが幸せなら、それでいい」「相手のウチを支えるのなら、わたしに迷惑かけないで」と言ってあります。
あと、彼はわたしの事を一番大事にしているし、浮気相手との事ちゃんとしていると言います。
彼のちゃんとはどういうことなのか?分かりません。
もう、別れてもいいのでは?と思っています。
彼の言動でモヤモヤが止まりません。
別れる方が良いか?
このモヤモヤを止めて一緒に居られるのか?
他に選択肢があるのか?教えて下さい!
ご相談:ひでさん

ひでさん、こんにちは。
8年の同棲・結婚の約束がある彼が「公認で別の女性とお付き合いがある」状態というのを想像してみたのですが、とても複雑な心中だろうな…と胸がギュッと苦しくなりました。

あくまで私は…ですが、好きな人が他の女性の所に泊まると聞いたら嫌な気持ちになりますし、悲しい気持ちになります。
ひでさんはどうですか??

> 2年ほど前に「自分の子供が欲しい」と言い出しました。わたしは年齢的に無理でした。彼は子供を産んでくれる若い子がいると言ってきました。わたしは「自分の子供が欲しい」という望みを叶えてあげられないので、その若い子との付き合いを許しました。が、今は色々な理由をつけ、その若い子と別れる気配はありません。子供も出来ません。

ひでさんと彼の間で「どんな決まりごと」「どんな約束」があったのかは分からないのですが、本当に悲しい事ではありますが女性の体には子供を持つことが出来る年齢的な制限がありますよね。
高齢出産が珍しくなくなったとはいえ、やはり年齢が上がれば子供を授かるというハードルは高くなりますし、婦人科の疾患などがあれば年齢だけではなく『叶わない』と諦めざるを得ない事もあります。

彼の子供を産んでくれる女性…とのことですが、彼と彼女の間ではどのような話になっているのでしょうか?
ひでさんという彼女がいて、ひでさんと結婚をしたいし彼女とは将来的な事は考えていないけれど、自分の子供を産み・育てて欲しいという事を納得してくれている人、ということでしょうか??

結婚は望まないけれど子供を産み・育てたいという女性もいない訳ではありませんから、彼女がそれを望んでいるのであれば問題はないと思うのですが、ひでさんご自身の『気持ち』はどうなのでしょうか?
ご自身に負い目のようなものがあり、自分は産むことが出来ないから仕方がない…と受け入れたとしても、それはひでさんが『望んでいる事』なのでしょうか?

恋人や夫婦にもいろんな形があります。
それぞれが納得していたり、望んでいる形であれば何も問題はないと思うのですが、何度もお悩みを読ませていただいて

ひでさんの気持ちはどこにあるんだろう??
ひでさんはどう感じているのだろう??

という事を、いただいたお悩みの中から今一つ感じる事が出来ませんでした。

・彼の望みが子供を持つことである
・彼の子供を産んでくれる(と言っている)女性がいる
・その女性とは2年の関係である
・彼が結婚を考える大切な人はひでさんである
・結婚の約束はあるがあいまいなまま
・浮気相手の経済的サポートをするためにひでさんにお金を借りる
・「ちゃんとする」という意味が分からない

という「状況」は分かりましたが、それらを前にしたひでさんの『気持ち』はどんなものなのでしょうか???

全てが淡々と事実として書かれているのですが、ひでさんがどう感じているのか?が何よりも大事な事だと思うんです。
嫌なのか?納得できているのか?許せるのか?彼を愛しているのか?

> 彼のちゃんとはどういうことなのか?分かりません。
> もう、別れてもいいのでは?と思っています。
> 彼の言動でモヤモヤが止まりません。
> 別れる方が良いか?
> このモヤモヤを止めて一緒に居られるのか?

ひでさんは「モヤモヤする」と書いてくれているので、きっと彼の事を大切で大事な存在だと思っているから一緒にいるんですよね。
別れてもいい…とは思いながらも、彼の「ちゃんとする」があることでどうしていいのか決められないし、彼の事が好きだから彼の望みを受け入れているし、好きだから女性のためにお金を貸しているだろうという状態であっても彼にお金を貸してあげるんですよね。(ちゃんと釘を刺したにしても、借金をする彼に課してあげているんですものね)

この「モヤモヤ」ですが、好きだからモヤモヤするんですよね。

だって、好きでもなんでもない「どーでもいい存在」「別れてもいいと本気で思えるくらい感情がなくなった相手」であれば、お付き合いを続けるかどうかで悩んだりなんてしませんから。
好きだという「気持ち」がなければ、どうぞご自由に!私は私の人生を大事に歩いていくから、あなたは彼女の所で彼女と子供を持てばいいじゃない、とさっさとその手を振りほどいて歩けているはずです。

> 浮気が本気になることもあると思います。
> 結婚しようと言われていても、心変わりは仕方ないと思います。

浮気が本気になってしまう事は「ない」とは言い切れませんし、結婚の約束や実際に結婚をしても「心変わり」してしまう事があるのも事実ではありますが、ひでさんは彼の浮気が本気になってもいいのでしょうか?お別れしても大丈夫なのでしょうか??

本音は違うのではないではありませんか?

> 彼は「ちゃんとする」と言ってくれましたが、ズルズルと浮気相手と続いています。

彼の言ってくれた「ちゃんとする」が大事な希望であって、大切に思っているからこそモヤモヤを抱えながらも彼を信じ、彼を待っているのではないのでしょうか?
違っていたらごめんなさい。

彼が発言しているひでさんと彼女に対する「ちゃんとする」の意味は、いくらここで考えても分からない事です。
これは『彼にどういう事なの?』と聞かない限りは、あくまで憶測・想像でしか答えがでません。

「そちらにいるのが幸せなら、それでいい」「もう、別れてもいいのでは?」と彼に対して言ったり思ったり出来ているのに、『ちゃんとする』の意味をひでさんが彼に確認できないのはなぜなのでしょうか?

何を持ってちゃんとするの?
そもそもちゃんとって何??

って彼に聞けそうでしょうか?
疑問や不満、心の中にくすぶっている様々な気持ちを「素直に」彼に聞いたり届けたりできそうですか?

お悩みを読ませていただいて、ひでさんは自分の足でしっかりと立てる「自立」した女性だなぁと感じましたが、ひでさんは次の3つのうちどれが当てはまるでしょうか。

・頼れない(一人でやってしまう)
・甘えられない(ガマン強い)
・弱音を吐けない(グチや本音を言えない)

もしかしたら全て当てはまるかもしれませんが、これは「自立三点セット」といって自立している人が持っている特徴でもあります。

自立そのものは決して悪い事ではありません。
けれど、自立をするためのきっかけが『私は完璧に頑張らないと愛されない』『素のままの私では足りない』などであれば、その負い目を隠すために懸命に自立した訳で、いつまでも頑張らないといけない!と自分に鞭を打ち続けてしまいます。

また、自立というのは依存を嫌いますから(依存して相手に寄りかかって痛い思いをするのが怖い)、依存しているように見える「甘える」「頼る」「素直になる」というのが苦手になってしまいます。

素直に気持ちを表現するのは得意ではない代わりに、失敗しないように・これが正論であるだろう、と「間違わないようにと思考する」事を優先します。
ちょっと質問したら解決するような事であっても、脳内であれこれ計算し過ぎて疲れてしまう事も多々あります。

ひでさんは「彼に素直になってみましょう」「彼に甘えていいんですよ」と言われたらどんな気分になるでしょうか?
ゾワゾワしませんか??
そんなことしたことない!!と嫌なきもちになったりするかもしれません。

ひでさんの「本音」が、彼が浮気相手の女性の所に行くのならばそれで構わない、という事なのであればそれはそれでいいのですが、もしも「本音」「気持ち」は違うものであれば、彼にそれを伝えてみましょう。

以心伝心、分かってくれているのが理想ではありますが、人の心の中は読めません。
だからこそ「言葉にして素直に自分の気持ちを伝える」ってとっても大事な事です。

ひでさんは『子供を産むことができない』事が負い目やプレッシャーのようになってしまって、我慢している事があるのではないでしょうか。
自分はダメだから…と自己否定して、気持ちを飲み込んだりしていませんか?

やって欲しい事をお願いする。
欲しい、食べたいと思うものを伝える。
嬉しい、楽しい、嫌だ、と感じたことをそのまま伝える。
大好きなら大好きって言う。

素直になる・甘えるというのはとってもシンプルだけれど、それをずっと禁じていたりやったことがなければ、自分の気持ちを「ただ素直に伝える」というのは勇気のいる事です。
実は何でも自分でやろうとする生き方をしてきた私も、甘える・素直になる・頼るのは未だに苦手です。
克服すべく挑戦はしていますが、やった後で取り消したくなったりゾワゾワしたりもします。

でもやっぱり、自分の「気持ち」を押さえつけても幸せな気持ちにはなれませんものね。
欲しいもの、失いたくないもの、大事なものは「ちゃんと」伝えて、なくさずに笑顔でいたいですものね。

素直に今のひでさんの気持ちを彼に聞いてもらいませんか?

「彼女とのことでモヤモヤしているけれど、素直になれなくて上手く伝えらえないんだよね」
「本当は『友達』だって言っている彼女の事で不安なんだけど、どう表現したらいいか分からないんだよね」
「子供が産めない事で負い目を感じているんだけど、強がってるんだよね」
「あなたの言う『ちゃんとする』ってどういうことか、信じていていいんだよね?安心していいんだよね?」

素直になれない、自分の気持ちが迷子になっている「今のひでさん」をそのまま彼に届けましょう。

彼の『ちゃんとする』の意味が分からないのは、彼も彼の本音をどこかひでさんに見せずに隠しているように感じるからなのかもしれません。
もしも彼が『今の俺の本音』というのを不器用で人から見たら「ええっ?」と思われるような事であっても、素直に伝えてくれたらひでさんは嬉しいと感じませんか??

彼も同じです。
大好きな彼女であるひでさんが「不器用ながらも本音を伝えよう」「甘えよう」としてくれたら嬉しいはずです。

> 彼はわたしの事を一番大事にしているし、浮気相手との事ちゃんとしていると言います。

彼は素直に「ひでさんが一番大事」だと伝えてくれていますが、それがひでさんの望む愛され方じゃないからモヤモヤするんですよね??
そして「ちゃんとする」とは言うものの、ひでさんが自分の気持ちを抑えて伝えずに我慢しているから、モヤモヤが大きくなっていくのだろうと思います。

上手く伝えるのは難しいかもしれませんが、少しずつでいいので、彼に大事なひでさんの「気持ち」を伝えていくことができますように。

素直になるためには、自分を許し・受け入れてあげることがとっても大事です。
負い目を感じてしまう自分、素直に甘えられない自分、本当は私だけを見て欲しい気持ちを我慢している自分、ちゃんと私だけを愛して欲しい自分を「ヨシヨシ」って許し・寄り添い・分かってあげてください。

上手く出来ない私でもいい。
嫌なものは嫌だと言っていいし、自分の気持ちを大事にしていい。
私だけを見て!ってワガママに伝えていい。
子どもが産めない私であっても彼に愛されていい。

これらの言葉を声に出して言えそうですか??
そして、自分自身を許してあげてこう言ってあげてください。

欠けているところがある「今の私」のままで愛されていい。

もしも何かが引っ掛かるようであれば、今の私では愛されない・愛されてはいけないと自分を許せずにいるのかもしれません。
それだけ傷付いているという事なんですけれど、ね。

別れる方がいいのか、一緒にいるのがいいのか『分からない』という時は、それが答えです。
頭であれこれ考えてしまって、気持ちが分からなくなっている、ということ。
だから、まずはひでさんが「今感じるのを抑えている・我慢している」気持ちに、ひでさんが気付いてあげてください。
怒りや悲しみ、溢れるほどの愛や別の女性の所に行くことへの寂しさなど、色んな感情が込み上げてきたら、その一つ一つを決して「いい・悪い」でジャッジせずに

今まで我慢させちゃったね。
そう思ってたのに、気付いてあげられなくてごめんね。
しんどかったね。教えてくれてありがとう。
こんなにも愛してるんだね!素敵だね、誇らしいよ!
一緒に泣こう、一緒に怒ろう、大丈夫だよ。私が側にいるから。

と自分を優しくハグしながら、何より大事なひでさんの気持ちをいっぱい分かってあげてください。

必要であればノートに書き出したりして、気持ちを整理した後で彼に「本音」を伝えてみれたら素敵ですね。
彼を責めるのではなく「私は~思っているんだよ」「私は~されているから悲しいと思っているよ」「ちゃんと、って具体的にどういうことか分からなくて悩んでいるから教えて欲しいな」と、ひでさんの気持ちを届けるようなコミュニケーションが出来るといいですね。

分からない時は「答えを出したくない」という気持ちも隠れている時です。
答えを急がなくてもいいので、あれこれ考えてしんどくなっているひでさんの事を「今はこれが精いっぱいだし、どうしていいか分からないよね。それでいいんだよ。」と抱きしめてあげてくださいね。

ひでさんはひでさんが「望む形」で愛されていい素敵な女性なはずですから、ひでさん自身が負い目に思っている部分も含めてひでさんの価値を認めてあげて、愛してあげて、労わってあげてください。

彼とのことで「モヤモヤする」という事でしたので、彼の事が好きだからモヤモヤするのよね~、という視点でお返事を書かせていただきましたが、もしも見当違いでしたら失礼しました。

ひでさんがひでさんの望む幸せ・望む形のパートナーシップを叶えることが出来るように祈っています。

– – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • 【ココロノマルシェ】もう、別れてもいいのでは?と思っています。 彼の言動でモヤモヤが止まりません。