手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

自分にも大好きな人にも、具体的な「ありがとう」を伝えませんか?

今日は日差しが最高に気持ちいですよ。 窓パトしてたら眠くなったので パトロールは終了ですよ

11月も残すところあと3日。
冬の入り口にいるとは思えないくらいホカホカの陽気で嬉しい限り。

少し前に私たちの暮らす町の近くで「いのしし」が目撃されたらしく、我が家の「ニャコム警備隊」に窓パトロール強化をお願いしたのですが、どうやら警備員の銀太さんは暖かさにやられて業務放棄している模様です。

突然ですが、自己啓発の世界だけではなくビジネスの世界でも、子供時代に通っていた学校でも、ありとあらゆる場所で

『ありがとう』という言葉を使おうね

という事を言われています。
実際に「言われて嬉しい」暖かい言葉ですし、自分に対しても周りの人に対しても出し惜しみせずに積極的に使いたい言葉です。

誰からから「ありがとう」って言われたら、これからすごく嫌な事を言われるんだ…とは想像しがたいですよね?
むしろ「喜ばしい事」「望ましい事」「暖かい事」「労われている感じ」を受け取ると思います。

ありがとうという言葉は、それを届ける側にも感謝や愛の気持ちが湧きますし、届けられた方も喜んでもらえたんだ、役に立てたんだ、笑顔にさせることが出来たんだ、と満たされた気持ちになる「喜びと感謝を循環させる」言葉です。

この「ありがとう」について、私が夫婦問題の中にいた時に自分の折れそうな心を奮い立たせたり、自分を成長させたり慰めたり勇気付けたりするために見つけた「様々な言葉」「考え方」を書き留めた

おまみの黒ノート(※)

というものがあるのですが、久しぶりにノートを開いてみて『具体的なありがとうを届けよう』という言葉に目が留まりました。

※おまみの黒ノートとは、ファミリーマートで売られていた無印良品の小さな黒い表紙のダブルリングノート。ドット罫で個人的にとっても使いやすかったもの。

この小さなノートに呪いのように細かい字でビッシリ何かを書いていましたですよね…

この「黒ノート」には本当に雑多な事がいっぱい書いてあって、私は一生懸命に自分を助けたかったし、大好きな人に分かってもらえるようになりたくて健気だったなぁと思えます。

そのノートに書いてある「具体的なありがとう」の内容はこのようなものです。

ありがとうは言うけれど、何がありがとうなのか?なぜありがとうなのか?を忘れてしまう事があります。
夫婦をより親密に、関係性を良くしようという時にもう少しだけ言葉を足してみてください。

・今日のお弁当のたまごやき、おいしかったよ。ありがとう。
・朝のゴミ出しをやってくれて助かったよ。ありがとう。
・家族のために毎日働いてくれて、ありがとう。


ありがとうは「言って当たり前」みたいな言葉です。
だから、もっと具体的なありがとうを伝えましょう。
何がありがとうなのかをちゃんと伝えましょう。

(中略)

どうせ「ありがとう」を言うのなら、きちんと伝わるように、何がありがとうなのかを言葉という形にして伝えてください。

言葉というのは、未来のためにあるのだから。

確かに、ありがとうという言葉は日常で何気なく良く使っていますが、自分の頭の中では何に対するありがとうなのかを分かっていますが、相手にはただ「ありがとう」とだけ伝えることって多々あります。

例えば、誰かと一緒にご飯を食べに行ったときにカトラリーが入っている入れ物に手が届かず、「ナイフを取って」とお願いして渡してもらった場合などは「ありがとう」と伝えるだけで分かりますし、わざわざ「ナイフを取ってくれてありがとう!」と言わなくてもいいとは思いますが、ノートに書き留めてあったような

お弁当を作ってもらって嬉しい!という感謝のありがとうを伝えるのならば、より相手に喜んでもらえる「美味しかった」を伝えるって、とっても素敵ですよね。
子供が何かを手伝ってくれたら「ママ、すっごく助かっちゃった!ありがとう」って一言付けるだけで、子供はすごく誇らしい気持ちになれますよね。
職場でも「○○さんの資料、すごく評判が良かったよ!手伝ってくれてありがとう。」と言われたら、仕事だからとはいえ嬉しくなっちゃいますし、またいいものを作ろう!と思えますよね。

ありがとう、ってそれだけで「感謝」が伝わるあったかい言葉ですが、そこに時折「自分の気持ちや感情」を乗せて、具体的な事をセットで届ける事をしてみるのも素敵な事。

せっかく伝える「ありがとう」が、自分にも相手にもあったかい言葉のプレゼントをくっつけて届けられたら、それはとっても素敵なありがとうの時間になります。

そして、この「具体的なありがとう」は人に対してだけではなく、自分に対しても積極的に届けたい言葉です。

・仕事から帰ってきて疲れた私のためにサッとお風呂を沸かした私、ありがとう。
・今日もちゃんとアラームを鳴らして朝起きて、メイクもしてくれてありがとう。おかげで遅刻せずにきれいな私で仕事が出来たよ!
・私を喜ばせようとして、美味しいおやつを買ってくれてありがとう。嬉しいな。
・すごく悲しい気持ちの私に「どうしたの?大丈夫?」って聞いてくれてありがとう。私が側にいてくれるって安心できたよ。

どんなことをあなたがあなたに「ありがとう」って思っているのでしょうか?
それを自分に沢山伝えてあげたいですね。

ありがとうを具体的に伝えようとする時に、相手のことを一生懸命に考えます。
自分に対して届ける時も同じです。
自分にいっぱい注目してあげて、ありがとう!って言ってあげると、自分のために頑張ってくれている自分がうーんと嬉しがってくれます。

そうやって自分に優しく愛情の水を注ぎながら、少しずつ自分を大事にすることが「当たり前」になって行けたらいいですよね。

今日、あなたがありがとうを伝えたいのは誰でしょうか?
その人にぜひ、笑顔でありがとうを伝えてみてください。
そして、誰かのために笑顔でありがとうを言うあなたにも「すぐに実践してくれて、ありがとう♡」と言ってあげてくださいね。

* * * * *

最後にステマ!(← テッテレーー!)

いよいよ明日、11/28(金)13:30~16:00まで、サトヒカウンセラーと共催のオンライングループカウンセリングを開催します!
ありがたいことに、現在3名様のご予約をいただいております。
明日、いろいろとお話を聞かせてもらえる時間をとっても楽しみにしてますので、どうぞよろしくお願いします♡

そして、あとお席が『1席』だけですが空いております。

いろいろ迷っていたけれど、やっぱり気になる!!
今週頑張ったご褒美に、思い切って!!

というあなたの「ゲリラ参加申し込み」も本日23:55まで受付をしています。
ご縁を感じていただけたあなたのお申込み、お待ちしています。

お申込みはこちら

  • HOME
  • >
  • 考え方
  • >
  • 自分にも大好きな人にも、具体的な「ありがとう」を伝えませんか?