手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

(ご感想)まだまだ道半ばですが、読書会を振り返りながら自己受容を進めていきたいです!

お泊り行く前に買ってあったお花さんが まだ元気に咲いててビックリしたでちー

先月後半に、久しぶりにお花屋さんで買った切り花。

1茎260円で買ったパンジー。
花が咲いてしまうと2~3日で開ききってしまうのですが、つぼみがひとつついている状態だったので、今咲いてるのが終わってももう一輪の花が楽しめますよ!とお店の人に言われていました。

その言葉の通り、つぼみは数日でいきなり背を伸ばして花を咲かせるのですが、なんとなんと、脇からまた新しいつぼみのようなものが出来ていました。

そのつぼみも丁度入院している間に、花が咲いて終わってしまうんだろうな…と思っていたのですが、帰って来てみたら花が終わった物の他に別のつぼみができて咲き、さらにまた小さなつぼみが開こうとしていました!!!

水にずっと刺してあった茎の根本は少し痛んでいたので切り戻しをして、下側の色が変わりだした葉を取って…とパンジーをよく見ると、まだ新しいつぼみの赤ちゃんがあるのを発見。

WOW、なんだかんだと1か月近くもの期間、次々に新しいつぼみを付けて花を楽しませてくれそうです。
すごく嬉しい!

やっぱり部屋の中にお花があるって明るくていいなぁ~と、パンジーを見てニヤニヤ。
想像以上に長持ちしてくれている切り花の話をお届けした後は(注:誰にも頼まれていない前置き)、根本裕幸さんの新刊・読書会にご参加いただいたWさんから、ご感想をいただきましたのでご紹介します!

読書会へのご感想(Wさん)

1)なぜ、読書会にご参加いただこうと思ったのですか?理由やきっかけがありましたら、教えてください。

・いつも、せっかくの本を、読んだだけで活かせていないような気がしていたので、よい機会だと思いました。

・読書会というものに以前から興味がありましたが、どういうものなのか今ひとつよくわかっていませんでした。マミコさんのカウンセリングを受けたことがあったので、知っている方のなら受けやすいかなと思いました。

・グループワークが非常に苦手(喋りすぎていないか、テーマとずれていないか、調子に乗ってしまっていないか、他の人の気に触る事を言っていないか、等々気になります)で、興味のあるテーマでもグループワークだと躊躇してしまいますが、この点も、お話したことのある方がいらっしゃることでチャレンジしやすいかと思いました。

2)読書会に参加することで得られたものが何かありましたか?参加する前と後で変わったことなど、参加したことで良かったことがあれば教えてください。

・グループワークについて心配していたことは、マミコさん、サトヒさんの進行、他の参加者の皆さんのお陰で心配することなく参加できました。ありがとうございました。自分の発言を受け入れていただけてる感じがしました。

・「怒る権利はある」、「感情を感じられないときは体の状態に目を向けるとよい」 など自分でメモっており、支えになるキーワードやヒントをいただけました。

・まだまだ道半ばですが、読書会を振り返りながら自己受容を進めていきたいです!

・後からも見返したくなる素敵なレジュメでした。

3)サトヒ&おまみの鬼畜生コンビにやって欲しい企画があれば教えてください!

・読書会その後、といった感じのアフターフォロー的なお茶会的な会など。

・座学にも興味があります(スズキチサさんと3人でされたセミナー、参加すればよかったなーと後で思いました)。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

Wさん、読書会へのご参加とご感想(アンケート)を書いていただき、ありがとうございます。
とっても嬉しいです♡

> 読書会というものに以前から興味がありましたが、どういうものなのか今ひとつよくわかっていませんでした。マミコさんのカウンセリングを受けたことがあったので、知っている方のなら受けやすいかなと思いました。

読書会って、一体どんな雰囲気??何をするの??って分かりづらいですよね。
私も自分が読書会をするにあたり、読書会を幾度も開催している方の主催のイベントに潜入(?)してみたのですが、会やテーマ本によって色々形があるのが面白いなぁ~と思い、ならば私とサトヒちゃんでやるにはどうしたら楽しんでもらえるかな??というのを考えた結果

テーマ本を元にしたオリジナルレジュメを使ったワークの時間

にしたら、きっと楽しんでもらえるかな??と、鬼畜生コンビの読書会として今回で2冊目のテーマ本に「甘やかす本」を選ばせてもらいました。

Wさんが読書会「初体験」をする場に鬼畜生コンビの読書会を選んでいただけたなんて光栄です。

> グループワークが非常に苦手(喋りすぎていないか、テーマとずれていないか、調子に乗ってしまっていないか、他の人の気に触る事を言っていないか、等々気になります)で、興味のあるテーマでもグループワークだと躊躇してしまいますが、この点も、お話したことのある方がいらっしゃることでチャレンジしやすいかと思いました。

グループワークって緊張しますよね。
「はじめまして」な人たちと噛み合うのかどうかも分かりませんし、いきなりポンとグループを作られて自己紹介してシェアしてね!と言われても、仕切り役が上手な人がいないとどうしていいか変な汗もかきますもんね。(私もポンと知らないグループに入るのは緊張しますし、そこで疲れてシェアどころじゃなくなっちゃいます。)

せっかくのグループワークなので、少しでも沢山みなさんが声を出してもらえたらいいな~と思い、「司会進行役の私たち」が率先してシェアをさせてもらうことで、話しやすい場になってくれたらいいなぁと思って少人数の会にしています。

Wさんが書いてくれた「喋り過ぎていないか?テーマから外れちゃっていないだろうか?他の人の地雷をうっかり踏んでいないか??」という周りを思いやれる気持ちがある人は、往々にして地雷も踏みませんし、調子に乗っても愛おしい感じしか出ないと思っています。(調子に乗る = 楽しんでくれている)
Wさんはとても丁寧に言葉を選んで話してくださいますし、Wさんが持っている雰囲気は「人を嫌な思いにさせる星から離れている」ので全然安心していただいて大丈夫だと思いますよーー。

緊張しながらのご参加だったと思いますが、勇気を出してワークショップ形式に挑戦していただけてありがとうございました。
Wさんのシェアしてくれた言葉に、他のご参加者さんが「なるほど」「分かる!」と気付けたことがいっぱいあると思います。

> グループワークについて心配していたことは、マミコさん、サトヒさんの進行、他の参加者の皆さんのお陰で心配することなく参加できました。ありがとうございました。自分の発言を受け入れていただけてる感じがしました。

本当に他のご参加者さんたちもあったかい空気を持っていて、話を真っすぐに聞いてくれるのが心地よい時間でしたよね~。
でも、この空気は「みんな」が作ってくれたもので、Wさんがいてくれたから出来上がった時間です。
他の皆さんも、Wさんが聞いてくれる事に安心してシェアすることが出来ていたはずですし、お互いに受け入れ会える時間を作り上げてくれたみなさんの素敵さに、サトヒちゃんといつも終わった後で「今日も本当にいい時間だったよねー」と、自分たちの至らなさの反省は後回しで、皆さんの素敵さにいっぱい嬉しい気持ちをもらっています。

> 「怒る権利はある」、「感情を感じられないときは体の状態に目を向けるとよい」 など自分でメモっており、支えになるキーワードやヒントをいただけました。

読書会の場で飛び出した言葉が、Wさんのこれからのお役に立てるものになれたなら、これほどうれしい事はありません!
心に引っかかったり、これいいな!と思えたキーワードをWさんなりにアレンジして活かせる部分は活かして、今よりもっと自分に激甘になって「幸せな勘違い(=幸せを感じる可愛らしいアホ)」になって行けますように。

> まだまだ道半ばですが、読書会を振り返りながら自己受容を進めていきたいです!

ぜひぜひ、自分を受け入れる「自分との仲良し」への道を爆走しちゃってください!
自分が自分を受け入れられるようになると、自己否定が格段に減って生きやすくなります。
肯定となるとハードルが高いものでも、肯定も否定もせず「そうなんだね~」と受け止めてあげる事ならば、ハードルはうんと低くなりますから!!

私も自己受容が自分を救ってくれたと思っていますので、超絶オススメです。

> 後からも見返したくなる素敵なレジュメでした。

きゃ!
レジュメ担当をさせてもらっているので、褒めてもらえて感激です。

司会進行はまるっとサトヒカウンセラーにお願いしているのですが、読書会で使う資料が少しだけでも明るいもので、楽しんで書き込んでもらえたらいいなぁ~と思いを込めて準備しています。
喜んでいただけて、準備が報われました~~。嬉しいーーー。

> 座学にも興味があります(スズキチサさんと3人でされたセミナー、参加すればよかったなーと後で思いました)。

座学、ご興味を持っていただけているんですね!!
すぐに調子に乗る「マミコ・サトヒ・スズキチサの妙齢3人組」は、なんと今月、お弟子さん仲間向けにまたしても講座に挑戦していましたので、また企画させてもらうかもしれません。(私が病み上がりなので様子を見ながらなのですが)

いただいた声を二人にも伝えて、楽しくまた企画を発表できたらと思っています。
その時にご都合が合えば、Wさんにもご参加いただけたら嬉しいです。

アフターフォロー的なお茶会なども楽しそうですね!!
素敵なアイディアをありがとうございます。

申し込むまでの間に沢山の葛藤がある中で、勇気を出してお申込み・ご参加いただけたおかげで、Wさんからも沢山のシェアを通して教えてもらえたことがありました。
楽しい時間をご一緒いただき、ありがとうございました。

また、ご興味のあるイベントがありましたら気軽に遊びに来てください!!

FROM マミコ

  • HOME
  • >
  • ご感想
  • >
  • (ご感想)まだまだ道半ばですが、読書会を振り返りながら自己受容を進めていきたいです!