手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

執着することはいけない事?諦められないならば執着しよう!

オレ風の壺が…

県外に住む友達から「誕生日プレゼント」にもらった”ギンちゃん風”の容器がかわいい、オシャレな人の家にあるいい匂いのする棒。

全然関係ない話をするのですが、数年前に私の働く職場での話。
とても人懐っこくて職場でもみんなからかわいがられていた20代男性社員が、ちょっと気になる女の子が、彼の暮らすアパートに遊びに来るのでどうしたらいいか?というのを職場の男子たちに相談していました。
彼より少し年上の既婚者男子たちからのアドバイスは以下のようなものでした。

・まず、掃除機をかけて換気(男くさいもんね)
・ラグやカーペットはコロコロすべし(恥ずかしい毛も除去)
・片づけられる範囲で片付ける
・きれいにトイレ掃除しておく

ふむふむ、女子が来る前に掃除するって大事よね!と聞いていたら…

・カフェのトイレにあるような、いい匂いのオシャレな棒を買っておいておけ!

という指令に思わず笑ってしまいました。
うん、トイレにアロマスティックってオシャレよね。
男子の考える「女子力」というか、女子についてのイメージって、すごく細かいんだな、って思ったのを急に思い出しました。

キレイなギンちゃん色で、つやつやしていました

誕生日にもらったアロマスティックは、残念ながらギンちゃんの体にはアロマオイルがNGのため、しばらくスティックを開封せずに玄関に飾って楽しんだ後、妹が使いたいと言っていたので使ってもらう事にしました。
本当は、スティックを刺さずに「花器」として使おうかとも思ったのですが、猫ちゃんの頭の上で花が揺れるのがなんだか不思議な雰囲気だったので諦めました。

* * * * *

突然ですが、みなさんは「執着してしまうタイプ」でしょうか?
それとも「去る者は追わず!」と潔く手放しがすぐにできるタイプでしょうか?

私はめちゃくちゃ執着してしまうタイプで、それこそ「諦められないオリンピック」のような大会があったら、日本強化選手に推薦してもらえるんじゃないか?と思う位、執着が強いタイプです。

執着するって、重たいイメージもありますしなんとなくネガティブな言葉にも感じますよね。

でも、執着って全てが「悪いもの」ではないんですよね。
執着するって、大事なものだったり大切に思っている事に対して起きる事であって、たいして思い入れのない物事を「ぎゅーっ」と握りしめるなんてことしませんものね。

執着する = 諦めが悪い
さぁ、これをぐるっと長所に変換したら…

諦めが悪い = 大事なものを諦めない強さがある(芯がある)

WOW!
執着って見方をちょっと変えると「きちんとブレずに大事なものを見続ける力がある」という風にも変換できると思いませんか??

そして、諦めなければ見たい景色を見ることができる「可能性」があります。

諦めたらもうそれを手放すのですから「見れなくてもいいや」と、その願いから離れるんですものね。

執着が苦しいのは、叶わない現実にイライラしたり不足を感じたり、相手があるものであれば「なんで思い通りにならないの?!」とコントロールしたくなったりするから。

諦めない事が苦しいのではなく、現実をコントロールしようとすることが苦しいんです。

諦めたくないくらい大事なもの、大好きなものを持っていて、それを思い・願い続けるってある意味「自分の思いを大事にしてあげている」事です。
だから、執着している事を責めるのではなく「執着するくらい大事なんだね。」ってまず自分を受け入れてあげましょう。

その上で「執着のルール!」と自分で自分に「相手が思うようにならない事でガッカリしない事。私と相手は違う人です。境界線、境界線。」と言ってあげたり、叶うのはいつかなんて分からないけれど、その日が来るまで自分を応援してあげるよ!というスタンスでいてあげたいですよね。

諦めずに夢を叶えた人はいっぱいいます。

その人たちは「絶対に叶えたい」と執着心を持っていた人もいると思いますし、叶うまでの期間に「なんで私の大事な思いは叶わないんだ」と泣いたり拗ねたり、もうやめて手放した方が楽になれるのに…と泣いた日だってあると思います。
手放そうしても手放せない、だから持ち続けよう!と逆説的に執着し続けて諦めなかった人もいるかもしれません。

先日、テレビを見ていた時に「大久保 佳代子さん」が写っているのを見た妹がしみじみと言っていました。

大久保さんってすごい昔は全然売れてなくてOLやりながらテレビ出てたよね??
光浦さんの方が有名で大久保さんは全然有名じゃなかったけど、諦めて辞めなかったから売れっ子になったんだねー。

大久保さんが売れることに執着していたとかそういう事ではなく、ご本人が何かで話していましたが、売れるようになったのは40代になってからで、大学を卒業してから20年近く「売れるまでの待ち時間」があったんですもんね。
でもきっと、大久保さんはご自身の「夢や好き」を大事に諦めず、自分の味方でい続けたんだと思うんです。

自分が好きだと思う事、大事だと思う事に素直になって、それを大切に持ち続ける・諦めずに側に置いておくって、なんにも悪い事なんかじゃないですもんね。

叶うか叶わないかの差は、諦めるか諦めないかという位ちょっとした事だったりするかもしれません。

スラムダンクの安西先生も言ってますもんね!

諦めたらそこで試合終了だよ、って。

諦めない・諦められない「自称・執念深い系」の私を愛してあげましょう。
諦めない強さは、何よりもあなたの才能なのだから。

手放したいのに手放せないなら、手放せると思える時が来るまでそっと持っていましょう。

執着することが自分を苦しめているのであれば、少しこんがらがった思考をほどいてみましょう。
諦めない事が苦しいのではなくて、叶っていない現実が苦しいんですものね。
こんなにも願い・望んでいるものが手に出来ていない「今」が苦しい事を、誰よりも共感してあげられるのはあなた自身ですから、その気持ちを一緒に感じてあげて「早く楽になりたいね」「苦しいね」って分かってあげてください。
時に一緒に怒ったり泣いたり、そうやって「今」を一緒に乗り越えて行ってあげ気てください。

私は未来を諦めていません!

もうじき離婚をしてまる2年になりますが、私には浮ついたピンクな話は皆無で(片思いはしていますが、何もドラマはありません)、在宅勤務で人に会う事もほぼなく、コロナが流行ってからは女友達とお酒を飲みに行くことも自粛していて(明日は久しぶりに出かける予定なので楽しみです)

なーんにも婚活的な事をしていませんし、そういう気分にもなれていないので活動していませんが

私はパートナーシップを諦めてはいません!
願わくばまた、恋をして結婚をして、幸せに暮らし続ける未来を信じ、何も諦めるつもりもありません。

パートナーシップを叶えることに、言わば執着しています。
言い方を変えれば「コミットメント」しています。

ね、ちょっとだけ言葉や見方を変えると「悪者」じゃなくなりませんか??

執着を手放せい自分を責めるって、とても苦しいです。
執着しているというのは、今が願っている状態ではないからこそですものね。
ただでさえ状況が苦しい中で、さらに「執着はいけない」と自分を追い込んじゃったら、傷がどんどん広がるばかりです。

頑張っても手放せないならば、今が手放す時ではないだけです。

少しでも元気になったときに、するりと手放せると気が来たり、元気になってパワフルに大事なものを持ち続けてもいいんですから、これ以上「執着してしまう自分」を虐めてしまわないように。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 執着することはいけない事?諦められないならば執着しよう!