手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

好きな人が素敵になっている事でキュンキュンしたり、与える側のワクワクを知る事で「受け取る準備」をしてみたこと

まるで夏が来たみたいに家がホカホカでしたよ

4月とは思えないくらいの陽気…というか、初夏のような日差しがここ数日続いていて、我が家は「日当たり良好物件」なので、昼間はすでに扇風機を出すべき?!と思うほど。

朝はまだそこまで暑くないのでギンちゃんはフカフカの上で過ごしていますが、少しずつあ溜まってくるのに合わせて「のばーん」と開き出しました。

花粉は辛いけれど、いいお天気は嬉しいね!

突然ですが、今日、ちょびっと久しぶりに「チオビー」に会う事ができましたーー。
わーい、わーい。わっしょい、わっしょい!

今日はちょっと忙しい日で、チオビーとは慌ただしく…という中で少しだけ会えたという感じなのですが…

え?
なんかカッコよくなってない?!
えっ、えっ?!

なんというかいつもとちょっと雰囲気が違っていて、めちゃくちゃ「好み度」が上がっていました。
マミコ的好きバロメーターが、今までだってマックスまで振り切っていると思ったのに、それ以上にグイーンと上昇して、なんかもう、魂抜けそうでした。

何が違うのかな?と思ったら、髪形が少し変わっていて、ふわっと柔らかい「くせ毛」のようなウエーブがかっていて…

寝ぐせ?
パーマ??

とにかく、どちらかだと思われます!!!

どちらでも「かっこいい」には変わりなく、こんなカッコいいチオビーを拝めたなんて、なんて最高の春の日かしら?!と、花粉で目が痒くて涙目ながらにガン見しました。

好きな人がより素敵になっているのを見ると、私も素敵になりたい♡というスイッチがオンになり、今日は思わず「美顔ローラー」をポチりました。
くくく。目指せスッキリフェイスライン。

いよいよ30日チャレンジするですか?

さかのぼること今から2年前。
桐山慶子カウンセラー(ケイティ)のブログでこの本が紹介されているのを見て、私もパートナーシップを叶えるために取り組むんだもん!と鼻息荒く購入したのがこの本。

楽しいと思った事が、新しいワクワクに繋がること。
楽しいと思った事が、新しいワクワクに繋がること。
ギンちゃんの視線の先にある緑が濃い葉っぱは「ルスカス」。実はこれ… 昨年9月に師匠である根本さんが新潟で講演会.....
https://many-smiles.com/about-me/fun-chain

30日間で理想のパートナーを見つける方法(チャック・スペザーノ著)というものなのですが、届いたのをいいことに「手元にあればいつでもチャレンジできる」と慢心し、未だに中身をちゃんと見ていないという有様でした。(え、えへへ。)

パートナーシップを叶えたいと言いつつも、何やら抵抗しているんだろうな…と思いつつ、入院してから休みの期間にやろうと思い、引っ張り出しておいたものの

案の定手を付けずに会社に復帰しました。

やろうやろう詐欺ではありますが、この2年、買ったことすら忘れているくらいだったのに、今年に入って急に思い出して「休みの間に取り組もう」と思えたことが、きっと第一歩だと思うんです。
やる・やらないはちょっと置いておいて『気になった』というのだって、すごく大きな変化ですもんね。

そして、取り組むためにクローゼットの奥の小さなカゴ(我が家の小さな書庫)にしまってあって、サッと手にすることのない場所にしまっていた本を取り出してきて、ノート類とセットに「よく使う物をいれるカゴ」に移動しました。

ここに入れてあると、ノートを使う度に目に入り「あ、そういえば」と意識の中に入ってきます。

今は新しい学びを始めたところで(看取りと動物グリーフ)、そちらをもう少し掘り下げたい熱が強いのですが、GWくらいになれば『新しい学びのへの取り組み方』もバランスを掴んで慣れてくることで余裕が生まれると思うので、そのタイミングでこの本に取り組もうと思っていた中での

チオビーカッコよさマシマシ事件

ですよ!!
奥様、事件ですわよ!!

一気に「この本読みたい熱」が点火しました。
30日間、毎日は連続でやれないでしょうし、今は外の課題などですぐに取り組めませんが、取り組めたらいいなぁ~と思っていた気持ちが

取り組みたい!

に変化したことが、私の中ではすごく嬉しい変化です。
って、またしても「やるぞやるぞ詐欺」を働く可能性も大ですが、そんなちっちゃい事は気にしちゃダメなんですもんね。

そう、ワカチコ・ワカチコーーー!

って、エイプリルフールの日にゆってぃさんがご結婚報告されていたし、ひゃだ!こうやってパートナーシップを叶えているニュースが目に入ってくるという事は、もうじき私の番かしら?!

* * *

さて、話は変わり、今日は実家に住む妹のお誕生日でした。

先日ゲリラ開催した「オンライン飲み会」に参加してくれたヒロコンヌことお友達のHIROKOちゃんが、会話の中で『欲しいものを自分が自分に与える』という話をしてくれました。

その一つが、自分に100本の花を贈るというもの。

コロナが流行して間もなくお花を贈り合うようなイベントも開催出来なくなり、切り花が余るニュースを耳にしましたが、ロスフラワーをリーズナブルで届けてくれる花卉農家さんから、リーズナブルに100本の花を買って幸せな気分になる話をしてくれました。

人生で100本のお花をもらうなんて、一度は体験してみたいですよね~~。

ロスフラワーではなくとも、HIROKOちゃんがお得なお花の情報があったらシェアするね!と言ってくれて間もなく、100本のガーベラが特別価格で販売されるという情報を教えてくれました。

びっくりするくらいリーズナブルで「え?本当に??」と思っちゃうお値段なのですが、配送期間を見ると妹の誕生日期間中ではないですか。

しかも妹はガーベラが好き。

WOW、これはもう「100本のガーベラ」を妹のお誕生日プレゼントしてサプライズで予約するしかないでしょ!!

配送日指定ができなさそうだったので、備考欄に「お誕生日プレゼントとして贈りたいので、4/12着にしてもらえると嬉しいです」と書いておきましたが、あくまでもそうなったらいいなぁ~という希望で、誕生日を1・2日過ぎてもきっと喜んでもらえるだろうなぁとニヤニヤしながらポチッとしました。

HIROKOちゃん曰く、100本ものお花があるって「ヘブンリー」な気分になれるそうですが、100本の花を贈るという体験をすることも、なんかお花の力なのかヘブンリーな気分でした。

サプライズで「喜んでもらえるはず」という100本のお花を予約してから、ずっとウキウキ・ソワソワしていて妹の誕生日が待ち遠しかったーー。

100本のガーベラ01

そして今日、午後2時過ぎくらいに在宅勤務中の妹からのLINEでの着信。

もしかして、12日にちゃんと届いたの?!

とはやる気分で着信に反応すると、通話口から「お花っ、ヒック、お花がーーー」と泣いている妹。
少し待つと深呼吸をしたのか、少し冷静になったものの、まだ泣きながら

ピンポーンって宅配が来て、「お花のお届け物です」って言われて、ええーーっ?!誰よ?!って思ったら、おねーちゃんからで、しかも開けたらすごいいっぱいで…
もう、めちゃくちゃ感激して…
だって、こんなにいっぱいお花が…

と、そこでまた思い出したように泣いていました。

100本のガーベラ02

妹が写真を送ってくれましたが、色鮮やかなガーベラが100本。

100本のお花をもらうなんて、人生で初めての体験だし、こんなに嬉しい誕生日は初めてだ!って思うくらい感動した、と妹は興奮気味に話してくれました。

お花の持つ力って、すごいパワーがありますもんね。

私も100本を贈られてみたい!!
と言いつつ受け取り下手だし、いざ贈られたら「え?!私に?!そんな…」と喜ぶ前に否定的な反応をしてしまう自信がありましたが、お花を贈る側を体験したことで気付けたこともありました。

それは、贈るというのもワクワクできることで、喜んでもらえるのを待っている時間が楽しいということ。

どんな笑顔を見せてくれるんだろう?
喜んでくれると嬉しいなぁ。
サプライズだからどんな反応をしてくれるんだろう?

ポチッと予約をしてから今日まで、ずーーっと私もソワソワしていて『贈る側は喜ばせたい気持ちを味わい、届けるその時までとっても幸せなんだ』ということを実体験できました。

だからね、いつの日か大好きな人(願わくばチオビー)から100本のお花を贈られた時に、ただただ「わぁい♡すっごく嬉しい!嬉し過ぎるーーー。やーーん。」って喜んで笑顔で受け取ればいいんだって思えたんです。

喜ばせたいというその時間を、男性は楽しみにして準備しているんですもんね。
そして、感動してくれたり、心から喜んでくれるだけで「やった!よかった!」って、贈った側は喜びになるんです。

100本のお花を『贈られる側』を体験したいはずですが、うっかりして『贈る側(男性パート)』を先に体験してみましたが、贈ったからこそ男性の気持ちが分かるという素敵体験をしちゃえました。

よく恋愛系の本には「だた笑顔でニッコリ受け取ればいい」という事が書かれていますし、実際に贈り物は喜んで受け取ればいいという事自体は腑に落ちていても、ただ喜ぶだけでいいの?!とどこか訝しい気持ちもなかったわけではなかったのですが

自分が『喜ばせたい側』を楽しんでワクワクして味わった事で、それだけでいいし、むしろそれが嬉しい!を感じたことは、ものすごく大きな収穫です。

男性側を体験してみてからじゃないと受け取るのが難しい…なんて、これも『自立女子』っぷりに苦笑いだけれど、遠回りやまわり道をしても、分かればいいんですもんね。
納得して腑に落ちれば、後は受け取るハードルは低くなりますし。

受け取るための心の準備ができたわけですから、次は私が100本のお花を贈られていいはずです。

わぁい♡
って最上級の笑顔で喜んで受け取るための「ココロノジュンビ」はしっかり整いましたから。うふふ。

いつか叶えたい事リストに「好きな人から100本のお花を贈られて、感激しちゃうこと」というのを追加できた春の日でした。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 好きな人が素敵になっている事でキュンキュンしたり、与える側のワクワクを知る事で「受け取る準備」をしてみたこと