手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

毎日使うものほど「好き」に変えると笑顔になれる。

石鹸置くやつですよね??急にどうしたんですか?

ソープディッシュって日常使いの大事なアイテムにも関わらず、実は結構長い期間『これだ!』というものに出会えていませんでした。

私はシンプルですっきりした、それでいてお掃除しやすくてしっかり水切れしてくれるソープディッシュを探していましたが、なかなか出会えず。

・色は白で陶器製だと嬉しい
・自己主張のないデザインがいい
・コンパクトであまり場所を取らないものがいい

というのが私の理想でいろいろ探していましたが、色がついているものが多かったり、白の陶器が見つかっても単純なお皿型で水切れがあまりよくないものなど、毎日使う・毎日見るものなのにシックリくるものがなくて残念だなぁと思っていました。

色々探した結果、無印良品の透明の小判型のプラスチックのトレイにスポンジを乗せて水切りできるものが、比較的シンプルでお値段も安いので「うーん、これでいいか」と洗面台の脇に置いて使っていたのですが、決してダメではないけれど「これじゃないんだよなぁ」という気持ちがあるので、毎日使う時に眼にしたところで気分が上がることはありませんでした。

とはいえ、別にソープディッシュがない訳ではないので「なにがなんでも!」とあちこち探しに行ったりすることもなく、何かで欲しい形のものに出会えたらいいなぁと思っていたら、今年の春に「Marks & Web」でこのソープディッシュを発見し、興奮。

大事に使っているMarks & Webのソープディッシュ

だって、私の「理想」が詰まっているんだもん!!!

・サイズはコンパクトで白い陶器製
・水切れもしっかりできるステンレスのトレイ付き
・お掃除もしやすい

お値段は1,000円弱。
サイズが2種類ありあましたが、私は小さいものが理想だったのでSサイズを使っています。

毎日使うもの・毎日目に入ってくるものがお気に入りだと、使うたびに「うふふ」って勝手に微笑みます。

なんかしっくりこないなぁ、というものを使っている時と比べると、たかがソープディッシュであっても全然気分が違います。
それに、お気に入りだと丁寧に・大事に使いますよね?

私は賃貸暮らしなので、洗面台などは備え付けのもので自分で選んだものではないけれど、備えられている環境を、どうしたら自分が使うたびにご機嫌になれるかな?と考えて物を置いています。

だって、毎日朝と夜に必ず使う場所が散らかっていたりごちゃごちゃしていると、それを使うたびに「気が重く」なっちゃいますし、鏡があるのでそこで「あーあ」という顔をした自分を見るのも、ねぇ。

という事で、ソープディッシュ以外には歯ブラシたても白の小さな陶器でシンプルなものを使っています。
歯ブラシはちょびっとカラフルですが、歯ブラシもお気に入りのTepeという柔らかい毛のブラシを置いています。

自分の身の回りに好きなものを集めていくことが、自己肯定しやすい環境作りだと言われていますよね??
とはいえ、ベッドやソファーにテーブル…といった大きな家具を突然変える事は出来ませんし、お気に入りがすぐに見つかるかどうかもまた別ですから、小さなものから少しずつ、自分のお気に入りを選んで使うというのが個人的にはオススメですし、私もそうしています。

特に、毎日使うようなものや、1日のうちに何度も目にしたり手に触れたりするもの(タオルだったりキッチンクロスだったりルームシューズやひざ掛けやマグカップやお箸などのカトラリー類や食器など)がお気に入りだと、使うたびにご機嫌になれるので本当におススメです。

そして、いきなり一気に集める必要もなくて、少しずつ「自分の好き」を集めていくことで、ちょっとずつ自分だけの世界が出来ていくのもまた幸せな気持ちになります。

自分の身の回りに「自分のお気に入り」が少しずつ増えていくのは、どんどんと「嬉しい」が増えて集まっていく感じがして、すごく満たされます。

例えばキッチンの洗剤用のポンプだったり、スポンジだったり。
そんなささやかで小さなものを、自分好みに変えるだけでも家事をするたびに笑顔になれますし、好きなものってこれくらい小さな範囲を満たすことから始めてもいいと思っています。

自分の身の回りを、ほんの少しずつ「自分が笑顔になれるもの」で満たしていくことも自分を好きになったり、自分がゆるゆるっとほどけるように優しくなるので、ぜひぜひ、だまされたと思って「出来るだけ毎日使うもの」から少しずつ、自分の好きなものに変えていってみませんか??

好きなものを持つと、逆に「多くを持たなくても満たされる」ので無駄がなくなり、大切に大事に使うのでより愛着もわいてニヤニヤが止まらなくなります。

基準は「それを見ると笑顔になれるか?」「それを使うと自分がご機嫌になれるかどうか?」であって、オシャレさとかセンスとかは一切関係ありません。

カラフルなものに囲まれるのが好きな人もいれば、モノトーンでシックなものが好きな人もいますし、色を極力抑えたものがいいという人もいますし、好きなものは人それぞれです。

私らしいか。
私がときめくがが何より大事です。

私はなかなか自分を好きになれなくて自己肯定できなかったのですが、自分を好きになるための一環として、身の回りを好きなものに変えていくことも並行しました。(厳密には今も続けています。ゆっくりちょっとずつです。)

自分への声掛けなども効果があるのはもちろんですが、自分の周りを好きなものに変えていくことも、実はとってもパワーがあると実感したので「なんだか色々やっているけれどうまく行かない」と思っている人には特にオススメです!

月にたった1つでも、1年たつと12個の好きなものに変えられたら全然お部屋の中の「心地よさ」「楽しさ」が変わっていきます。
人は心地よく楽しい環境の方がノビノビと自由に振舞えますし受け取りやすくなれますものね。

小さなものから好きにこだわってみる!というのはオススメなので、みなさんも「これが気に入らないんだよなー」と思うものから変えてみるのはいかがでしょうか??