手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

自分が知っている「自分の素敵なところ」をムギュッとしませんか?

真っ赤になって食べごろでちねー

ほんのわずかな短い季節限定のお楽しみの果物である「チェリー」をもらいました。
あっ、すいません。
ついつい英語で発言しちゃって「博学系」をアピールしちゃいましたね!(← うーわ、うざっ)

今年のチェリーはすごく赤くないですか?いっつももっとオレンジっぽいですよね??

ね、今年いただいたサクランボは、つやつやで真っ赤なスポーツカーみたいな元気な赤色が濃くてびっくり。
品種にもよるのかな??

私の父の勤めていた会社は「山形県」に支店があり、父は結婚前に山形の支店に転勤していた時期があるそうです。
「秋田県」出身の母とはそこで結婚し、私が生まれ、真ん中の妹も山形で生まれてすぐに父の出身地である「新潟」に転勤となり戻ってきた…という経緯があり、家族ぐるみでお付き合いのあった父の職場の同僚から毎年欠かさずに夏の初めのお便りとしてサクランボを贈っていただいています。

箱いっぱいにつまったサクランボを頬張るのが子供時代に贅沢な気分だったなぁ。
食べ過ぎないように「1日10粒」とか決められていて、翌朝また食べるのを待ち焦がれていたっけ。

真っ赤なサクランボ

今年もまた、父も父の同僚だった方も元気で「サクランボ」の便りが届いたこともまた嬉しい。
実家からお裾分けしてもらったサクランボは丁度良く熟れていて甘酸っぱくてキュンがいっぱいの恋系の味でした。(← どんな味?)

今日はおやつの時間の頃にお客様の所へ訪問して打ち合わせの仕事の予定があります。
その後、また別のお客様の所を訪問するので「今日はキリッとお外向け」のマミペイに変身しています。

昨日はUT・すっぴんでリラーーックスな感じで仕事をしていたのに対し、今日はきちんとメイクしてブラウスまで着ちゃいました!(ブラウスって清楚な感じでウフフって気分になります。)

その昔、自己肯定感を高めるワークの一つで『毎朝鏡に映る自分を褒めよう』としたことがあります。

私は自分の容姿に対するコンプレックス…とまではいかないものの、自分の容姿を「好きじゃない」と思っていたので、このワークをすると気持ち悪いというか自分にウソをついている感じがしてシックリきませんでした。

今日もかわいいね!とか、今日も素敵だね!とやればやるほど虚しくなるというか…

というのも「外見的な容姿」を褒めていたからで、このやり方は私には「向いていない」ものだっただけです。

合わない方法を苦行のようにやったところで心は反発しますし、鏡に向かって自分を褒めるワークはやめにしたのですが、自分にできるやり方で「自分の味方でいよう。自分の一番の理解者であろう。」とし続けていたら、だんだんと自己肯定できるようになり、ある日鏡の前でスキンケアするすっぴんの自分がニカッと笑ったのを見て

おっはよーんぬ。
マミコ氏、今日もチャーミングな笑顔だね~
個性的で明るい笑顔だね!

と、何気なく自分に声掛けしている自分を見つけて「うわぁぁぁぁぁ!」と驚愕しました。
あんなに抵抗して気持ち悪いとモゾモゾして封印した『鏡の中の自分を褒める声掛け』が無意識のうちに普通にできるようになっていたんです。

しかも、さらっと。
しかも、当たり前のように。

私の顔(容姿)は何も変わったりしていません。
鏡の中に映し出されている自分は、1年前の私とあまり変わりがなく、年齢を重ねた分だけ気になるところが増えているはずなのに、私は自分の事を嫌悪せずに笑って見てあげることができるようになっていました。
さらに「チャーミング♡」とまで言ってあげられるなんて…

感無量です。

自己肯定していく上で、私は「自分との対話」というのを大事にしていました。
人が聞いたらちょっとドン引くんじゃないか?というくらい、自作自演の「私劇場」でいっぱい自分に話しかけ、自分の声に耳を傾けて、自分を文字通りギューーッと両腕で抱きしめて肩の下をトントンとしてあげることを続けました。

うんうん、それでマミちゃんはどう思ったの?
そりゃームカつくよね。激おこ丸になってうわーってなるのしょうがないよ。
今日の予定をちゃんと達成して、マジde偉くね?!イェア!!
疲れたね。それなら今日は早く寝ようか?
楽しいねー。ご機嫌で嬉しいねー。
いいよ、いいよ。どんな話でも聞くし、誰にも言わないよ。私とマミちゃんだけの秘密だから安心して何でも話してね。
頑張る私も大好きだし、頑張らない私も大好きだよ。どっちもうーーんと大事な私だからね。

とにかくひたすらに、自分を理解しようとして一番の味方であり続けました。

すると少しずつ私が私に心を開いてくれるようになり、私は私と仲良くなれました。
自分で自分を褒めるとご機嫌になれるようになり、悔しい事や悲しい事があっても私が聞いてくれるから後でしこたま「呪いの踊り」を踊ってやる!と悪態だってつけるようになってきました。(鬼畜生への道はまだ険しいけれど…)

何よりも自分を否定して攻撃しなくなった分、肩の力が抜けて笑顔でいられる時間が増えました。
毎日はドラマチックに変化もしていませんし、理想のパートナーシップも仕事も何も叶えていないけれど

私は毎日を楽しみながら自由に「自分のため」に生きることができるようになりました。

自己肯定感を高めるって、こんなに楽しい世界が広がっているんだ!!と自分で新しい世界にワクワクしているくらいですから。

わたしの人生よ、それを生きなきゃならないのはわたしよ!
(PEANUTより / ルーシーの言葉)

今朝、急にこの言葉を思い出しました。
私の人生を生きるのは、他の誰でもなく私なんですよね。

自分を肯定してあげるために「自分の魅力や長所を100個ピックアップする」というワークもありますし、やっぱり自分を嫌うのではなく

いいところを集めて大事に伸ばしてあげる

というのも自己肯定や自分を愛するという点では大事なものだと思っています。
だって、この私で生きていくんですものね。
だとしたら「好き」や「いいな」と思えるところが多いほうが苦しみよりも楽しみにつながりますものね。

で、私の知っている私のいいところって何だろう?と軽くいくつかあげて見ようと思い立ってあげたのが…

・マイペースに自分を楽しませることができる所
・不完全ゆえに他の人の不完全さを愛せる所
・不器用だけど一生懸命な所
・何気にマジメな所

と指折数えだしたら「でもそれを人に言える??」「それを他の人がそんなの違くない?って指摘してきたら傷付かない?」と心の中に湧いてきた思いがあったのですが…

周りの人がどう思ったとしても、24時間365日一緒にいる「私」が見つけてくれたことが私にとっての「長所」「チャームポイント」だと私は思うよ。
他の人は私のたった一部・ほんの少し切り取った面しか見ていないんだもん。
それにその人がどう思うかはその人の意見であって、そう思われているんだねーってスルーしていいもんね!

と、自分が自分の肩に手を置いてニッコリ笑っているような、そんな語り掛けを自分にしてあげられていました。

ビックリ。
私は私を信頼しているんだね。
もう、大親友だね!!

あなたが自分で見つけてあげられたあなたの長所は、他の誰か言ってくれる長所やチャームポイントよりも大切なあなたの価値です。
だって、誰よりもあなたのことを知っていて、あなたと一緒にいる「あなた」が分かっているんですものね。

他の人はあなたのその長所に気付いていないかもしれません。
もしかしたらあなたがそれを「こっそり」自分の内側にしまっていて発表していないかもしれませんし、ね。
誰も気付いてくれなくても、あなたがあなたのいい面を知っていれば、それでいいんです。

あなたの人生です。
他の人が何を言おうが、あなたが笑って心地よく伸びやかに生きることが何よりです。

あなたの中にある「ちょっとしたいいところ」って何でしょうか?
今はそれがすぐに見つからなくても、少しずつ自分の中にある「宝物」を探していって、いつかキラキラの価値や魅力を沢山身に着けて笑って過ごせるあなたでありますように。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 自分が知っている「自分の素敵なところ」をムギュッとしませんか?