手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

おまみのつぶやき【パート14】

忙しいとは心を亡くすと書きますですからね…

私は仕事が詰まってくると「追われる」感じがして息苦しくなります。
こう見えて結構マジメなところがあり、一つ一つ時間配分をしてリストアップした作業を前倒しで潰さないとドキドキしてしまう(終わらなかったらどうしよう?という不安)傾向があり、普段は「秒で寝る」私なのですが、仕事で精神的に追い詰められると夜中に夢を見てハッ!と飛び起きて「あー、夢かぁ。良かったぁ」と胸をなでおろすことが良くあります。

完璧にやらなかくては行けない…というような部分は手放せたので、これでも前よりはうーんと背負うものが少なくなって楽になってはいますが、私の仕事はどどちらかというと「納期」「〆切」に追われる仕事のため、終われなかったらどうしよう??という不安がとにかくしんどい。

職場環境や給与面等で何も不満はなく、入社する際に「私にできること」「私がやりたい事」を伝えて面接をしてもらったはずなのに、配属された部署では期待値が高く、やりたい事とも出来ることとも離れていたのに『逃げては行けない』『歯を食いしばって乗り越えなくては行けない』という自立こじらせ系だったが故に泣きながら頑張っちゃったせいで、しんどい仕事を今もやる事を余儀なくされています。
もう頑張れないくらい辛いのに、今もそこでもがいている自分に苦笑いです。

まぁ、でも、「しんどい…」などと言いつつ、職場で「白旗だ!」とか「やだ」「無理」「もう出来ない…よよよ」「何も覚えられない…」「限界を迎えた」などと言えているのですから、しんどいなりにもやれているのかもしれません…(← 分からんけど。)

というわけで、来週末までは勝手にドキドキする生活を余儀なくされるため、仕事面ではだいぶヘロヘロになりますが、上手に自分をあやしつつ、ちゃんと頑張っている自分を褒めて抱きしめながら、なんとか忙しさのビッグウェーブを乗りこなしてやり過ごそうと思っています。(ザッパーン!いい波だー。)

今の職場に入社する前に少しだけ在籍したIT系の会社があるのですが(今ではあり得ませんが、徹夜とか当たり前で体育会系なノリが私には合わずに辞めました)なぜかその会社で仕事をしていて納期に追われて起きるという夢を見たので、多分私は今、仕事面で結構精神的にいっぱいの状況なのだと思っています。(という事で、冒頭からの今のしんどさについての話をしました。)

で、いきなり話は変わるのですが、このIT系の職場に面接に行った際に、キラキラ輝く瞳で私の面接をしてくれた男性面接官(後に分かるのですが職場のナンバー2で敏腕営業マン)に色々と質問をされました。
前職のことやそこでどんな成長をしたのか?とか、その仕事をしていて1番印象的だった事とか、趣味だとかそんな事を聞かれた後で、IT系の業態のこれからや会社としてどんな進化・進歩を目指しているのかを熱く語る面接官の話を静かに聞いていたら突然

『おまみーぬさんの夢は何ですか?』

と聞かれて、咄嗟に

「パン屋になる事です!!」

と答えた事があります。
当時、ベーグルに夢中になっていたので咄嗟に口から出た「パン屋さん」への夢に自分でも面食いましたが、思わず反射的に言ってしまったので自分でもビックリでした。
本当は…当時私がなりたかったものは「お嫁さん」でした。(てへっ。それは今もですけど。)

IT関連の専門誌に自分が紹介されるのが夢だと語る社員がいるとか、ITの力で新しい商品を…とそれまで一生懸命「ITで未来を作る仲間になろうよ!」と誘ってくれていた話を一気にぶち壊す

パン屋さんになりたい!!

という私のセリフに、とまどいながらも面接官は「いい夢ですね」と肯定してくれました。

そして、謎の気まずさを残したまま面接は終了し、なぜか数人いた受験者の中から私が採用されるというビックリな事が起きました。

入社した後でこの時の話になり、面接に来る人には皆同じように夢を聞くのだそうです。(パン屋といった人はいなかったそうですが…)

そこでの回答はなんでもいいのだそうです。
突然の質問に、胸を張って夢を言えるのかどうか?を面接で見ていたのだそうです。
その当時、ベーグルについて熱く語れたので採用に至ったと思われますが、ほんと、何が決め手になるかなんて分からないんですよね。

あー、やってしまった…

と思うことが成功につながる事もあったり、その時は失敗に見えた出来事が、未来には「あの失敗があったから今があるんだ」と思えたりする事になったりと、本当に人生では【何が正解か】なんて分からないんですものね。

あー、やってしまった…と思うようなことで後悔したり、道につまづいて泣いている日があっても、本当に明日がどうなるかなんて未来のことは分からないんですよね。

私たちの想像する心配事の90%以上は起こらない

とも言われていますし、私たちは自分を大切に思って大事にしているからこそ、取り越し苦労だったり石橋を叩きすぎて壊したりして、思い煩う事をしてしまうんですよね。
それって、とても健気で可愛い「自己愛」なのかもしれませんね。

あ、何が言いたいのか分からなくなってきたので強引に〆ますが

まとめ

●トンチンカンな事をいっても大丈夫だよ!
●失敗したように見えた事が成功に繋がることもあるよ!
●自分を責めちゃいけないよ
●師走は忙しいから自分に優しくしようね
●自分がしんどい時には「しんどいさー」って認めちゃうと楽だよ!
●迷って不安になるのは、それだけ自分を愛しているからなんだろうね!
●不安に思っている事って案外起きないから大丈夫だよ
●もしもそれが現実になったら、その時に対応すればいいからどっちにしても大丈夫だよ

今日は追われる夢を見ずに朝まで眠れれるといいな…と思いながら、現場からは以上です!!