手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

信じる・信じないはあなた次第?!な自己肯定ワード

潤いが必要だとか言ってマミコは酸っぱ甘い匂いの水を使ってるそうですよ。

職場のデスクにDAISOのミニ加湿器を置いていますが、私の場所がエアコンの吹き出し口の下のため「やわらかで控え目な湯気」だけでは乾燥を防ぎきれず、シュッと顔に潤いの水をあげるアイテムを常備しています。

大き目のアベンヌのボトルを机の引き出しに忍ばせて通年愛用していますが、シュッと吹き付けた時に「好きな香り」がしたら、顔だけじゃなく心も潤っちゃう!という事で、毎年年末にマークスアンドウェブに登場する「ユズ/ビワ葉」シリーズのシュッと吹き付けられる化粧水を買っておきました。(うっかりしていて会社に持っていくのを忘れて家に置きっぱなしでした。てへへ。)

マミコちゃん、ゴーヨクだから2個も買ったんでちよ!

シュッと顔にミストが散らばった後、ふーーんわり甘酸っぱい香りいい香りがするのがお気に入りですが、この香りは期間限定で通年販売ではないのが残念。
そんなに激しく使用するものではないのですが、詰め替え用の「在庫」も1つ準備しておくと、心おきなくシュッシュできます。

忘れずにやっと本日会社に持参したのでシュッと先ほどリフレッシュタイム!!
今日は予定がパンパンでギューッと凝縮した働き方をしていたので、一息ついてシュッといい香りに包まれたら、なんか『満たされるぅ~』『癒されるぅ~』と心まで潤いが浸透した気分になりました。

あ、癒されて潤うぅ~って浸ってますけど、仕事が嫌だなーって気持ちは変わりません。トホホ。ほんと、働くって大変!(← 自画自賛中)

マミコがまた一つ謎の呪文を編み出して一人で「ヤダ、ウケルゥ~」って騒いでるんですよ。

そうそう!!
私は出来るだけ自分を愛する・自分を責めない『自己肯定ワード』を自分に発してあげようと思っているんだけど、ついつい武闘派で頑張り屋さん程、気が付いたらうっかり自分責めをしちゃうってありませんか??

分かってるんです。責めても何にもいいことなんてないって。

でもね、ついつい『なんで私はこんなにも問題ばっかり…。だって心理学ではすべての問題は自作自演で、自分が必要だから今ここに問題があるんでしょ?』と、辛い状況を憂いたり、一生懸命やっているのに何も変わらない平坦な道を歩かされているようなションボリとした気持ちになっちゃうことってありますよね。

前向き・アホ寄りのおまみーぬだって、現実には望んでいるはずのパートナーシップだって叶っていないし、ヤダヤダ!と心の中で地団駄踏みながらも生きて行くために仕事にだって行くし、時折ツーッと涙を流しながら

鏡よ、鏡よ、鏡さん。
なんで私はこんなにもしんどい生き方をしているのかしら??
美しさがいけないのかしら…(← 棒読み。白目。)

って感じで(← どんな感じ?)疲れてくればしんどいと感じるし、考えようと思えば不安にもなれるし、寂しいなって思えば泣けてもきます。
みんなそれぞれ一生懸命自分を生きているんだもん。色々心が痛む日だってあるもんね。それが、人間なんだもん。

なんで私はこんなに過酷な運命なの??
なんでこんなに問題が次から次へとやってくるの??
そんな風に思った時に、是非自分の胸に手を当てて、こう呟いてみてください。

しょうがないよねー。
だって、今世は「めっちゃ過酷」を堪能するってお空の上で決めてきたんだもんねー。
今世、これで行くって決めたんなら、楽しまなくっちゃねー。

私はまだ死んだ記憶を持っていないので(頭が悪いので良く分からないけれど、死んでも魂は残ってまた生まれ変わったとしても、その記憶がないから初めてをやり直しているんですよね??多分。)正直に言うと

過去生・今世・来生

とか、良く分からないけれど、よく「お空の上で色々決めてくる」って言うし、それなら自分が今の人生を『ちょっとハードモードにしてきたんだった。てへっ』って思えば、しょうがないか!アホだなぁ。もっとよく考えて決めて来いよ!!と自分に突っ込みながら、笑ってトホホと言えるよな~って思ったんです。

信じる・信じないはあなた次第!な、今世という概念。
正直、私にはイマイチ分かっていないけど、それでも自分を楽にさせてあげるならば「今世」を自己肯定ワードとして使っちゃおう!って思っています。

●OMAMI’S 自己肯定 One sentence
今世はこれを選んできたみたいだから、しゃーないか?!

こう言いながら両腕をアメリカ人のように上に向けてトホホって顔をしてあげるのがコツです。
『なんかほんとにしょうがなくなった気分』になったらOK!

なんかしょうがないか…って思えたら、そこで自分を責めなくなりますから、大成功。
理由も理屈も不要で、今世の私は「どうやらやる気だったんだもんね」って苦笑いしちゃいましょう。

自分をいかにして責めないか?
自分をいかにして許し、笑わせて寛がせるか?

自分にとって「これで気持ちが楽になる」「これで心がクスッと出来る」という自分にとっての自己肯定ワードを見つけていくのも、自己肯定する時の力になるので、皆さんにとって「心に優しい」言葉を拾い集めていけますように。