手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

眠さは本当に病気だった件

毎日眠くてたまらない!と騒いでいたメガネがとうとう病院へ行ったようですよ

え、えへへ。
昨年くらいから「なんか眠い…」と睡魔に襲われる事が多かったのですが、お弟子さん講座が終わる少し前位から

毎日が尋常じゃない眠さ

で、夜になると起きていられない感じが続いていました。
夜になると眠くなるのは普通なので、疲れが上手に取れていないんだろうなーと思い、早く寝て早く起きる!を実行していました。

…が、朝も起きる事は出来るのにすぐには体に力が入らず、15分位かけてやっと置きあがれるという感じで、「ほんと、ダル重だわー」とヨッコイショと声掛けをして起きていたのですが、正直言うと

こういう感じは結構昔から繰り返していて、しばらくすると回復する

を何年も繰り返していたので、本当に単なる「疲れ」だと思っていました。

悪い魔女さんにネンネしたくなるリンゴを齧らされたでち!ってマミコちゃん言ってたんでちよー

えぇ、えぇ。言っとりましたわ。

で、そんな私が自分の異変に気付いたのは今週に入ってから。
尋常じゃない眠気に加えて、目の下のクマが青黒くクッキリしていて(これも眠さからくるんだろうなー、くらいに感じていました。)なんか顔色が冴えないんです。
厳密に言うと「クリーム色」がかって血の気がない感じ。唇の色も薄くなっているような…
そして、会社で他のスタッフさんに書類を渡した時に何気なく目に入ってきた他の人の手のひらはピンクがかっているのに、私は顔と同じでクリーム色なのに気がつきました。

色が白くなった…とかではなく、
私自身が全体的にクリーム色なんです。

ん?なんだこれは???と思っていたら、水曜日辺りから息苦しくて、仁くんのお散歩も息も絶え絶えで、ちょっと歩くとゼェゼェしていて、さすがに不安になりインターネットで検索してみると

貧血の症状にぴったり当てはまる

ので、さすがにここまでだるいと市販の薬よりは病院へ行くべきだよね…と覚悟を決め、昨日、職場から割と近い大きな病院(過去に入院したことのある病院)へドナドナ気分で受診してきました。

あーあ、病院かぁ…とか言いながらインターネットでイケメン先生を見つけて1人で騒いでましたよね。

え、えへ。
貧血の症状を調べて、がっくりしていた中で見つけたのが、コレです!!!

イケメン・メガネ男子の「マスチゲン博士」
ちょっ、キタコレ!!!
と、一人でキャッキャ騒いで、私は病院へ行く事を決めました。

明日、病院へ行ったら、どんな担当医に当たっても「マスチゲン博士」に診察してもらっている!って錯覚してやる!!!と。

冬の終わりに受けた健康診断の結果からも貧血で受診するよう言われていたので(すっかり忘れていた)検査結果の紙を持参したところ、内科のおじーちゃん先生に

貧血って軽く思われがちだけど、老けるんだよ

と言われ、一大事だわ!!!ちゃんと鉄錠飲みます!!と即答しました。
どうやら貧血と言うのは、体に酸素を運ぶ血液の力がないから「常に体が酸欠状態」で肝臓や心臓に負担をかけてしまう事に加えて、酸欠なので体に必要な栄養素が行きわたらず、その結果老けるのだそうです。(超・ザックリの説明)

特に女性は貧血気味の人が多いのと、徐々に進行していくため体が頑張って辛い状態でも生活を維持しようと健気に頑張ってくれるため、重症になってやってくる人が多いのだとか。

マミコちゃんは重度の貧血だったんでち…

え、えへへ。
そうなんです。
貧血を示す各種指標となる血液検査の結果がかなり低値だったようで(ヘモグロビン値は7.2でした。とほほ)

注射に通ってもらおうかねぇ

と言われてしまいましたが、まずは投薬で様子を見て改善しないなら注射にするとまとまり、注射に通いたくないのできちんと飲む事を誓い、病院を後にしました。

眠くなる奇病に罹ったのかもしれない!と言っていたけれど、奇病でもなんでもなく「貧血ゆえに体が起きていられないことの眠気」だったようです。

私は病院が嫌いで(好きな人は少ないと思いますが…)やっぱり避けてしまうけれど、酷くなる前に受診するのが一番なんですよね。

女性の皆さん!
疲れやすくなった、異様な眠気がある、顔色が悪い、クマがクッキリする、耳鳴りや頭痛がする、爪が割れる、ちょっと動くと呼吸が苦しい…などがあれば、貧血の可能性もありますので、ぜひ病院へ行かれる事を検討してみてくださいね!
貧血が良くなったら、眠気も楽になるんだろうな!と思うと今から夜更かし出来るのが楽しみです♡