手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

幸せの種を食べよう

今日はまめまきの日ですね!鬼役はもちろんマミコですよね。

今日は節分ですね!
豆菓子好きな私は、今日は「年の数」だけ豆が食べれるのが嬉しい!!

え??何粒かですって??
いひひ。それはHI・MI・TSU♡(← うーわ、うざっ。)

ギンちゃんが「鬼役はマミコ」って任命(またはイジメ)発言してくれていますが、ギンちゃん安心して!!!

我が家に「鬼」はいないの!
だから「福」を呼ぶだけでオールオッケーなの!!

まめで幸せにって書いてあるでち。まめは幸せの種なんでちね!

なんで豆で幸せになれるのかな??
調べてみたら…

穀物には霊力が宿ると考えられていたようで、福豆は邪気を払うんだって。(ザックリ)
まめの当て字は「魔芽」でそのままにしておくと魔の芽が育ってしまうから炒って芽がでないように炒り大豆を使うんだとか。

たしかに「お米一粒に7人の神様がいる」って子供の時に聞いたことがあるけれど、穀物って私たちの日々の体を作るエネルギーになってくれる大事な栄養だものね。
穀物にはいっぱい神様の愛が込められていて、私達を守り・体を作ってくれているって思うと「福」っていう感じがするもんね~

ザックリ調べただけだから詳しく分かっていないけれど、仁くんの言うように「まめが幸せの種」って思ってもぐもぐ食べるのは、近い将来、自分に幸せが柔らかく芽吹く♡って思えるからとってもいいよね!

思い込みって大事です。

自分がそう「思う」事が出来ればそれは叶う!とも言われているくらい、思うという事や信じるというのは大事なこと。

幸せの種であるまめを食べたから、きっと幸せになれちゃうね。うふふ。

って、幸せな勘違いをして笑ったら、きっとそれだって立派な「小さな幸せ」の瞬間です。
今日はこれから、年の数だけハッピーの種をお腹に詰め込んでギンちゃんや仁くんとあはは・えへへと過ごす予定です。

みなさんのお家と心にも、たくさんの「福」が届きますように。