手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

愛される私、を始めませんか?

マミコちゃんが わらしべ長者になったでちー

ミルクティーとバニラアイスのような色彩の「かわいい仁くん」と一緒に、ふわっと優しいピンク色のラッピングバック。
かわいい色彩しかない写真にうっとり♡

先週末、ものすごーく久しぶりに「夜の会食」を解禁したのですが(それ以降、またおとなしくしていますが)丁度「ハロウィン・イブ」だったこともあり、一緒に過ごすメンバーに小さなお届け物をしました。

ひとりも幸せ。相手がいる事も幸せ。結局、幸せ。
ひとりも幸せ。相手がいる事も幸せ。結局、幸せ。
いつもベッドに潜ると「秒で寝れる」私ですが、な、な、なんと!昨晩は全く眠れず、眠りにつくまで3時間も必要でした.....
https://many-smiles.com/about-me/happy-after-all

基本は「ハロウィンのお菓子」という位置付けでチョコチョコとしたお菓子と一緒に入浴剤やちょっとした美容アイテムを入れた「お楽しみ袋」のようなものを準備して渡したら、みんなとっても喜んでくれて「準備してよかったな」と思えて終わったはずだったのですが…

既婚男子には「子供たちと奥様に」とお土産にしてもらったところ、奥さんが喜んでくれたようで、お返しに♡とピンク色のかわいいラッピングの贈り物をいただきました。

頂いた全てがキュンとしちゃうピンク色!

ラッピングと同じように、中に入っていたのはかわいいピンクのアイテムたち。
ちょっとーー!女子力アップしちゃいそうじゃないですかーーー!!

シリコンパフ、実は使ってみたかったけれど未体験だったので嬉しい!!
他にはねこちゃんの形の石鹸と、洗い流さないアフターバス用のトリートメント、イチゴ味が好きな私にはズキュンときたイチゴ味のガルボ。

こんなにたくさんの「嬉しい」をいただいちゃいました。
私は子供たち用のお菓子の詰め合わせと、入浴剤…といったようなものだったので、仁くんが言うように

「THE・わらしべ長者」

を体験させてもらっちゃいました。

とっても嬉しいまさかのプレゼント、ありがとうございます。
嬉しかったです。早速今晩シャンプーをした後から使わせていただきます!
いただいたパフも使いこなして、チオビーを「あっ」と言わせちゃえるように、メイクテクも上げて行きたいと思います!!

* * * * *

私は「筋金入りの自立女子」なうえに、3姉妹の長女という事もあって「与える事は苦しくないけれど、受け取るのは苦手」という生き方をしてきました。

受け取るのが苦手になった背景には、いろんなものがありますが(自立・罪悪感・自己価値の低さなど)受け取れない自分というベースにあったものは

私が無条件で愛されていい存在だと思えない

というものがありました。

・お姉ちゃんなんだから、ガマンして与えるのが当然
・勉強が出来ないんだから推薦された委員会で仕事をこなすくらいしかできない
・うっかりしていて役に立てない私は褒めてもらってはいけない
などなど、自分が認めてもらえていいと思う事ができませんでしたし、足りていないのだから「与えることでやっと欠けている部分が補える」とも思っていました。

健気に与えて犠牲をして初めて、他の人と同じスタートラインに立っていいんだ!と自分に呪いをかけていました。

何かを差し出さない私には価値がないから愛されてはいけないんだ!と信じ込んでいたんですよね。

うわーー。なんて酷い扱いを自分に対してしていたんでしょう!!

とはいえこれも、自分が「愛されたい」と望んでいたからこそ学習して身に付けた「愛されるための材料」だったんです。
犠牲して、足りていないものを補うように与えることで「私がここにいてもいいでしょ?私、役に立つから愛してもらってもいいよね?」と居場所だったり愛してもらうための免罪符が必要だったんです。

生き辛さを自分に課したのは、紛れもない私自身です。

けれど、生き辛くてしんどさに潰されそうになっても「愛されたい」って思い続けていたんですよね。
愛されることを諦められなくて、手を変え品を変えて、愛してもらうために自分をどんどん傷つけてすり減らせてしまったんです。

私が自分を肯定できるようになってきたなぁ、と思える(感じられる)ようになってきたのはこの1年位で、それまでは自分に価値があるなんて「思えるようになる日が来ることすらないだろう」と思う位、自己肯定に失敗し続けてきました。

あまりに生き辛くて、自己啓発本を読み漁り、テクニックに走り(良さそうだと思うやり方があれば「持ち前の自立」をいかんなく発揮して集中・精力的に向き合い)、力を入れ過ぎて電池切れしてしまい「変われなかった」「またダメだった」と

うまく行かない事への実績を積み重ねて、マイナスの体験への自信だけは大きく持てるようになるという負のループ

の中で自分責めをやめられませんでした。
やればやる程「墓穴を掘る」じゃないですが、自分はまた自分を大事に出来なかった、肯定する事なんて出来っこない!と、自分を嫌いになって行くばかりでした。

私は本に書いてあることを「実践」はしていましたが、一番大事な「私のことを愛する」事を疎かにしていたんですよね。
愛してあげられたら、失敗する自分にも優しくしてあげられるのに、私はただ自分を責めてばかりで、うまくやれない自分を全く愛してあげていませんでした。

自己肯定・自分を受容するのにとっても大事なのは『自分を愛する』という事です。
自分を愛せないと自分に無理強いをさせてしまいますし、自分を否定することをやめられません。

たまごが先か鶏が先か、ではないですが「自己肯定するためには自分をちゃんと愛すること」がセットで、どちらが先でも後でもないんですよね。

まぁ、嫌っているものを受け入れる・肯定するって難しいですしね。

THEヒモなオレでも ご飯食べて寝ているだけでめちゃくちゃ愛されてますから ちゃんと生きている皆さんも それだけで愛されていいんですよね

そうそう!そのとーーーりっ!(← 久しぶりのタケモトピアノ)

私たちは過去に体験した事を「良かれ」と思って自分のルールブックに書き込んでいきます。
「いい成績を取ったら褒めてもらった」「お手伝いしたら話を聞いてもらって嬉しかった」日常に散らばる本当に良くある些細な事を積み重ねて、愛される・褒められるために【役に立てばいいんだ!】って思い込んでしまう事があります。

親の愛情が不足していた、欲しい愛情を貰えなかった、学校でいじめられてしまった、先生に誤解されてしまった、恋人から理不尽な扱いをされた…

あなたが自分の価値を喪失させて愛されないんだ…と思ってしまう悲しい出来事がいくつもあった事は承知ですが、条件がないと愛されないなんて、本当はあってはいけない事なんですよね。

私たちは誰かの役に立つから愛されるという存在ではありません。

気の利いたことが言えなくても、落ち込んでいても、誰かに助けてもらって役に立てていなくても、十分に与えたいのに与えられなくても、いつどんな時だってあなたも私も「愛されていい」大事な存在です。
ダメだと思うような私のままで、愛されていいんです。

何かしないと愛されないと「思い込むような体験」を繰り返してしまったがゆえに、自分は「条件を満たせないと愛されてはいけない存在だ」と思い込んでしまった、その呪いを解いていきましょう。

何かを差し出すから、何かを与えられるから愛される私になれるのではなく、あなたがあたなとして「存在している」からこそ、愛されていいんだよ!って、自分に何度だって教え続けてあげましょう。

過去の辛い体験もあったことでしょう。
その時の自分を思い出したら、どんな気持ちになりますか??
「あぁ、私ってこんなにも必死に認めてもらいたかったんだね」「あぁ、こんなにも懸命に頑張っていて、本当は泣きたかったのにね」そんな風に自分を労わって・認めてあげたくなりませんか??

愛されたくて健気なあなたの姿に、あなたの胸がギュッとなるのではないでしょうか?

頑張ってきた、堪えてきた、与えてきた「過去のあなた」に、ぜひ優しく微笑んで『ありがとう。頑張ってくれて、周りに愛を届けてくれたあなたが誇らしいよ!』と言ってあげてください。

本当に充分に頑張ってきたんですもの。
辛かったことも何もかも、あなたが一番よく知っていますもんね。

そして、過去に頑張ってきたあなたのことも丸ごと包み込んで、これからは無条件で自分を愛してあげる練習をしていきましょう!!

題して:愛される私大作戦です。(← 相変わらずネーミングセンスに問題ありです)

喜んでもらいたいと思ったのに失敗して落ち込んでいるあなたがいたら、自分で自分をぎゅっと抱きしめてあげましょう。
自分の意見と違う言葉にムッとしたり、良かれと思って言った言葉で相手とギクシャクすることがあっても「そういうこともあるよね。どんまい!」と自分を許してあげましょう。

ダメだと思ってしまうようなことを否定しないだけではなく、喜んでもらいたいと思って行動できる「あなたの全て」を褒めることも忘れずに!

とにかく自分に対して積極的に優しさをもって接してあげてください。
思い通りにならない事や、自分の価値を見失いそうになる事があっても「置かれた状況でどうにかやってみようとした動機」を見てあげて、とことん寄り添ってあげましょう。

自分を責める日があっても、自分と仲良くできない日も、心が拗ねた日があっても、翌日になったら「さぁ!今日からまた私とやっていこう」と自分を抱きしめてあげてください。

無条件で私が私を愛してあげるんだ!って決めちゃってください。

私たちは誰一人として「完全」ではありません。
失敗もしますし、拗ねてしまう事もありますし、いつも笑顔でいられませんし、ケガもしますし喧嘩もしますし病気もします。
できない事に反省もしますし、感情は荒れ狂ったり制御できない日もあります。
そんな日こそ、しんどいのにちゃんと生きてくれていた私に対して「ありがとう」って言ってあげたいですね。

可愛げがなくて、みっともなくて、情けない部分がある私であっても、生きている中で出会う様々な出来事に向かい合って「より良くなりたい」と思って一生懸命に生きている自分の姿をイメージしてあげられたら、だた存在してくれているだけでかけがえがなく愛おしいという気持ちになって行けます。

いつだって、どんな時だってあなたは愛されていいかけがえのないあなたなんです。

そして、自分を愛せるようになると「愛される私が当たり前」だと思えるようになって行きますから、あなたを愛してくれる人の愛を受け取れるようになって行きます。

こんな私が愛を受け取ってはいけない!と跳ねのけなくてよくなりますから、今以上に愛されている事を体感できるようになって行って、ますます自分が愛される大切な存在だと思えて行けるようになります。

さぁ、愛される私を始めませんか?
沢山、惜しみなく、あなたを愛してあげて、あなたの心を柔らかくほぐしていきましょう。

愛を受け取れる私になるためにも、愛を自分に与えて優しく接し、自分で自分に思いっきり愛される事を体験していって、成功体験を積んでいきましょうね!!