手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

ネガティブな思考に引っ張られたら『未来の私』の話しを聞いてみよう。

マミコがまた「自己投資、うふ♡」って言いながら無駄遣いしたようですよ。

先週は寒波到来でうっすら雪がアスファルトを白くして、急に寒くなった気がしていましたが、昨日からホカホカ陽気が戻り、お天気だというだけで気分も軽くなります。

ギンちゃんが『無駄使い』と言っているのはまつげシャンプーのこと。
ライフワークカウンセラーの岩橋 隆盛さんが企画、私も参加している『百日ブログの会』というコミュニティがあるのですが、そこで【アイシャンプー】なるまつげの汚れを取るとスッキリするという美容情報がありました。

普段のクレンジングでは落ち切れていない汚れが落ちる上に気分(視界)がスッキリする!と言っていたので、興味津々。
お世話になっているまつげサロンでも導入されたそうので、次回の施術時にシャンプーもお願いしてみようと思いますが、ラメなどのアイシャドウや目のキワに近い位置に引くアイライナーなど、普段のクレンジングや洗顔ではまつげに邪魔されてキレイに落ち切れていないような気がするので、日常使いできるものはないのかな??と思っていたら、雑貨屋さんのコスメコーナーで発見。
お値段も1,000円前後で(うろ覚え)リーズナブルだったこともあって買ってみました。
うふ。女っぷりがあがっちゃう。どーしましょ。(← どーでもいいわ!)

私は「ズボランヌ・おまみ」の異名を持っていますので、美容でもなんでも「過剰に手間がかかると継続できない」という残念な性質を持っています。

えぇ、美容もできるだけ簡単である事が大事なんです!!

買ってきたまつげシャンプーは、洗顔後にジェル状のシャンプーをくるくるとまつげの上にのせて少し置いて流すだけ。
ズボランヌの強い味方です。

気になる使用感ですが…

正直良く分からなかったけど、気分的にさっぱりする!

というのが本音です。
サロンの施術では泡を伸ばしてもらってサッパリ感もあるみたいですが、あくまでホームケアですもんね~。
でもきっと普段より汚れは落ちて「目のためにはよい」はずなので、洗顔時に続けてみようと思います。

マミコちゃんが今日お話したいのはメメを洗う無駄つがいのことじゃないんでちよ!!話し長いでちー。

はっ。そうでした!!
うっかりまつげシャンプーについて長々と書いてしまいましたが、本題はここからです!!(← じゃあ、誰トク?な美容記事と分ければいいのに、ごちゃまぜなのがマミコ・スターイル)

いつも天真爛漫で好きな事を満喫していて楽しそう…だと思われている私ですが(← 精一杯に自分を盛ってみましたが、現実は別に普通です。はい。)こう見えて(← だから、どう見えてるつもりなんでしょう?)

不安を抱きしめたら、どこまでも不安の沼に入り込めるくらい
ネガティブな星の出身です。

実際問題、私は「今は元気で健康で働けています」が、この先を『不幸に予測』したら、いくらだって不幸を描けます。

私なんて…
バツイチでそこそこのお年頃な上に、見た目もイマイチで仕事だって別に情熱をもってやりがいを感じている訳でもないし生活のために辞められないし、お腹痩せないし、この先どんどん年を取っていくだけ。
ギンちゃんや仁くんと少しでも長く一緒に居たいけれど、どう頑張っても私の方が絶対に長生きするから独りぼっちになるでしょ??
正直、悲しみに耐えられる自信なんて1ナノメートルもないし、精神的に大丈夫か想像できない位に不安。
子供もいる訳でもないし、彼もいないし、賃貸だし、このまま健康だとも限らないから老後も不安…

うおーーっ。
書いてて凹んできた。
書いてて泣けてきた。

想像した不安な世界の住人になる可能性もゼロではないけれど、未来なんて不確定なのに、わざわざ今から「不安を先取り」して震えて「今を生きれない」なんて悲しいですよね。
とはいえ、油断すると私はすぐにこちらの不安に引っ張られますし、考え出したら「どんだけ不幸なの??」と言えるくらいに思考が不幸に引っ張られてマイナスワールド全開で怖くなります。

でも!!安心ちてくださいでち!!マミコちゃんがこれからチチンプイってアホになる呪文をご紹介するでち~

お、おぅ…
アホになる呪文かどうかはまたちょっと微妙だからスルーして…と。

私は今現在、独身×1人暮らしで生きています。

一人暮らしは楽しいけれど、私はまた結婚したい!とパートナーシップを望んでいるので、「いつまで一人なんだろう…」と思う日だってあります。

不安の種に水をあげだすと、それはムクムクと育ち(特に夜だと一気に育ちます)一気にマイナスワールドの住人と化します。

不安や恐怖で震える日があるのは『脳や潜在意識』の仕業。
脳も潜在意識も私たちの命を危険から守るために【不安・心配・恐怖】を使って危険を回避させます。

グラグラ煮えたぎるお湯を前に、オーイェー!ブクブク言ってるぜ!と手を突っ込んだら大怪我しますから、そのお湯を前に「危険だ」「危ない」と認知させ、それに手を突っ込んだら大火傷して苦しむという不安な未来を予測させることで危険を回避する仕事を「ネガティブ予測」が担ってくれています。

つまり生きている以上、脳や潜在意識が危険から身を守ろうとしてネガティブ部隊を自分の中に装備しているので、ネガティブな思考や不安は避けられないのですから

今の私は、私の中にある「ネガティブ」に寄っちゃってるなぁと気付けばOK

そして不安を決して否定はせず「そりゃあ不安になっちゃうことだってあるよね。」「未来は何一つ分からないんだから、怖いって感じるのは普通な事だよ。大丈夫。大丈夫。」と不安や怖れの中にいる自分を抱きしめてあげます。
その後で…

未来は『こうなってる予定』の私を召喚します!!

パートナーシップについて不安で泣いている私を例としてご紹介しますね!
私の「こうなってる予定」の未来では…

大好きな彼と結婚して、仕事はパートタイムでやってるはずです。
パートタイムと言うか『喪失ケア』や『淋しさ』に優しく寄り添い安心感を届ける仕事をゆる〜くやっている予定です。
今のようなフルタイムでガシガシ働くことはしていません。
短い時間だったり不定期だったとしても何かしらの「仕事」はしているつもりです。

でねでね!
結婚したら、今当たり前のように持っている「夜の一人時間」はやっぱり今より確保するのが難しくなる訳じゃない??
たまに彼が夜勤だとか残業だとか出張で留守にする日があると『一人時間キターーーッ!!』と楽しみにしてワクワクしているはずなんです。

となるとですね、その特別に感じるほどワクワクする日が毎日やってきている独身の今の事を未来の私は振り返って

あの時にもっと楽しんでおけばよかったのにぃ~

って言うはずなんです。
えぇ、絶対言ってると思います。もっとやりたい事できたのにもったいない事しちゃったなーって。

だから、未来の私を召喚した後で、その私になりきって過ごすことにしています。

独身で予定のないお一人様の夜だったとしても

今日は『彼が出張で自分の好きな事を満喫し放題の日』だと思って過ごすと楽しくなります。

もうね、自分の中に備わっている「妄想力」をフルで発揮して、未来の私になりきってグフフって笑っちゃえばいいんです。

え?未来も独身だったら??

そうね…
どうなるか「本当の未来」なんて分からないけど、私たちが生きてるのは『今』です。

その今が楽しいなら別になーんの問題もないし、未来が描いたものと違ったとしても『楽しく過ごしてたなぁ、あの頃。』って笑える過去になるだけならなんの問題もないですもんねー。

どうせ分からない未来なら、不安な未来も予測しちゃう日があってもいいので、楽しい未来もいっぱい予測しませんか?

私達は「こうなるに違いない…」と選択肢や道が一つしかないと怖れが強くなります。
でも、本当に未来なんてどうなるかは想像でしかなく「正確に描く・予測する」なんていうのは不可能なんです。

それならばいくつも未来の選択肢を考えてあげて、自分が一番居心地の良い未来に暮らしていたら、今の私にどんな言葉をかけてあげるだろう?と想像して、自分に声掛けしてあげませんか?

未来の自分から今の自分に届ける言葉って、自分に本当によく効くお薬になります。
だって、誰よりも欲しい言葉を知っているのは他でもない自分自身ですから。
未来の自分が笑って励ましてくれていると想像できると、安心感に包まれます。

ぐふふ。
ちょっとアホに未来をイメージしちゃいましょう。
ちょっとほっぺたが緩んじゃうような、自分にとって都合のいい未来を描いてみましょう。
もちろん、未来を憂いてしまう日は無理しないで「そう思っちゃう日もあるよね」ってただ慰めて寄り添うだけでOKです。それは自分を受容して愛するという作業ですから。
不安だけれどそこから抜け出したい…と思った時の抜け出し方の一つとして『なりたい未来の私を召喚して、未来からメッセージをもらう』というやり方もあるよ!というご紹介でしたので、ぜひ自分の想像力を逞しく活用して、自分を笑顔にしてあげられますように。

ちなみに…

今日は彼が残業で晩ごはんいらないっていうから、手抜き予定なの。うふ♡

って思って手抜きを決行予定のおまみーぬでございます。
脳内で都合よく自分を笑わせられたら、肩の力が抜き易くて生きやすくなりますよ~。
くれぐれも、脳内・自己責任でお願いします!!!

では、ドロン。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • ネガティブな思考に引っ張られたら『未来の私』の話しを聞いてみよう。