手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

居るだけで救われる♡

ひとりで半分こして食べるでちね。悲しいときー。悲しいときー。

今日もドロリと溶けそうな暑さで、暑いのが好きな私は無駄に「イエーイ」とご機嫌でした。

暑いときはかき氷やシャーベットが美味しく感じますよねーー。

私は子供の時から「パピコ」が大好きなのですが、最近のパピコはフルーツ感がリッチになっている上に、舌触りが滑らかなんです!!!
近所のスーパーマーケットで1つ88円という「特価」になっていたので、白桃とレモンをそれぞれ3つずつ買ってきて冷凍庫に眠らせてあります。

今年の夏は、片思い中の彼とパピコを半分にポキンと折って、並んで食べて「美味しいねー」と太陽の光を浴びながら談笑する予定でしたが
信じられない奇跡が起きれば、残り少ない夏の間に叶うかもしれないけれど(← 諦めていない)
もしも来年にお預けになっても、来年はもっとパピコが美味しくなっているかもしれないし、その時に

こうやってパピコを半分こにするの、憧れてたんだー♡

って可愛く言える私になっていたいと思います。(キリッ)

朝、半分こにして食べて夜もまた残りの半分こをチューチューしてましたよね?

え、えへ。
1日「半パピコ」にしようと思ってはいるんだけど、今日はちょっと嬉しいことがあったから、夜パピコ(朝の残りの半分こ)しちゃったんだーい。

私の職場には、女性社員は私だけで週数日交代で来てくれるパートの女性と、部署が違うけれど派遣さんと契約社員の女性がいます。(グループ会社にはたくさん女子がいるのに、私の働くフロアはほぼ男性…)

業務が違うこともあり、接点があまりないのですが
契約社員の女子とは、会えば他愛のない話をしたり、ちょっとした相談を受けたりしていました。

1年ごとの契約更新のようでしたが、色々としんどい事が多かったようで「契約満了前」ですが、ご家庭の事情もあり退職を申し出たという話を本人から聞いていました。

今日、具体的に退職日を決める話があったようですが、その場で本人が予期していない態度や言葉に傷つき、涙が出るような時間を過ごしてしまったようで、夜、LINEで色々と話を聞かせてもらいました。

涙が出るほど、ってよっぽどです。

彼女だって大人で、仕事の場なのでギリギリまで堪えたはずです。
そして、泣いたことを後悔してしまったり、期間の途中だという負い目もあったでしょうし、とても複雑な気持ちを必死に抱えてしまっていたと思いますが、一人で抱え込まずに「マミコさん、聞いてください!」と声を出してくれて、本当によかった。

ちゃんとしなくちゃいけない。
迷惑をかけてはいけない。

確かに迷惑をかけて気持ちいい!なんて思える人はいないと思いますが、それを過度に怖れたり、遠慮してしまうのは、今まで「自分を犠牲にしたり、我慢するのが当たり前」と頑張ってきてしまった人に多く見られると思います。

私もどちらかというと「ちゃんとする星」に住んでいるので、未だに自分を苦しめる観念はたくさん持っていますが、彼女とやりとりをしていた中で

自分がわがままを言って、振り回してしまっていると思われているんだろうな。
それって気まずいよな…

と、すごく気にしていて、本当に苦しそうでした。

立つ鳥跡を濁さず

という観念があれば、自分のしている事が許せないでしょうし、もういっぱいいっぱいで辞めたかったはずなのに、そんな自分を「わがまま言ってしまっている」と追い込むなんて、そんなの辛すぎます。

立つ鳥なんだから、跡を濁したって振り返らず消えちゃえばいい!!

というようなことを話して、他にも彼女が感じている気持ちをポツポツと聞いていたら、少しずつ元気になってきました!という返事をもらい、その後で

いつもニコニコしているマミコさんが居てくれて
ずっと救われていました。

というメッセージが届き、すごくビックリすると同時に、とっても嬉しい気持ちに包まれました。

業種・業務が違うので、なかなか一緒になる時間はなかったし、私はただ話を聞くくらいで他に何もする事もできずだったのに

ただニコニコしていただけで救われた

なんていう泣きたくなるくらい嬉しい言葉をもらって、何かをする事で与えなくても、私が周りに与える事ができるものってあるんだな、という事を教えてもらう事が出来ました。

何かを与えることだけが価値ではないという事を
頭では理解していたつもりでしたが、何も与えられない自分はダメだ!というジャッジはまだ心の奥にはあって、それを手放したようでまだしっかり握りしめていた私に、

ただ居るだけで、ただ笑っているだけで
役に立てる事があるんだから、何者か他の人のようになれなくても「私でいいんだよ」と言ってもらえた事が、すごく染みたし嬉しかった!!

頑張らなくていいんだなー。
笑っているだけで、ただいるだけで、誰かの役に立てることもあるんだなー。
素直に嬉しいなー。

そう思えたので、夜パピコ(朝半分こにした残り)をチュウってしました♡

片思いの彼と半分こ出来なくても、ひとりパピコも美味しいって思えるのも嬉しい事!

だけど、残り少ない夏…または来年の夏は「彼とパピコを半分こしましたー♡」とブログで報告するぞ!!とニヤニヤ夢見ています。

ギンちゃん、仁くんはもうすでに健やかに寝息をたてて私のベッドを占領しています。
私もそろそろおねむの時間なので、ベッドに潜り込もうと思います。

おやすみなさい。
また明日。