手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】5月頃に年末の別居を提案され、もう気持ちが冷めたと言われました。

マミコちゃんが森を見つけたんでちよね~美千代もお写真みたでちよね!

仁くんと愉快な仲間達の姿に、ほっこり和みます。
仁くんがお鼻をつけてご挨拶した途端、美千代はブンブンとその首を振り、見ていたらなんか笑いがこみあげました。

さて、仁くんと美千代が見た私の写真の「森」ですが…

少し大きな花屋さんへ向かう途中の道に生えていたコキアの群れ

見てー。コキアの群れ。
まんまるで「愛・地球博」のキッコロみたいなチビッコ達がワシャーッと集まっていて、実は少し集合恐怖の気のある私は、怖いようなゾワゾワするような気分を味わいつつも、パシャリと写真を撮りました。

去年見たコキアの群れはものすごく圧巻でものすごくゾワッとしました。

去年のコキアの群れはこんな感じで、これぞゾワゾワの極み…
よーく見ると1個だけコテッとしているコキアちゃんもいて、これがなんかかわいかったんですよね…

今日はオチも何もなくコキアをお届けした後で(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

根本先生のブログを拝見してメールを送らせて頂きます。

今年の1月初めから、旦那の様子が変で、夫婦仲が最悪で、5月頃に年末の別居を提案されました。土日だけ帰宅するらしいです。

初めは連絡ありの朝帰りから、連絡なしの無断外泊になり、3日間ぐらい不機嫌な態度を取られた後に、もう気持ちが冷めたと言われました。

仕事が超多忙で3、4月は月の半分以上帰宅しておらず、その間にも帰ってこないこともありました。メールの連絡もありません。

仕事、子育てが忙しく、旦那の愛情に胡座をかいてしまったと反省し、根本先生のブログを参考に、感謝などを伝えていましたが、受け取ってくれる様子はあまりありませんでした。

自分を見つめ直し、変わる努力をしている最中で、もう彼を手放せる気持ちで別居を受け入れました。

そのあたりから、旦那の態度が少しずつ変わったような?変わってないような?感じです。メールに心配する連絡を入れてくれたりする反面、口では気持ちは変わらないからを連発され、落ち込んでいる日々を過ごしました。

先日、週末に帰宅した時は、気持ちは変わらないからといいながらも夫婦生活はありました。向こうからの誘いもありました。

週明けには、土日だけしか帰ってこないの?と聞くと風の赴くままにとか意味不明なことを言われました。

少しずつ改善していると思ってもいいのでしょうか?優しすぎる旦那だったので、態度が激変したことのショックと彼への信頼が崩れそうで怖いです。

年末のまでの間、彼を信頼し愛を伝えて待って過ごすしかないでしょうか?
宜しくお願いします。長文失礼しました。
相談者:marisanさん

marisanさんはじめまして。
ご主人からの別居の提案、とてもビックリされると同時に体が凍りつくような気持ちを体験されたことと思います。
5月といえばまだそんなに遠くない昔ですが、2ヶ月が経とうとしてる今、毎日の生活はいかがですか?
不安が強い毎日だと思いますが、どこかで気持ちを吐き出すことは出来ていますか??

> 初めは連絡ありの朝帰りから、連絡なしの無断外泊になり、3日間ぐらい不機嫌な態度を取られた後に、もう気持ちが冷めたと言われました。

【気持ちが冷めた】と言われた時のmarisanさんの気持ちを考えると、何も言わずにただ肩を抱き寄せ「辛かったね」と一緒に泣いてあげたい気持ちです。

とても悲しい台詞で、その一言でmarisanさんの心にはザックリとナイフで切られたような傷ができてしまいましたものね。

きっと悪夢のように何度もこの言葉が蘇って、marisanさんを苦しめたのだろうと思いますし、まだこの言葉に涙が出るかもしれません。

でもね、あまりこの言葉に傷付き過ぎないで欲しいんです。
ご主人は「今」別居をしたいと切り出しているので、家庭から離れる選択をしようとするその心の奥には「家族を傷付けてしまう」という罪悪感を感じてしまっているんだと思います。
罪悪感は軽ければ「ごめんね」と言えるのに、あまりに大きいとその重さに耐えきれないから責任を転嫁しないと自分が潰れてしまうんです。
だから「気持ちが冷めた」とご主人は必死に自分で『そう思い込もう』と決めて、そう伝えることで

こんな事を言う俺のことを嫌いになってくれ!
俺はmarisanや家族を守れない悪いやつなんだ!

と酷い言葉を投げつけることで、精一杯の虚勢を張っている状態なのだと思います。
口で気持ちが変わらない、というのもコレと一緒です。
「俺は変わらないって言ってるんだから、どうか愛想を尽かしてくれ」「俺は愛される資格なんてないんだから、俺を嫌いになってくれ!」とトゲトゲしているんだと思います。

> 仕事、子育てが忙しく、旦那の愛情に胡座をかいてしまったと反省し、根本先生のブログを参考に、感謝などを伝えていましたが、受け取ってくれる様子はあまりありませんでした。

marisanさんは自分を省みて「旦那さんをないがしろにしてたな…」と反省し、感謝を伝え始めたのだろうと思うのですが、少し考えてみてください。
marisanさんとご主人の立場が逆だとして、今までずーっと「私を見て!」と求めていたのに気付いてもらえず、離婚や別居のカードをチラつかせたら急に「大好きなんだ」「いつもありがとう」と言われたら、すぐにそれを受け取れるでしょうか???

え??別居したくないから態度を変えたんでしょ??

と、反発するのではないでしょうか?
だから、跳ね返されるのは「想定内」と思っておけば、感謝や愛情を伝えても「無反応」「素っ気なくされた」としても『まだ跳ね返してくるかー』と深刻になり過ぎずにいることができます。

marisanさん、今、ご主人を見つめるmarisanさんの視線ってどんなものでしょうか?

イキイキし好奇心に溢れた希望の視線でしょうか?
愛情深いおだやかな優しい視線ですか?
不安でオドオドして心配そうに様子を伺う悲痛な視線でしょうか?
なんでこんな事するの?なぜ分かってくれないの?と怒りを隠した責めるような視線でしょうか?

その視線を受けて、その目を見て、ご主人はどう感じるでしょうか???

「あぁ、かわいいなぁ。愛おしいなぁ」とニッコリしたくなるものでしょうか?
それとも「うわぁ…重たいなぁ」「うわぁ、しんどいなぁ」と感じるものでしょうか??

> 年末のまでの間、彼を信頼し愛を伝えて待って過ごすしかないでしょうか?

このように思っているのですから、きっと不安でオドオドしたようなすがるような視線でご主人を見ていると思います。
このような状態の時には、主導権は全てご主人にありmarisanさんはただひたすら『待ち』の状況に置かれてしまっています。

これってとっても苦しい状況です。

自分の人生なのに、主導権をご主人に握られてしまっていて、ご主人が主役の人生を歩いているから。
このような状況のことを「依存」の状態といい、思いっきり彼軸になってしまい、彼がなにもかもを決める実権を握っているので不安で怖く、なにもできず身動きが取れなくなってしまいます。

自分を生きれていない時、私たちは強い不安を感じますから
どうしてもご主人の一挙手一投足が気になってしまいますが、こんな時だからこそ

私は私、主人は主人。
私には私の考え方があるように、彼には彼の考えや選択がある。

と自分に何度も伝えてあげることで、ご主人との間に境界線をきちんと持つことで「依存」を緩め「自分の足で立つ」事が少しずつできるようになります。
こんな時だからこそ、自分軸を持つことを意識することはとても大切です。

自分の足で立つ事で、彼の態度や台詞で振り回されても立ち直ったり仕切り直す事がやりやすくなります。

振り子の針ややじろべえを思い浮かべていただきたいのですが
大きくピンと弾いた時にその振れ幅が大きいと、揺れていない状態に戻ってくるまでには何度もゆらゆらと揺れて時間がかかります。
ですが揺れ幅が小さい時は、揺れていない状態へは比較的すぐに戻る事ができますよね???

気持ちもそれと同じで、自分という軸がしっかりして自分と彼を分けて考えられるようになると、彼の言動で心が揺れたり折れたりする事はあっても、グラングランに振り回されて立ち上がれない…という時間が短くなったり、そこまで強いダメージを受けずに自分を守り、自分を立て直しやすくなります。

自分軸を持てたからといって、傷つかない訳ではなく
辛い時間からの立ち直りが早くなったり、いつまでも傷付き続ける事をせずに立て直せるようになります。

> 自分を見つめ直し、変わる努力をしている最中で、もう彼を手放せる気持ちで別居を受け入れました。

marisanさん、すごいですね!!!
自分を省みて、苦しい中で変わりたいと奮闘して、彼の望みである「別居」を受け入れる事が出来たなんて、本当に、本当に、頑張りましたね!!!!

その決断をするまでに、どれだけ自分の心と戦ったのでしょう。
だって、別居したいと言われてから、まだそんなに日が経っていない中で、ご主人の意思を尊重して、ご主人を縛るのではなくご主人の意見を尊重してあげたいからと、痛む傷を押さえながら手放そうと必死になったんですものね。

泣きながら、もがきながら、苦しみながら
手放そう・変わろうとした自分のことを、頑張ってるね!お疲れ様!!ってちゃんと労って、大事にしてあげないとmarisanさんが壊れてしまいます。
本当に頑張っているんですもの。

きっと日々、緊張して体も心もガチガチにこわばっていると思います。

木をイメージして欲しいのですが、強い風が吹いた時に、ガチガチの枝は遊びや柔らかさがないためポキッと折れてしまいます。
けれど柔らかく緩める枝は、風に煽られてもしなやかに枝をしならせ、折れることなく強風をやり過ごせます。

私たちもそれと同じで、ガチガチに常に緊張している状態で攻撃を受けたらダメージをやり過ごせるに「ポキン」と心が折れて立ち上がれなくなります。
こんな時だからこそ、頑張りすぎてこわばっている体や心を少しだけでいいので緩めて、自分をリラックスさせてあげる事は「長期戦」には大切なこと。

夫婦問題は今日明日で改善するものではなく
ある程度の長距離走を走るようなものです。

だから息切れしないためにも、心が折れないようにすことは大事です。

心労が多く不安な状態では、簡単にはリラックスする事は難しいけれど
何か没頭できる趣味があればそれに集中してみることや、温泉で体を思いっきり伸ばして緩んだり、マッサージを受けてこわばりを癒したり、不安な気持ちを和らげるアロマやサプリメントを飲んだり、marisanさんにとって「緩めるパターン」というものをいくつかもっておくことをオススメします。

「手放し」というのは別れを選ぶ、ということではなく、今は頭の中が「ご主人一色」になってしまっているので、その頭の中の思いを緩めて解放し、自分を取り戻すこと。

別れるのではなく、彼しかいない!!という鎖で彼をグルグル巻きにしてこの場に繋ぎ止めておきたいと必死になる「執着」を手放す、ということ。

そしてこの執着をなぜ「手放しましょう」というのかというと、それしか選択肢がない!!!とギューッとたった一つを握りしめて身動きができない自分を楽にして、いくつもの選択肢を持つことでたくさんの道を見つけることでmarisanさんが自由になれるからなんです。

パートナーシップというのは一方通行ではなく、対等な関係です。
自分というものがちゃんとないと、対等な関係は築けません。
自分がなく相手が全ての状態は、パートナーシップではなく「依存」している状態です。

marisanさんが望む夫婦の形は、きっとお互いを尊重しあい助け合い補い合い、笑顔の溢れれる暖かい関係だと思います。
そうなるためにはどちらか一方だけにパワーバランスが傾くのではなく、対等であ必要がありますから、ゆっくりとでいいので「自分を取り戻す」事を意識してくださいね。

私たちは恐れがあるとその場に立ち尽くし身動きができなくなります。
そして、愛の反対は「恐れ」です。
こうしたら彼に嫌われるのでは?これを言ったら終わってしまうのでは?と立ち尽くすのは、決して愛ではなく恐れを握りしてめている時。
愛を伝えようとして恐れをベースにしているので、頑張って届けているものがご主人を遠ざけてしまうとしたら、とっても残念すぎますもの、ね。

私は今、恐れがあってうまく届けられないんだな。

そんな時は必要以上に無理をせず「今できる事」をできる範囲でやるだけでいいんです。

> 少しずつ改善していると思ってもいいのでしょうか?優しすぎる旦那だったので、態度が激変したことのショックと彼への信頼が崩れそうで怖いです。

何も変わっていないように見える時は不安ですよね。
パートナーシップや夫婦といった距離が近い人は、自分を写す鏡というように言われます。(投影というもの)

彼が冷たく背を向けているのであれば、それはmarisanさんが自分に冷たく背をむけて自分を否定しているという事。
彼が変わったように見えないのであれば、それはmarisanさんがまだ変われていないからもっともっとステキに愛される自分になっていいんだよ!と言われているということ。

愛されたいのであれば、自分のことを自分でちゃんと愛してあげましょう。
大切にされたいのであれば、自分で自分のことをいじめずにないがしろにせずに、思いっきり大切にしてあげましょう。

人は誰かが大切に、大事にしている宝物を壊したり傷つけようとはしませんよね?
それと同じで、marisanさんがmarisanさんがご自分のことを大切に・大事にすることで周りの人も「marisanさんのことは大切に扱わなくてはいけないんだ」と認識します。

自分のことを大切にし、頑張りすぎずに緩むことをしながら「私はどうなると幸せなのか?」と自分を中心にして考えることを繰り返し、目の前にある「今」を生きることが、遠回りしているように見えて、自分を幸せにするための近道なのかもしれませんね。

年末まではまだ時間がたくさんあります。
そして、ご主人がいろんな態度・意見を言ってくると思いますが、問題の渦中にある時はそれに振り回されて疲れてしまいますが、それはあくまで「今日の彼の気持ち」でしかないんです!
また明日どう変わるかなんて分かりませんから、深く思いすぎないようにしてくださいね!!!

そして、もしも別居になったとしても
別居 = 終わりではありませんからね!!

別居して離れることでお互いの大切さに気付けることもあれば、離れたことで関係が良くなった夫婦もたくさんいますから、不安を感じることは避けられなくても「不安になりすぎない」ように、自分に言ってあげてくださいね。

問題が起きて、まだ数ヶ月では気持ちの浮き沈みは激しく、10分前と今でも考えが変わり、グルグルと常に思考し(最悪な思考が強めだと思うのですけれど…)不安でたまらない時期から抜け出せなくても仕方のない時期です。

手放しだっておっかないと思うのも当然ですし、ご主人の顔色を見て眠れなくなったりホッとしたりとジェットコースターに乗ったような状態でドキドキが続いていると思います。

marisanさん、苦しみの中で本当によく奮闘しています。
心はいっぱい悲鳴をあげて泣いているのですから、頑張れない時はちゃんとお友達や話を聞いてくれるご両親がいればご両親に甘えて、誰かに心を吐き出してくださいね。

1人の時に泣けるようならとことん泣いて、のたうちまわるようにしてもいいんですからね。

吐き出す場所がなければ、またココロノマルシェに相談を寄せていただいてもいいですし、ただただ自分の感情をノートに淡々と書き出して、そのノートを見てmarisanさんにかけてあげたい言葉を自分で自分に言ってあげることも、セルフカウンセリングになりますから、オススメです。

心がいっぱい傷ついて、1人で頑張るには辛すぎる「非常事態」ですから、抱え込みすぎず、ご主人にぶつけるのではない方法で、ちゃんと心のガス抜きをしてあげてくださいね。
溜め込むと爆発して、その感情はご主人に向かってしまいますから、あまりに苦しいようでしたらカウンセリングを利用したりして、marisanさんの心を追い込みすぎないようにしてくださいね。
下にある「お悩み相談」ボタンから、marisanさんの悩みをお話をしてもらってもいいですからね!!

私も夫婦問題を抱え、たくさん涙を流してきました。
marisanさんの「今置かれている状況」も通ってきたので、その苦しみ・辛さは手に取るように分かります。
今は希望は見いだせなくても、ちゃんと笑って暮らせている「ちょっと先」を歩いている私から、marisanさんに大きなエールを!!

フレーフレーmarisanさん。
大丈夫、あなたは決して1人ではないからね。
あなたの価値も魅力も、問題が起きたからと言って何も変わっていませんから、自分を必要以上に責めないで、自分を少しずつ許し、愛してあげてくださいね。

心からの応援と、愛を込めて。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 夫婦問題
  • >
  • 【ココロノマルシェ】5月頃に年末の別居を提案され、もう気持ちが冷めたと言われました。