手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】いつ頃入籍しようかと話をしていた翌週に別れることになってしまいました。

マミコちゃんが一人でおいちーバウムクーヘンを食べようとしてるんでち。ズルなんでちー。

バウムクーヘンって美味しいですよね~。
ドイツ発祥のお菓子ですが、ドイツでは規格が厳しいようで「お祝いの時」にしか食べれないのだそう。

日本ではスーパーでも買えちゃったりしますが、やはり「洋菓子屋さん」のバウムクーヘンは美味しい!!
今朝はいただきもののバウムクーヘンを朝ご飯にしたのですが、バターの香りがするしっとりあまいバウムクーヘンは「確実に太れる」と確信しました。

仁くんが羨ましそうにしていて視線が痛かったのですが、ひとりじめして食べたという誰に聞かせたいのその情報?という事を強引に話した後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

彼とは付き合って一年程で、お互いに結婚を意識しての交際でした。
私には子供がいて、子供も含めとても大事にしてくれていました。
また、子供も彼の事が大好きです。
お互いの両親にも結婚の話などをし、賛成してくれていました。
彼のご家族も私も子供のことも、快く受け入れてくれました。

思い返しても、本当にうまくいっていた思います。

私の地元へきてもらうことで話はまとまっており(といっても同県です)、それに伴い彼は転職を考えていました。

いつ頃入籍しようかと話をしていた翌週に 彼から突然、結婚に対する漠然とした不安から、私への気持ちがわからなくなったと言われました。少し時間がほしいと言われましたが、急なことで冷静になれない私は落ち着いて考える時間等あげられず、彼は一旦離れないと駄目だという気持ちになり、別れることになってしまいました。
それが一ヶ月ほど前の話です。
別れ話はお互い号泣だったのですが、 一度離れたいという彼の気持ちは固かったようです。

彼は、本当に好きだったらこんな不安になったりしないんじゃないかというところから気持ちがわからなくなったようです。
子供を傷つけてしまったという、自己嫌悪と罪悪感はとてもあると思います。

ひとまず離れてどう思うかというところですが、実家暮らしだった彼は、彼自身が自立しないとということで実家はでるようです。いまの環境をまず変えないことには何も落ち着いて考えられないそうです。
都合のいい言い訳にも聞こえますが。
そして色々弱すぎるとも思います。
これまでの覚悟はどういうものだったのかというところには怒りも沸いてきます。

でもやっぱり彼のことは本当に好きで、将来をなんの疑いもなく共にできるとおもっていたので、今回の別れはとてもショックで、仕事意欲も今は本当になくなってしまいました。
夜より日中のほうがひどいです。
こんな風になることはあまりなかったので、自分でも疲れます。

正直一度無くなった気持ちが戻るとも思えないですが、環境が変わってやっぱり戻りたいと思ってくれたらいいなと思ってしまいます。

また子供の気持ちもあり、子供はもう二度と会えないなんて嫌と言います。
子供が会いたがったら、たまにあったりもいいのかなとも思うのですが、それがいいのか判断がつかずで悩んでしまったり。
彼は子供を交えてたまに遊んだりはできると言いますが、それがあとあと余計傷つけることになってしまわないかと言っています。

長文に成ってしまいましたが、堂々巡りでどうしたらいいのかわからないです。

何かアドバイスをいただけましたら、嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
相談者:えくれあさん

えくれあさん、こんにちは。
日々気持ちはグルグルしてしまって、悲しかったり怒りだったり、いろんな感情で忙しく揺れ動いていらっしゃることと思います。

えくれあさんにとってとても大事なお子さんと彼の相性も良く、さらに彼のご両親も状況を理解し受け入れてくれて、まさに順風満帆と思っていた矢先に突然足元が崩れるような状況に、何が何だか…と心がすぐについて行かないような状態だったのだろうと思います。

> 彼から突然、結婚に対する漠然とした不安から、私への気持ちがわからなくなったと言われました。

この言葉を聞いたとき、頭が真っ白になったのではないでしょうか?
もう後は入籍するだけ…という状況になって、なんでここでこんな事になるの???と受け入れられない気持ちになってしまいますよね。

> 少し時間がほしいと言われましたが、急なことで冷静になれない私は落ち着いて考える時間等あげられず、彼は一旦離れないと駄目だという気持ちになり、別れることになってしまいました。

入籍って人生の中ではやはり大きな出来事です。
簡単な思いで選ぶことでもありませんし、こんな状況になって何言ってるの???と悲しみと怒りがうわーーっとごちゃまぜになったような気持ちになってしまうくらい、どうしていいか分からない気持ちだったと思います。

第三者の目から見ると「マリッジブルー」ではないですが、入籍を前にして自分が愛する人とその子供を本当に幸せにできるのだろうか?と、大切で愛しているものに対しての怖れから立ち止まってしまったんだろうな…と思えますが、当人だったらパニックにもなりますし、入籍するの?しないの??時間が欲しいってどれくらい??離れるって別れるって事?と曖昧でグレーな状況って不安ですから、白黒つけたくなって詰め寄ってしまいますよね…

『待つ』ってとても勇気のいる行動です。

だって保証なんて何もないですし、私たちは怖れや不安については強くイメージする事ができる分、頭の中であれこれと「最悪の状況」をシュミレーションしては不安になり、待つことをどんどん苦しくしていってしまいます。

今は少しお別れして彼といったん離れるという選択をお二人で決めたようですが、エクレアさんもお子さんも、彼の事が大好きなんですものね。
だとしたら彼の事を【信頼して待つ】というのが、今できる最善の方法ではないでしょうか?

> 別れ話はお互い号泣だったのですが、一度離れたいという彼の気持ちは固かったようです。

「離れる」という事から、もう終わってしまった…と感じていらっしゃるのかもしれませんが、彼はエクレアさんと「終わりにしたい」「お付き合いをやめたい」と申し出てはいませんよね??

・結婚への不安から急ぐのではなく時間が少し欲しい
・少し考える時間を持ちたい

というのが彼の気持ちなんですものね。
大好きな人と幸せに家庭を築くには、お互いに協力し合う事・信頼して助け合う事が必要で、別に彼一人にあれこれ背負ってもらわなくても大丈夫な事なのですが、彼はきっと愛するえくれあさんとお子さんを「支えていく」という事を考えた時に、自分自身がその大役を果たせるのか?と不安を感じてしまったんだろうと思います。

ほんと、そんなに頑張って背負い込まなくていいんですけれど、これだけ真剣に悩んでいるというのは

えくれあさんとお子さんを愛しているから。
えくれあさんとお子さんを大切に思っているから。

だと思うんです。
真剣に考えているからこそ、立ち止まって自分が男性として大切な人を愛し守りぬけるのか??と真剣に考えたという事ではないでしょうか?

> 都合のいい言い訳にも聞こえますが。
> そして色々弱すぎるとも思います。
> これまでの覚悟はどういうものだったのかというところには怒りも沸いてきます。

うんうん、覚悟がないならなんで入籍の話しなんかするんだよ?!と思っちゃいますよね。
ご両親に紹介したり、子供に対しても期待させるようなことして…と腹も立ちますよね。

女性と男性は、同じ人間という種族ではあるけれど、考え方が全く違っている部分があり、それを「男性心理」とか「女性心理」といって違いにビックリする事が多々あります。

女性は何かをやる!と宣言した時には、それはすでに決定事項です。
決定するまでいろんな選択肢(現実的な問題・お金の事・家族の事・未来の事)を熟考してから「決めた!」と宣言します。

決めるまでは本当にウダウダと悩みますが、決めた時には腹が据わっています。

対して男性は、スパッと決めたように発言しますが、それは「これから入籍したいと思います!」という、いわば選手宣誓のような目標発表です。
だから入籍するという話をした後で、じゃぁ何をどうすればいいの??と発言した後で考えたり調べたりし始めます。

だから、えくれあさんは彼との入籍の話が進んでいる間に、どんどん腹が据わって現実的に物事を進行していけていたのに、彼は「この期に及んで?!」という態度で「今更不安になる」事をしているんです。

そしてもう一つ、男性は大切な人を守りたいと願っている生き物です。
女性が思っているよりずっとずっと『役に立ちたい』と思ってる生き物なのだそうです。(男性心理について教えてもらった際に、男性カウンセラーのヤタさんが熱弁をふるって説明してくれました)

彼にとって、きっとえくれあさんとお子さんと入籍して一緒に暮らす未来は楽しい未来として描けていたと思います。
ご両親へ紹介したり入籍しようなんて、一生を共にしたいと思えない人には言いませんもの。

そして、入籍して自分が家族を守る・助けて役に立てるのだろうか?と、自分にとって大きくて大切なものだからこそ、真剣に考えて、不安になってしまったんだと思うんです。
女性側から見たら「そんなの二人で助け合えれば大丈夫」なのに、彼は男性ゆえに「俺が守りたい。俺が家族の役に立ちたい。」と一生懸命に考えているんです。

> 実家暮らしだった彼は、彼自身が自立しないとということで実家はでるようです。いまの環境をまず変えないことには何も落ち着いて考えられないそうです。

これもきっと、自立していない自分が愛する人とその子供を守っていけるのかどうか?と不安になったからこそ、実家を出てちゃんと自信を付けたくての行動ではないでしょうか?

しっかり自分の足で立ち、愛する人を迎え入れたい。
自分がちゃんと家族を守れる自分だと証明したい。

こんな思いがあるのかもしれませんね。

> 正直一度無くなった気持ちが戻るとも思えないですが、環境が変わってやっぱり戻りたいと思ってくれたらいいなと思ってしまいます。

入籍直前まで来ていた所で「自分の気持ちが分からなくなった」と言われてしまったら、女性は「それって嫌いになったって事でしょ?」と思ってしまいがちですが、彼は一言もえくれあさんと【嫌いになったので別れたい】とは言っていないんですよね。
別れる事になったのも、お互いの気持ちのボタンを掛け違えてしまったから距離を置くために一度別れるという選択になっただけで、彼は『少し考える時間が欲しい』と言っただけで今も離れて『考えたい』と言っているんですよね??

彼にとっては、考えて自分で納得する事がえくれあさんとお子さんを迎え入れるために必要だと思ったから、待って欲しいとお願いしているのではないでしょうか?

気持がなくなったなんて彼は言っていないように思いましたが、お二人での話し合いの中ではそんな発言があったのでしょうか??

人の気持ちは良くも悪くも変化するものです。

入籍しよう!と言っていた彼が急に不安から「少し待って欲しい」と変化を口にしたように、その逆もまたあるという事です。
もう気持ちが離れたから戻る事なんてない!なんてことは分からないんです。

私は過去にお付き合いしていた彼と将来についての話をしたことがあります。
私は大好きな人だったので、このまま結婚出来たらいいな…と思っていた中で、彼が言った言葉は「俺は結婚はしたくない。事実婚ならいいけど。」というものでした。ハッキリと私とも結婚するという選択肢はないとも言いました。
とってもショックで、大好きだけれど私の望む結婚という形が叶わないならば、どこかで彼とお別れを選ばなくてはいけないんだな…と思いつつも、なかなか別れると言えずにいたある日、結婚という選択肢がないと言い切った彼から

結婚するか?!

とプロポーズされました。
私に「結婚する意志がない」と言った2か月後、本当に突然でした。(彼と結婚し、残念ながら私たちは離婚しましたが、でもやっぱりプロポーズしてもらったのは嬉しかったです。)

なぜ心変わりしたのか?と聞いたところ、自分が言った言葉をきっかけに「一人で色々考えた」のだそうです。
そして、考え方が変わって結婚する事を決意したそうなのですが、この話からも

・男性というのは考える時間が必要な生き物であること
・考える事で意見が変わることがあること
・考えないと結論が出せないこと

を知りました。
女性とはだいぶ違いますよね??
女性は決めてしまうと覆る事ってほぼない…というくらい、決めるまでは悩みますが男性は「決めている」と言っている事ですら、考えて変わる事があるんです。

環境を変えて考えたいと彼が思ったのは、大切な人を守るために「前向きに考えたい」という事ではないでしょうか??
もしも別れたいと思っている人に対してであれば、彼は何を考える必要があるのでしょうか??

『待つ』というのは勇気がいりますし、相手を『信頼する』事が試される時でもあります。

不安にもなりますし、心細くなったり、イライラもしますし、自分の感情も沢山暴れると思います。
それもすべて「彼が大切で愛しているからこそ」ですものね。
好きでもなんでもない人に対しては、こんなに感情が揺れたりなんてしませんもの。

お悩みを読ませていただいて『二人とお子さんの未来のための前向きな待ち時間』のように感じましたが、実際に自分が入籍を前にして彼から同様の言葉を言われたら、とても悲しくなりますし取り乱すと思います。

今、えくれあさんが感じる感情を押さえこまずに「ムカつく」「悔しい」「悲しい」を泣いたりお友達に吐き出したり、お恨み帳に書き出したりと、発散してみてください。
抑え込まなくていいんですよ!!
ただ大事なのは「自分で感じ切る」「自分で自分の感情を処理する」事。
何で分かってくれないの?
何で簡単に考えていたの?と、彼に自分の感情をぶつけて責め立てる行動は「私を嫌いになってください」と言っているのと同じ行動です。
誰だって人の感情のサンドバックにされるのは心地よいものではありませんから。

ノートを一冊用意して、恨みつらみを書きなぐったり、女友達に気持ちを共感してもらったりして、上手に気持ちを楽にできますように。

そして、待つ間にえくれあさんに出来る事って沢山ありますよね!!

楽しい事・自分をワクワクさせること・イキイキする事を沢山自分のためにしてあげて、自分を喜ばせながら待つ事ができたら最高ですよね~。
といっても、すぐに気持ちは切り替えられませんからモヤモヤもしますし、しばらくは自分との闘いのような時間になると思います。
彼がいてもいなくてもしっかりと自分を寛がせて大切に愛せる人を見た時に、彼はどう思うでしょうか??

この人はひとりでもちゃんと自分を愛せる魅力的な人だ。
何があってもイキイキして自分を楽しませることが出来る素敵な人だ。

と惚れ直しちゃいますし、彼自身がえくれあさんとお子さんを守れるか不安で立ち止まっているならば、えくれあさんが笑顔で待ち続けてくれたら、それは彼にとってどれだけ大きな勇気や力に変わるでしょうか?
きっととても強く大きなパワーになると思いませんか??

また、待っている間に女性としても人間としても魅力を増しちゃったら、彼も「ほっとくのが不安」になると思いませんか??
なんとしてでも手にしたい、離れているのが不安になる…くらい、素敵なえくれあさんになる事もできる時間です。

> また子供の気持ちもあり、子供はもう二度と会えないなんて嫌と言います。

私は子供がいないのでお子さんの気持ちや表情、子供を想うお母さんの気持ちが分かっている…と言えないのですが、お子さんにとっては「彼」ではなく「お母さんであるえくれあさん」が何より大切で、そのお母さんが幸せであればという願いが一番強いのではないでしょうか?

もちろん、彼がお子さんに愛情をかけてくれたのだと思いますからいい関係が築けていて離れることは寂しいと思う気持もあると思います。
が、やっぱりきっとお母さんがいれば、お母さんが幸せに笑ってくれていれば、お子さんはそれが何より嬉しいのだと思います。
だから過度にお子さんの心情を想像しすぎずに、お二人で色々話し合ってどうするかを決めてお子さんを守り愛するやり方を選択する事ができますように。
そしてもしも何かでお子さんが傷付いたら、全力でフォローしたいときっとお母さんであるえくれあさんは思うはずですし、ね。

> 長文に成ってしまいましたが、堂々巡りでどうしたらいいのかわからないです。

分からない、決められない、動けない、というのも「答え」の一つです。
つまり「今はどうもしないでいる」ことがえくれあさんが今の自分に必要だからと出した答えなのだと思います。

ホント、どうしていいか分からない状態ってモヤモヤして苦しいですよね。
白黒ハッキリつけたいタイプであればなおさらですが、グレーであいまいな状況が必要な時もあります。
そして答えが出るまで焦らずにグレーな状況の中で自分の気持ちに何度も問いかけて「私はどうしたいのか?」という答えが出るまで待つ時間も大切な時間です。

結婚生活が始まると、また新たにいろんな壁や問題にぶつかることもあり、そのたびに「待つ」事を試されるかもしれませんから、結婚前の今、もしかしたら『待つ練習』をするために、今の問題を必要としたのかもしれませんね。

待つ時間はとてもしんどい時間ですが、愛が試されている時間なのかもしれません。
そこで何を選ぶのかを決めるのは自分です。

信頼して待つのも一つですし、待たずに関係を終えるのも、また一つの選択肢で、どちらを選んでもいいんです。
選ぶのは「えくれあさんご自身」です。
簡単な問題ではないからこそ、ゆっくり考えていいと思いませんか???

好きな人と一緒になり、楽しく日常を編んでいきたい、その夢が叶いそうなところで大きな凹みに落ち込んだような気持ちの時にすぐには浮上できませんから、どうしていいかわからない自分を責めたりせずにいてくださいね。
えくれあさんが一日も早く気持ちが落ち着くように祈っています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • 【ココロノマルシェ】いつ頃入籍しようかと話をしていた翌週に別れることになってしまいました。