手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【お悩み相談】彼をどんどん好きになったのに、思ってもない言葉を言ってしまい彼からの連絡はなくなりました。

うずうず

以前「お届け物用のエビスビール」を特別価格で買ったときに付いてきた(?)段ボールの中にヒョンと飛び込み、遊ぶよね?遊ぶよね?キラキラしたまなざしでこちらを見てくるので、朝のバタバタした時間でもついつい遊ぶのが楽しくなってしまい、ひゃぁ!もうこんな時間!!と慌ててしまう事が多々ありました。

うおりゃーーーー

一気に身を乗り出して「パシーン」と華麗な猫パンチを繰り広げるギンちゃんとの遊びの疲労が溜まったのか、段ボールの側面が力をなくしヘニャヘニャしてきたので、本日、ギンちゃんにきちんと事情を言い聞かせた結果、段ボールを撤去する運びとなりました。
ギンちゃんは少し肩を落とし悲しそうにしていたので、今晩はちゅーるをあげるね!と約束して出勤したというどうでもいい我が家の「約束」の話をした後は(注:誰にも頼まれていない前置き)お悩み相談をしたいと思います。

まみこさん、こんにちは。
先日は、相談にのっていただきましてありがとうございました。まみこさんのことばには、何度も救われました。温かいお言葉と優しさに感謝しています。ここ数ヶ月で仕事恋愛友達以外に居場所がある安心感もあり、やってこれました。本当に、ありがとうございます。

ここ最近、好きな人の相談にのっていただきました。
彼とは離れ離れで連絡は少し取り合っていました。
彼の優しさに救われ毎日がとても楽しかったです。どんどん好きになりました。
けれど、自分の頭の中のお喋りが止まらず、彼でいいの?病気なおらなかったらどうするの?みんなに認められなくてもいいの?ずっーと私に付きまとってくるお喋りたちが苦痛で、ある日彼に、もっと頑張れるんじゃない?や、彼が面白い話をしてるのに、そんなことより!と違う話をしたり、わたしは嫌だ、とか、会いたくないとか思ってもない言葉を言ってしまい、そのあと、謝りましたが、それ以降彼からの連絡はなくなりました。
どうしてわたしは人を傷つけてしまうのだろう。
もっと素直に好きですと言えたらいいのに、これから先の未来が不安で苦しくてひどいことをしてしまいました。
もう自分のことを嫌いになりたくないのに、どんどん嫌いになります。
わたし、こんなわたし、幸せになっちゃいけない。神様いじわるだな。頑張っても報われない。仕事もミスをしたり絶望感が溢れます。彼に対して今はそっとしておくべきでしょうか。
相談者:きぼうさん

きぼうさん、こんにちは。
苦しいな、しんどいな、助けて欲しい…
そう思ったときに思い出していただけて嬉しいです。(ニッコリ)

きぼうさんにとって「何かホッとできる場所」だと思っていただけた事、とってもとーーーっても嬉しいです。

> 彼の優しさに救われ毎日がとても楽しかったです。どんどん好きになりました。

きぼうさんが恋しいと思える出会いに恵まれた事、そしてその彼を「どんどん好きになる」という胸が躍るような体験が出来た事、素敵な時間を持てたんですね~。
『好きな人を想う』という体験が出来たという事は、人生の中でもとても素敵なギフトの時間を過ごしたという事だと私は思っています。
そして、恋したからこそ「嬉しい・楽しい」の感情以外にも「不安になる私、欲張りを言ってしまう私、嫌みな私、みっともない私」といった

私ってこんな面もあったんだ…

と見たくない自分に出会ってビックリしながらもいろんな感情と対峙して素敵な女性に成長していくんだと思うんです。
そして、自分が体験したことで「人の弱さ」「人の情けなさ」「人のもろさ」に優しく共感したり寄り添える『財産』を手にしていけるとも思っています。

どんな経験にも価値があるんですものね。

> 自分の頭の中のお喋りが止まらず、彼でいいの?病気なおらなかったらどうするの?みんなに認められなくてもいいの?ずっーと私に付きまとってくるお喋りたちが苦痛で、ある日彼に、もっと頑張れるんじゃない?や、彼が面白い話をしてるのに、そんなことより!と違う話をしたり、わたしは嫌だ、とか、会いたくないとか思ってもない言葉を言ってしまい、そのあと、謝りましたが、それ以降彼からの連絡はなくなりました。

頭の中のお喋り(思考)と感情が戦っている状態って、とても苦しい綱引きをしている状態です。
思考VS感情だと本来感情の方が強い力があるので「彼の事を好き」という気持が大きくなればなるほど、それをなんとかして押さえつけようとして『彼の病気』『周りの目』といったものをどんどんマイナスに思考して、溢れ出す感情を抑え込もうとしてしまったのだろうと思うんです。

言ってしまったことを彼がどんな風に受け取ってしまったのかは、本当に彼の側の気持ちなのでどうする事も出来ないけれど、大好きだ!という気持をなぜにこんなに押し殺そうときぼうさんは頑張っちゃったのでしょうか?

> どうしてわたしは人を傷つけてしまうのだろう。

・あなたでいいの?
・痛みを抱えたままでいいの?
・周りから評価されない私でいいの?
・もっと頑張れるんじゃないの?
・あなたの話はいいから!!
・嫌い!会いたくない!!

彼を傷つけた態度や言葉は、きぼうさんがきぼうさんを傷つけるために放った言葉や態度ではないのでしょうか?
誰よりも傷付き、苦しくて、助けを求め続けているきぼうさんの事を、きぼうさんが許して愛せていないから、何よりも強く自分を責め・自分を嫌い・自分を虐めて傷つけているのではないでしょうか??

心理学の世界では「投影」というもの(自分の心の状態を世界や周りの人に映し出して見る)がありますが、パートナーシップには特に強く自分を投影すると言われています。

だから、彼に投げてしまった言葉や態度「傷付けてしまった」と思っている事はぜーんぶきぼうさんご自身の内側に対して向けた言葉なのではないでしょうか?

そして、彼を好きになった理由を前に少し話してくれたけれど【彼はとても暖かくて優しい人】で【面白くてきぼうさんの事を大切にしてくれて、一緒にいるときぼうさんの心を温かくしてくれる人】で【物静かだけれど仕事に詳しくて】【彼の優しさに救われた】んですよね?

世間からどう思われるか?病気は治るのか?といった強い不安があった中でも、彼の中の魅力としてこれらの事を感じれたという事、これを好きだと惹かれていったのは、きぼうさんが

暖かくて優しい自分を知っているから。
面白くて心を温めることが出来る人だから。
きぼうさんの事を大事にしてあげたいから。
目立たなくてもちゃんとできる「私」を信じているから。
何よりも【優しい私】が心の中に住んでいるから。

なんですよね!!!
そして、彼を通してそんな自分の内側にあるものを見つけ、どんどん大切に思い好きが強くなっていく分だけ、今までずーっと自分を嫌い否定してきた【今までの私】が

ねぇ、ほんとに変わっちゃっていいの?
ねぇ、今までこれでやってきたのに、それって安全なの?
ねぇ、怖いよ。大丈夫なの?

と抵抗して引き戻そうとしたんだと思うんです。
無意識の層である「潜在意識」というのは危険から身を守るという重大な役割を持っているために『慣れ親しんだ状況からの変化を嫌う』という性質があります。

今までずーっと自分を虐める事や嫌う事をしていたら、それが「いつもの私」であって生きづらいとかしんどいとかは別として『慣れ親しんだ自分』です。
その状況から変わろうとして自分の求めている自分になろうと踏み出したら、潜在意識は赤信号をならして『まってまってーー』と思考のお喋りを繰り広げて抵抗しちゃったのかもしれません。

どんどん好きになっちゃったら困る!って、きぼうさんの内側に住んでいる「自己否定」や「自己嫌悪」の壁が、きぼうさんをがんじがらめにしてしまったのではないでしょうか?

本当は知っているはずです。
きぼうさんは誰かを傷つけるような事をする人ではないという事を。

> もっと素直に好きですと言えたらいいのに、これから先の未来が不安で苦しくてひどいことをしてしまいました。

うんうん。素直に「好き」って言えたらかわいいし、心が軽やかで生きやすくなりますよね。
「好き」って肯定の言葉です。
だから言う方も言われた方もふっくらと嬉しくなれる魔法の言葉です。
そんな言葉を素直に紡げるきぼうさんに「そろそろなっちゃおうよ!」という事をこの体験を通して教えてくれているのではないでしょうか?

> もう自分のことを嫌いになりたくないのに、どんどん嫌いになります。

うんうん。
じゃぁ、これから自分の事を許して好きになっていきましょうよ!!
自分の事を嫌いになりたくない、とちゃんと思えた自分に「よーしよし!!」って頭を撫でてあげて、最上級のハグをしてあげて、自分を愛する練習をしませんか?

自分を嫌いなままでいると、自分には価値がないから…と自己犠牲しようとしてしまいます。
無意識の内に自分を犠牲にしてでも、他人に受け入れてもらえるような行動を取ってしまいます。
つまり「周りの目」が気になり過ぎて、自分の本当の感情を抑圧します。

思考のお喋りがうるさくて彼への想いを抑圧したきぼうさんの状況と似ていませんか??

そして、先ほど「素直に好きと言えるようになりたい」と言ってくれていましたが、自分を肯定して好きになってあげると【素直に自分を表現できる】ようになります。
自分の中にある「マイナス」な感情(恋をして見たくなかったドロドロの自分)も、ワクワクするような恋に震える「プラス」の感情も、全部が「わたしなんだもんね~」と受け入れられるので素直に気持ちを感じ、届けることができるようになります。

また投影という事にも関連がありますが、自分を好きになるという事で

人を心から好きになることができるようになります。

心から好きを貫けるというのは、欠点も含めて好きになるという事。
(不安にならないとかそういう事ではないですよ。欠点については不安もあるけれどそれを含めて好きって気持ちを大事にしたい!と思えるようになります。)

私たちは無意識の内に「自分にするやり方で人をジャッジする」ので、自分の欠点を許せない状態の時は、周りの人の欠点も許せません。
周りを受け入れたいならば、まずは自分の弱さやダメさ、もろさも「しょうがないよね」と優しく受け入れてあげる事。
ダメなところがあってもいい、と自分を受け入れてあげる事で周りの人の欠点も愛すること・許すことが出来るようになっていきます。

そして、人は完璧ではありません。
100点満点の光のような一点の曇りもない人は存在していません。

感情に「ネガティブ」「ポジティブ」が存在していて、世間一般ではネガティブは悪のように見られがちですが、私たちに「危険」を教えたり「成長」を促したりする役割を持つ【必要な感情】です。
希望の光に満ちた始まりの朝もあれば、休息のための夜の闇もあるように、人間にも陰と陽、長所があって欠点があります。

そして、それがその人の個性で価値で魅力です。

私たちはこの世に生を受けて地球に飛び出してきたときには、誰一人「自己肯定感の低い状態」ではないそうです。
確かに「お腹がすいた」と泣いている赤ちゃんにお母さんがおっぱいを差し出したら「お母さんの睡眠時間を削って申し訳ない…後にします」と言う赤ちゃんはいませんよね?
愛されている・お世話してもらうのが当然とばかりに遠慮なんてしません。

大人になっていく間に、社会の中でいろんな「体験」を通じて自己肯定感を手放すような悲しい気持ち・悔しい思い、痛みや涙を通して【私は愛されない】【私は価値がない】と自分を鎖で縛ってきてしまったんです。

きぼうさん、もう十分に苦しみ抜きましたよね?
今も自分を責めて、頑張ったのに失敗したことを悔いて、自分を否定して泣いているんですもの。

もう、自分を許してあげて、自分と二人三脚で少しずつ自分を愛してあげませんか?

> わたし、こんなわたし、幸せになっちゃいけない。

『こんな私』だからこそ、幸せにならなくちゃ!
『こんな私』だからこそ、幸せを許可しましょうよ!

私はあちこちで書いていますが、目の前で車に轢かれて大けがを負った人がいるのをイメージしてみてください。
その人は頭から血を流し、多分あちこちを骨折していて身動きすらまままならない状況です。
意識もぼんやりしている状態で、その人に「今、救急車が来ますからね!!しっかり!頑張ってください!!」と声を掛けたら

これくらい、全然大丈夫です。
救急車なんて呼ばなくていいです。
歩いて帰りますから。これくらい、本当に大したことないんです。

と言われたとしたら、きぼうさんはどうしますか?

そうですか!気を付けて帰ってくださいね。
ほんと、これくらいで救急車を呼ぶなんてどうかしてました。
さぁ、立って!!ここにいると迷惑ですよ。

と言って無理やり立ち上がらせようとはしませんよね??

ダメですよ。今は救急車に乗って病院へ行って、ちゃんと直してください。
とてもじゃないですけれど、ほって置ける状態じゃないです。
動いちゃだめですよ!!無理しちゃだめです!!

と、頑張って立とうとする人を制止してなだめるのではないでしょうか??

でもね、私たちの心の中では動けない程ボロボロになっている自分に対して前者のように無理やり立たせて意地悪な事をしたり、頑張らせたりしてしまいます。

本当は血だらけで頑張れないのに、あまりにもひどい事を自分には平気でやってしまうんです。

きぼうさん、彼を傷つけてしまったけれど同じように「ダメな自分」に傷付いて泣いているきぼうさんを今はいじめるべきでしょうか??
違いますよね。上手くできなかった事を責めるのではなく、どうしてうまくやれなかったのか?心の声をいっぱい聞いてあげて、理解を示して、少しずつそれを消化し、許し、自分を愛する事が必要ではないでしょうか?

頑張ってきたんです。
だから傷付いたんです。
ここでまた、自分を虐めたらまた頑張らないといけない事ばっかりで自分が疲弊します。

自分を嫌って憎んで、自己否定して頑張り続けて疲弊しているのですから、やり方を変えてみませんか?

今度は自分を受け入れ、優しく寄り添い、暖かく包み込んで安心を与えて、心からの笑顔で寛げるように、頑張らずに素直になれる、自分を肯定する私に挑戦してみませんか?

愛したいなら、まずは自分を愛することが最初です。

そして、自分を優しく許し、自分の事にたくさん丸をつけてあげて、自分を受け入れる事を続ける事で、彼の弱さや欠点を認めて受け入れ、それを彼に対して肯定してあげられるきぼうさんになりませんか??

彼とのことは「ご縁があれば」また繋がれます。

自分を大切にし始めると周りからも大切にされますから、周りの人と暖かい関係を築きだしていたら不思議とも思えるような偶然を経て、また彼と再会する事だってないとは言い切れません。
憎しみ合って別れたカップルですら、復縁して結婚するというようなことだってあるのですから、何が起きるかなんて未来は本当に分かりませんからね!

自分を肯定して許せるようになると「素直」になれますから、彼にきぼうさんから素直なアクションを起こせるように変化しているかもしれませんし、ね。

誰かを傷つけてしまった…という後悔は強く、どうしても自分を責めてしまうけれど、弱かった自分・いたらなかった自分を認めた上で、そんな自分を抱きしめて癒し、愛することをしてみて欲しいと思っています。

きぼうさん、肩の力をちょっとだけ抜いて、今日は何か小さなご褒美を自分に一つプレゼントしてあげてみませんか?
しんどい、悲しい、という気持を「吐き出そう」と思えたきぼうさんは、最初にお悩みを読ませていただいたきぼうさんとは違い、成長しているきぼうさんです。

さぁ、涙が流れたらワンワン泣いて、涙を拭いたらいたいけな自分を丸ごと抱きしめて、幸せになりましょうね!!!

きぼうさん、心の中をそっと届けてくれてありがとうございました。
フレーフレー。
きぼうさんの涙が今日は少しだけ渇きますように。

心を込めて。
マミコより

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • 【お悩み相談】彼をどんどん好きになったのに、思ってもない言葉を言ってしまい彼からの連絡はなくなりました。