手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】このまま一人で人生を終えるのは悲しいです

マミコちゃんがどハマりしているジュレココでちねー

夏の間は、ツルンとした口当たりのものが嬉しいですよね。
少し前に大流行したナタデココの食感が大好きな私ですが、ジュレのみずみずしくフルフルな食感も大好き!
その二つがミックスされたのが、ジュレココというスーパーマーケットで買えるゼリー。

ジュレタイプはピーチ・みかん・キウイの3種類でどれも美味しいのですが、私はキウイに夢中!!!
1個98円くらいで買えるのですが、2個買うと二つで180円の日があって、その日に4つ買うとものすごく贅沢買いした気分になります。(← どうでもいい情報)

もうすっかり安定した…と思われるお悩みと全く関係ない前置きをしたところで(注:いつもの事です)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

私は30代後半ですが、一度も男性と付き合ったことがありません。

自分から好きになった人から好きになってもらったことがありません。
学生時代には何回か告白されたことはありましたが、他に好きな人がいたりして全て断ってしまいました。

一番最近好きだった人は何回もごはんに誘ったりしましたが、2年ちょっとで数回しか会えず、ほぼLINEのやり取りだけで終わりました。
最初はたくさん連絡をくれたこともあり、何回か会って私の中身の薄さから興味が薄れたのかなと思います。
その後は共通の趣味の話をすることもありましたが、LINEや電話でも下ネタを話したがることが多く、最後は体目当てだったんだろうなとも思います。

周りの人たちができている恋愛ができないのは、見た目もそうですが、中身に足りないものがたくさんある気がします。

趣味のための時間も欲しいし、体の関係になるのも少し怖さがあるし、実家で暮らしているので泊まることも難しいことを考えると結局は自分で選んだことでもあるのかなと思います。

でもこのまま一人で人生を終えるのは悲しいです。

友達が結婚すると聞くとうらやましいとも思うんです。

私が恋愛をするためにはどのような心持ちであることが必要でしょうか?

何か手がかりになるヒントを教えて頂けたら幸いです。
相談者:ココアさん

ココアさん、はじめまして。
好きな人とのお付き合いの経験がないこと、選ばれないのは自分の中身に問題があるのだと感じてしまっていることをお話しいただいてありがとうございます。

他の人には「当たり前」に起きることが自分にとっては「奇跡」のように遠く感じる時に私たちは本当に途方にくれますし、自分がダメで世界からつまはじきにされたような薄っすら寂しい気持ちを感じてしまいますよね。

なんでみんなは当たり前に「仕事」をして「彼氏」がいて「結婚」して「子供が生まれて」さらに「家を建てたり」できるんだろう???
他の人が当たり前に出来てることが何一つできないと感じた時に、私も途方にくれた記憶があります。

今の私は「結婚は残念に終わり」「嫌だよー!と言いながら生活のために仕事に行き」「未だに賃貸住まい」で「彼氏もおらず」の生活をしていますが、それでも毎日は楽しく幸せだな〜って思えるようになりました。

> 学生時代には何回か告白されたことはありましたが、他に好きな人がいたりして全て断ってしまいました。

きっとココアさんは素敵な女性なんだろうなぁ。
私の学生時代なんて、それこそカラッカラに乾燥していて、告白なんて…(白目)
もう遠い学生時代の話です!と言われるかもしれませんが、告白された = モテる要素(魅力)がちゃんと備わっているという「資質」がココアさんの中に「ある」んです!!

ふむふむ、私ってモテる要素があるのねー

と自分の中で眠っている(眠らせている)女性としての魅力があることを、まずは認めちゃってくださいね。

> 一番最近好きだった人は何回もごはんに誘ったりしましたが、2年ちょっとで数回しか会えず、ほぼLINEのやり取りだけで終わりました。
> 最初はたくさん連絡をくれたこともあり、何回か会って私の中身の薄さから興味が薄れたのかなと思います。
> その後は共通の趣味の話をすることもありましたが、LINEや電話でも下ネタを話したがることが多く、最後は体目当てだったんだろうなとも思います。

残念な形で終わってしまったとはいえ、最近まで好きな人がいたというのは、ちゃんと恋する気持ちや恋愛をしたいという気持ちがココアさんの中に「ある」という何よりの証拠ですよね。

恋愛ってタイミングだったり、その時の勢いだったり、その時には終わったように見えてまた時間を経てその恋が実る…なんて事もあったりと、本当に形は様々です。
だから、あまり自分を責めないで欲しいんです。
何回か彼と会った時に、彼がココアさんの「中身の薄さ」を感じたからというよりは、ただ単に「今」がお二人にとってのご縁が結べなかっただけ。
好きな人の興味・関心が減ってきた…というのを感じた時、自分がより強い熱量を持って好きだった側は「私が何かしたのかな?」「私に魅力がないからよね」と自分を責めてしまいますが、彼がどう感じたかを推測しても分からない事で、それで自分の価値を自分が攻撃して傷ついてしまうなんて悲しすぎます。

私の体を目当てにしちゃうくらい、私の全部が気になってたくせに
私がまだその準備ができていなかっただけで諦めちゃうなんて
こんないい女を逃すなんて残念ねー

と、ニッコリ笑って「逃した獲物はデカイんだぞ!」と胸を張ってください。
だってそうですよね???
ココアさんは唯一無二の他の人にはない魅力を持っている価値のある存在ですもの。
彼というモノサシで勝手に計られたとしても、それはあくまで彼の持つモノサシでココアさんの持つ価値も魅力も、うまくいかなかった事で減るわけでもなくなるわけでもありません。

ココアさんがご自身で感じてしまっている「中身の薄さ」って何でしょうか??

> 周りの人たちができている恋愛ができないのは、見た目もそうですが、中身に足りないものがたくさんある気がします。

ココアさんはご自身の内側に「足りていないもの」がたくさんある、と感じていたっしゃるようですが、それってどんなものが足りないのでしょうか???
私たちは思考であれこれ考えている時は、その事で頭がいっぱいになってしまっていて具体的に何が足りていないのかが見えにくくなってしまいます。
なので、自分にとって足りないと思うものを箇条書きでもいいのでノートに書き出してみてください。

書こうと思っていたのに、実はあんまり出てこなかった…という事もあるかもしれませんし、具体的に上がってくるようならそれを足りないと思うのは何故か?それが足りていないとどう自分にとって都合が悪いのか?などを分析してみる事で、漠然とした「足りない」という自分を責める気持ちを緩めていけるようになります。

この方法は、私が離婚前に「どうしても離婚を選択できない」と思考がグルグルして不安だった時にやってみた方法で、自分の中の怖れだったり寂しさだったりをピックアップして、なぜそう感じているのか?の根っこを見つけてあげる事で、漠然としたものではなく具体的に落とし込んで自分を助けてあげるためのヒントを得ることができました。
なので、ココアさんが「足りない」と感じるものがあれば、何が足りていないのか?それをどのように満たしていけばいいのか?満たした結果どうなると自分が喜ぶのか?を探してあげることで、自分をどうやって満たせばいいのかの方法を探すことができるようになります。
もしよければ、その時のことを記事にしていますので興味があれば覗いてみてください。

私たちは「ない」と感じている時には「ない」証拠探しを無意識のうちに続けてしまいます。
自分の中に沢山の魅力があったとしても、わたしには「中身がない」「魅力がない」「価値がない」「他の人にはできるのにわたしにはできない」というように【ない】が自分だと仮定することで、どんどん「ない証拠」を集めてきて

ほーらね!
やっぱり私にはないんだもの

と自分が打ち立てた「ない」という仮説を証明するために一生懸命に「ない」を探し集めてきます。
ココアさんも聞かれたことがあるかもしれませんが、これは心理学でいう【認証バイアス】というもので、人は自分がこうだ!と決めた証拠を集めようとしてしまう特性があるんです。(脳にも似たような仕組みがあって、自分が思った証拠を必死になって探し集めようとする習性があります)

だとしたら、これを逆の発想で利用してみることで、ココアさんの中に「ある」魅力を沢山見つけてあげる事も出来ますよね〜

とはいえ「ない」と思っている状態から「ある」を見よう!と提案されても、そんな事が出来ていたら悩んだり自分を責めたりしませんものね。
まずは「ない」と思った時に

それって本当?
私に「ない」って本当なの?

と、疑問符をつけて質問してみる事で「もしかしたらあるんじゃないの?」という「ある」に視点を少しずらす事をしてみて欲しいんです。
この時に「ある」証拠を探せなかったとしても「ない」を見続けていないだけでも大きな一歩です。
「ない!」と決めて世界を見ていたものが「ないのかな?」というメガネをかけて見てあげるだけで、うんと違ってきますから、ね。

そして「自分には中身がない」というのであれば、中身をどんどん埋めてあげる作業をしてみる事も出来ますよね!!
それってすごく楽しい作業になると思いませんか?どんどん入れられるんですもの!!!

そこでおススメなのが「自分にとってのいい事」「自分にとって心地よかった事」「自分がニッコリできたこと」を数えて

自分を自分で思いっきり満たす

ということをしていただきたいなぁ、と思っています。

別名:私って「いいじゃない!」大作戦

というのですが、どんな小さなことでもいいので、自分が出来たこと・自分にとって心地よく感じたものを沢山数えて「こんなにもある」というのを自分に教えてあげる作業です。

・寝坊したのにきちんとメイクできて偉い!(メイクした私、偉い!)
・今日はお気に入りの靴を履いて出勤できた~(お気に入りが「ある」)
・青空が気持ち良い、晴れていてラッキー(嬉しいを探す)
・美味しいお弁当やランチを食べた!(幸せが「ある」)
・仕事が効率よくできた!(わぉ!私って能力が「ある」)
・帰り道で雨が降る前に家につけた~(わたしってツイてる!)
・あったかいお風呂で脱力。幸せ~(快適な時間が「ある」)
・大好きな俳優さんのドラマが見れてキュン♡(心地よい時間が「ある」)
・ベッドに体を投げ出した瞬間が、好き!(自分をゆるませる場所が「ある」)

それは本当に些細な事でいいんです。
歯を磨いたらツルツルして気持ちいい!歯磨きしてくれた私、ありがとう!とかそんなレベルでいいので、
とにかく自分にとって「いいね♡」をいっぱい見つけて、自分で自分に教えてあげることで、自分の内側を満たしていく作業です。

そしてこれを続けていくと、ココアさん自身を満たし・褒めて伸ばしてあげられるので、どんどんと自分を好きになっていけて「楽しい恋愛をする土台」である自分の事を自分が思いっきり肯定できるようになります。

私っていいの!
私って最高にオススメです!

私は「何かが足りない」と思ってオドオドと自信をなくしてしまうよりも、私の魅力はこんなに「あるんだよー」と笑って暮らせるほうが、ずっと恋に近づきやすくなると思いませんか??
もちろん、いきなりすぐに自分の事をオススメは言えないと思いますが、オススメ…な部分もあるんだよ♡と自分で言ってあげられる女の子ってカワイイですものね。

自分の事が「いいな」「私ってこんなところがあるんだよ」と肯定できるようになると、他の人にはないココアさんだけの魅力が花開きます。
その花を見つけた蝶が飛んでくるように、ココアさんの魅力に引き付けられる男性が現れて、その時に自分にちゃんと「わたしは魅力がある」と許可を出せていたら、不安にならずに恋に踏み出せるようになれちゃいます。

今はまだ、自分をたくさん責めていますもの。
体の関係になるのだって不安だし、実家暮らしだし、趣味も楽しみたいし…と恋に臆病な自分をいろんな角度から責めてしまっているけれど
自分をたくさん「いいね」してあげて、自分の事を「オススメ」できるようになる頃には

趣味も楽しめる私を好きと言ってくれる人に出会ってもいいし
体を自分のペースで任せる事を考えてもいい

と自分が自分に対して思えるようになってくると思います。

恋はいくつになっても出来るもの!!
だとしたら、次の恋を始める時に「私には足りない」と不安になるよりも、自分が一番自分の事を好きになってあげて「私は愛されていいんだもんね♡」とニッコリ笑って受け取れる、そんな女性になるのを目指してみて欲しいな~と思っています。

なぁんて、実は私も同じように「ない」と自分に烙印を押して、ダメな理由ばかりを数えてきた「ないないガール」でしたが、
自分に「いいね」を数える事をしてきたら、少しずつですが自分の事を「オススメ…してもいい」と思えるようになってきて、それと同じ頃に片想いとはいえ好きな人が出来たりして、楽しく日々を過ごせるようになりました。

恋をするのも幸せになるのもココアさん本人です。
その土台が「いまは足りない」と感じているのですから、それを少しずつ「ある」で埋めていって、自分に自信を持てるようになる事で、元々持っているココアさんのモテの資質が光り出すと思っています。
初めのうちは響かない…と思っていても、続けてみるととてもあたたかく自分を愛せる作業ですので、もしも良かったらチャレンジしてみてくださいね。
そして、素敵な恋をする輝く笑顔のココアさんにピッタリのパートナーに出会えるようにお祈りしています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する