手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】以前は憧れや関心があったことへの欲求がなくなり、労働意欲も社交意欲もからっきしになりました。

急に女子っぽい朝ごはんするって言ってましたけど スゴイ量ですよね…

近所のスーパーで「サラダ野菜」シリーズとして、ルッコラ・ほうれん草・春菊などが売られるようになりました。
1袋100円程で、春菊はまだ試していませんが「ルッコラ・ほうれん草・ベビーリーフ」を買ってきて、ベビーリーフ以外をカットして3種類を混ぜたものに、クルミを小さく刻んだものを乗せて、オリーブオイル・ピンクソルト・レモンペッパー・パルメザンチーズをかけて食べるのにドハマりしています。

だた、そんなに人気の野菜シリーズではないようで、毎日入荷がある訳ではない…のが残念な限り。

手の込んだお料理を作りたい…と思う時もありますが、基本は「簡単」なものばかり。手軽にパパッ!と気負わずレシピを日夜探しております。
お塩やオイルの種類によっても味が変わる事を最近知ったので(← 今更…)いろんなオイルやお塩を集めたい私のどうでもいい情報発信の後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

こんにちは。 心理学に関心があり、根本裕幸さんの講座にたまにおじゃましている者です。
こちらも開設されて以来のファンです。

とってもあったかくて、そして地に足のついた強さも感じて素敵な場だなぁと、いつも新しいご相談とご回答を楽しみ読ませていただいております。

その効果なのか、最近に私自身に心理的な変化があり、それについてご相談してみたいと思い失礼しました。

それは物心ついた頃からあった焦燥感がなくなったことです。
心の中がこんなにシーンとしているのははじめてです。

またお尻をたたいて行動をさせていた焦燥感がなくなったせいか、何もしなくなりました。
以前も動けなくなるということはあったのですが、その時は罪悪感と焦りがとてもあり、現在はやろうと思えば動けるかもだけど、やりたくない…という感じで、罪悪感は感じていません。

自分としてはこれが大きな変化でした。

それと以前は憧れや関心があったことへの欲求がなくなりました。

人との社交や繋がり、また文章を書いたり知的なことに関わりたいという憧れです。
健康や美容へも関心も低くなりました。

今までの関心や行動力は焦燥に駆られてのものだったのか、それとも今は落ち着いているのではなく色々シャットアウトして閉鎖的にしているゆえのつかの間の平穏なのかな…と。

またこの平穏無気力が自分の本来の気質のようにもどこか感じられます。

ただ、そうだとしたらこれからどうやって生活して生きていこうかと…。
労働意欲も社交意欲もからっきしになりました。

こういう自分の性質を踏まえての働き方生き方を考えればいいのだろうとは漠然と思っているのですが、それもなんだか出来ずに何もせずに過ごしています。

このままでは橋の下にダンボールテントはることになりそうだなと…。

焦燥感の消えた後の無気力、或いは本質的にバイタリティがない場合での生き方にアドバイスいただけましたら大変有り難いです。 ありがとうございました。
相談者:promilleさん

promilleさん、こんにちは。
自分の中に起きている変化がしっくり穏やかなもので「これでいいなぁ」と思いながらも、今迄にない体験であれば本当に大丈夫なのかな?と心配な気持ちにもなりますよね。

> それは物心ついた頃からあった焦燥感がなくなったことです。
> 心の中がこんなにシーンとしているのははじめてです。

わぁ!スゴイ変化を体験されているんですね~。
「焦燥感」という事ですから、何とかしないといけない・じっとしていてはいけないと追い立てられるような感じがなくなるというのは、随分と心地よくのんびり過ごせているのではないでしょうか?

焦燥感を辞書で調べてみると『苛立ち焦る事』『思うように行かずにイライラ焦る気持ち』とありました。
小さな頃から常に「このままでいいはずがない」と焦りながらイライラしていたのだとしたら、その焦りやイライラがなくなって心がシーンとしているのは、どれだけ楽で解放感があるのでしょう。

> またお尻をたたいて行動をさせていた焦燥感がなくなったせいか、何もしなくなりました。
> 以前も動けなくなるということはあったのですが、その時は罪悪感と焦りがとてもあり、現在はやろうと思えば動けるかもだけど、やりたくない…という感じで、罪悪感は感じていません。

過去に「動けなくなった」時との違いとして、きっと気持ちがうーんと軽く楽になられているんだろうと思います。
罪悪感や焦りを癒すために、きっとpromilleさんが根本さんの講座に参加したり心理学の知識を深める中で「自分と向き合い」「自己肯定感を高める」作業を続けた結果、promilleさんが

何もしなくても大丈夫。
何もしなくても愛されるべき大切な存在なんだ。

と腑に落ちる事ができたのかもしれませんね。

行動をしたくないのではなく「しなくても大丈夫」と思えた感じでしょうか?
同時に今までずっとイライラして追い立てられるようにしていたのであれば、それが抜けた状態が心地よく感じるはずですから、そこでちょっと休憩していたい…と力が入らない(やる気にならない)事があるのはおかしくもなんともないですよね。

> それと以前は憧れや関心があったことへの欲求がなくなりました。

これも「自分のいるステージが変わった」のであれば、関心・興味がなくなってしまうのも頷けるものです。
突然ですが、promilleさんが小学生の時に夢中だったことって何かありますか??
絵本を読むことだったり、シルバニアファミリーの人形で遊ぶことだったり、マリオカートをやる事だったり…その当時は必死になって集めたり夢中になってやっていた事が、中学校に入学してしばらくしてみたら「子供っぽいなぁ」と興味を失って遊ばなくなった、というような体験をされたことはありませんか?

自分の興味・関心というのも、自分の成長や変化に合わせて変わっていきます。
過去にこんなにもしがみついていたのに…と思うような事も、自分の生活スタイルだったり心境の変化があると、あっさり関心が移ったりなくなったりするものです。

今までは「知的な作業をしないといけない!!」「きれいにしておかないといけない!」と追い立てられるように頑張っていたものが、頑張らなくてもいいと分かったら、無理して今やらなくてもいいよね~と興味がなくなったように見えると思いませんか?

無理しなくても、私は私なんだからOKだよね~♡

きっとこんな風に「焦らない自分」を許可できるようになったからこそ、今まで一生懸命に力を入れていた事から力を抜けた分だけ「何もしていない感じ」を感じているのだろうと思います。

> ただ、そうだとしたらこれからどうやって生活して生きていこうかと…。
> 労働意欲も社交意欲もからっきしになりました。

今まで長年「焦って追い立てられるように」生きてきたのであれば、今の穏やかでシーンとした状態でもう少し休んでいたいから、様々な意欲が低下しているのではないでしょうか??

また、今までに体験したことのない自分に変化したのですから、いくら自分とは言え「知らない事ばかり」で手探りの状態ですものね。
どのくらいのペース配分がいいのか?どのくらいの状態になると焦りだす(行動し出す)のか、まだ様子見というか状況を見ている状態なのかもしれません。

今のpromilleさんは「変化のタイミングで力を蓄え休憩している」状態であって、いざとなったら行動が取れる方だと思います。

> こういう自分の性質を踏まえての働き方生き方を考えればいいのだろうとは漠然と思っているのですが、それもなんだか出来ずに何もせずに過ごしています。
> このままでは橋の下にダンボールテントはることになりそうだなと…。

心理学では「起きている事は全て必然・必要な事」という見方をしていますから、動きたくないと感じている「今」の状況は、promilleさんが自分らしく生きて行くために必要な時間なのだろうと思います。
今は何もせずに過ごせている状況で、本当に「橋の下にダンボール・テント」という状況になりそうであれば、その時には状況が変化している訳ですから、よっこいしょ!と動き出すと思うんです。

このままじゃダメなんだよね~
と思いつつも身動きしなくても大丈夫だと、ちゃんと自分で分かっているから「動かない事にOKを出せている」んですものね。

自分を受容・肯定できるようになると、今迄出来ていた事が出来なくなったりやりたくなくなったりすることがあります。

自分を認められていない時は「これをやらなきゃダメなままだ」「怠けていたら認めてもらえない」「何もしない私には価値がない」と自分にムチを打って頑張らせて『何かする事=私の価値』としてしまいます。
それが、自分にちゃんと価値がある事を認められると「無理してガムシャラに行動しなくても、このままの私でちゃんと価値がある」訳ですから、無理したりやりたくない事をやらないようになりますよね!

何かしなくてはダメな私だったはずが、何もしなくても大丈夫な私、になったんです。
何もしていないように感じるくらい、今迄ずーーっと頑張ってきたという証拠なのかもしれませんね。
焦燥感に駆られて、ずっと「このままじゃダメだ」「もっと、もっと!」と追われていたのですもの、このままの私でもいいんだ!と焦りが消えたら、無理矢理やってきた事がいらなくなって手持無沙汰になりますよね!
言い換えると、今は何もしていないと思う程、今迄ずっと焦りや罪悪感・頑張らなくては価値がないという無価値感に日常を支配されて追い立てられていたという事なんですよね。

やりたくない事をやる事で日常的に追い立てられていて、自分が自由になる事や好きな事を選択するという事を「体験したことがない」のであれば、新しい道を歩き出すにしても手探りの状態ですから、まだ何も見つけられない・分からない・まっさらな状態なのだと思いませんか?

青虫が蝶になる時、必ずさなぎになって動けないじっとしている時間が必要です。
今まで感じていた焦燥感を手放せて、見た事・体験したことのない私に変わっている途中も、さなぎの時期と一緒なのかもしれません。

どんな変化が起きるのか?この先にどんな夢ややりたい事を見つけていくのか?それはさなぎの中で休息しながら待っている時には分かりません。
けれど、さなぎからベストなタイミングで外に飛び出したくなるように、何もしない「力を蓄えて焦燥感を手放した世界」に馴染んだ頃には、ベストなタイミングでやりたい事・新しい憧れなど、promilleさんがまた自分で見つけられると思います。

それに…
今は「シーンとして落ち着いている何もしなくていい世界・時間」というのは体験したことがない分だけ新鮮で興味深いものですが、不思議な事に人間はそれに慣れて行き、退屈だな~!なんて感じたりもします。
ですから今、何か無理矢理に行動しなくてはいけないのでなければ、せっかくの静かな休息時間を思いっきり満喫するのもいいですよね!

私たちの人生も感情(心境)は、いい悪いは別にして「一定ではありません」。
引いたり寄せたりする波のように揺れ動き、デコボコしていて、いつまでも同じ場所に留まることができません。
また必ず変化していきますので、その変化のタイミングで「自分らしい選択はどれなのかな?」と選んでいくのですから、promilleさんに起きているいい変化を喜んで楽しんで欲しいな!と思います。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • ココロノマルシェ
  • >
  • 【ココロノマルシェ】以前は憧れや関心があったことへの欲求がなくなり、労働意欲も社交意欲もからっきしになりました。