手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】男性と人としては大事な存在にまではなるのですが、決して恋人にはなれません。

またイチゴのお菓子見つけたでちね!これ、おいちーやつだと思いまちよ!

いちご味のお菓子ラッシュも一段落した…と思っていたら、普段行かないスーパーで「あまおう苺の厚切りバウムクーヘン」なるどう考えても絶対美味しいでしょ系のお菓子を発見してしまったのです。

マミコが、あまおう苺のバウムクーヘンと、出会ったー(← ウルルン滞在記のナレーション風にお読みください)

おかしいなぁ、ダイエットしてるんだけどなぁ…
と頭を掻きながら、誰も見ていないよね?とキョロキョロしながらカゴに入れて買ってきました。
明日の朝、コーヒーと一緒に朝ごはんの後のオヤツにするのが楽しみです。

本日もダイエットの天敵・太れるであろう商品のプチ情報をお届けした後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

はじめまして。
恋愛で悩みがあり、本屋さんやネットで色々原因や対策を探してこちらに辿りつきました。
お忙しいとは存じますがどうぞ宜しくお願い申し上げます。

私の恋愛の相談は、男性と心の交流というかとても親しくなり、ソウルメイトとまではいいませんが、自惚れかもしれませんが人としては大事な存在にまでは割となるのですが、決して恋人にはなれないことです。

10代の頃はそれでも良かったのですが、30代の今とても悩ましいです。
またとてもとても淋しいです。精神的にも肉体的にも。
20代の時は肉体的に淋しすぎて、初体験からしばらく全く好意がない人達と関係を持つことを何度か繰り返しました。
でもお付き合いはしていません。
だから彼氏が居たことはありません。

今まで親友のようになった男性達が疎遠になった後に他の友達から私のことを好きだったと聞かされることが子どもの頃から何度かありました。
もし仲の良かった時にそれを知ったら、または告白されてたら勿論付き合うのにと、嬉しい反面喪失感に見舞われることがよくありました。
なんでなんだろとその都度悩むのですが、勉強や仕事のなやみに恋愛の悩みが打ち消されてるうちにうやむやになり成長しないままこの年になってしまいました。

もう親しくなっても好意を持つような素敵な男性は結婚をしてたり、ましてや子供が居たりする年齢です。
年下だとフリーだったりしますが、ますます恋愛抜きの友達としかなれずいい相談相手よくしてます。

恋愛経験ないのでただ聴くだけなのですが…
わたしって何なんだろうと思います。
何か欠けているんだろうかと。
今はひたすら淋しいです。

何をどうすれば私は誰かの特別になるのだろうと欠乏感と焦燥感でいっぱいです。 でも諦めの方が大きい気もします。
実はずっともう子供の頃から諦めが一番自分の中で大きく、何かを望んだり誰かと継続的な関係を結ぶことにプレッシャーを感じており、望まないことに慣れている自分がいます。

またとてもとても好きな相手が出来ると精神バランスが崩れるくらいおかしくなるということが過去二回あり、自分は恋愛に向いてないという認識もあります。
相手を好きな程自分が酷く思えるというか、とにかく落ち込んでしまいどうにもならず恋がはじまる前にその場から退散してなんとか自分を落ち込みから救出する感じです。

淋しいし焦りが年々強くなるのですが、そういった自分の癖があり改善しません。
アドバイスいただけましたら幸いです。
相談者:NONさん

NONさん、こんにちは。
恋人と呼べるパートナーが側にいて、楽しい恋愛・結婚をしたい!!
周りの人が当たり前のように恋人が出来たり結婚して幸せそうな家庭を作っているのを見たら、自分にも同じようにステキなパートナーが欲しい!と夢見ますよね〜。

お悩みを読ませていただきましたが『友達以上恋人未満』という感じの男性と経験はあるものの、お付き合いには至っていないという事だと思うのですが、淋しさを埋めるようにしていた時間はどんな気持ちだったでしょうか?

男性や自分に対する嫌悪感はありましたか?
それとも単純に「心地よい」を体験できていましたか?

> 私の恋愛の相談は、男性と心の交流というかとても親しくなり、ソウルメイトとまではいいませんが、自惚れかもしれませんが人としては大事な存在にまでは割となるのですが、決して恋人にはなれないことです。

この部分を読ませていただいて、きっとNONさんは女性としても人としても魅力のあるステキな方なんだろうな〜と勝手に想像してしまったのですが、男性側から大事な存在にしたいと思えるくらい「大切に扱ってもらえている」と思うのですが、もしもここで男性から友達以上の熱量を感じたり、友達を超えるような距離感を感じたら、NONさんは意識している・していないに関わらず、そーっと「恋人にはならないように」と距離を取ったりしているのではないでしょうか??

とても親しく関係性を築いた後で【疎遠】になってから「好意を持っていた」と聞く事が多いということなどから、NONさんが自分の意識している部分ではない「潜在意識下」でこれ以上近付くと友人関係ではなくなるよ!!と警告を発し、知らず知らずのうちにお相手の好意を上手に交わしていたのかな?と思ったんです。

NONさんは『顕在意識』『潜在意識』という言葉を聞かれた事はありますか?

私たちは自分の意識できる領域である『顕在意識』でいろいろな事を思考します。
寂しいという感情を感じて「恋人が欲しい」「恋人がいないのは何でだろう?」「周りはもう恋愛どころか結婚して子供もいるのに私は…」などなど、グルグルと考えているのは顕在意識と呼ばれる部分での事です。

対して『潜在意識』と呼ばれるものは無意識とも表現されることが多いのですが、私たちが寝ている(自分で思考していない)間でも、心臓を動かしたり寝返りを打って姿勢を調整するように指示を出して体を動かしたり、夢を使って記憶を整理したり、自分では思い出す事すらしないようなその日の情報を振り分けたり…と自分の考えの及ばないような部分で仕事をしている領域です。

この二つの「意識」と呼ばれるものの能力ですが、頭の中で考えている事である顕在意識は3%、潜在意識は97%と言われています。
どんなに頭の中で「彼が欲しい!!」と考えて策を練っても、潜在意識下では「彼はいらない」と拒否していたとしたら、恋人を作る事が上手くいくと思うでしょうか??

今迄のNONさんは、恋人が欲しいと感じて頭の中ではそう考えながらも、97%の能力を持つ潜在意識の願いである「恋人ができない状況」というのを叶えてしまっているのかもしれませんよね。

そんな事言われても、私の願いは「恋人が出来ること」だし、恋愛して結婚を叶えたいんだよ!!
と言われるかもしれませんが、潜在意識というのは自分が思い出せないような過去からの様々な体験や記憶を保持していて、自分では意識できなくても痛い経験を繰り返さないように…と私たちを健気に守ろうとして、頭で考えている事と違う思いを採用している事があります。

NONさん、よかったら紙とペンを準備して『彼氏とは○○』という言葉の○○に当てはまる言葉を書き出してみてください。
「頼りになる存在」「会いたくてたまらない存在」「触れたくなる」「裏切る」「傷付ける」「悲しませる」「怖い」…なんでもいいので、思いつく限り書き出してみてくださいね。

恋人ができてお付き合いするというのは「楽しくハッピーな夢」ですから、ポジティブな感情を感じるものです。
なので、書き出した言葉のポジティブなものは置いておいて、楽しいを阻むネガディブな感情にぜひ注目してみてください。

例えば「彼氏という存在は私を悲しませる」と書き出していたら、『どうしてそう思うようになったのだろう??』『小さな頃から今までの人生の中で、男性から悲しませらるような体験をした事はあっただろうか?』と振り返ってみてください。
自分ではあまり大した事ない…と思うような小さなキッカケがあったとしたら、その体験や出来事に対して「もう大丈夫だよ」と優しく声をかけて痛みを癒してあげたり、辛い体験や不安があったら、それを解決してあげるべく自分に寄り添い励まし支え、時には一緒に泣いたりしながら、恋をしたいと思う気持ちを抑え込むネガティブな面を解決していってあげましょう。

彼氏って○○、という連想をご提案しましたが、ここで出てきたネガティブなイメージは自分が意識している・していないに関わらず『NONさんの中にあるもの』なんです。

自分が連想できるものというのは自分が知っている事だけです。
知らない事はどんなにイメージしようとしても描けないんです。

なので、自分でも思っていなかったような思い込みが潜在意識下に眠っていたとしたら、普段頭で考えている「恋がしたい」という気持ちよりも強いわけですから、知らずのうちに男性に近付くことも親しくすることもできるけれど、恋人にだけはならない!と抵抗して願いを叶えているのかもしれません。

> とてもとても好きな相手が出来ると精神バランスが崩れるくらいおかしくなるということが過去二回あり、自分は恋愛に向いてないという認識もあります。
> 相手を好きな程自分が酷く思えるというか、とにかく落ち込んでしまいどうにもならず恋がはじまる前にその場から退散してなんとか自分を落ち込みから救出する感じです。

過去に体験した「精神バランスが崩れる状態」というのは、NONさんの潜在意識では『とてとても大きな不安や危険を感じる事』として深いところに根を張っているのかもしれません。

この気持ちを少し掘り下げてみてあげる事は何か明るい光をもたらしてくれるかもしれません。
精神バランスが崩れるキッカケは何だったのでしょうか?
恋愛に向いていないと自分で自分の潜在意識に刻み込むくらい強烈な思いを持ったのはなぜでしょう??
今でもその時の事を考えると不安になったり心細くなったり、もうあんな気持ちになるのはゴメンだ!!と感じたりしますか??

だとしたら頭の中では一人は寂しいと考えていても、NONさんの心の中では『恋をするのは怖い』と自分が恋をしないでいられるように自分を守り続けているのかもしれません。

車のエンジンとブレーキをどちらも強い力で踏んでいる状態だとしたら車は動かないように、NONさんの頭の中では「恋がしたい」と願っていても、本心では「恋はしたくない」と願っているのだとしたら、現状がNONさんの願っている事が叶っている状態ですよね??

男性を好きになると精神的にバランスが崩れるというのは、お悩みの中にあった『自分が酷く思える』『落ち込んで退散したくなる』というのが強いからなのだろうと思うのですが、NONさんはご自分の魅力や価値をご自身でどれくらい受け取れているでしょうか??

男性が心を開いてソウルメイトのように近くにいてくれるくらい、NONさんは魅力的でステキな女性なんです。
そしてNONさんが見えないバリアを張ってしまっていたのだろうと思いますが、男友達は本当はお付き合いしたいと好意まで持ってくれるくらい、NONさんは大切に扱われるべき価値がある女性なんです。

異性から見た魅力以外にも、NONさんにはたくさんの魅力や価値があると思います。

お悩みの文章は分かりやすく書かれていますから、きっと頭も良い方なのだろうと思います。
言葉も丁寧に選んでいることからも、気遣いのできる方だとも思います。
自分に恋愛経験がない…と言いながらも、周りの人の恋愛相談に乗ってあげられる優しさや思いやりもある方です。
自分が恋愛に対して「苦手意識を持っている」と認識もできていて、自分が不安定になって落ち込むから逃げる事までちゃんと内観することも出来ていて、自分の声を聞くこともできる力のある方です。

他にもきっと、男女ともに良い評価をもらえるような朗らかな笑顔や気遣いができる女性で、明るく親しみやすい方なのだろうとも勝手に想像しています。

お悩みの文章の中だけなので、他にもきっとたくさんの魅力や価値があると思いますが、いくつかあげてみたこれらの価値を、NONさんは「うふふ」って当たり前のように受け取れるでしょうか?

自分に対して「価値がない」「価値を低く感じている」状態(無価値感)は、自分が酷くてダメな存在だ…と逃げ出したくなるような気持ちにさせる事があります。

こんな私が愛されるはずがない。

このような感情が心の中にあったとしたら、好きな人ができても自分が愛されるなんて思えずに逃げ出したくなりますし、この気持ちは自分を否定して嫌っている訳ですから、自分を責めますし落ち込みます。

先ほど潜在意識下で「恋人という存在に対してネガティブに感じる原因」を掘り下げて癒す事をご提案しましたが、それと合わせて、NONさんがご自身の価値を今以上に受け取り、自分を愛してあげる事も「好きな人ができると精神的に不安定になる」「逃げ出したい」という気持ちを癒していく力になっていくと思います。

私たちは自分が好きじゃないものを好きという人を「え??」という目で見てしまいます。
自分では価値を認めていないものを絶賛されても、それを見て「なんでこの人はこれを絶賛するんだろう?」と理解できず、状況にっては「気持ち悪い…」と遠ざけたりします。

もしもNONさんがご自分のことを嫌っていたり、寂しい私には価値がないと自分を否定していたら、誰かを好きになっても『こんな私が愛されるはずがない』『私を好きだって言われても気持ち悪い』と逃げ出したくなってしまいますものね。

なので、自分の魅力や価値を受け取って「こんなに魅力的な私に好かれるなんてラッキーな男性がいるものね!」と笑って言えるようになっちゃいましょう!!

子供の時から諦めることに慣れていたら、欲しいものを欲しいという事を知らずに自分の中で禁止しているかもしれませんから、自分を慈しんで欲しいものや築きたい関係を頭の中でたくさんイメージしてワクワクしながら、私が手にしてもいいんだよ!手にするだけの価値があるんだよ!!と許可を出し続けることもしてみてください。

過去に「恋をしたいけど逃げてしまいたくなる」というご相談や「男性と親密になりそうになると怖くなる」というご相談、「周りの人には恋人がいるのに自分にはなぜ恋人ができないのだろう?」というご相談、「30代でお付き合いした事がなくて淋しさを抱えている」というご相談にお返事を書かせていただきました。
それぞれお悩みはNONさんとは違う部分もありますが、同じように不安を抱えたり淋しさを抱えたり、好きになると逃げたくなったり…という気持ちをがあり、それにお返事させてもらったものの中から、何かがNONさんのお役に立つものがあればと思いご紹介させていただきます。

周りを見ると幸せそうな恋人や家族、自分がひとりぼっちで何か足りないのでは??と思ってしまう時というのは、とても切なくて寂しくて、心にヒューヒューと隙間風が差し込んで涙がこぼれますよね。

> 淋しいし焦りが年々強くなるのですが、そういった自分の癖があり改善しません。

寂しい気持ちも、焦っちゃう気持ちも「しょうがないよね」って自分を責めずに許しながらヨシヨシと寄り添ってあげてください。
不安定になる癖と上手に共存できるようにしながら、自分の価値を見つめ直し、自分が恋をする事を許可できるようになれるように応援しています。

かくいう私も、独身・恋人なし…なので、焦らないかといえば嘘になりますし、寂しいなぁと思う日もありますが、少しずつ自分を許しながら、また恋をして結婚したいな!と夢見ていますので、NONさんと一緒に歩いている言わば同士です。

寂しいな…と思った時に「ココロノマルシェの回答者にも寂しいって言ってた同士がいたな!」と思い出していただいて、心が少しだけでも軽くなれたら私も独身でいる甲斐があります!!

お互いにステキな恋に備えて、価値ある自分を沢山受け取って恋の報告ができる日まで、自分を大切にしながらせっかくの「一人の時間」を楽しめますように。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • 【ココロノマルシェ】男性と人としては大事な存在にまではなるのですが、決して恋人にはなれません。