手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】頑張り方忘れちゃいました。向上心がなくなっちゃいました。普通の生活は宇宙人には難しいのでしょうか?

あ…に、にーたん?!

12月もあと少しとは思えない位いいお天気の今朝。
きゃっきゃと追いかけっこして遊んでいたギンにーたんと仁イヌですが、なにやらギンちゃんがおこたのテーブルの上にのって、そこに仁くんが背を伸ばして遊び始めたら…
ちょっ!!ギンちゃん…

それ、本気で殺る系の狙いだよね?!

とはいえ、悲鳴があがるでも怪我をするでもなく、きょうだいは楽しくこの後も遊んでいましたが、スナイパー銀の攻撃を見た瞬間でした。(勿論、本気ではなく甘噛みしかしていないのは知ってますけれどね。)

我が家のきょうだいの「ほほえましい(?)遊びのワンシーン」をお届けした後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

20年以上頑張り続けてきた私。

頑張っていたことに気付いた時、体調を崩し精神科へ。それからは頑張らないことを心に決めました。掃除も洗濯も料理も少しずつ手を抜きました。

それから3年、今では部屋が荒れ果てています…。片付け出来なくなっちゃいました。お掃除出来なくなっちゃいました。ご飯も作れなくなっちゃいました。

自分を大切にしたいって思うから、部屋は片付いていて清潔な方が気持ちいいし、コンビニやスーパーのお弁当より自炊したご飯の方が美味しくて幸せなんですけど、できない…。

仕事も上手くできない。毎日のようにケアレスミス。もしかして、注意欠陥障害なの?ってぐらいミス連発。怒られはしないけど、イラッとされてるの辛い。

「できないのはしょうがない」って諦めることばかりに意識が向いて、「できないからできるようになろう」とか「ミスしないように気を付けよう」とか思えなくなっています。最初から「ミスするのは仕方ない。それが私だもん。」と開き直ってしまいます。

頑張り方忘れちゃいました。向上心がなくなっちゃいました。
ただただ普通の生活がしたいだけなのに(片付いた清潔な部屋に住み自炊したご飯を食べ会社に行って仕事をこなす)、宇宙人には難しいのでしょうか?
相談者:さえさん

さえさん、はじめまして。
私も宇宙人ですから、ほんと、地球で生きるって「しんどい」って感じることががたくさんあります。
他の人には「当たり前」に見えることが、私にとっては奇跡にすら見えることもありますから、さえさんが思う『ただただ普通の生活がしたい』という願いが叶わないもどかしい気持ちが分かります。

> 20年以上頑張り続けてきた私。
> 頑張っていたことに気付いた時、体調を崩し精神科へ。それからは頑張らないことを心に決めました。掃除も洗濯も料理も少しずつ手を抜きました。

20年以上も頑張り続けたら、やっぱり頑張れなくなる日がやってきてしまいますよね。
いわゆる「強制終了」とか「燃え尽きる」という状態だと思いますが、そこで少しずつ手を抜ける事が出来たことはとてもよかった事だと思います。

でも、さえさんはまだどこかで「頑張れないからという理由で頑張らない自分を責めている」のではないのでしょうか???
いただいたお悩みの中で【向上心がなくなっちゃいました】と書かれていましたが、向上心って常に必要なものって誰が決めたのでしょうか??

決めたのは「自分」なんです。

自分を大切にするためには「自炊するのが正しい」「部屋を綺麗にしておかなくちゃいけない」というさえさんのルールがあるから、自分がそうできない事を責めてしまうんですものね。

心理学ではこのような自分を縛るルールの事を「観念」と言っていますが、私たちは大人になるまでに沢山の経験をして沢山の観念を身につけていきます。

・仕事は丁寧にするべきである
・体のためには自炊すべきである
・整ったお部屋で清々しく生きるべきである
・遅刻はしてはいけない
・人前で怒りを表してはいけない
・自分勝手に振舞うことはよくない

などなど、何か痛い体験を通してだったり、周りの人の振る舞いを見たり、親や学校や組織などから教えられた事を「私のルールブック」に書き込んで、それを守ろうとします。

「本当は〜した方がいい」「自分を愛するためには〜しなきゃ」という風に『やらなきゃ』『せねば』と思っている時の心の中にある気持ちは

それ、やりたくない事です!!
それ、出来ない事です!!

というものです。
今、さえさんが頑張れないと苦しんでいるのは「体のためには自炊する【べき】」「綺麗な部屋に暮らす事は心を綺麗にする事だから掃除【せねば】」と自分にプレッシャーを与えている状態だから。
自分の持つルールブックを守らないといけない!!と知らずに自分にプレッシャーをかけているんです。

やりたくない事を思考から命令されているけれど、心はまだそれを「やりたい」と思える程に回復していない(元気になれていない)のであれば、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるような状態ですから

頑張っていないはずなのにしんどい…
頑張っていないはずなのに力が湧かない…

という状況になってしまうのも当然ですよね。
頑張る力がなくなったからしっかり休息しよう…と思いながら、心にプレッシャーをジワジワと感じてしまっていたら、休めているようで休み切れていないのかもしれませんね。

> 「できないのはしょうがない」って諦めることばかりに意識が向いて、「できないからできるようになろう」とか「ミスしないように気を付けよう」とか思えなくなっています。最初から「ミスするのは仕方ない。それが私だもん。」と開き直ってしまいます。

開き直って何が悪いのでしょうか??
だって、やりたくないんだもの。今の私にはできないんだもの。「しょうがないんだもの」と思う事は決して悪いことじゃないですよね。

私たちは「今自分が出来ることしかできない」のに、出来ない自分を責める事をしてしまいがちです。
それは心のクセなのですが、さえさんはずっと頑張り続けてきた間、自分には足りない・このままではダメだ!!と自分を鞭打って叱責して頑張ってきたのではないでしょうか??

『開き直る』という言葉を使われているのは、それがいい事(肯定している)と思っていないからですよね??

頑張れなくなって、頑張る事を止めることを「頑張りながら」やっと緩めるようになってきたら、緩んでいる出来ない自分に出会った事がないから、そんな自分に戸惑っている部分と一緒に「何も頑張らない私では価値がないからダメなんだ」と自己否定してしまっている部分はないでしょうか?

お部屋が汚くて片付けられないくらい疲れていた私なんです。
体のために良いものを取り入れたいと思ってもそれが出来ないくらいヘトヘトな私がいるんです。
それだけまだ「休まないといけないくらい回復途中」にいるのに、力めなくなった私は悪いんだ…という重い観念・ルールがさえさんを苦しめているののだと思うんです。

心底疲れているときは何もせずに休みたい、何も行動できないから寝たい…と思うのは人間として自然な反応です。
20年も鞭打って頑張り続けてきたんです。
やっと少しずつ緩む事を許可して「頑張らない」と決めたとしても、まだまださえさんが「活動できるくらいに元気になるパワーのタンク」が満たされていなかったとしたら、動けませんよね。

車にはガソリンが必要です。
なくなれば全く動けなくなり、そこにガソリンを給油して満たしてまた走り出す事ができますが、給油量がわずかであれば走り出してもまたすぐにエネルギーが枯渇して止まってしまいます。

私たちも同じです。
自分を愛して大切にするために「自分に心地よい環境」「自分を育むための丁寧な食事」を与えてあげたい!とプラスの動機から活動したいと思っても、頑張るための力がまだ足りていなかったら、どんなに与えてあげたくても無理なんですものね。

インフルエンザで力や体力を失い、薬と数日の休息のおかげで回復したとしても、職場復帰1日目でフル稼働したくてもできないのと一緒です。
この時に頑張れない・やりたい事を形にできない自分を「病み上がりだから仕方ない、って開き直っています」なんて表現しませんよね。
「病み上がりでまだ本調子になれないのは当たり前です」と言ってあげると思うんです。

頑張れなくなったさえさんも、これと全く同じではないでしょうか??

私たちの心は思考よりもずっと強力で、まだ頑張れない!!と心が感じていたら「〜すべき」という思いがあっても動けません。
それが自然な反応なんです。
だから、自然な反応に身を委ねて「今はエネルギーを蓄えている時間」と自分を責めたり批判したりせずに『フラットな目線』で見てあげる事で自然治癒力を発揮して心はエネルギーを回復していきます。

> 自分を大切にしたいって思うから、部屋は片付いていて清潔な方が気持ちいいし、コンビニやスーパーのお弁当より自炊したご飯の方が美味しくて幸せなんですけど、できない…。

この最後の部分にさえさんの心の声が素直に溢れていますよね。

「できない…」んです。
やりたくないんじゃなくて、やりたいけどできないんです。
つまり、今それを出来る力がないんです。

でもそれを責めていると「向上心がなくなったダメな私」と自分を虐めてしまい、休んでいるはずなのにちっとも心が休まりません。

私は関西に住んだ事がないので、あくまで想像やドラマなどで見た限りですが、関西の恰幅のいいお金持ちのおじさんが、クラブのお姉ちゃんに「このボトル入れてもいいですか〜♡」と言われた時のセリフをイメージして、頑張れない自分に届け続けた時期があります。

おぅ、おぅ。
えーがな、えがーがな。
かまへんから好きにせぇ。

余裕のある「えーがな」を自分にたくさん届けてあげませんか??
好きにしていいんだよ!マイペースでいいんだよ!ダメだって必要な時間だから私は今そうしているんだよね!って、自分をいっぱい肯定してあげましょう。

向上心がなくなってダメ…なんじゃなく、向上心が沸いたらいいな〜♡と、言葉を少し変えてあげることも、思考のクセを改善するのに役に立ちます。
頑張り屋さんでしっかり生きてきた時間が長ければ、無意識のうちに自分を否定してしまいますから、気付いた時に言葉を意識的に変えるというのはとってもオススメです。

やるべき・やらなくてはいけない = できたらいいな!

言い方をこう変えるだけで、自分を責めたりプレッシャーを与えずに希望に変換できます。
あくまで「希望」なので、そうできなくても責める必要がなくなるんです。
言葉一つですが、小さな事を変えてみる事が自分を助けてくれる力になる事がありますので、ご興味があれば言い変えてみてくださいね。

また、強制終了がかかって精神科にかかったときは重度に力が枯渇していた時で、今はそこから少しずつ力を回復している「新しい自分との付き合い方を模索中」の道の途中にいると思うんです。
頑張る事をしない自分に出会うのは、これが初めてなのであれば戸惑うこともいっぱいあって当然ですよね。

今、いろんな葛藤がさえさんの心の中で渦巻いていると思います。
もう頑張ることはしないと決めたけれど、もう少しだけ「自分を大切にするためにできることはやれるようになりたい」という自分を愛する気持ちとのせめぎ合いがいっぱいありますものね。

道の途中にいる時というのはいわば【鳴かず飛ばずの時期】です。

さえさんは『鳴かず飛ばず』という言葉を聞いて、どんなイメージを受けますか?
なんかパッとしないポジティブには思えない言葉に感じるかもしれませんが、辞書によるとこう解説されています。

・何の活躍もしないでいるさま
・将来の活躍に備えて、じっとその機会が来るのを待っているさま

鳴かず飛ばずとは中国のことわざがベースになっているのですが、ある王様が王座について3年の間何の力も行使せずに「じっと何も活躍しない状態」で過ごしました。
3年間自分がグータラする事(力を行使しない事)で、本当に仕事が出来る信頼のおける家臣を見極めていた時間でもあり、同時に休む事で大きな改革を実行するための「心のエネルギーを蓄えていた時間」でもあったんです。

さえさんの「今置かれている状況」は、まさに鳴かず飛ばずの時期ではないでしょうか??
何の活躍もいりません。
自分にとって動き出したくなる日が来るまで、ただ力を蓄えるために頑張らないでいる事をしていていいと思いませんか??
頑張らない間は、あくまで自分を休ませている時間ですから、できない自分を責めるのはご法度です!!

という事で、ぜひ「自己肯定感」をあげる事をしていきませんか?

自己肯定というのは「ダメな自分」「みっともない自分」「今の自分」をそのまま肯定してあげる事です。
頑張ったから丸をあげるのではなく、頑張れなくてコンビニご飯の今日も「かまへん!えーがな」って笑ってあげる事です。お部屋が散らかっていても「しゃーないよねー。かまへん、かまへん。」と受け入れてあげる事です。

その中で何かモヤモヤして「リンゴを剥いて食べてみた」「掃除機を一箇所だけでもかけてみた」というように、本当に小さな事でいいので、何か自分のためにしてあげたいと思ってやってあげた事は

アホみたいに盛大に褒めまくりましょう!!

自分のために何かしてあげた事は自分の願いを叶えたという事です。
そういう小さな成功体験を自分でたくさん喜ぶ事で、また少しだけ自分にいいものを与えたい…と心が喜んで動くようになっていきます。
少しずつ変化しながらも、また「疲れたー」と振り出しに戻ってもいいんです。
行ったり来たりしながら「頑張らないでいきていくこれからの自分との付き合い方」を模索しているんですものね。

ずーっと頑張ってきたんですから、もっともっと緩んでいいよ!と自分に言ってあげたいですよね。
本当に頑張ってきたのを知っているのもさえさんご自身ですものね。

さえさんがご自身と今以上に仲良くなれるようにと祈りをこめて。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • その他の問題
  • >
  • 【ココロノマルシェ】頑張り方忘れちゃいました。向上心がなくなっちゃいました。普通の生活は宇宙人には難しいのでしょうか?