手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】前向きな理由を持たずにこれ以上の転職を重ねたくないです。

果物のにーがするコーヒーっていうのを見つけて マミコちゃんが喜んで買ってきたんでちー

少し前にカルディに行ったときに、フレーバーコーヒーを発見!

フレーバーコーヒー

マンゴーとオレンジの、女子がキャッキャと喜びそうなフレーバー。
もちろんきゃっきゃと興奮して買いました。

コーヒーの香りは好きなのですが、カフェインとの相性なのか「本格的なコーヒーなればなるほど頭痛がする」という残念な体質のため、家ではもっぱらインスタントコーヒーをものすごくアメリカンにしたものを基本にしています。

ドリップタイプのものは香りが全然違って「ほへ~」と幸せになるのですが、飲む時に勇気がいります。
薄くして飲むつもりではいますが、ちょっと美味しいお菓子を買ってきたときに飲もうと思って大事にしまっています。

気になって買ったコーヒーをご紹介した後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

仕事・ライフワークで相談です。
今まで20回以上転職し、過労でうつ病も経験し、今は完治と言われるほどよくなりました。2年前半に、長く続けられると思って楽な事務の正社員になりましたが、退屈かつ会社方針の合わなさに狂いそうです。

ライフワークを模索し、好きな事を色々して、以前から興味があった翻訳スクールのオンライン講座に申し込みました。しかし、やる気には大きな波があり、憧れだけは15年も前からあるのに何回も勉強に挫折してるし、英語力も上がったけどまだまだ入門レベルで、単にハードルの高すぎる目標を立てて、実現不可能を体現しようとしてるのかと思ってしまいます。

逃げてもいい、とは思いつつ、前向きな理由を持たずにこれ以上の転職を重ねたくないです。でも取り組んでいる翻訳の勉強が本当にやりたいのか分からなくなってきました。疲れてるのかなと思って休日ゴロゴロや猫と癒し時間を過ごすけど、数ヶ月自分を癒すことをやってもいつまで経っても自分の本心がはっきりしません。焦り過ぎなのでしょうか…。よろしくお願い致します。
ご相談:まつきさん

まつきさん、こんにちは。
「逃げてもいい」って分かっていても、現実を前にして仕事もライフワークも八方塞がり…と気が滅入ってしまう時ってとても焦りますし苦しい時間ですよね。

私もまつきさんと同じように、自分が今の仕事を楽しめていなくて泣けてくるときもあります。
逃げていいけれど、いざとなると「逃げない理由」をあれこれ自分の前に置いて、ほらやっぱり逃げられない…とやっています。

> 今まで20回以上転職し、過労でうつ病も経験し、今は完治と言われるほどよくなりました。2年前半に、長く続けられると思って楽な事務の正社員になりましたが、退屈かつ会社方針の合わなさに狂いそうです。

過労からのうつ病、相当にしんどい時間を乗り越えられたんですね。
そして、20回以上の転職を経て今の会社を選んだ理由はきっと、過労ゆえに鬱になるような心配のない「忙しくない仕事」だからなんだと思います。
体や心のバランスを崩すことなく働ける環境で、長く働きたいと願ったからゆえの転職ですものね。

でもきっと「やりたい事が出来そうだから」「事務職をやりたいから」で選んだわけではない上に、楽で忙しくないという理由で選択した通りに体にも心にも余裕のある環境であれば、やりがいを感じずに退屈だと感じてしまいますものね。

> 逃げてもいい、とは思いつつ、前向きな理由を持たずにこれ以上の転職を重ねたくないです。

まつきさんの書いてくれた「前向きな理由」ってどんなものでしょうか??

ライフワークとして取り組みたいと思っていた翻訳関係の事をさらに深めたい!と思えれば、転職の理由としてOKなのでしょうか?

「前向きな理由」というのがないと、転職をしてはいけないと自分を縛ってしまうと途端にしんどくなります。

今現在、まつきさんは「退屈かつ会社方針の合わなさに狂いそう」な程に嫌だ!!という思いを持っているんですよね?
そこまで嫌なのに「前向きな理由がないと転職は…」と思いとどまらせているのは、もしかすると「前向きな理由が持てない事」を大義名分にして、辞めないという自分の意思を守っている状態なのかもしれません。

冒頭で私も同じように「辞めたいけど辞めずにいる」という話をしましたが、私自身が「やめたーーーい、限界!!」と言いながらも、辞めたら食べていけない、転職先も見つけていない…などなどともっともらしい理由を前にして「辞める」という決断をしていません。

結局のところ「辞めない理由」をいくつも正当化するように目の前に並べて、私自身が「辞めない」という選択をしているんです。

私たちは仕事を辞める・辞めないに限らず、物事を全て「自分の意思」で選択しています。

・今日は何を食べるか
・今日は何を着るか
・誰と付き合っていくか
・どんな会社に入社するのか
・どのタイミングで退職するのか

これらは誰かに強制されている事はないんですよね。
実家暮らしなどで食事はお母さんが作っている…としても、出された食事を食べるのかどうか?全部食べるのか?「食べる」という事をするのは自分の意思です。

仕事を選ぶのも、辞める(逃げる)と決めるのも、全部自分の意思とそれに基づく行動なんですよね。

気が狂いそうなほど嫌な職場でも「辞めない」という選択をまつきさんがしているからこそ、ここに留まっているんですものね。

そして顕在意識上では「ライフワーク」としてずっと抱き続けていた翻訳に関する勉強をスタートして、それを実際の仕事としても役立てたいと「前向きな理由」を持っているはずなのにそれを楽しめない状況というのは、もしかすると自分では自覚していない潜在意識下(無意識)で

ライフワークを楽しんじゃったら辞めなくちゃいけなくなるけれど、まだ準備が出来ていないからストップさせよう

と、ライフワークを楽しむことにストップをかけているのかもしれません。
それはもしかすると、ライフワーク = お金を稼ぐこととしてすぐに役立てるのではなく、お給料をもらっての仕事は仕事(ライスワーク)、翻訳はもう少し自信がついてから、というように

ただ単に、今がそのタイミングじゃないだけなのかもしれません。

ライフワーク = お金を稼ぐためのものではありませんから、翻訳に関する事でお金を稼ぎたいと無意識では思えていなければ、前向きに取り組んだらビジネスとして翻訳と付き合っていくことになるぞ!と、潜在意識がブレーキを踏んでいるのかもしれません。
好きな事・大事な事がビジネスになってしまうと楽しめなくなる、大好きだからこそ仕事にして嫌いになってしまう事がないようにって感じることもあるかもしれませんよね?

今まで20回以上の転職をすることが出来るくらい、自分で合わないと思ったら仕事を変える選択をできるまつきさんが行動せずにとどまっているというのは、単純に「機が熟していない」だけなのかもしれません。

柿の木の枝に青い実が付いていたとしても、焦ってそれを収穫しても、熟していなければ食べれません。
自分が大事にしている夢やライフワークだと思う事であっても気持ちが乗らないのであれば、熟していないものを齧っても美味しく感じるどころか吐き出してしまいたくなるように、思ったような熱量で楽しめていないのかもしれませんよね。

> ライフワークを模索し、好きな事を色々して、以前から興味があった翻訳スクールのオンライン講座に申し込みました。しかし、やる気には大きな波があり、憧れだけは15年も前からあるのに何回も勉強に挫折してるし、英語力も上がったけどまだまだ入門レベルで、単にハードルの高すぎる目標を立てて、実現不可能を体現しようとしてるのかと思ってしまいます。

15年も憧れ続けていた翻訳のオンラインスクールに「申し込んでやってみよう」と思った事を、まつきさんはどれくらい「すごい!エライ!私、やったね!」って言ってあげられていますか?

15年も憧れたんですよ!!
踏み出そうと思っても踏み出せなかった一歩です。
いざ申し込んでみたら波があったりうまく成長できなかったりと「つまづいてしまった」としても、15年という長い時間踏みとどまっていたものを踏み出すって、やっぱりとってもすごい事だと思いませんか?

「うまくやれていない事実」よりも「やってみようと思った気持ち」の方を見てあげたいですよね。

・まだまだ入門レベルだし
・私はハードルの高い目標を立ててるし
・実現不可能だって思いたいんじゃないかな?

自分にダメ出しをしちゃうときって、「翻訳家として活動したい」「思う存分英語に触れて理解したい」というように『なりたい・やりたい』という理想の姿があるのに、そこに届けずに思うようにいかない状況に置かれているからなんですよね。
大事にしている夢ですし、頑張り屋さんややる気があればある程、基準が高くなっちゃいます。
基準が高くなればなるほど「こうあるべき」「~でなけれならない」と強く思ってしまいます。
そして基準に達していない自分には、どうしても×をつけてしまいます。

すごく大事な夢、やりたかった事なのに「×」ばかりがついたら、すごく悲しくなって気落ちしてしまうと思いませんか?

でもね、×をつけてしまう体験をしているというのも、思ったよりもハードルが高いと感じることだって、すべて「やってみた」から分かる事です。
何よりも、15年もやりたくても勇気を出せなかった夢に踏み出して「叶えてみよう!やってみよう!」と思えた事に、もっともっと注目してあげましょう。

だって、やってみようと思ったというのは、踏みとどまっていた今までの自分を変えようと思ったり、現状から自分を救ってあげようと思ったからではないでしょうか?

・翻訳の勉強を「しようとして」波の中で戦ってる私、素晴らしい!
・翻訳の勉強を「しようとして」気分が乗るように自分の機嫌を取る時間を持つ私、エライ!
・疲れていたら翻訳の勉強が「できなくなるから」積極的にゴロゴロ休息している私、ナイスアイディア!

こんな風に、まだ行動していないうちから「~しようとして」「~できなくならないように」とライフワークに向き合おうとしているという動機に焦点を当ててあげて、うまくやれていない自分にもOKを出し続けてあげて見てください。

入門レベルならば、うまくやれないし先が長い…と思っちゃうのは当然だと思いませんか?
それに、これからどんどん新しい事を覚えて行って楽しくなっちゃったら、今が入門レベルという事は「伸びしろ」しかない訳ですから、後からの成長は凄そうですよね!!

ライフワークを楽しめていないのは、もしかしたら「ライフワーク = ビジネスに変換することでない」と思っているのかもしれませんし、ただ単にまだこれを理由に転職を考えらえる所まで成長していないからだけかもしれません。
退屈で気が狂いそうな仕事を辞めずにとどまっているのは、ライフワークである勉強をするための資金だったり、体や心に過度な負担のない状態でお金を得る環境として「悪くない」からなのかもしれません。

あくまで「かもしれない」という事をいくつか書きましたが、まつきさんはきっとご自身が決めたら(腹が据わったら)行動できる力のある方だと思います。

だから理由を色々推測してはみましたが、ただ単に

今が動くタイミングではないだけ

なのだろうと思います。
それは、ライフワークに関しても、ライスワークであるお給料をもらうための仕事に関しても。

グダグダしている意味のない時間のように見える時間だって、自分が必要だと思うからある時間です。
めいっぱいグダグダして、それに飽きれば「よし!」と行動だってしたくなりますし、多分、動きたくなる時というのは自分の中でちゃんと「今だ!!」と感じられるからこそ動けるんですものね。

> 疲れてるのかなと思って休日ゴロゴロや猫と癒し時間を過ごすけど、数ヶ月自分を癒すことをやってもいつまで経っても自分の本心がはっきりしません。

「自分の本心がはっきりしない」というのが今のまつきさんの心と体からの声なのであれば、それにきっと大事な意味があるんです。

遠回りしているように見えても、人生で起きる事に無駄な事ってないんです。
少し先の未来で「あの時間は…」っていう事になる事が本当にたくさんあります。
その最中にいる時にはそんな風には見えないんですけれどね。

転職や離職をせずに動けずにいるのだって、動くためのエネルギーがいりますから、今はそのパワーがないがゆえに充電しているのかもしれません。
ライフワークに踏み出してみたけれど、思ったようにいかない自分に悔しかったり悲しかったりして、どんな距離感で向き合うのがベストなのかを図っている時間なのかもしれません。
夢中になって向き合い過ぎて、ちょっと疲れてパワー配分を学んでいるだけなのかもしれません。

今は「過程の中」にいるので、今こうやって立ち止まって身動きできないでいる時間の目的や、この先の方向なんて何も分からないかもしれませんが、きっときっと、人生の中でこの時間にもちゃんと意味があるはずです。

身動きできない時は、自分に徹底的に寄り添う時間です。
自分を大事に、自分に寄り添って暖かく接し続けると、物事が何も変わっていなくても不思議と安心感を覚えます。

嫌な職場を辞めたいのに辞めれない。
ライフワークなのに集中できずに後回しにしちゃう。
でも、しょうがないよね。それが今の私だし、それでも大丈夫だし。

そんな風に、現実が変わらなくても不思議と心が楽になったりします。

まつきさんの大親友が、いまのまつきさんと同じように「仕事も辞められないし、やりたい事にも身が入らない」と相談されたら

ほんと、ダメなやつだなぁ!

なんて言う事はしないと思います。
「楽な仕事だと続けられると思って挑戦したけれど、合わなかったんだねー。しんどいねー。」「決められないって苦しいよねー。」「やりたい事でも集中できない事ってあるよ!」と、今までの過程だったり、現在の状況に寄り添ってあげようとするのではないでしょうか?

是非、こんな関係性をまつきさんがまつきさん自身と築いていってください。
まつきさんが最大の理解者であり、味方であり、大親友になってあげて、ずっと隣にいてあげてください。

あなたならきっとやれるよ!
あなたならきっと大丈夫!!

寄り添い続けると、きっとこんな気持ちがじんわりと自分の中に生まれてきます。

焦りたくなってしまいますが、動き出せないのですからそれを責めたり追い込んでしまわずに、動き出したくなるまでゆっくりゆっくりやっていけたらいいですね。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する