手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】がんばりたいけど、気持ちがついていきません。

一気に夏になりましたね… 日向ぼっこするとバテるですよ…

冷夏…と思っていたけれど、夏らしい暑さ・日差しになって、今週からはエアコンを稼働させるようになりました。

私たちの暮らす部屋は日当たりがとてもいいので、ギンちゃん・仁くんが熱中症にならないように…と、日中もエアコンは稼働しているのに
なぜかエアコンで冷えた部屋から移動し、日向ぼっこのように日に当たってゼェゼェして食欲をダウンさせるギンちゃん。

最近はリビングに設置してあるテントと植物の間の隙間に収まって、背中から光を浴びるのがお気に入りのようで、今日も狭いスペースで幸せそうにしていました。

仁くんは大型爪とぎの上でネンネするでちけど午後からはあっちくなるから移動するんでち

仁くんは大型爪とぎ(別名:ソファー)で寛ぐのが好きなのですが、午後からは背後の窓から容赦ない日差しが差し込むため、暑くて寛げない…と非難して行きます。
いよいよ夏本番。
暑さと上手に付き合いながら、バテないようにしていこうと思います。

わが家のギンちゃん・仁くん情報をお伝えした所で(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

今、特別支援学校で講師をしています。

教員採用試験を受けたら、給料もあがるし、退職金もでるし、受けた方がいいのは、わかります。

でも、受けたくなくて、イライラして子供たちに八つ当たりしてしまいます。

年齢も40歳超えてるし、シングルマザーだし、がんばりたいけど、気持ちがついていきません。

どうしたらいいんでしょう?
相談者:りえぞさん

りえぞさん、こんにちは。
お悩みをいただいてから少し経ちましたが、頑張れないという重たくのしかかる気持ちに何か変化はありましたか?

> がんばりたいけど、気持ちがついていきません。

りえぞさん、毎日本当にお疲れさまです。
シングルマザーと書かれていましたので、お仕事をしながらお家のこと、お子さんの事、または今後の道について悩んだりと「ひとりでいっぱい荷物を抱えて」すでに毎日を懸命に頑張っているんだろうと思います。

「がんばりたい」と言っている時、私たちはもうすでに「頑張っちゃっている」事が多いんですよね。
頑張っているのにまだ「頑張り足りていない」と、頑張る事が基本系になっていて頑張ることに慣れちゃっている状態であれば、

もっと頑張らないと報われない。
もっと力を出さなきゃ幸せになれない。
もっと苦しまないと休んではいけない。

こんな風に「休みたい」「止まりたい」と思っている自分に、あらゆる角度からムチを打って自分を非難してでも「やらねば!」と奮起させようとしてしまいます。

けれどもう限界なんですよね。

頑張れないよ…と、自分の内側ではエナジー不足のりえぞさんがうずくまってSOSを出しているんですもの。

心は「今は無理だよ…」と言っているのに、思考では「給料アップ・退職金もあって経済的には安定する」という理由を持って頑張らせようとして、心と思考の綱引きをしている状態なんだろうと思います。

そして思考はあの手この手で正当な理由付けをしてりえぞさんを行動させようとするので、その度に心は必死に反発しながらも頑張れない自分を許せずに責めて、もしかしたら心の中では自分を罵ったり蔑んだりしてしまっているかもしれませんね。

でもね…

自分を責めれば責めるだけ、蔑ろにすれば蔑ろにした分だけ
私たちはどんどん頑張れなくなっていきます。

私たちは叱られると萎縮しますし、認められないとそれに応える気持ちがわきません。
「すでに」頑張っている事は評価せずに、もっと頑張る事ばかりを要求されて責められたら反発するのは当然だと思いませんか?

頑張れない時に必要なのは【自分を大切に扱う】事です。

動きたいという気持ちはあるのに動けない…というのですから、動けるようになるまで休ませてあげる事は自分を大切にすることに他なりません。

自分を大切にする作業の中には「身体にいいものを食べる」「十分に睡眠をとる」「○○べきと思っている事をやらない」「好きな事を楽しむ」「ダメな私を許可する」「自分に暖かい言葉をかける」「自分が笑顔になれる事をする」「泣きたい時はなく」「怒りがあれば感じて解放する」などなど、いろんなアプローチがありますが、思考が正当な理由をつけてりえぞさんを責めてきた時に

なぜ、私は頑張りたくないんだろう?

という心の声を聞く事をしてあげる事も「自分を大切にする事」の一つです。
嫌だ!と言っている心の中では、何が嫌で必死に止まらせようと踏ん張っているのでしょうか?

仕事が増える事で、今以上に精神的に負担が増えて自分が潰れてしまうから?
お金の面では楽になるけれど、時間に余裕がなくなったり責任が増える事で、抱えるストレスが増え、自分を追い込むから?
子供との時間が短くなる事で自分を責めてしまうから?
そもそも働くのに疲れているから?

なんで頑張りたくないのか、その叫びに耳を傾けてあげてみるともしかしたら

もうほとほと疲れてしまった。
頑張ってきたからこそ、頑張れなくなっている…。

というりえぞさんがいるのかもしれません。
シングルマザーとして奮闘しているのに、上手くやれなかった、必死にやっているのに「当然」のこととして誰からも認めてもらえていない、休みたいのに休めない…というように、頑張る事で「よかったな」と思えるものを感じていなければ、頑張り続ける意欲がなくなると思いませんか?

本当は頑張れる自分がいて、ずっと今までも頑張ってきたんだもの。
それなのに立ち止まって頑張れない自分に腹が立つ。
子供達と笑顔で暮らすためにも経済的に安定する道を選びたいのに、選べずにイライラと八つ当たりばかりして、望んでいるものとは全然違う行動をしている自分が情けない。

もしかしたら、ずーっとずーっと、頑張って走ってきた間も、ひたすらに自分を律し、責めてきてしまったのかもれませんね。

頑張れない事を悩むという人は
頑張りたいとちゃんと思えている人です。

りえぞさん、今までいっぱい頑張ってきたじゃないですか!!
今こそその「自分の頑張り」を受け取って、たくさん数えて、自分に感謝状を渡してあげましょう。

今だってちゃんと仕事をしています。
お子さんのことも考えています。
未来のことだって悩むほどに頑張っているんです。
家事だってこなしています。
子供達はちゃんと食べれて、眠ることができています。

それはひとえに、りえぞさんが「頑張ってきた」からに他なりません。

いっぱい自分を褒めましょう。
ありがとう!って自分にたくさん感謝の言葉を伝えて、頑張れなくなるほどに燃え尽きるほどに走り続けてきた自分の「頑張ってきた足跡」を肯定しましょう。

頑張っても認めてもらえなければ、頑張る気力がなくなります。
頑張ることが無意味に感じてしまうのは、1番認めて欲しい自分にそっぽを向かれているからかもしれません。

りえぞさんが自分を否定したり、頑張りを評価できなければ
「なんのために私は頑張っているの?」「なんのために私は頑張らないとダメなの?」と思ってしまうのは当然ですよね?

りえぞさんは、頑張り続けて自分の事を後回しにしてきてしまっているのかもしれませんね。
好きな事をする時間、ホッと一息つく時間、自分が緩める時間というのはありますか??

ちゃんと自分にご褒美をあげる時間を持たないと!
頑張ったら「ヨシヨシ」と自分を喜ばせる事を自分にプレゼントする事で、また頑張ろう!という力がわいたり、ニッコリと笑顔になることができます。

私たちは自分の好きな事・やりたい事はイキイキと楽しめます。
楽しいと思えると、心が元気になり、もうちょっと頑張ろうかな??などと思えるようになります。
頑張れないと思っている時こそ、やらなくてはいけない!という事をやめて、自分の好きな事を優先する事をしてみてください。

やりたい事をやれていない時、私たちは頑張る力をなくしていきますから
また頑張る力を蓄えるためにも、やりたくない事を極力セーブして、やりたい事を出来るだけやってみることもおススメです。

いろいろ書いてきましたが、もしかしたら「頑張らなくてもいい」と自分に許可を出してあげるだけでいいのかもしれません。

もう頑張らなくていいよ。
頑張りたくない時は休んでいいよ。
しょーがないよね、頑張れないのが「今」の私なんだから。
オーケイ!それでいいよ。

そんな風に自分に言ってあげること、自分の「やりたくない」を肯定して、やりたくないことはやらない!と自分を守ってあげることが
1番自分を信頼し、りえぞさんにとって安心できることなのかもしれません。

頑張りたくない、頑張れないと言いながら
きっとりえぞさんは今まで頑張ってきたはずです。
本当に耐えてきましたね。本当に走り続けてきましたね。

もしかしたら「頑張り続ける」りえぞさんを見て、周りの人は

頑張るのが好きな人なんだろうなぁ。

と思っているのかもしれません。
周りの人だけではなく、心の声に蓋をして、りえぞさんがりえぞさん自身に「私は頑張ることが向いている!」と思い込ませてきてしまったのかもしれません。

だから頑張りたくない時は「もう頑張りたくない」って勇気を出して言ってみていいんです。
頑張れないよ、頑張りたくないんだよ、って自分に伝えてあげていいんです。

お母さんは頑張ればもっといい条件の仕事につけるかもしれないけれど
もう頑張れないんだ。
少し休んでいいよね?
ちょっと頑張るのをお休みしてもいいよね。

そう言って白旗をあげちゃっていいんです。
その声に誰も賛同してくれなかったとしても、りえぞさんがりえぞさんの心の声を聞いてあげることで、私の心を代弁してくれてありがとう、とりえぞさんを信頼してくれます。

そして、私たちの未来は本当にどうなるかなんて分かりません。

心の声をなだめて「無理をして」お給料や退職金がいいからと奮起して勤め出したら、思っていたより楽だったなんてこともあれば
心がすり減ってしまって体調を崩して辞めることもあるかもしれません。

私たちはあれこれ思考しますが、考えもしなかった現実を生きている…なんてことはしょっちゅう起こります。

その時々で、なんとかなるものです。

私もずっと「自立」を生きてきたので(今もまだ自立がかなり強いのですが…)頼ること、頑張ることを止めること、できないと言うことが怖くて、そんな事が許されるはずがないと自分に呪いをかけてきました。

けれど、自分を満たし大切にすることを意識し始めたら、とうとう頑張ることがしんどくなってきて、先日勇気を出して「もう頑張れない」と白旗をあげました。

私にとってはものすごく勇気のいる事で、頑張ったけれど1度ではその声はあまりちゃんと届かなかったのですが
何度だって白旗を振って「もうギブです!」と伝えようとしたら、できないという私をも受け入れてくれる優しい世界がある事を体験することができました。
その時のことを記事にしていましたので、ご興味があれば見てくださいね。

「頑張れない」と悩む人は、ちゃんと頑張ることができる人だからこそ
頑張りたくなったら「ちょっと休みなよ!」と周りが制したって頑張れる人ですから
頑張りたくなるまで、一休さんのように「ひとやすみ、ひとやすみ」と自分に言ってあげていいんだと思います。

緩む、休む、寝る。
できない時期があっても、それだって人生で必要だから「休息の時間」を取るんです。

りえぞさん、本当に本当に、毎日お疲れさまです。
今日はいつも頑張っている自分をぎゅーっと優しくハグしてあげて、ありがとう、を伝えて、やりたくないことを1つやめてみて、自分に優しくしてあげてくださいね。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 仕事
  • >
  • 【ココロノマルシェ】がんばりたいけど、気持ちがついていきません。