手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】彼氏の友達のことがどうしても受け入れられません。

ピカピカのお金でち~

先日、会社の備品購入でお金を立て替えていた際の清算をしたのですが、経理のスタッフさんから『新しいお金とか喜びそうだから』と図星をついた返金をしてもらいました。

受け取ったお金の中の10円硬貨3枚が、キラキラ輝く新しいコイン!!

わーい。キレイだねー。となんか小さな事ですが笑顔になれちゃいました。
そして、硬貨を見たら「平成三十一年」と書かれていて、なんとなんと、令和に時代が変わるまでの数か月の間だけあった平成最後の時間に発行されたお金で、なんか嬉しいが倍増しました!

あ、だからなんだ…って話なんですけど、嬉しかったのでまだ新しくてピカピカのお金を見せびらかした後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

彼氏の友達のことがどうしても受け入れられません。
その友達は彼氏の昔よく遊んでいた友達らしいのですが、 今は悪い友達と集団化して調子に乗っていて人が変わったようになってしまい、 会っても私から見ると彼氏への扱いが酷いです。
(友達から誘ってくることもなく、会っても疎外されているように見えます)

ましてや、会話を聞いていても女を見た目や性的な目でしか判断しておらず、 道端を歩いてる知らない女性にセクハラまがいの言葉を投げかけたりなど、調子に乗った中学生のような感じです。
その友達の集団と話していると、私が人権が無いような気持ちになります。

彼氏はその話に積極的に乗ったりなどはしないのですが、端っこでニコニコしています。 彼氏にとって信頼している人らしくて、その友達を信頼しているのを見ているのが悲しくなります。
たまに酷いことを言われていますが彼氏はにこにこしてますし、他人に迷惑かけているのを見ても彼氏は笑っています。
もちろん一人じゃそんなことしないのですが、それを見て少しがっかりしてしまいました。

普段の彼氏はその人たちとは真反対で大人しく優しいです。私自身はその友達の前で羊の皮を被ってる自立系武闘派女子ですので、口が悪くなってしまい申し訳ありませんが、 そんな集団でしか調子に乗れないバカみたいなやつら私がとっちめてやりたいって衝動に駆られます。
彼氏にはあいだけ関わらなきゃいいじゃんと言われますが、そう言われること自体悲しく、彼氏が流されないか不安ですし、 男好きの女性がその集団にいて威嚇(笑)のために同伴しております。

私自身が中学生の時調子に乗った男子にいじめられていて、思い出してしまい凄く嫌なのですが どうしてもわかってもらいたくて、守ってもらいたくて 「ああいう人たち嫌い、人に迷惑かけるし、私も昔嫌な思いしたんだ」って言ったのですが、 「たかが虐められたトラウマでしょ?まあ強くなるしかないんじゃないの?」と言われてしまいます。

逆に彼氏が嫌なことあったり弱くなってしまっているとき、私は慰めることや味方になったりしかしたことなく 「私はそんな突き放すようなこと言ったことないよね?」って言ってしまい、逆に彼氏を怖がらせてしまいます。
この人は私より友達が大切で私のこと守ってくれないんだと思ってしまいます。

結局私は気の合う友達に愚痴ってすっきりしていますが、 それを見た彼氏は「あいを我慢させている」ってショックを受けているようです。

大失恋の上で彼氏は野良猫ロックマン気質があり、去る者追わずで自分から変わろうとはしないようです。
私のことを暗いとか重いとか言うのに、元々好きだった女友達のことをよく「明るいところがいい」と言ったりするなど 結構地雷を踏んできて、そのたびに彼氏とは何度も喧嘩して、我慢させたりしてしまったりしていて、 それでもなぜか(安心感を見出してるのか)私を好きでいてくれて、弱ってる時だけ私がいないと生きていけないと言われるのですが、常に私のことが怖いらしいです。

お恨み帳もたくさん書いているのですが、それを上回るぐらい世間と彼氏に毎日怒りが募ります。
仕事にはとても恵まれているのですが私が余裕がないんだと思いますし、拗らせてしまった自分を感じては早く死にたいと思ってしまいます。

彼氏も仕事でストレス溜めていて、私が元気な時はできるだけサポートしていますが、私もいっぱいいっぱいです。
私も変わること、我慢することに疲れてしまいました。
優しい言葉を頂けると助かります。
相談者:アイさん

アイさん、こんにちは。
お悩みをいただいてから少し時間が経ってしまいましたが、彼のお友達への気持ちに何か変化はあったでしょうか?

お悩みを読ませていただいて感じたのは、沢山[の『怒り』を抱えているのと同時に、寂しさや愛されたいという気持ちと、私を大事にして!という願いや望みを抱えていらっしゃるのではないのかな?というものでした。
そして、私はアイさんにどんなお返事を届けられるのだろうか?と何度もお悩みを読み返しました。
その中で最後の方に書かれていたメッセージと、前半に書かれていたメッセージでは「温度が違う」感じがして、一生懸命に周りを『威嚇』するようにして怒りを感じながらも、本当はとっても寂しい思いを押さえていたり、生きづらさやしんどさを抱えて込んでいないかな?と思ったのですが、アイさんは彼のお友達の事をのぞいて、大好きな彼がいる今に幸せを沢山感じられていますか?

> 私が余裕がないんだと思いますし、拗らせてしまった自分を感じては早く死にたいと思ってしまいます。

この部分がとっても気になってしまったのですが、余裕がないと感じるのはなぜなのでしょう?
何かいつも追われているような感じなのは、このままの自分ではいけない!!と自分を追い込んでしまっているものがあるのでしょうか?

拗らせてしまった自分と書かれていましたが「何を拗らせて」いるのでしょうか?

> お恨み帳もたくさん書いているのですが、それを上回るぐらい世間と彼氏に毎日怒りが募ります。

怒りというのは瞬間的にカーッと力の入る状態ですし、それが常だとしたら落ち着かないですし体力も精神力もヘトヘトになりますよね。
お恨み帳が追い付かない位に怒りを感じているというのはいつからなのでしょうか?
大好きな彼と恋人同士になってからとその前と、怒りの感じ方は一緒でしょうか?

なんだか質問ばっかりでゴメンナサイ。

でも、アイさんに直接お話する機会があれば、きっとこんな感じで「アイさんが抱えている生きづらさってなんでなんだろう?」というのを知り・理解したいがゆえに沢山質問してしまうと思います。

心理学の世界では『怒りは感情の蓋』という言葉があります。
アイさんも聞かれたことがあるかもしれません。

「蓋」という言葉からも、その下に別のものがあるという事。
感情の蓋なのですから蓋の下には「感じたくない他の感情」「本心」が隠れています。
本心を感じないようにしたり、感じたくないネガティブな感情が吹き出すのを抑えるために「怒り」という感情を蓋のようにして使う事で、自分を抑え込むことがあります。

また怒りは『二次感情』とも言われています。

二次感情というのは「もともとは怒りではない感情が変化して怒りに変わった」というものです。

アイさんがお友達と食事に行く約束をしていて、駅で待ち合わせをしているとイメージしてみてください。
待ち合わせ時刻の少し前にアイさんは到着してお友達を待っています。
3分が過ぎ、5分過ぎ…
なんかあったのかな?と思いながらもうしばらく待ちます。
10分が過ぎて「変だな?」と思い、LINEを確認してもお友達からは何も届いていません。
そのまま20分が経過。アイさんはお友達に「もう待ち合わせ場所に着いて待ってたよー。なんかあった?」とLINEしますが既読になりません。

この状況で、アイさんが感じるのは「事故にでもあったのかな?どうしたんだろう?」というお友達への【心配の感情】ではないでしょうか?

LINEが既読にならずさらに5分が経過し、アイさんが心配でソワソワし出したところに、お友達が何事もなく「ごめーん。待った?」と登場します。

さぁ、アイさんはどんな気持ちになりますか??

「待った?」じゃないわよ!!
30分も遅れるならなんで連絡くれないの!!
なんかあったかと思って心配してLINE送ったのに!!

と怒りを感じて、友達に怒りをぶつけるかもしれませんよね。

お友達の遅刻という出来事に対しては、本当は怒ってなんていなかったんです。
元々の感情は「心配」というものでした。
心配という元になっている感情を感じている間に、お友達からLINEの返事をもらい事情が分かって「心配」の感情がきちんと処理されていたら、遅れて登場してきた友達に対して「カーッ」と怒りを覚える事はないんですものね。

このように、怒りの下に別の感情があってそれがうまく処理できていない時や、自分の中で感じたくないと隠している「本音」などがある場合に、次々と怒りを感じて「本音」「感じたくないもの」をごまかそうとしてしまう事があります。

> 私も変わること、我慢することに疲れてしまいました。

ただ「怒りっぽい」というのとは違って、アイさんは怒りを感じている自分を責めたり、このままではいけないと必死に頑張って変わる努力をしてきて疲弊しているのではないでしょうか。
取り組んできた事が上手くいかずに拗らせてしまったり、頑張る方向が少しズレていたりして歯車がうまく回らずに、しんどさだけを背負っているのかもしれません。

> どうしてもわかってもらいたくて、守ってもらいたくて
> この人は私より友達が大切で私のこと守ってくれないんだと思ってしまいます。

「彼のお友達が嫌い」という言葉が彼に届かない事でアイさんが感じているのはどんな気持ちですか?
怒りの下には「悲しい」という気持ちがありませんか?

アイさんの中に隠されている「私の気持ちを分かってくれない」「私の事を理解しようとしてくれない」「大事にされていない」という悲しさや寂しさは、積極的に感じたいと思う感情ではないものです。

「嫌な感情」「辛い感情」というのは誰しも感じたくない感情です。

悲しい・寂しいを強く感じる「私は大事にされない」「どうせ分かってもらえない」という感情が強ければ強いほど、無意識の内に「寂しい気持ちを感じたくない!!」と感情を抑圧して抑え込みます。
そして、感じたくない『心の痛み』を感じないようにするために、代わりの感情として怒りを感じる事で、アイさんが一生懸命に自分の心を守ろうとしているのではないでしょうか?
自分を傷付けて悲しい気持ちしてしまわないように、必死になって怒りを燃やすことで、自分を助けようとしているんですものね。

お恨み帳が追い付かない位に怒りを感じているというのは、それだけ自分の悲しみや寂しさが大きいのかもしれません。
世間に対しても彼に対しても「分かってもらえない」「愛されて大事にされたい」と泣きたい気持ちを抑え込むために、必死になって怒りを使っているんだとしたら、力いっぱい怒りを湧き立たせようとして頑張っているアイさんに対して、アイさんはどんな言葉をかけてあげたくなりますか?

怒りを燃やそうと力を入れているのは傷だらけで泣いているアイさんです。
傷付きながらも力を振り絞って怒りを使って自分の心を守ろうとしているアイさんの姿を見つけたら「あーあ、拗らせちゃってバカじゃないの?」などと叱責したりしないと思います。
それよりも、力を入れて独りぼっちで立っているアイさんに近寄って「拗らせるくらい我慢させちゃって、ごめんね」ってそっと手を握ってあげたくなりませんか?

> 彼氏の友達(中略)は私から見ると彼氏への扱いが酷いです。
> 集団でしか調子に乗れないバカみたいなやつら私がとっちめてやりたいって衝動に駆られます。

過去にアイさんが似たような「集団でしか調子に乗れないバカみたいなやつら」に虐められて悔しい・悲しい・辛い思いをしたことや、アイさんにとって大事な彼が「私を過去に傷つけたようなバカな集団」にひどく扱われているのを見ると心がザワザワするのは「アイさん自身を彼に映し出して自分の事のように感じている」からなのだと思うんです。(心理学でいう「投影」というものです。)

自分を重ねて見ている事に加えて、過去の体験を通して「私の気持ちは分かってもらえない」「私は大事にされない」という気持ちがアイさんの心の奥にあったのだとしたら…

大好きな彼に守って欲しいという願いが聞き入れられず、アイさんが嫌いだと言っている人たちを優先し自分を大事にしてくれない事で、隠している「本音」がジクジクと痛みを持ちます。
必死に怒りを使って蓋をして押さえつけようとしても、抑えられずに吹き出しそうなほどに「悲しい・寂しいという感じたくない感情」が刺激されてしまいます。
でもその感情を感じたら涙も出るし苦しいし、そんなの認めたくない!!と一生懸命に本音を抑え込むために「怒り」を次々に燃やしているのかもしれませんね。

怒りのその奥にある、アイさんの声ってどんな声でしょうか?

なんでこんなにも彼に対して怒りを感じて訴えているんでしょうか?
彼の言う通り「あいだけ関わらなきゃいいじゃん」という言葉が受け入れられずに、あんな人達と離れてよ!!と訴えているその奥にある感情というのを見つけてあげませんか?

アイさんは彼が辛い時に手を差し伸べて「大事にしてあげる」「理解してあげる」事ができる優しい女性です。
そして、同じようにアイさんも「愛して欲しい」「大事に扱って欲しい」「理解して欲しい」「寄り添って欲しい」という気持ちがあるのに、それを自分に対して禁止してしまっていたり諦めてしまっていませんか??

> 逆に彼氏が嫌なことあったり弱くなってしまっているとき、私は慰めることや味方になったりしかしたことなく「私はそんな突き放すようなこと言ったことないよね?」って言ってしまい、逆に彼氏を怖がらせてしまいます。
> この人は私より友達が大切で私のこと守ってくれないんだと思ってしまいます。

誰しも「怒り」を使ったコミュニケーションは心地よいものだとは感じません。
責められているように感じてしまったり、本当は言葉の後ろにある気持ちを察して欲しいのに逆に怒らせてしまって自己嫌悪したりしてしまいます。

なので、怒りの下にある「私はなぜ怒ってしまっているのか?」という置き去りになっている他の感情を見つけてあげて、認めてあげましょう。

私が過去に嫌な思いをして辛かったことをもう少し分かって欲しい。
彼がお友達に粗末に扱われているように見えて、それがとても悲しい気持ちになる。
私はあなたに守ってもらいたくて、素直になれなくて怒っちゃった。

これらの気持ちを素直に認めてあげると、もしかしたらぶわーっと涙が出てきたり心細くなったりするかもしれません。
だとしたら、涙を流して泣いてあげましょう。
寂しい自分をギュッと両腕で抱きしめて「ごめんね」って押さえてきた感情に声をかけてみましょう。

そして自分の感じている「怒り」の奥にある大切な感情に気が付いたら、怒りを使った酷い言い方の代わりに、自分の気持を素直に伝えてみてください。
アイさんも聞いたことがあるかもしれませんが「i message」というコミュニケーション方法です。

アイさんが彼に対して訴えたメッセージは「you message」というもので、少し言葉を足してみると分かりやすくなります。

「私はそんな突き放すようなこと言ったことないから、あなたもそうしてよ!!」

後半の部分は言葉にしてはいませんが、私が付き放さないようにあなたも私を大事に思ってよ!という「命令」が隠れています。
ユーメッセージは言葉を省略していても、相手に対してダイレクトに命令をしているように伝わってしまいます。
人はコントロールされることが嫌いで、命令されると、反論したくなります。

対して同じ気持ちを「i message」である「私の気持ち」を主にして表現するとどうでしょうか?

「私はそんな突き放すようなこと言ったことないから、寂しいし悲しい気持ちになったよ

you message と i message のどちらにも「私はそんな突き放すようなこと言ったことないから」と同じ言葉を使っていますが、受け取り側はどう感じるでしょうか?

「なんだか悲しくなってしまう」「こう言う事が寂しいって思う」というように、怒りの下にある自分の本音を伝えるコミュニケーションをする事で、彼を怯えさせてしまったり誤解されてしまわずに、気持ちを届けることが出来ると思いませんか?

とはいえ、感じたくなくて怒りを使って押し込めている感情ですから、それを感じて伝えるというのはとても勇気のいる事です。
だから、すぐに彼に「i message」で伝えられなくてもいいので、怒りをお恨み帳で発散させ、怒りが少し沈下した時に「この怒りで抑えている私の大切な気持ちは何かな?」「私は何をガマンさせているのかな?」と、本音を聞いてあげたり見つけてあげる事をしてみてください。

寂しい気持ち・分かってもらえないと諦めてしまう気持ちというのは、自分をとても弱らせてしまう気持ちです。
ボートに乗っていて転覆し、運よく近くにあった藁につかまってなんとか浮いている状態を想像してみてください。
心細くて不安な中で、小さなボートが通りかかったので必死に助けを求めるのに、その手を振り払われて助けてもらえないとしたら、どれくらい絶望するでしょうか?

愛されたい、大事にされたいと思う気持ちも似ています。

必死に訴えて、努力して、変わろうと頑張ってきたのに、その努力が報われずに「私は助けてもらえる存在ではない」「私は助けてもらえない」と思った時に、心はどれくらい傷を負うでしょうか??

アイさんは「自分を拗らせて早く死にたいと思う」くらいになるまで、一生懸命愛されるために努力してきたのではありませんか?
「私も変わること、我慢することに疲れてしまいました。」と疲労困憊するまで自分を追い込んでしまう程に、頑張り続けたんですものね。

どうか、怒りの下の感情を少しずつでいいので「そう思ってしまっていたんだね」と受け入れてあげて、今まで頑張らせてきた分、自分に対して労いの時間・優しくしてあげる時間を持ってあげてください。

傷だらけで泣いている時は、厳しくするのはもってのほかです!
疲れてしまって死にたいとすら思う今は、自分を甘やかして徹底的に寄り添う事が何よりも大事です。

怒りを使ってでも私を理解して欲しい!と思うくらい、健気なアイさんの事を、今日はほんのちょっとでいいので労ってあげてください。

怒ってしまう私は「今はそうするしかない」から怒っているんだね、と、自分を決して否定せずに受け入れてあげる事を続けていると、ちゃんと自分が自分を信じてくれている!と信頼関係が生まれていき、だんだんと怒りの感情をつかわなくてもよくなれると思いますので、自分の中に湧き上がる感情を「しょうがないよね」と許して受け入れてあげられますように。

彼のことが大好きだからこそ、きっと沢山葛藤して苦しんでいるのだと思います。
そんな大きな愛があるご自身の事を「私の愛はすごいなぁ」って抱きしめてあげられますように。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • 【ココロノマルシェ】彼氏の友達のことがどうしても受け入れられません。