手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】元不倫相手から卒業して次に進みたいのに、まだ好きだったのかとショックを受けました。

歯磨きセット買い足してきたんですね…

3か月に1度、定期的に歯医者さんへ行くようになってかれこれ10年近く経ちます。
歯医者さんは虫歯にならない限り行きたくない!!と思っていましたが、定期的に健診とクリーニングをしてもらう事を勧められ、そのおかげか歯周病や虫歯に罹患せず(過去に虫歯治療はしていますが…)予防歯科の大切さを実感しています。

以前、お気に入りの歯ブラシについて書いたのですが、私が愛用しているのは「Tepe」という柔らかくて少し大き目のヘッドの歯ブラシ。
朝・昼・間食の後は、ササッと歯ブラシを使いますが、夜はこれに加えて「フロス」と「タフトブラシ」(小さい歯ブラシ)で細かい部分まで磨いています。

先日、また定期クリーニングに行った時に「タフトブラシでオススメがあるんですよ!」と衛生士さん(← かわいかった)から紹介されて買ってみました。
フロスは糸のタイプも使った事があるのですが、このY字のタイプが使いやすくてオススメです!!

頼まれもいないフロス・タフトブラシ情報をお届けしたところで(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

はじめまして。自分ではもう整理したはずなのに、まだ好きなのかもと思ってしまったため、相談させてください。

元不倫相手から突然の連絡があり、屋外デートで会いました。

会わないと言えばいいのに、関係性をキッパリ切ることに抵抗を感じたのと、元同僚というものに変えて繋がっているのもありだという私の考えもありました。

関係が続いている時、私は入院したのですが、その時にお見舞にきてくれたり、退院後の通院の時には、私の地元まで顔を見に来てくれお昼を一緒に食べたりしてくれ、その時の感謝の思いが私の中でまだしっかりあって、それがキッパリ切れない理由なのかと私は思っています。

その時の感謝は、LINEですが彼に伝えました。

私は元不倫相手から卒業して、次に進みたいのに、もう私は大丈夫と思っていたので、まだ好きだったのかと軽いショックを受けました。

どんな風に気持ちを整理していけばいいでしょうか?
相談者:ヨウコさん

ヨウコさん、こんにちは。
「もう過去にしたはずなのに」まだ彼に事を忘れられていないと気付くと、それまで「大丈夫」と思っていたものがガラガラと崩れるような気分を味わいますよね。

入院という事ですから、やはり心細かったり不安な気持ちになっている時に、わざわざ気にかけてくれた、会いに来てくれた、というのはありがたいですし、何より「愛されている気持ち(それが恋愛ではなかったとしても)」を感じて嬉しくなりますよね。

> 会わないと言えばいいのに、関係性をキッパリ切ることに抵抗を感じたのと、元同僚というものに変えて繋がっているのもありだという私の考えもありました。

色々と思考では理由付けをしようとしますが、抵抗を感じたり繋がりたいと「感情」が動いてしまったのなら、感情のパワーの方が力がありますから、頭はあれやこれやと「正当な理由」を引っ張ってきて、

もう好きじゃないけど、元同僚だから…ね!!
別にキッパリ切らなくても、もう別れているし…ね!!

と、自分の気持ちを正当化させようと頑張って働いてくれたんだと思います。

そして実際に、彼との関係を終わらせた後、きっとヨウコさんはヨウコさんなりに色々気持ちを整理して、過去の恋として気持ちをお弔いしたとも思うんです。
もう、彼の事を思い出すような事もないし、ちゃんと過去にできた!と思っていた中で、彼からの連絡を受けて色々と押さえていた感情が湧きあがり、

えええぇっ!まだ彼の事を忘れられていかなったの???

と愕然としてしまい、まだ手放せていないのか…とがっかりするような気持ちになったのではないでしょうか?

> 私は元不倫相手から卒業して、次に進みたいのに、もう私は大丈夫と思っていたので、まだ好きだったのかと軽いショックを受けました。

次に進み「たい」、 元不倫相手から卒業し「たい」と言う事なのですもの、裏返すとまだ心には「好きな気持ち」があるという事ですよね。
「~したい」という状態の時は、まだそれが出来ていないから「~したい」と願うのですものね。

好きな気持ちを過去に手放そうとした時、どんな風にヨウコさんは恋の終わりをを乗り越えたのでしょうか???

なんとなーく距離を置いて、なんとなーくこの恋を消滅させて…というような未消化な終わり方をしていたり、好きだけれど「不倫」だったからハマりすぎないように身を引いた…というような終わり方をしていたのだとしたら、もしかすると「まだ好きなのに」という気持ちに無理矢理フタをして見ないようにしたり、終わったもの!としてそこから目を背けてしまっている、というような事はないでしょうか???

「元同僚」というものに変えて、繋がっていてもいいよね??

と、自分で自分に言い訳するように納得させたその気持ちの奥には「まだ彼に対する想い」があったとしても、その事で別に自分を責める必要はないと思うんです。

ホントに大好きな人だったんだよねー。
もう終わったと思える!って思っていたけれど
私はまだ、好きだったんだなぁ。

そんな風に、今、ヨウコさんが感じた気持ちを「ただただ感じてみる」事で、ヨウコさんはどんな気分になりますか??

不倫の関係ということですから、明るい未来を積極的に描けるような恋愛ではなかったかもしれませんし、罪悪感もあったかもしれません。
お別れした理由が書かれていなかったので、あくまで推測ですが「幸せになるために、この恋を終わりにしよう」としたのかもしれません。

自分を、そして彼を、幸せにしたい。
自分の幸せをちゃんと選びたい。

そう思って前を向いたのに、まだ気持ちが残っていた…としても、そんなに簡単に「好きな気持ち」をゼロにするなんて難しいと思いませんか??

そして、別にゼロにする必要もないと思うんです。

【まだ好きだったのか…】と感じたヨウコさんの「好き」の熱量や種類(恋焦がれるような感じでしょうか?それともまだ嫌いになれない…というような感じでしょうか?)が分からないのですが、私たちは好きじゃない…と過去をどうでもいい事にできると「あんなこともあったよねー(棒読み)」というように、無関心になります。(多少の情や思い出に感情は動きますが)

嫌い!!と思うというのも、裏返すと「好きという気持ちで繋がっていることができなくなったから、嫌いという気持ちでもいいから繋がっていたい」という気持ちのあらわれで、大好きも大嫌いもイコールで「彼の事を想っている」だったりします。

ヨウコさんのお悩みの文章には「彼がお見舞いに来てくれたこと」「地元まで来てくれたこと」で受け取れた暖かい愛への感謝や、自分に向けてもらった優しさへの「好意」が、彼を好きな気持ちと絡まって、お別れした後も「自分にとって大事な人」として形を変えた『好き』になっているのではないでしょうか???

上手く表現できないのだけれど、恋愛ともまた違うけれど、でも過去にお付き合いしていた彼だもの、恋愛にも似たような、甘く苦しく切ない気持ちがあったとしても、憎んで別れたのでなければ、彼を意識したり感じた時に、ふと恋しかった気持ちが蘇っても、おかしいことではないですよね。

> 私は元不倫相手から卒業して、次に進みたい

ヨウコさんは、次に進んでどうなりたいでしょうか??
きっと不倫の時とは違う「幸せ」を手にしたいと思っていると思うんです。

どんな恋をしたいですか?
どんな風に愛されたいですか?
どんな風に私はパートナーに愛を届けたいですか??

過去を手放して前に進もうと思う時、楽しい未来を、なりたい世界を想像してあげる事で、ワクワクしながら手放せるのは素敵な事だし、強い力を持つと思っています。

こんなことをしていてはいけないから…
不倫なんていけない事だから、卒業しないといけない…

という動機では、別れること・離れることは出来たとしても、自分が幸せになる未来がないのですから、気持ちはその場に置いてけぼりになって、未消化なまま終わったはずの場所からなかなか身動きできずに足止めされてしまいます。

手放した先、卒業した先に、ヨウコさんがどうなりたいのか??
遠慮はいりませんから、自分の行きたい「未来予想図」を思いつく限り沢山描いてみてください。

次に進みたい、と思っているという事は、ヨウコさんが自分をちゃんと幸せにしたいと思っているからだと思うんです。
だからこそ、幸せを描いて、ヨウコさんにピッタリの幸せに向かって歩いて行きましょう!!!

そして、自分がどんな道を歩きたいのかをニヤニヤしながら妄想して、過去に背を向けるイメージで宣言しちゃいましょう。

彼の事、まだ好きだけれど、私は歩き出します。
彼の事、まだ大事に思っているけれど、私は私の幸せを選びます。
彼の事、大好きだけれど、私は彼を手放します。

卒業する、手放す、離れる、とコミットメント(決意)することも、とても有用な方法です。

手放しや卒業は、「彼を好きなまま」するんです。

そしてその動機は、彼を失ってもそれ以上に大きな恩恵である「ヨウコさんの幸せ」「ヨウコさんの笑顔」のため。

ここで少しだけ私の事をお話させてください。
私は昨年のハロウィンの日に、大好きだった旦那さんの気持ちを受け入れ、離婚という選択をしました。
大好きな人でした。
だから、ずっと手放せず、本当に時間をかけて決断しましたが、別れを受け入れるという選択をしてもなお、大好きだったので苦しい気持ちは沢山ありました。

でもね、私は本当に自分を大切にして、自分を幸せにしたいし
彼の事も自由にしてあげたいし(← という思いもあったんですよ!!でもそうする事が怖くて握りしめていましたけれど)

好きだけれど手放そう
好きだからこそ、手放そう

と何度も何度も、自分に問いかけ、コミットメントし続けました。

私は最初、手放しは「この苦しみから楽になれるのなら…」「離婚をうけいれるべきだから…」という理由で手放そうとしましたが、それはただの苦行で、少しも手放しする事が出来ませんでした。

時間をかけた中で、いっぱい自分に向き合い、私は自分を幸せにしたいし、自分を大切にしたいと未来を見ることが出来た時に、好きなまま手放そう、と思えるようになりました。

ヨウコさんも「別れないといけないから」「不倫はいけないものだから」という動機では、簡単には好きな気持ちをなくせないと思いませんか???

手放すために、卒業するために、自分の笑顔や自分の心地よさを沢山考えてあげましょう。
いいんです。好きな気持ちがあっても。
好きなままでも、ちゃんと卒業できますから。
好きな気持ちがあっても、卒業しようと思うヨウコさんの事を、愛おしいなって褒めて、抱きしめて、大切にしてあげましょう。

> どんな風に気持ちを整理していけばいいでしょうか?

この恋で、彼からもらった沢山の「愛情」にありがとう、と伝えてみましょう。
ちゃんと愛された私がいたこと、恋しい気持ちから嫉妬する自分がいると知ったこと、彼の笑顔を見ると自分も暖かい気持ちになれた事、何より、恋しい人がいる事の嬉しい時間を持てた事。
お別れする事になったとしても、暖かかった時間、大切だった時間、彼がくれた気持ちや時間には沢山感謝出来るものがあると思います。

あぁ、素敵な恋だったな。
あぁ、出会えてよかったな。
好きになってくれて、ありがとう。
好きにならせてくれて、ありがとう。

そんな風に、感謝する事も手放しの一つです。

ありがとう、という暖かい気持ちを感じながら、この恋を卒業したヨウコさんをどんな恩恵が待っているのか?といっぱい考えて、前に進む!!と何度も何度も自分に語りかけて、自分を幸せにする勇気を持ちましょう。

気持ちは「波」のように、押し寄せたり引いたりを繰り返します。

再会した事で、また振れ幅の強い感情の波にビックリしてしまったと思いますが、自分がどうしたいかを決めると、少しずつその波は凪いでいきますから、大丈夫!!!

ヨウコさん、誰かを好きになれる気持ちがあるって素敵な事です。
愛情深いヨウコさんが、今度はヨウコさんを思いっきり幸せに愛してあげられるように、今以上に自分を大切にしてあげて欲しいな、と心から応援しています。

ヨウコさん、幸せになりましょうね♡

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • 【ココロノマルシェ】元不倫相手から卒業して次に進みたいのに、まだ好きだったのかとショックを受けました。