手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】寂しい老後への不安、情がとてつもなくのこっている元夫への執着。 女への嫉妬。元サヤはお互いの不信感もあるし難しそう。苦しいです。

ニトリの動物型マットは なぜか落ち着くんですよね~

こんにちは。
あなたの心の痛みや悲しみの傷に優しく絆創膏を貼る「心の保健室」を目指しているマミコです。

天気予報では「昨晩から今朝にかけて積雪がある」と言っていたのですが、夜になると風が強まり、寝る前に窓の外を見たら白く雪が被っていてビックリ。
朝起きたらいっぱい積もっているかも…とドキドキしつつも、起きてみたら夜の間の積雪はそこまで多くはなっておらず、ホッと一安心。

新潟市は今年は多少の積雪はあるものの、大雪・ドカ雪にならずに済んで助かっています。

場所によっては今日もかなりの雪の場所があるみたいですよね…
1月はなんだかんだと寒くて雪の多くなりがちな季節ですから、あと少し…とはいえ、日常生活の不便さにお疲れの方も多くいらっしゃると思います。
雪解けを楽しみに待ちつつ、厳しい雪の季節を乗り越えられますように。

そんな雪の日の朝、我が家のイケメン担当・ギンちゃんがキリッとした姿勢で「ニトリに動物型マット」の上に座っていました。
きゃーー、かっこいい♡

ギンちゃんはなぜかニトリの「動物型」のマットが好きで、定期的に自分の場所だよとアピールしています。
このマットも、本来は私のバスルームでの足ふきマットになる予定で買って来たのですが、こうやってギンちゃんが気に入って使ってくれていて、我が家の中では「お値段以上!」の愛用品です。

親バカ全開で、我が家のカッコいいギンちゃんをアピールした後は(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

今回のご相談なのですが
1年続いていた(本人はいつからか覚えていないけどそれくらいと言い張ります)とされる元夫の不倫が発覚しました。お相手は元夫が趣味で教えていたスポーツの生徒の母親で、その旦那は同じくコーチをしております。

発覚前は元夫のことが大嫌いで(彼は自営業を起動にのせ生活面は安定。が、休日は少年野球のコーチを熱心に。私は20年間、子育て家事、仕事をこなし自立せざる得なくなり彼に期待をしなくなりました)

sexもずっと拒否、毎日邪険に扱っていた矢先の出来事でした(そりゃ浮気しますよね)。
離婚じゃー!といきり立っていた私でしたが、できず、元夫にどうしたいかを委ね結果再構築。

ですが一年後、相手の女と繋がっており離婚を私から。
私は気が収まらず相手の旦那に告げました。
ですが相手夫婦は二ヶ月前に、女からお金の事を理由に離婚していたようで愕然としました。
が、女の元夫も激怒。所属チームの監督に内容を言って元夫はクビ。
相手の女の元夫に訴訟を起こされ戦っている最中。
元夫は私と女を選べず行ったり来たり。
相手の女は妊娠までしたそう(おろした)。
向こうの子供も大層ショックだったようで女はいったん心を入れ換え子供二人と新たな生活。
だけどうちの元夫と繋がっている様子。
あまりにも元夫の勝手さに腹が立ったので私は元カレと、結婚一年目(20年前)で不貞を(ワンナイト)意地悪に告げました(アホな私)。元夫は発狂し、身体中ボコボコにされました。
俺の20年を返せ!お前は自分も不貞していたのに俺にこんな仕打ちをしやがって!子供達三人も俺の子なんか!と。
それを一番上の息子が知り、私と元夫を拒否。深く傷ついた様子。(ちなみに最初の子供は多分元夫の子供だと思います。それが100%断言できないのが私の更なる罪悪感)
だけどそれでもたまに寂しくて寄ってくる彼を突き放せず。私も執着しています。苦しい毎日です。三人の大きな子供達は呆れていますが私の激やせ、精神衰弱に心配も。

生い立ちですが私と元夫は母子家庭で中学から付き合いました。
自分で言うのもなんですが容姿が良いとされる私への愛情はとても重いものでした。
他の男性を寄せ付けない圧を外にかけておりそれが窮屈で学生のときに一度お別れをしました。

その後また、再開→結婚。
結婚一年目で元夫の交遊関係の広さ、自由奔放な部分に不満。上でも書きましたが私へ未練ある元カレと一度体の関係になりました。
が、すぐに自分が、どえらいことをしたと怖くなり関係を断ち切りました。
その後20年間、真面目に妻と母をやってきました。
私の母は優しい苦労人ですが家庭的な人ではなく割りと奔放でした。
隣の家に住む祖母、結婚してない叔母に面倒見てもらっていました。
男っ気のない環境でした。
ですが私は今思えばセクシャリティが強く、小学校で痴漢にあい、泣きながらフェラをさせられた事、軽いオナニーも幼少の頃から覚えていたのでそんな自分に罪悪感をもっていました。

継母に育てられたどうしようもない父は母との離婚後も私だけ可愛がっていたので下二人の妹達にはあまり連絡せず私にはおこづかいをくれたりしてました。
嬉しい反面それも罪悪感でした。
男の人から何となく特別な扱いを受けていた私はいつからかセクシャリティを圧し殺すようになりました。

もう、元夫とは関係を断ち切って新たな人生を進みたい。
だけど寂しい老後への不安、あとは、情がとてつもなくのこっている元夫への執着。
女への嫉妬。元サヤはお互いの不信感もあるし難しそう。苦しいです。
ネタにしてもらって、アドバイスいただければと思います。
ご相談:Ueさん

Ueさん、こんにちは。
短期間の間に気持ちがグラグラと大きく揺れ動く出来事に、心身ともにお疲れではないでしょうか??

> 発覚前は元夫のことが大嫌いで(彼は自営業を起動にのせ生活面は安定。が、休日は少年野球のコーチを熱心に。私は20年間、子育て家事、仕事をこなし自立せざる得なくなり彼に期待をしなくなりました)
> sexもずっと拒否、毎日邪険に扱っていた矢先の出来事でした(そりゃ浮気しますよね)。
> 離婚じゃー!といきり立っていた私でしたが、できず、元夫にどうしたいかを委ね結果再構築。

20年の結婚生活ですものね。
お二人にしか分からない時間というものがあり、その間に恋愛感情とは別の「家族としての信頼関係・情」のようなものがあっての家族ですから、いきなりの出来事にビックリされましたよね…。

ご主人が自営の起業をして仕事に奔走する中、子育てや家事に…と奮闘されてきたんですものね。
さらに、頑張って自立する中でやり場のない気持ちも沢山あったと思います。
Ueさんなりに懸命に、お子さんを育て、生活する場である家庭を作るために努力されてきたんですものね。

> 苦しい毎日です。三人の大きな子供達は呆れていますが私の激やせ、精神衰弱に心配も。

今、Ueさんのお体の状態はいかがですか?
夜はちゃんと眠れていますか?眠っていても睡眠が浅い…とか、食べることもままならないという状態でしょうか??

激痩せ…とありましたから、かなり体もギリギリまでこたえていらっしゃると思います。

Ueさんは今、何をしている時が一番心が休まり、力を抜いて楽になれますか?
何か食べたら美味しいと感じられるものはありますか?
ひとりで食べる気持ちにならなくとも、お友達と話しているならスイーツは食べられる…等、なにか食べることはできそうでしょうか?

ご主人への事…一旦横に置いておいて、今はUeさんの「体」を整えることが最優先にしませんか?

心と体はとても密接につながっています。
例えば、今回のような嫌な出来事があった時に、体の血の気が引くような感じだったり、体にギューッと力が入って強張り「あぁ、私は怒ってるんだ」とその後で感情を理解することってありますが、私たちの脳にある偏桃体という部分は、聞いたり見たりしたことから「快」「不快」を判断した後で身体へ伝えることで、まず体に反応を起こさせます。そして体が反応した際に湧き上がるのが感情(心)です。

イライラしている時って、胸が苦しくなったり喉が詰まったり体がカーッとほてったり…と、体が反応していますよね。

先日読んだ脳研究者の池谷裕二さんの著書『脳には妙なクセがある』という本に、脳と感情についての興味深い内容がありました。

私たちは「楽しい事があるから思わず笑顔になる」ということを日常的に体験していますが、研究から分かってきた事として

●笑顔を作るから楽しいと思えるようになる

のだそう。
研究によると、笑顔という「表情(体を使う)」事で、脳に快楽を感じさせるドーパミン系の神経活動が活発化し、笑顔を作る事によって楽しくなるのだそうです。

今はとにかくグルグルと考えてしまって、どんどんと気持ちが落ち込んだり、怒りがわいたり…と感情と思考が大忙しで大変だと思いますから、だからこそ「体を緩めたり元気を充電して」あげて、どうにもならない思考側ではなく体側から優しいアプローチをしてあげるのは必要なことかもしれません。

よくココロノマルシェへのお返事でも書かせてもらっているのですが、アントニオ猪木さんの「元気ですかーー?元気があれば何でもできる!」はまさにその通りで、体が元気になるとそれに引っ張られて考え方も変わって歩き出せるようになりますから、今は自分の中でグルグルしてしまう苦しい思考に対して

執着だってしちゃうよね。
20年も一緒にいた家族だから、特別な情だってあるのは当然だし、何が何だかまだ整理がつかないのはしょうがないよね。
答えを急いで出そうとしなくていいから、答えを出せるようになるために、私を整えて笑顔にすることを優先しようね。
ヨシヨシ、今日もしんどいね。ギューーッ。

と、自分で自分を抱きしめたりさすってあげたりしながら、とことん自分に優しい目を向けてあげましょう。

激痩せしたり精神衰弱を起こしている状態であれば、笑顔になるなんて難しいですよね??
でも、大きな選択をして前に進むためには「笑顔になって決めて行きたい」ですし、頑張る力が今はUeさんにはないと思うんです。

それくらいに、いっぱいいっぱいではないでしょうか?

新たな人生を歩むにせよ、元ご主人との関係をまた築き上げるために向かい合うにせよ、今のUeさんが頑張る力は残っていないくらい、ヘトヘトに傷付いているのだろうと思います。
だからまず、頑張る事や前に進むことをお休みして、足踏みしている自分を抱きしめてあげましょう。

答えが出ない時は、答えを出したくないという答えがある時です。
何も今すぐに白黒つけて歩き出す必要はありませんもの。
人生においては、足踏みして動けない時間だってあっておかしくありませんから。

Ueさんのお悩みを何度も読ませていただいて、とっても傷付いて、裏切られたことが悲しくて寂しくて、その気持ちのやり場がないというか、その気持ちを感じるのが辛くて「怒り」という大きな力を使って、悲しみや寂しさや悔しさを

分かって欲しい

とぶつかっていったように私には見えました。
そうするしかないくらい、怒りを使って自分を守ろうとしたんですものね。

ただ、怒りというのは瞬発力も大きな力もありますが、その下に隠れている気持ちが怒りよりも大きな感情ですし、怒りが落ち着いてくると「なんであんなことをしたんだろう…」と、気落ちしたり自分を責めてしまうことが良くあります。

> 発覚前は元夫のことが大嫌いで…
> 離婚じゃー!といきり立っていた私でしたが、できず、元夫にどうしたいかを委ね結果再構築。

大嫌い…だと思うことで、Ueさんが自立して頑張るしかなかった自分の寂しさに「気付かない振り」をしていたのかもしれませんよね。
だって、大嫌いな人でどうでもよかったら、いきり立つよりもサッと条件を提示して「これで別れられる!」と喜んでこの出来事を活用することも出来たのに、情などの様々なものがあるにせよ、きっとどこかでご主人に対する特別な形の愛情があったのかもしれません。

大切な人が自分を見てくれない、忙しくして構ってくれない…
だけれど子供もいるし仕事を軌道に乗せるまで、私も頑張らなくちゃ…
と、寂しい思いに蓋をして頑張ってきて、それなのにこんな仕打ちにあうなんて…と、深く深く傷ついて心がズタズタになって泣いているのではないのでしょうか?

夫婦は同じような問題を抱えていて、それをどちらかが問題にして見せてくれることが良くあります。

不倫をする時というのは「自分を認めてもらいたい」と優しさに飢えている時に多く見られるものです。
不倫をする・しないは「どちらかが問題として見せてくれているだけ」で、Ueさんもご主人の起こした出来事を通して、本当は寂しかったし優しくされたかった、というUeさんの大事な気持ちが隠れていたことに気付くことができたのではないでしょうか?

今回の問題の事を、誰かに話して「辛かったね」って抱きしめてもらえましたか?
背中をさすってもらって「大変だったね。その中でよく頑張って来たね。」って分かってもらいましたか?
辛い状況に置かれたUeさんの事を理解してもらい、責められるのではなくただただ、寄り添ってもらうことはあったでしょうか??

激やせして精神がすり減るくらいボロボロになるまで傷付いているUeさんに、私から大きな労いのエアハグを贈ります。
あぁ、もどかしい!!!
もしも目の前にいたら、手を握り「頑張っているものね。本当に、本当に頑張ってきたものね。」と、Ueさんの今の気持ちをただ聞かせてもらうのに…。

昨日も別の方へのココロノマルシェのお返事で書かせてもらいましたが、自分を癒すために、自分に優しく触れてあげて、たくさん自分を抱きしめてあげてください。
お友達の胸を借りてワンワン泣くことが出来ればいいけれど、それ以外でも自分で自分を抱きしめても暖かく包まれる優しい気持ちになれますから、ギューーッとUeさんの事を抱きしめてあげてください。
何度でも、何度でも。
不安な気持ちがせり上がるたびに、気持ちが揺れるたびに、優しく「今は落ち着かないよね。それでもいいんだよ。」と言ってあげながら。

たかがムギューー。
されどムギューー。

私自身、自分がしんどくて消えたいと思うような時期に幾度も自分を抱きしめて、その効果を実感していますので、良かったら試してみてくださいね。

寂しい時、傷が深い時、立ち上がれない時は「自分に優しくする・優しくしてもらう時」です。
あれこれ考えだすと自分を責めて傷口に塩を塗ってしまいますが、痛い!と思ったら深呼吸して「やめやめ!!」と言ってみてください。
そして、ちょっとだけ体を動かしたりお茶を沸かして、それを味わうことに集中してみてください。

思考があちこちに飛んでしまう時は、目の前の事にちょっとだけでいいので集中して意識を向けるだけで、不安な場所を向いている気持ちを『今』に戻すことが出来ます。
考え続けると苦しくなるので、ほんのちょっとでも思考が中断出来たら「やったね!」と言ってあげてください。

Ueさんのお悩みを読ませていただいてもう一つ感じたことが『罪悪感』『そりゃ浮気しますよね』『アホな私』等々、かなりご自身を責めている言葉が多いなぁということでした。

特に「罪悪感」という言葉はご相談の文章の中に4回も出てきていて、小さな子供の時から『私は罪深いダメな存在』と、自分を罰してきてしまっているんだな…と、胸が痛くなりました。

罪悪感というのはとても重たくて、そして『自分が幸せになる事を許してくれない感情』です。
自分に罰や苦しみを与えることを必要だと思いますし、自分をいわれのない罪で牢獄に閉じ込めようとします。

セクシャリティが強かった = 生命エネルギーに溢れている素敵なUeさんの事を傷付けてしまうような出来事には、怒りすら感じますし、それはどれだけUeさんを苦しめる体験だったでしょう。
過去の出来事から「私は汚れている」「私は罪深い」と自分を罰し続けているとしたら、もう、十分ではないでしょうか???

何よりも、いわれのない罪ですもの。
魅力がある事は罪ではありません。
愛されることも、恵まれていることも、罪なんかではありません。
むしろ「祝福されるべき価値あるもの」です。

いっぱい傷つき、子供ながらに周りのことを敏感に察して受け取り行動し、いつしか「濡れ衣のような罪を自分で背負って」、懸命に生きてきたんですものね。

自分を元気にしてあげる作業と合わせて、ぜひ、Ueさんにしてもらいたい事があります。

傷ついてしまった、罪を感じてしまった自分を「辛かったね」と受け止めてあげる事と一緒に

でもね、私は愛される存在だよ。
頑張って来たもん。愛されていいんだよ。

と、いっぱいいっぱい届けてあげてください。

Ueさんのことを、許してあげましょう。
いい子だね、って何度も言ってあげて、承認してあげて、分かってあげましょう。
頑張って生きてきた事、今だって後悔や苦しみや、どうにもならない現実を前にもがいている自分がいるのですから、苦しみの中を生きている今のUeさんへ、惜しみなく労いの言葉をかけてあげてください。

私の味方は、私だからね!!

と言ってあげられるように、いっぱい自分に優しい目を向けてあげましょう。

心が傷付いていても、私たちの肉体は頑張ってしまうことがあります。
食べれなくて痩せても、まだ倒れていないし…などと、自分を頑張らせてしまいがちですが、これが骨折だったらどうでしょうか??

まだ骨がくっついていないのに「もうリハビリしなきゃ!」と動こうとしたら、お医者さんや看護師さんたちから止められますよね。
また、無理したら直りが早くなるどころか悪化して長期戦になってしまいます。

心も体の傷と同じように、傷付いている時はその痛みを取ってあげて英気を養うのが最優先です。

傷付いている時に、鞭をふるわれたら休めませんから、休めるようにと優しく自分に接してあげることも必要ですよね。
そして、元気が出てきて「心の傷にかさぶたがはってきて動けるようになってきたら」、そこから『私の幸せって何だろう?』と、自分を笑顔にするための選択について考えて行けばいいんですもの。

お子さんがやご主人の事を支えるために、奮闘して自立を身につけることが出来たくらいに頑張り屋さんのUeさんですから、少し休んだ後でまた頑張ることが出来る人です!!
だから今は、頑張るのをお休みして、身動きできない自分に優しく接してあげてください。

今日、Ueさんが食べたいものは何でしょうか?
暖かいお風呂に入ると、ほんの少しだけでも「はぁ~」っと緩めそうですか?
マッサージで人の手を借りて緩むのも素敵ですよね。
思いっきり泣ける映画やDVDを見て、涙活するのもいいですね。
ただボーッと体を横に投げ出して、深呼吸するのもいいですし、暖かい飲み物でお腹の中からじんわり温めてあげるのも今の季節にはピッタリですね。

何でもいいと思いますから、Ueさんが今日、ほんの少しだけでも笑顔になる事ができますように。
そして、ゆっくりと力を抜いて、まずは眠って食べれるようになることを目指し、体と心のコンディションを整えていけますように。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 夫婦問題
  • >
  • 【ココロノマルシェ】寂しい老後への不安、情がとてつもなくのこっている元夫への執着。 女への嫉妬。元サヤはお互いの不信感もあるし難しそう。苦しいです。