手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】今年春、同棲してる家から出て行こうと決めています。もうやり直す見込みがない、離れる事が愛なのかなと考えたからです。

ザクザクの大きなクッキー 買って来たでちね

こんにちは。
あなたの心の痛みや悲しみの傷に優しく絆創膏を貼る「心の保健室」を目指しているマミコです。

先日、オシャレな人が絶賛しているオシャレパン屋さんに行ったという事をブログで書いたのですが、オシャレだけではなく美味しくて感激!
ということで、改めて気になっていたオートミールのクッキーを買いに行きました。

ザクザクしているのですが
モチッと感というか
しっとりというのか
何とも絶妙な食感でした

ワックスペーパーでシンプルに包んだだけなのに、オシャレに見えるのは何でだろう??
私が同じことをしてもオシャレに見せられないのに…。

オートミールの粒の大きなザクっとした感じがちゃんと感じられるのですが、ただザクザクしているのではなく、なんとも言えない「ニャクッ」とした食感とザクザクが混じり合う絶妙な食感。
握りこぶしくらいのサイズでそこまで厚みがないクッキーなのですが、1枚で食べ応えがありました。

私が住んでいる家からは少し離れている事に加えて駐車場がないので、気軽にホイッと行ける感じではないけれど、また機会を作って買いに行きたいと思っている美味しいオヤツをご紹介した後は(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

こんにちは、いつも拝読しています。
毎回、「そういう事かぁ」「成る程」と頷きながら読んでいました。今回、相談が無くなってきて今がチャンスという事で相談させて頂きます。

数年付き合った婚約中の彼との間に赤ちゃんを授かり、出産しました。しかし、彼が妊娠中(妊娠3ヶ月)、価値観の違いを理由に結婚は出来る自信がないっと振られました。今は、同棲しつつも家庭内別居の様な生活を送り半年過ぎました。婚約中だった時に、確かに私は子供な部分がありました。(成熟した女性と付き合ってる気がしないと言われました)彼に認めてもらいたい、理解して欲しいという感情が、時に感情的になってしまい恥ずかしながら時に駄々を捏ねた子供の様に、またヒステリックになった事もあります。
そういうのを思い出し、全て反省して一年前から謝罪していても彼に何を言っても、もう全く何も響いていない様に感じます。。

今年春、同棲してる家から出て行こうと決めています。私は彼から「いつも勝手に決めて、一緒にやっていこうという感じがしない」と非難された事が何回かあります。。だからこの決断が彼にとってまた勝手に決めたと思われるのかな?と心配しつつ。。
私としては彼からは「遠くで健やかに暮していて欲しい」と言われ、私の存在を無視され、作ったご飯食べてもらえなく、赤ちゃんは可愛がっても私には目も合わせてくれない、、そんな状態ならもうやり直す見込みがない、離れる事が愛なのかなと考えたからです。

でも、時折、こんな風に終わる事が、本当に良いのか疑問に思うんです。私的にはフラれたことは青天の霹靂で今でも付き合ってた頃が昨日の様で、一年経った今でも夢だったら良かったのにって思ってしまいます。そして彼も40歳という歳で成熟した大人の男性だと思ってましたが、妊娠中の態度をみると配慮が全くなくて、思春期男子の反抗期の青年の様でした。確かに私は欠陥した所が多々あると思いますが、そこまで嫌われてしまうのかと本当に気持ちが分かりません。。

駄文で長くなりましたが、少しでも前を向ける様、現状の彼をどう捉えたら良いかアドバイス貰えると幸いです。読んで頂き、ありがとうございます。
ご相談:ももさん

ももさん、こんにちは。
婚約中の彼との間の妊娠からの破局…
喜びから一気にどん底へ落ちたような、足元が崩れ落ちるような衝撃を「体も心も不安定な妊娠初期」に体験されて、どれ程苦しまれたのでしょう。

お悩みの中に、彼からフラれてから1年経った今でも…とありましたので、ご出産からまだ日が浅いのでしょうか??
私は自分の子供を産み育てるという経験をしたことがないのですが、新生児のお世話って休む暇もないくらい大変な事だと聞いていますが、少しだけでも気持ちと体が休まる時間はありますか??

出産は命がけですから、体にも負担が沢山かかっていると思います。
また、女性ホルモンのバランスも乱れると思いますから、感情面でもグラグラされることもあるかと思います。

なんとも落ち着かない環境で心安らかに…とはいかないとは思いますが、その中で少しだけでもホッとできるタイミングがあれば、そこであったかいお茶を飲んだりおやつをつまんだり…と、ももさんが少しだけでも笑顔になれる時間が持てますように。

本来であれば、赤ちゃんの誕生は「夫婦にとって喜ばしい事」で、その成長を共に喜びながら育てていけるのが理想ですが、妊娠を告げてフラれてしまうなんて、後ろからいきなり後頭部をハンマーで殴られるくらいの衝撃を受けるくらい、辛い体験でしたよね。

> 数年付き合った婚約中の彼との間に赤ちゃんを授かり、出産しました。しかし、彼が妊娠中(妊娠3ヶ月)、価値観の違いを理由に結婚は出来る自信がないっと振られました。今は、同棲しつつも家庭内別居の様な生活を送り半年過ぎました。婚約中だった時に、確かに私は子供な部分がありました。(成熟した女性と付き合ってる気がしないと言われました)彼に認めてもらいたい、理解して欲しいという感情が、時に感情的になってしまい恥ずかしながら時に駄々を捏ねた子供の様に、またヒステリックになった事もあります。
> そういうのを思い出し、全て反省して一年前から謝罪していても彼に何を言っても、もう全く何も響いていない様に感じます。。

ももさんの謝罪は、きっともう充分なほどに彼に届いていると思います。
届いているけれど、彼自身もどうしていいのか分からないのかな?って。

いくら大好きで大切な人であっても、もうちょっとここが…って気になる点って出てきますよね。
だって、私たちは誰一人「パーフェクト」ではなくて、秀でている部分もあれば足りない部分がありますから。
それはももさんだけではなく、彼も同じ。

彼にとってはももさんが「成熟していない子供っぽさ」がある部分が気になって、そこを指摘したと思うのですが、その部分ってある意味では魅力だったのではないのでしょうか?
短所も長所も紙一重で、いわゆるギャップと呼ばれる「しっかりして見えるのにオレの前では子供っぽさを出している」部分に惹かれたのに、自分自身がつかれている時と重なったら「子供っぽさが疲れる…」というように一転する事もあります。
そして、女性側は言葉に重きを置くことが多いのですが、男性はそこまで言葉に「意味・重き」を置いておらず、言われた側がそこまで深刻に考えている…と思っていないことが多かったりもします。
(男性、女性と書きましたが、自分が深い意味もなく伝えた言葉が相手にとっては大きな一言になる事ってありますよね?)

ここで少し私の事をお話させていただくのですが、私は数年前に離婚しました。
ある日突然、女性として私を見れなくなった…との発言の後、私の至らなさもあれこれ指摘され、私もももさんと同じように自分の至らなさ・弱さ・情けなさを責めて、しばらくは彼の言葉が頭から離れず、何度も彼に謝りましたし、行動面でも直そうと頑張りました。(もちろん、改善はしましたがたびたびボロを出しました。)
この時、やっぱり彼の言葉は大きくて、自分はなんてダメな人間で彼を傷付けたんだろう??と自分を責めて、一気に彼に縋るように彼の一挙手一投足にビクビクする生活になりました。

2年半くらい、離婚はせずに同居はしているものの近付けず離れず…を経て、なぜか一度「やり直そう」という言葉を彼が言ってくれて、夫婦として再構築をすることが出来た時に、改めて彼に言われた事についての謝罪をしました。

すると「もういいって。そうやって謝られているって思うから、帰りずらかった。」と言われてポカーン。
確かに、彼にとってはその時は別れたいと思っていたのでしょうからきつい言葉を伝えたでしょうし、私もすごく反省しましたし、関係を戻したかったので自分をとても責めて行動を変えようとしましたし、彼の顔色を見ていました。
最初のうちはいいと思うのですが、これが1か月、2カ月…と続くと、お互いに居心地は良くないんですよね。

彼は謝られる度に「ひどいことを言った」という罪悪感をチクチク刺激されますし、彼の言葉によって一生懸命に改善しようとする姿も見えるはずですが「今更そんなことされても…」ってモヤモヤもするでしょうし、何よりもビクビク・オドオドと自分の事を見る目のある場所に戻るって、自分が逆の立場でも気が重くなると思いませんか?

不安そうな目、縋るような目、苦しそうな目、悲しみいっぱいの目。
愛情深い目、優しい目、キラキラと楽しさが溢れる目、穏やかな目。

謝罪を続けて自分を変える中で、彼の事をどんな目でももさんは見ていたでしょうか?
その目を見て、彼はどう感じているでしょうか?
「かわいいなぁ、愛おしいなぁ。帰りたいなぁ。」と思ってくれるでしょうか?
「わかったよ!もうそんな目で見るなよ!」って思ってしまう目だったでしょうか?

謝罪が届いているかどうかって、彼の態度が軟化しないといつまでも分かってもらえていない…と、言われた側は肩を落としてしまいますが、彼も大人の人間ですし、側いいれば努力している姿や謝罪の言葉を聞いて分かっています。
もう充分に謝って、ももさんがそれを努力して直しているなら、その件はおしまいです。
大丈夫、ちゃんとちゃんと、彼に謝罪の気持ちは届いています。

後はここから、どう作っていくのか?どうしていきたいのか?
過去ではなく、これからを考えていけばいいんです。(これがまた難しいんですけれど)

実は私も、過去を振りかえって彼に言われた言葉に縛られ、もっともっと変わらなくてはと自分を罰してきたのですが、あまりに辛すぎて「記憶を消したい…」というくらいまで自分を追い込み、催眠術師さんをインターネットで調べて会いに行きました。
勿論、催眠術で記憶を消す…という事はしなかったのですが、そこで気持ちを吐露した時に言われたのが

過去はもう終わったこと。
それをいつまでも考えて悩んでいても、苦しいだけだよね?
過去はもう手出しできないんだから。
緊張している時は体が強張るよ~。だからね、リラックスしよう。

その後で、一回ストーンって肩の力を抜いてごらん?と言われて、ふーっと息を吐き出して力を抜いたら、堰を切ったように涙が止まらなくなりました。

頑張ってきたんです。頑張る力なんてもうないくらいまで背負って、ボロボロなのに頑張ってきたんです。
ももさんも、同じではないでしょうか?
ううん、ももさんはそこにプラスして「赤ちゃんの命」というとても大きな責任もプラスして抱えていたのですから、ずーーーっとずーーーっと心が休まることなく、緊張し続けて強張り続けているのではないでしょうか?

上手くやれるかどうか、ではなく、うまくやりたくて頑張ったことを、まずは認めてあげましょう。

どれだけ泣いたでしょうか?
どれだけ自分を責めたでしょうか?
どれだけ自分を変えようと奮闘したでしょうか?
どれだけ我慢してきたでしょうか?
どれだけ不安な中で生きているでしょうか?
本当はどれだけ寂しいのでしょうか??

ぜーんぶを飲み込んで、一生懸命に頑張っているのはなぜでしょうか??

それは、お子さんの事と彼の事を愛しているからではないのでしょうか?
こんなにも大きな愛を持っているももさんのこと、誇ってあげていいはずです。
私ってスゴイ!私の愛って大きい!!って、まずは気付いてあげましょう。

ここまでの時間、簡単な時間ではなかったはずです。
どれだけ苦悶したかを知っているのは、他でもないももさんです。

ももさんは、どんな言葉をかけてもらったら安心して泣けますか?
どんな言葉で労ってもらったら報われますか?

言って欲しい言葉を、惜しみなくももさんがももさんに向けてあげてください。

本来ならば「よくやっているね。頑張ってるね。」と背をさすってもらっていいはずの事を、「まだ届いていない!だからやっぱりダメなんだ…もう打つ手はないんじゃ?」と、背をさするどころか打ちのめすような言葉をかけて頑張らせてきたんです。

これまでの時間を少しだけ振り返ってあげて、頑張り続けているももさんに優しい言葉や目を向けてあげてください。
その優しい目は、きっとももさんがこの先の「自分の幸せ」を選んでいくための栄養になってくれます。

> 私としては彼からは「遠くで健やかに暮していて欲しい」と言われ、私の存在を無視され、作ったご飯食べてもらえなく、赤ちゃんは可愛がっても私には目も合わせてくれない、、そんな状態ならもうやり直す見込みがない、離れる事が愛なのかなと考えたからです。

離れることが愛だ、だからもう手を離そう。

そう思えるくらい大きな愛を持っているももさんに気付いていますか??
離れる決意をするって、並大抵の事ではありません。

ここでまず、私の持つ愛のすばらしさを思いっきり褒めましょう。
私ってすごいんだ!!って。

離れることも選択肢に入っているならば、次に考えるのはももさんのことです。

離れることが「現状が辛い」「もう駄目だと思う」という理由だけだと、離れた後でドンと大きな後悔がやってきてしまう事があります。
前向きに進んでいく・前向きに離れていくために問いかけて欲しいのが

私と子供が幸せになるために離れるんだ!と少しでも思えているのか??

という事です。
好きな人を「諦めて」離れるわけですから、100%前向きに一歩を踏み出すなんてあり得ません。
だけれど、彼と離れることは「私を幸せにするための決定なんだ」と、半分以上の51%でも思えていないと、行動する前に色んな不安で揺れ動きますし、行動した後も強い後悔に襲われます。

これでいいんだ!こうすることで私は幸せになるんだ!と決めて行動しても、人間は必ず後悔するのですが、その時に「こうすることが私にできる最後の愛だから…」と犠牲をしてしまったら、後悔の比は雲泥の差だと思いませんか?

またしても私の話をしてしまいますが、一度夫婦として歩み寄る事をしたものの、その1年後に彼が「守りたい女性が出来た」と家を出て、そこからまた2年半くらい離婚をするまでに迷いました。
私は執着して手を離せませんでした。

だからこそ、離れることが愛なのかな?と「離れる」という選択肢を持てるももさんの愛の大きさに涙が出ます。
そこまで愛せるご自身を誇ってください。
愛するからこそ手を離すことの怖さ、難しさ、痛みがあるんです。
それを超えても相手を思いやれるももさんを手放したら、彼の方が後悔しちゃうはずですが、それは後の祭りですからね!!

私は離婚する事しか道がないように見える中でも、決意するまでに時間がかかりました。
そして「私が私の幸せのためにどうしたいかを決める!」と思えたことで、前に向いていくことが出来ました。

離れるという選択肢が持てるのはとても強い事です。
だから、離れる際に「希望」を持って進めるかどうか??ももさんとお子さんの「幸せ・笑顔」のために離れるのか??を考えてみて欲しいな、と思っています。

ももさんの夢は何ですか?
神様がどんな夢も叶えてくれると言ったら、ももさんは何を願いますか?

私は離婚を決めるまでに、何度もこの問いを自分に自問自答しました。

そこで「私はもう幸せに生きたい」「自分を幸せにするために手を離す勇気を持ちたい」と言えるまで、人から見たら勿体ないと思われる時間を使いました。
勿論、彼にも待ってもらう間は我慢をしてもらったと思いますし、そこは本当に感謝しています。

別れる・離れるという「決意」を持てていれば、いつでも離れていくことが出来ます。

> 今年春、同棲してる家から出て行こうと決めています。私は彼から「いつも勝手に決めて、一緒にやっていこうという感じがしない」と非難された事が何回かあります。。だからこの決断が彼にとってまた勝手に決めたと思われるのかな?と心配しつつ。。

彼に届けられる最後の愛として「離れる」という選択肢を持てているのであれば、彼に一緒にやっていきたいからこそ、出来ることはないのか?と「聞く・相談する」というチャレンジをしてからでも遅くはないのではないでしょうか?

私たちは「分かったつもり」になって相手を見てしまう事がたくさんありますが、相手がどう思っているかは相手にしか分かりませんし、相手が100%自分の思いをさらけ出してくれるとも限りません。

気持ちを固めてからではなく、気持ちを話して一緒に解決の道を探すという事に挑戦して、それでもうまく行かない・一緒にいるよりも離れた方がももさんとお子さんを笑顔にするのであれば、離れればいいんですもの!!

そして大事なのは、ももさんが「勇気を出して相談してみる」「いつもは自分で決めてしまうのに、相手に委ねる」という挑戦が初心者だという事です。
だから、うまくやれなくて当然で、ぎこちなくて当然です。
上手くやろうとしなくていいんです。
いざとなったら離れるという選択肢があるのですから、挑戦してみたって悪くはないですものね。

でも、これを決めるのもももさんです。
もうしっかりと離れることを決意していて、お互いのために踏み出したい!!と思えているのならば、そのための準備を進めることでいいと思います。

> 少しでも前を向ける様、現状の彼をどう捉えたら良いかアドバイス貰えると幸いです。

現状の彼の気持ちが知りたい…と最後に書いてくださっていたことから、ももさんは「離れることが私にできる最後の愛だけれど、本音を飲み込んでいるんじゃないのかな?」と思い、それがももさんの幸せにつながる決断かな??という問いかけのお返事をさせていただきました。

新しい人生を歩き出すのは、彼ではなくももさんです。
だからこそ「今の自分の気持ちを見つめる事」が最初です。
彼の気持ちはそのずーーっと後です。

不安や心配、どうしていいか分からなくなる気持ちの一番奥にあるのが「彼に対する大きな愛情」だと分かっておく事は、ももさんを勇気づけ励ましてくれる力になります。
大きな愛を持っているももさんの頭をポンポンとしてあげて、今「無理し過ぎずに」やれる事をしていきましょう!!

少し強い言い方になりますが、彼の態度は「いい」「悪い」ではなく、その態度に『自分が勝手に反応している』だけなんです。
だから、彼がどうこうはおいて置き、『ももさんがどうしたいのか?』『ももさんがどう思うか?』を意識する事が今求められている事です。

そして、今の私の気持ちに気付いてあげる事と、置き去りにしてしまった「私」を取り戻していくことが大事です。

離れることは「私」の幸せ?(きっとそこには、私の大事なお子さんも含まれれいると思います)
何も言わずに決める「私は何を怖れているの?」

いっぱい「私」を意識して主体性を取り戻して行ってあげてください。
そうすると、これが私らしいよね~、そうそう!私って本来こういうタイプだった!!という気持ちや感覚を取り戻して行けると思います。

彼が…を軸に考えてしまうと、どうしても自分を押し殺しますが「ももさんとお子さんの人生」ですから、ももさんがどう思うのか?を第一に考えていいんです。

それから、ももさんが彼から別れたいと言われても尚、同棲をしている中で与えてきたものを数えて見ることもぜひオススメなのでやってみてください!!

ももさんの彼は、どうしてこんなに理不尽に見える態度でももさんに接することが出来ているのでしょうか??
それは、ももさんが彼の事を受け止め、愛してくれていると態度には見せなくても心の中で信頼しているからこそ、思春期の子供のような振る舞いを見せられるのではないでしょうか?
こんなダメな姿、拗ねている姿を見せても受け入れてあげられた = 愛しているから理解しようとした、それだけ存分に愛を与えられているももさんの価値を受け取ってくださいね。

言えない・言わない、そうやって我慢して押さえてきた事で、彼との同棲が成り立っているからこそ、彼は赤ちゃんに愛を向ける場所に戻って来られるんですもの。
我慢したこと、耐えた事、飲み込んだこと、陰で泣いた事。これらは全て、ももさんが「彼に出来る愛として与えてきた」ものです。
ももさんの女友達から「こんな風に頑張ってきたんだ」って打ち明けられたら、こんなにも愛情深く健気な姿を、泣きながら抱きしめてあげるのではないでしょうか??

ももさんが与えてきた事の価値を見つけてあげましょう。

心臓が休まず動いてくれている事に、日常気付くことはほとんどないと思います。(私も言われないと忘れているくらい当たり前に思ってしまっています。)
自分では気づかなくても心臓がちゃんと動いてくれているように、ももさんの持っている愛情や思いやり、より良い関係にしたいという思いは、いまもちゃんと活動してくれています。
ビックリするくらい能力がある事も、愛情を与え続けている事も、他の人にはできない我慢が出来ている事も

自分が過小評価していて、気付けていないだけ

なんです。

だから、もっともっとももさんを信じてあげましょう。
ももさんの価値を知り、ももさんの力や愛の大きさを知ってあげましょう。
そして、自分の愛に自信が持てれば、自分らしい選択を選んでいく力が持てるようになります。

本音を言わないで愛することを選んでいるももさんを、ももさんが「すごい!エライ!」と、その愛し方を認めてあげてください。

そして自分を褒めることをしていると、だんだんとこんな風に考えることが出来ます。

・離れるしかないと思うくらい悩んでいるという本音を吐露できる私がえらい!スッキリした!!
・本音を言わずに愛しているから離れる選択を選ぶ私を尊重するよ。すごいことだよね!

どっちを選んでも、自分を褒めてあげられる・認めてあげられるようになります。
こう思えるためにも、ももさんが傷ついてボロボロになってしまった「ももさんの魅力・価値・素晴らしさ」を取り戻していきましょう!!

ももさんのことを無視し、ご飯も食べない…
実際に毎日顔を合わせる中では、それがどれだけしんどい事か分かりますが、とりあえずそんな彼はほっときましょう。(…って言っていますが、ホントに泣きたくなりますし心が折れます)

今の彼は何をしても逆効果ならば、そっとほったらかしておいて、自分を立て直すことを最優先しましょう。
むしろこっちを見てくれなくて好都合よ!!くらいに思って、その間にどんどんとももさんが自信をつけて(ももさんを取り戻して元気になる)笑顔で輝く姿を見せてあげちゃいましょう!
そう思ったら、少しだけ元気になれそうではないですか??

ももさんの愛情の深さから、赤ちゃんとの時間を彼は過ごせているんです。
頑張って来たこれまでのももさんを労い、ももさんの持つ愛の大きさをどうかどうか分かってあげて、ももさんの自信に変えていって欲しいと思いお返事を書きました。

どんな答えを出すにしても、今時点でのももさんの考えられる「最善」を選んでいるはずですから、一生懸命悩み・葛藤しているももさんの背を、どうかももさんがさすってあげて追い込まずにいてくださいね。

フレーフレー、ももさん!!
ももさんとお子さんが少しだけでも笑顔で今日を過ごせますように。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 夫婦問題
  • >
  • 【ココロノマルシェ】今年春、同棲してる家から出て行こうと決めています。もうやり直す見込みがない、離れる事が愛なのかなと考えたからです。