手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

(MOUSOU)落ち葉の季節の勘違いにドキッ!の巻

去年紫のズラを今年も被せられたですよ。事故ですよ…

こんにちわ!ちわー!ちわー!(← 今日も独りやまびこ)
日本うっかり協同組合の皆様、今日もうっかりしてますかーーーーっ!!

今日はいつもより早く仕事に行く用事があり、それなのにのんびししてしまい出かけに慌てて着替えた…のですが、なんか首のあたりがチクチクするし、今日はネックレスつけてなかったよね??
それになんとなーく首が短くなった気がするし、首ってその日の調子で長さがかわるもんなんだねぇ…なんて思っていたら

まさかの後ろ前を逆に着ていた

という事実に驚愕!!
そうだよね…
首なんていきなり縮むものじゃないですからーーーっ。残念!!(← 懐かしのギター侍風にお読みください)

いやー、今日も今日とて『うっかり』している私です。

いつもながらの安定のうっかりですね。

さて、そんな私が朝早めに出勤したら、いつも通る街路樹がいっぱいの道ではいくつかの木が色づいて赤や黄色くなった葉が風に乗ってハラハラと散るのを見てすっかり秋も深またなぁ~と少しだけセンチメンタル。

だから今日は「落ち葉の季節」を妄想してみました♡

なぁに期待してるんだか(笑)

晴れ間が広がる昼の時間はまだ羽織物がなくても暖かいけれど、さすがに朝晩の風が冷たいなぁと感じる季節。
通勤道路の街路樹も黄色や赤に葉の色を変えて、足元にも落ち葉が散らばっていて踏むとザクザクという音がする。今日はお互いに早く仕事に行く予定があって早起きした朝の道を並んでザクザクさせて歩く時間は、風が冷たくてもホカホカの時間。

ヒューーッって風が吹いて、バサバサッと枝が揺れたと思ったら、ハラハラと幾枚かの黄色の葉っぱが舞い落ちてきて、なんかファサッと頭に乗っかったような…?
と思ったら、私の右隣を歩いていた彼がいたずらっぽく笑いながら私の右手を引いたと思ったら

「止まって、目、瞑って」

というので、言われた通りに立ち止まって目をつぶる。
ドキドキ。朝早い街路樹の下、目をつぶっていても彼の影が私に近づくのが分かる。ドキドキ。ドキドキ。

肩に添えられた手の暖かさと、反対の手の指が髪の毛をとかすように動いて、その後静かに時間が止まって、ドキドキ、ドキドキ。
目をギュッとつむったまま立っている私のおでこを彼が人差し指で軽く押すようにするから、グラッとして慌てて目を開けると、手に黄色の小さな葉っぱをもってほほ笑む彼。

「これ、髪の毛に絡まってたよ」

彼の指でつまんである葉っぱは、さっきの風で木から落ちてきた葉っぱ。
それを取ってくれるためだったんだね。え、えへへ。キスされるのかと勘違いしちゃった。

「葉っぱ取った後も目、瞑ってて、マミコさんったら何勘違いしてるんだか(笑)」
「…(照)だって…」

ザクザクと音をさせながら、新しく落ちてきた落ち葉を踏みしめて歩き出す私たち。
勘違いが恥ずかしくてほっぺたがリンゴ色に染まっていく。

「さっき、チューされると思った…」

って照れたように白状すると、ケラケラと笑いながら

「そう思ってると思った(笑)
チューはしません!おあずけです!」

って言われて、ますます恥ずかしい…
両手でホッペを押さえるようにして一呼吸した後、隣の彼にエイッと小さくアンパンチしたら

「おあずけのチュー、今晩に予約しておくから」

って言われて、ますます照れくさくて両手でほっぺを押さえながらチラッと彼を見ると、彼もちょっとだけほっぺたが赤くて、自分で言っておきながら照れちゃったりしてかわいいなぁ♡といちいち胸キュンの時間でした。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
落ち葉の下のデート、いいなぁ。
彼と一緒に新しく積もった葉っぱをザクッと踏みしめて笑って、振り返って光を浴びた彼の顔があったら、もう、お腹いっぱいで今日一日頑張れちゃうのになぁ~。

今日は早く仕事に行く!という景色を妄想でニヤニヤしながら楽しめましたが、あらゆるシーンに妄想の種は落ちていますね~。(← 重症)
連日の叫びですが、今日も今日とて私はシングルトンでございますので…

安心してください!!妄想ですよ!!!(← とにかく明るい安村さん風にお読みください。)

今日は夜にチュッ♡の予約があるから(← あくまで予定。可能性はゼロではないから…涙)頑張ってお仕事をこなそうと思います。
みなさんのハロウィンが心温まる一日でありますように。