手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

眠る前の優しい言葉 ~どこまでもどこまでも、優しさを届けよう~

あー、はいはい。 うさぎのウサギんですね。 あー、はいはい。

こんにちは。
「悲しいキモチ、マミコに話して半分こ。」でお馴染みのマミコです♡

週末はすこぶるいいお天気で、お昼はまるで夏を感じるくらい熱くなりましたが、やはり暑くても真夏のジリジリした暑さとは違う、どこか秋の気配が混じった暑さ。
夜になると虫の声が聞こえ、陽が落ちると一気に涼しくなるのも秋ならではですね。

いいお天気の中、ギンちゃんの耳をムイッと近付けて「ウサギちゃんだ~♡」とキャッキャする私との温度差ある1枚。

あー、はいはい。
うさぎのうさギンってことですよね。

と、ものすごーくCooooooooLなギンちゃん。
ウサギになってもイケメンって、どゆことぉ~?? ← 本日も親バカ

突然ですが、私は「活動が詰まっていないのを好む派」で、予定表に予定が詰まっているのを見ると追われている感で胃がキューッとなるタイプなのですが、今月は何かとあれこれ用事が詰まってしまっています。

自分がやりたい用事だけではなく、やらないといけない期限のある物も今月はいくつかあり、その一つが【免許更新手続き】。

私はゴールド免許なので、手続き自体はそんなにややこしい事はなく、更新自体は1時間もあれば終わるのは分かっているのですが、免許センターは車で30~40分くらいの離れた場所ということや、更新時の講習の動画を見るのが気が重くて、重い腰がなかなか上がらず。

とはいえ、期限内に行かないと免許がなくなってしまっては困るので、昨日の午後から重い腰を上げて更新に行ってきました。

事故を起こさないように
最近多い事故例を聞いた後
やはりDVD観賞の時間がありました

ゴールド免許の更新は、講座を30分受けるだけでいいのですが、新潟県では交差点や夕暮れ時の16時~20時までの事故率が高いことなどの説明を聞いた後で、やはり…という20分近いDVD観賞。

前回の更新時に見たものは「交通遺族の方」の気持ちや、「交通刑務所」に入った人の手記のようなもので、とっても暗く悲しく重たい気持ちになって、帰り道がどよーーんとしたのですが、今回も「事故」の実際の映像を元にCGを使ってなぜ事故が起きたのか?というものや、学校の帰り道に交通事故で亡くなった男の子の話などで、ひたすら重たく不安になるような時間でした。

ストレングスファインダーという自分の資質のチェックをした際、私は「共感性」と呼ばれる資質が高かったこともありますが、私は映画やテレビ、本などでも気持ちが引っ張られてしまう事が多い方です。
なので、夜はニュース番組は見ないようにしていますし、自分が苦手なジャンルの映画やドラマなどは見ません。
極力「自分がモヤモヤしたりする苦手な物」は目や耳に入れないようにしているのに

危機回避・啓蒙とはいえ、無理やり苦手なものを見せられる

というのは、すごく疲れる時間でした。

重たい気持ちになる動画を見ることで、改めて車は「走る鉄の塊」で「人の命を奪う事をしてしまうもの」だという事を自覚して、安全運転を心がけたいと思います。

今日は業務終了間際にあれこれと仕事が飛び込んできて、月曜日からたっぷりと残業でした。
さすがに疲れた~~ということで、残業の途中でお風呂を沸かし、仕事が終わったらすぐにお風呂でリラックス・気持ちを仕事からオフに切り変えようと準備し、お風呂が沸くまでに終わらせるぞ!と目の前にニンジンをぶら下げてエンジン点火。

お風呂が沸くまでには終わらなかったけれど、会社のパソコンをパタンと閉じてすぐに「チャポン」と暖かいお風呂に入れるのは、在宅ならではの特権です!
いい匂いの入浴剤を入れて、アゴまでお湯に浸かってしばしボーーッとしていたら、仕事モードで出ていたアドレナリンも落ち着き、ゆらゆら・のばーんとちゃんと緩むことに成功です。

小さな事ですが、自分の好きな事で自分をケアする、自分に優しくするって大事な事だと思っています。
頑張っている人ほど、ちゃんと自分に優しくする時間を「敢えて」持つようにしてあげたいものですよね。

さて、今日ご紹介するのは、自分に優しくすることの大切さを教えてくれる言葉です。

成功への道は3つ。
1つ目は優しくすること。
2つ目は優しくすること。
3つ目も優しくすること。

フレッド・ロジャースさんの言葉(アメリカのテレビ司会者)

フレッド・ロジャースはアメリカの子供向け長寿番組のテレビ司会者。
「幸せへのまわり道」という映画で、トム・ハンクスが演じていた…と言う事でご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

この言葉を見たのは「疲れた時に優しい言葉」のようなインターネットのまとめ記事のようなものだったと思うのですが、なんだかすごく泣けて、ノートに書き写しながらワンワン泣いたのを思い出します。

希望が見えないくらい落ち込んでいた時で、頑張らないといけない!!と頑張る力もないのになんとか力を入れようとしていた時でした。

そんな時に見た「1つ目も2つ目も3つ目も、優しくすることだよ」という言葉に救われました。

成功が何かは分からないけれど、掴みたい未来のために頑張るのではなく、とことん自分にも周りにも優しくしていいんだと思ったら、すごくすごく心が楽になりました。

人に優しさをお裾分けするには、まずはちゃんと自分が優しさで満たされてから。
誰かに優しい気持ちを届けたいならば、まず一番に自分に優しい気持ちを届ける事をしなくては!!

そして、自分への優しさを「もっともっと」と溢れるほど惜しみなく届けることで、同じように周りの人にも「もっと」分け与えたいと思えるようになれるんですものね。

自分の望む「成功」に自分を連れて行ってあげるためにも、何かを頑張るのが秘訣ではなく「優しくする事」そしてまたさらに「優しくして、優しくして、優しくしまくる事」なんだ、って思うと、どこまでも自分にあったかい気持ちを向けてあげたくなります。

私たちはついつい、自分には厳しく当たってしまう事があります。

そんな日があっても、気が付いた時に「あぁ、私に優しくしてあげていなかったな」と、優しさを向けてあげてちゃんと「優しさ充電」してあげながら、自分を愛おしみ大切にして、願う自分に変化していけたらいいですね。

さてさて、、今日もおやすみなさい。
私もあなたも、明日が健やかに始まりますように。

  • HOME
  • >
  • 優しい言葉
  • >
  • 眠る前の優しい言葉 ~どこまでもどこまでも、優しさを届けよう~