手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

私はダメだ!と自分責めをしちゃうときは、言い方を変えてみよう。

うやうやしく冷蔵庫から取り出して 大事そうに毎日1個ずつたべてるんですよ。

レーズンバターがサンドされた、甘くてしっとりしつつもホロリと口溶けて、なんだか少しだけ「大人っぽい味わい」だと思い続けている美味しいおやつ。

北海道のお土産でいただくか、物産展で買わないと食べられない「六花亭 マルセイバターサンド」ですが、先日、近所のスーパーマーケットで「六花亭フェア」なるものをやってくれていたので、5個入り680円のちょっとだけ贅沢おやつを自分のために買いました。

冷蔵庫の中で冷やしておくので、冷蔵庫を開けるたびに「あ!バターサンドがある♡」とすごく幸せで贅沢な気持ちになります。

毎日1個。
私は午後4時ごろに仕事をちょっとだけ休憩するためにうすーーいコーヒー(別名:コーヒー味のお湯)を準備して、甘いご褒美を自分に差し入れています。

チビチビ齧る幸せといったら!!!

バターサンド

普段からスーパーに置いていてくれればいいのに…と思いつつも、いつもあったら「特別」ではなくなっちゃうんですよね。

「特別」を楽しむことで、チビチビ齧る時間が一層愛おしくなる訳で、そう考えるとちょっとだけ不自由だったりすることも「引き立て役」としてちゃんと機能しているんだなぁ~と思ったおやつタイムでした。

ラスト1個。
明日は職場出勤なので、職場でチビチビ齧りながら「またしばらく会えなくなるね」と別れを惜しもうと思います。

* * * * *

私はその昔、自分苛めが得意でした。

私は「何かをできないと」認めてもらえない。
私は「このままでは」愛されるはずかない。
私は「色々足りていない」から努力しないといけない。
私は「人よりのろま」だからしっかりしないといけない。

この他にもたくさんの「私ではダメだ」という思い込みがあって、日常の様々なシーンで「私はダメだ!なんでこんなにうっかりしているの?!」「こんなこともできないなんて、本当に私はダメなやつだ!」と自分を責める言葉が脳内で忙しく繰り返し響いていました。

毎日何百回と「私はダメだ!」と脳内で自分に言い続けているのですから、言わば洗脳のように「私ってつくづく価値がない」と自分を委縮させていたんですよね。
刷り込みって本当に怖い。
いつしか私は「ダメだ!」と責めるよりも前に「どうせ私はダメだから」と、何かをやるよりも前に諦めさせることまでするようになっていました。

やる前から「どうせわたしにはできっこないでしょ?」とできない前提で見下し、出来なければ当然のように「ほーらやっぱり。本当に私はダメだ!」と叱責して、私は毎日毎日、自分を虐め続けていました。

あぁ、ごめんね、私。

この「私はダメだ!」という言葉は、何かうまく行かない時・なにか思うようにやれなかったとき・周りの人の表情が曇った時などに、瞬時に湧き上ってきます。
自分責めはやめたい!やめよう!と思っていても、脊髄反射のように何気なく当たり前に「ダメだ!」と言葉が出てしまうんですよね。

そして、また自分のことをダメだって責めちゃった…
はぁ、自分を肯定しようと思っているのにまたやってしまった。本当にダメだな、私…と、失敗したことをまた責めるという悪循環。

なので、自分を責める「私はダメだ!」という言葉が瞬間的に出てしまったら、人差し指を立てて顔の脇で「ノン・ノン・ノン」と振るようにして、こう言いなおしてみてください。

私はダメだ!じゃなくて「私にもダメなところはある」って。

いいところもダメなところもあるのが人間です。
完璧な人なんて、世界中を探しても一人もいません。

そして、自分のダメなところを見つけたら、良いところにもちゃんと目を向けてあげましょうね!
ほら、喧嘩両成敗っていうじゃないですか…(← うわー、違う意味だし)

これでプラマイゼロです。

私にはダメなところもある。そしてそれが私。
私にも良いところがある。それは私の魅力。

ダメなところを見ないようにするのでもなく、攻撃するのでもなく、ただ「そういうところがあるんだよねー」とフラットにみてあげるだけでいいんです。
その上で、そのダメなところをどう直したいのか?直す必要があるのか?誰かに助けてもらえばいいのか?考えて行けばいいんですものね。

今日、あなたが自分を責めてしまっていたら、手のひらで胸を幾度か撫でるようにして「よしよし」としてあげてから、あなたにこう言ってあげてください。

今日はいっぱい責めちゃってごめんね。
私がダメなんじゃなくて、私にダメなところがある!ってだけだったのに、虐めるように攻撃しちゃった私を許してね。

ダメなところも含めて、それが大事なあなたです。
弱さを慈しんであげる事は大きな愛ですから、自分の弱さを優しく言い換えてあげて、自分苛めの手をほんのちょっとでいいので緩めてあげられますように。

  • HOME
  • >
  • 考え方
  • >
  • 私はダメだ!と自分責めをしちゃうときは、言い方を変えてみよう。