手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】このまま彼と付き合っていて結婚できるかわからないし、これからどんな気持ちで付き合っていけばいいかわかりません。

今晩は枝豆ですか。夏ですねぇ~

こんにちは。
あなたの心の痛みや悲しみの傷に優しく絆創膏を貼る「心の保健室」を目指しているマミコです。

私がよく利用しているスーパーの青果コーナーには、農家さん直売コーナーのような一角があり、少し前から「朝もぎの枝豆」が並ぶようになりました。

とはいえ、少しボリュームのある量で「1袋:400円~500円位」で売られていて、ひとり暮らしだしそんなに量は要らないんだよなぁ…とスルーしていたのですが、今日は「やや少量」で300円の枝豆を発見!!

これなら一人でも持て余さずに食べれる量だったので、今年初の「枝豆」を買ってきました。わーい。

ざるに入れて塩をガガッとフッて揉むようにしてから水洗い。
フライパンに枝豆を入れて、100㏄くらいの水(少量)を上からかけ入れて蓋をして、蒸し焼きのようにすると美味しいと、昨年テレビで「和田 明日香さん」が言っていたので実践!

あ、茹でなくても十分ふっくらして美味しい。
とっても楽チンでこれはいい!!

蒸し焼きのようにした枝豆の半量には塩をサッと振り、残りはビニール袋に入れて「チリペッパー」を振りかけても見込むようにして「チリ風枝豆」を作成!(← これも昨年、和田 明日香さんがやっていた)

塩味の枝豆は安定して美味しかったですし、チリ風の枝豆も斬新なのにスルスルと手が伸びてしまう癖になる味でした。

枝豆は夏の時期の美味しいお楽しみ。
また少量サイズで売ってくれたらいいなぁ~と思いつつも、少し大容量でも一人でいけるのでは?!とちょっと思ったりもしているという食いしん坊情報を届けした後は(注:誰にも頼まれていない前置き)ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

こんにちは!自分の決断に自信がなく、どうすれば自分が納得いくのかわからなくて相談させていただきました。
先日もうすぐ1年になる彼(今年27わたしは28です)と結婚をめぐって喧嘩しました。彼いわく、来年や再来年結婚は考えられず、30になったら結婚するつもりだけど保証はできない、とのことでした。また、自分が結婚したいなと思って結婚したいから、誰かに言われて結婚するのは違うと思うと言ってました。
そこで、一度別れようと思い話をしましたが、やっぱり別れたくないと思い、付き合い続けています。
私は子どもがほしくないのでぶっちゃけいつ結婚してもいいのですが、早く結婚したい気もするし、かといって他の人と結婚したいかと言われたらそうでもない気がするし、でもこのまま彼と付き合っていて結婚できるかわからないし、これからどんな気持ちで付き合っていけばいいかわかりません。付き合い続けると決めたものの、自分の気持ちの落とし所がなくて困っています。どのように考えたらいいのでしょうか?
ご相談:きいさん

きいさん、こんにちは。
お付き合いして1年。
大好きな人と、ぐるっと4つの季節を廻って時間を共に過ごした安心感と共に、節目のタイミングというか「この先のこと」を意識するものですよね。

> 先日もうすぐ1年になる彼(今年27わたしは28です)と結婚をめぐって喧嘩しました。彼いわく、来年や再来年結婚は考えられず、30になったら結婚するつもりだけど保証はできない、とのことでした。また、自分が結婚したいなと思って結婚したいから、誰かに言われて結婚するのは違うと思うと言ってました。

この先の結婚をめぐっての喧嘩とありましたが、彼の返事がきいさんの思い描いていたものと違っていたが故に喧嘩となってしまったのですよね?

彼が「今」考えている結婚に対する思いは、ここに書いてくれたように、

・この1~2年での結婚は考えていない
・30になったら結婚を考えると思うが、まだそこまで未来のことは分からない
・結婚は「自分が結婚したいと思った時」にするものだと思っている

というもので、きいさんとのお付き合いが「1年経ったから結婚を意識している」というものではなかったんですよね。

では、結婚についての話をした際に「きいさん自身はどんな答えが欲しかった」のでしょうか?

・お付き合いを1年したら結婚を意識すると思っていた
・っていうか、私は彼と結婚したかったから「まだ考えていない」という言葉にショックだった
・あと1~2年は結婚を考えていないんだ…って落ち込んだ
・30になって考えると言っても、まだ少し先のことでそれまでお付き合いしている保証だってないし…
・ってか「結婚したい時にする」って言われても、漠然としていて不安だし…

結婚についての意見が合わなかったということですから、きいさんは彼と結婚したいと思っていたからこそ、ショックを受けてしまったんですものね。

今日、明日といったすぐ今にでも結婚したい!!という話ではなく、1年経ったタイミングで結婚についても意識をしてくれている「だろう」と思っていたのに、そうじゃなかったんだ…と、きいさんが見ていた未来と同じ未来を彼が見ていなかったと知るのは、やっぱりとっても傷付きますしショックだったと思います。

お付き合いして1年が経って、さぁ、この先に「彼との結婚」というのを意識したのだって、彼のことが好きで、この先もずっと一緒に年を重ねて家族になっていきたいという、きいさんの思いがあったからですものね。

上手く表現が出来ないのですが、お付き合いしている人との関係は何の問題もなく順調で、好きだった気持ちがいっぱいあるのに、心がザワザワするというか、湖にポチャンと石を投げ込んだ時に波紋が広がるようなモヤーーッとしたものが心に広がっちゃうんですよね。
そして別にお別れしたわけでもないのに「半分失恋したような、物悲しい気持ち」もわいてしまったり。

大事にしていたコップにひびが入ってしまったような、まだ割れてはいないけれど、今までとはちょっと違う亀裂のようなものが自分の心の中に入ってしまったような気持ちではないでしょうか?

結婚したいと思ったのだって、そこに彼がいたから…ではなく、

彼だから、彼とだから結婚したい

と思うんですものね。

たとえ今すぐじゃなくても、「1年経ったし、結婚も考えてるよ」って言って欲しかったですよね。

まずいったん、結婚の話をした際に喧嘩になってしまった事で、私は何にショックを受けたんだろう?私は何が苦しくて、私は何にモヤモヤしているんだろう?という「私の気持ち」をきいさん自身が自分に問いかけて聞いてあげて、がっかりした気持ち、寂しい気持ち、悲しい気持ち…といったものがあれば、それを癒して行ってあげましょう。

ここで少しだけ、きいさんがマラソンをしている姿を想像してみてください。

彼とお付き合いをするというスタート地点から、1年という時間を幸せいっぱいで楽しく過ごしてきましたが、その間は順調にマラソンの距離を伸ばしていました。
間もなく1年という看板がコース上に見えた時に、彼との結婚の話で意見が合わず、順調だったマラソンコースにあった石につまずいて、きいさんは転倒して腕に擦り傷をつくってしまいました。

一瞬、転んだ際の痛みと衝撃で立ち上がることができず、マラソンを棄権しようと思ったけれど、でもまだあきらめきれずにマラソンを再開しました。
でも、マラソンをスタートした時のようなワクワクした気持ちはしぼんでしまって、「間もなく1年」という看板が見えた時にはうっすらとその先にゴールが見えていたように感じて足取りも軽くなったのに、今はゴールが霞んでしまってずっと先にあるように思えて、足取りも重くなってしまっています。
しかも、骨折したり致命傷を負ったわけではない…とはいえ、擦り傷だってずっとヒリヒリして嫌な感じです。

どうでしょうか??
こんな風にイメージしてみたら、今のきいさんに対して、どんな言葉をかけてあげたり、どんな風に接してあげたいと思うでしょうか。

結婚というのは決してゴールではないものですが、目標だったり自分の望んでいるものであれば、そこを目指して進んでいくものです。
結婚という一つのゴール(または通過点)を目指していて、それがそこにあるように見えたのにどこか遠くに消えてしまったとしたら、何を未来の希望にしたらいいのか途方に暮れてしまいますよね。

ショックな気持ち、悲しい気持ち、残念だな…と気落ちするものがあれば、その気持ちが凪いでいくまでは気持ちがグルグルして「なんか訳わからないよ」と不安定になるのは仕方のない事ではないでしょうか。

思っていたもの、望んでいたもの、手にできると思っていたものが手のひらからこぼれるように消えてしまった時に、すぐに気持ちを切り替えることができないのは当然ではないでしょうか。

頭であれこれと考えると、どんどんとモヤが広がって、どうしていいのか分からない…という時には、

「もうちょっと、待ってみよう」

と、こんな風に考えるのも一つの手だと私は思っています。

冒頭で彼の答えについて書いた部分で少し触れているのですが、彼の言葉を思い出して気持ちが乱れたり揺れたりする時には、ぜひこの魔法の言葉を呟いてみてください。

『今は』そう思っているんだよね。

人の気持ちは、その時に答えたものが全く変わらずにずーーーっと同じままである、なんてことはないんですよね。

きいさんが彼と結婚のことを話した時の彼は、まだ結婚をそこまでちゃんと意識したり考えていなかったのであれば、すぐ先のように見える「1~2年後」には結婚なんて想像できない!!と思っていてそれを言葉にして伝えたかもしれませんが、それはあくまでも「今の彼の意見」なんです。

明日の彼の意見がどうなるかだって分かりません。

少なくとも今回の喧嘩を通して、きいさんが彼との関係の先に「結婚したい」と思っているというのは伝わって、それは小さな種のようになって彼の心にちゃんと落ちているんですもの!
彼にも彼のタイミングがあるとは思いますが(男性は結婚することに対しては「責任感」や「自分がこれくらいのことができるようにならないと…」などというものを背負っていることが多々あります)、彼だって全く意識しない訳ではないと思いますし、ね。

というのもですね、私もきいさんと同じように、お付き合いして間もなく1年というタイミングで結婚を意識して、当時お付き合いしていた彼に「そろそろ1年だし、結婚についてはどう考えてる?」と聞いた時に、

私のことは好きだと思っているけれど、自分は「結婚」という制度がいいとは思えないから、事実婚のようなものがいいし、結婚というのは考えていなかった。
1年経ったから…と結婚を考えるものではないと思う。

と言われて、ものすごくショックを受けて、きいさんと同じく「付き合っていても見ている未来が違って私が望む結婚がないならば別れよう」と思いましたが、よく考えたら別にフラれたりしたわけでもないし、何よりもまだ彼のことが好きだったので、自分がどうしたいのかを決めるまではお付き合いしていることを選びました。

とはいえ、そこから1か月くらいはなんだかモヤモヤしましたし、気持ちもグラグラしました。

そこで「自分がどうしたいのか」というのをいっぱい考え、こんな結論を出しました。

・彼のことが好きだから、一緒に居たい
・彼のことが好きだから、「私は」彼と結婚したい
・彼が私と結婚する気がないのならば、私が見ている未来と違うのだから仕方がない
・だとしたら、私の中でまずは「1年」という期限を決めて付き合おう
・私といたら幸せなのにな~、結婚したいな~ってその1年で思わせちゃおう!(だって私が彼と結婚したいから!!)
・でも最悪、結婚じゃなくても、私は彼が好きで彼と一緒に居たいから、1年後に改めて考えても好きなら一緒にいよう

これは彼に伝えたりしたものではなく、自分の中で出した答えで、これを決めるまでは別れていないとはいえ、なんだか彼といても自分の心の中に壁が出来てしまったような、すごく寂しい気持ちでいっぱいでした。

自分がどうしたいのか?
自分にとって大事なものは何か?
今が自分の望むものではなかったとしても、自分が望んでいるものは何か?
今の自分がやれることは何か?

現実は「結婚の話が進展している」訳でもなんでもなく、全く変わっていなくても、自分が「どうしたいのか」が決まると、不思議と気持ちが凪いでいきます。

そして、自分がどうしたいのかが決まってから2カ月後のある日曜のデートの途中で、彼の友達の結婚が決まったという話を聞いたと思ったら突然「次は俺たちの番かな」と、結婚の話が動き出し、その数日後にプロポーズを受けました。

えっ?
2カ月前には「結婚という制度がいいと思えずに事実婚がいい」と言っていたのは誰だっけ?
えっ?
気持ちって本当に変わるんだな…

というのを体験しました。

だから本当に、意見って「彼がこう言ったから絶対に変わらないんだ」なんてことはないんです。
人の気持ちは、良くも悪くも変化するものなんです。

> 私は子どもがほしくないのでぶっちゃけいつ結婚してもいいのですが、早く結婚したい気もするし、かといって他の人と結婚したいかと言われたらそうでもない気がするし、でもこのまま彼と付き合っていて結婚できるかわからないし、これからどんな気持ちで付き合っていけばいいかわかりません。付き合い続けると決めたものの、自分の気持ちの落とし所がなくて困っています。どのように考えたらいいのでしょうか?

きいさんの書いてくれたこの言葉から、彼と出来れば早く彼と結婚したいけれど、でも別にそれは今すぐじゃなくても良くて、だけど結婚が出来るかどうかわからない関係は不安だし…と、きいさんが揺れているのがすごく分かるのですが、種類や形は違えど、彼も同じように「決めきれていない」んだと思うんです。

パートナーという距離の近い関係では、自分と同じ思いをパートナーも抱えていることが多々あります。
いわゆる「目の前の人は鏡」というものです。

彼の答えも、きいさんの揺れ動く気持ちと似ていると思うのですが、いかがでしょうか?

彼はきいさんと結婚したくない訳でも、結婚なんて絶対考えられない!と言っている訳でもありませんよね。
結婚をまだそこまで意識していなかったし、漠然と30になるまでは結婚は遠いもののように思っていて、「ぶっちゃけ何時っていうのは決まっていない」状態。
かといって他の人との結婚って言うのだって考えているかといえば違うし、かといって自分自身が今すぐ結婚を決めきれない…

形や種類はきいさんと同じではないと思いますが、「どうしていいか分からない」というのが、なんだかとっても似ているように見えるんです。

だとしたら、今すぐではなくていいので(今はまだショックを受けたり、気持ちが浮き沈みするのであればそれを癒すのが先決です!)、少し気持ちが落ち着いてきたら『私はどうしたいか』をきいさんの中で決めるということが、とっても大事な事だと思います。

・私が、結婚したいんだ!
・私が、結婚したいのは大好きな彼となんだ!
・私は、彼と結婚するんだ!!!

彼もフワフワしていて決められていない、私もフワフワして結婚についてなんだか「待ちの姿勢で決められないない」という状態の中で、

私が先に決める!!んです。

願望実現の話をすることが時々あるのですが、願いを叶えるためにまず一番最初にすることは「自分が手に入れたいもの、叶えたい事をちゃんと決めること」です。
結婚できたらいいな…ではなく、結婚するんだ!!私は結婚したいんだ!!!と、自分の大事な願いを明確にする事が、望むゴールへの切符を買う作業なんです。
まずは切符を買わなければ、目的地へいく電車に乗れませんものね。

私が彼と結婚したいんだ!

と自分の中でしっかり気持ちが決まると、じゃぁどうやって彼が私と結婚したくなるかしら??と、策を練っていくことだってできますもんね。

私といるとメッチャ幸せな気持ちになれるんだよ!
私との未来は楽しいよ!
あなたといると私はこーんなに幸せなんだよ!
私をこんなに笑顔に出来るのは、あなたという特別な人なんだよ!

きいさんという素敵な人を笑顔に出来るのは彼であって、あなたといるとこんなに幸せなんだよ~。
そして、あなたも私といるととってもハッピーでしょ?!うふふ。

というように、二人でいることがこの先も素敵でかけがえのないものだという「未来予想図(ビジョン)」を彼に見せることも出来ちゃいますから!

願っていたものと現実が違ってしまった時に、私たちはどうしたって気持ちが不安定になりますし、決めきれない問題を前にグラグラします。

衝撃を受けたばかりですから、今すぐに「決める」ことができなくても、そんな自分をヨシヨシと抱きしめてあげながら、気持ちがちょっと落ち着いてきたら、きいさんの描く未来、きいさんが欲しいものは何かというのを考えてみることができますように。

心を込めて。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • 【ココロノマルシェ】このまま彼と付き合っていて結婚できるかわからないし、これからどんな気持ちで付き合っていけばいいかわかりません。