手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】好きな気持ちを持ったまま離れることも、そばにいて愛されない、大切にされない自分を感じ続けることも嫌なんだと気づきました。

窓パトロールしてるにーたんになぜか押さえられてるでち…

地域の平和と安全をマンションの窓から見守る心優しき「ニャコム警備員」のギンちゃんは、今日も窓辺でパトロールをしていました。

平穏・平和…でありがたいのですが、よーく見ると警備員ギンちゃんの手がかわいいの塊である仁くんにめりこんでいるではありませんか!!

足の付け根を押さえ込まれてるでち…

くふふ。
押さえ込まれながらも文句も言わずに押さえられている仁くんも、ベタベタはしないけれど時々こんな風に甘えん坊(?)のように触れてくるツンデレにーたんも愛おしくてたまらない!!

我が家の日常の一コマと親バカ情報をお届けした後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

30代後半の独身女です。
プレイボーイタイプ?で猛烈に内弁慶な野良猫ロックマンの男性と4年弱くらい、恋愛関係をつづけてきました。

近づいては突き放され、壮絶な死闘を繰り広げた末、彼氏彼女になれたのですが、10ヵ月であっという間に拒絶されフラれました。

その後は付き合う前に戻ったような感じです。やはり近づいては突き放されます。体の関係もありますが、心は遠いままです。

私は彼が好きです。人生のパートナーになりたいです。今まで怒りのあまりそう感じられなくなることは多々ありましたが…
でも正直、彼が何も変わらなくても、愛し続けられるかというと自信がありません。私が傷ついてしまうからです。

彼は私を特別だと言います。これまでの彼女の中でいちばん近い存在で、いちばん大事だと。
でも、嘘に感じます。感じられないんです。
彼にとってはみんなが大切で、みんなが特別。みんなを見て、愛して、愛されたい人なんだと思います。私には厳しいですが…

離れるか、側にいるか、自分で決めるんだ、ずっとそう言い聞かせてきました。なんでできないんだろう、なんですぐ崩れてしまうんだろうと自分を責めたりもしました。

でも、好きな気持ちを持ったままきっぱり離れることも、そばにいて、愛されない、大切にされない自分を感じ続けることも、どちらもめちゃくちゃ嫌なんだと、だから、決めたくないんだと気づきました。でも、私にはそれ以外の選択肢があるように思えなくて、八方塞がりです。

彼のそばにいて傷つかないような女性になる、ずっとそれを目標にやってきました。でも無理でした。いつも安心した矢先に、ぐさっとやられるんです。私は笑えないくらい、ボロボロになってしまいました。

自分が彼に対して依存的になっているのは自覚しています。こんなにも辛いのは自己攻撃をしてるからなんだとも思います。カウンセリングも何年も受けて、自分なりに踠いてきました。それでも出口が、希望が見えないです。

私が間違っていたのかなと思います。仕事も、それ以外の人間関係も、正直、もう全て投げだしてどこかへ逃げたいです。もう何も感じたくないんです。
相談者:のらさん

のらさん、こんにちは。
4年弱の死闘を繰り広げている、大好きな人がいる中でうまくいかない現実を前に随分としんどさを抱えていらっしゃるようですね。

> それでも出口が、希望が見えないです。
> 私が間違っていたのかなと思います。仕事も、それ以外の人間関係も、正直、もう全て投げだしてどこかへ逃げたいです。もう何も感じたくないんです。

お悩みの最後の部分にあったこの言葉に、きっとのらさんの「今」がギュッと閉じこもっているように感じました。
随分、頑張ってきちゃいましたね。
随分、気持ちを押し殺して耐えてきましたね。

希望が見えない、先が見えないと肩を落として逃げ出したくなるくらい、疲れちゃっているのではないでしょうか?
何も感じたくないとすべてを拒絶したくなるくらい、今ののらさんはいっぱいいっぱいの状態ではありませんか?

カウンセリングを何年も受けているとありましたから、きっと「状況を改善したい」「自分を強くしてあげたい」「もっと楽に生きたい」と懸命に自分のために努力してこられたのだと思います。
本当に頑張り屋さんなんですよね。うーーんと努力してきたんですものね。

これだけ頑張り屋さんならば、もう頑張れる力が残っていないくらいヘロヘロなのに、まだ何とかしなくちゃ…と気持ちを奮い立たせようと思われるかもしませんが、感じたくない!!と内側から思いが湧き上がるくらいに、今は「頑張れない」んです。

ゲームに例えてしまうと、HPが限りなくゼロに近いくらい戦い抜いて疲れた状態です。

疲れ切っているときは頑張るのではなく「休むこと」が最優先です。

頑張れなくていいんです。ずっとずっと頑張ってきたのですから。
逃げ出したくない、前に進めない状態でいいんです。ずっと前を向いて何とかしようとしてきたのですから。

> 離れるか、側にいるか、自分で決めるんだ、ずっとそう言い聞かせてきました。なんでできないんだろう、なんですぐ崩れてしまうんだろうと自分を責めたりもしました。

のらさん、ずっと苦しんじゃっていましたね。
でもね、ほんとにしょうがないんです。だって好きなんだもの。
好きって気持ちは「抑えよう」「捨て去ろう」としても、簡単にほうり出せないものですものね。
理性や思考では「私は彼と一緒では幸せになれない」と正論を言いますが、感情は「彼が好き」「彼がいい」と言っている、いわば綱引きをしている状態です。

どっちも必死になって綱を引きあっています。
綱引きって本当に体力を使います。

思考と感情を戦わせると、感情のほうが強いと言われています。
だから、一生懸命自分の中で「彼が私を傷つけたでしょ?その痛みはとてつもなく大きいでしょ!!」と手放しをすすめても、心が抵抗している状態では自分を守るための正論であっても、ぐらぐらと崩れて決めることができません。

たくさん考えて、たくさん自分を責めて、のらさんはずっと綱引きをしてしんどかったですよね。

答えが出せないときは「今は決めることができない」というのが答えなんだと思うんです。
どうしてもすぐに白黒つけたくなりますが、どちらをも選べないグレーの時間も決して悪者なんかではなく「必要な時間」だったりします。

少し私の話をさせてください。

私はものすごく大好きな彼と結婚しました。
そんな大好きな彼から「離婚したい」と言われて、3年近く答えが出せずにいました。
諦めるしかない…と思っていた頃、なぜか「やり直そう」と言ってもらい、その1年後にまた「離婚したい」と言われ、彼が出ていきました。
そこからもまた、決めることができずに2年半苦しみました。

2度目の離婚問題の時には彼の口から女性の話も聞かされていて、その彼女と彼の実家で同棲・妊娠もあり、どう見ても「私が早く決めるしかない」状態で、結婚生活にしがみついている状態に周りからは見えていたと思います。

思考や意識では「もう無理なんだよ」と現状を何とか飲み込もうとするのに、感情では「好きだから別れられない」ともがき、同じ場所をグルグルしている状態で答えが全く出せませんでした。

いっぱい自分を責めました。
このまましがみついても幸せになんてなれない、私が傷つくだけだと分かっていても別れるという決断が下せず、決定できない自分を責め抜きました。

ずっと頑張っていたんです。
ずっと耐えていたんです。
それなのにまだ足りない、早く決めなきゃいけない、私の心は嫌だと言っているのにそれを無視して押し殺して手放さなきゃいけない、と自分を押さえつけているうちに、とうとう限界を迎えて

もう生きていたくない

と絶望し、死のうとしました。
ふらふらと道路に進み出た時にハッと我に返り、泣きながら心療内科の扉を叩きました。

今ならば「本当に頑張りすぎちゃったね」「耐えきれないくらいまで耐えちゃったね」「答えが出ないことを責めすぎていたね」と自分をよしよしと抱きしめてあげられますが、あの時はいっぱい自分を追い込みました。

のらさんも同じように、決められない自分や苦しい現実を前に、いっぱい自分を責めていませんか?
もう頑張れないのに、ボロボロなのに、ちゃんと自分のために涙を流してあげられていますか??

悔しいよ。苦しいよ。
嫌いになりたいのに嫌いになれないよ。
なんで私を見てくれないの?
なんで私を愛してくれないの?
私はあなたを大好きで、こんなにボロボロになっちゃったよ。

頑張る力のないくらい傷ついたのらさんの声を聴いてあげませんか?

のらさんの心の声を、いーーっぱい押し殺していませんか?

> でも、好きな気持ちを持ったままきっぱり離れることも、そばにいて、愛されない、大切にされない自分を感じ続けることも、どちらもめちゃくちゃ嫌なんだと、だから、決めたくないんだと気づきました。でも、私にはそれ以外の選択肢があるように思えなくて、八方塞がりです。

決めたくない!と「今の」答えが出ているのであれば、急いで決めなくていいのではないでしょうか?
好きっていう気持ちを今すぐ捨てなくてもいいじゃないですか?

私は今、彼のことが手放せないくらいに大好きなんだもん。
答えが出せないんだから、出せるようなるまで執着していい!!
自分が幸せになるためにちゃんと答えを出したくなるまで、迷っていい。
私が私の見方になって、決められない自分を責めない!!

と、自分の肩を抱くようなイメージで、八方塞がりだと苦しんでいるのらさんの本音に寄り添ってあげませんか?

人間って不思議なもので、ダメだ!ダメだ!と思っていると「やだ!!」と反発して苦しくなるのですが、あなたがそう思うなら決められるまでとことん迷えばいいからね!!と自分の気持ちを受け入れてあげると、心が楽になる分だけ余裕が生まれて自分を自由にさせる考えを採用する「隙間」が出来ていきます。

実はこれ、私が決められない自分に言い続けた言葉です。
いいよ、とことん執着しよう。私は私の気持ちにどこまでも寄り添ってあげるからね。
人から見たら不幸でも、私が決められるまではこれでいい。大丈夫、絶対にいつか決められるから。それまでわがままでいい。

わがままというのは「我がママ」という意味です。
私の素直な気持ちをあるがママ受け入れてあげて、私が私を大事に思ってあげようと決めました。

本音は「どっちにしても身動きできない」ので、何か打開策や自分が決めることができるまでもがくのをやめよう…というのが大きかったんですけれど、でも、迷っている時間にはちゃんと意味があって、無駄なんかではなく、時間はかかっても答えは自分で出せるようになります。

執着もとことんやれば飽きていきます。
だんだんと自分を幸せにしてあげたい…と気持ちが傾いたり、はたまた彼が絶対にいいから人に何を言われても私は私の恋心を貫く!と決断できるかもしれませんし、どちらにしろ

のらさんが自分で自分の答えを見つけるための必要な時間です。

> 彼のそばにいて傷つかないような女性になる、ずっとそれを目標にやってきました。でも無理でした。いつも安心した矢先に、ぐさっとやられるんです。私は笑えないくらい、ボロボロになってしまいました。

彼のそばにいて傷つかない女性って、どんな女性でしょうか?
耐えることや合わせること、犠牲することではないですよね。それではのらさんがしんどいだけで、我慢するだけして心が壊れてしまいます。

傷つかない…ではありませんが、余裕があって受け流せる状態になれれば、たとえ決められずにいる時間でも、過度に傷つきすぎてしまうのを防いであげられます。

そのためには、彼は少し横に置いておいて(好きな気持ちは持っていていいので)自分を笑顔にすることをたくさん自分にしてあげましょう。

まずは自分です。
自分を休ませて、労わってあげて、大事に扱ってあげましょう。

彼とのことは決められないのですからそのままにしておいて、傷だらけで泣いているのらさんの手当てをして、元気を回復することを最優先の目標にしましょう!!

今ののらさんがすべきことは「頑張らずにゆっくり緩むこと」です。

何をしているときが一番安心できますか?
何を食べるとおいしいって笑えますか?
何を見ると感動して涙が出ますか?

今は逃げ出したい・消えたいと思っちゃうくらいしんどくて、自分の喜ぶことや安心できることが思いつかなかったり感じられないかもしれません。
そんなのらさんの背中をトントンと優しくさすってあげるようにして

今日もお疲れ様。頑張って生きてくれてありがとう。
今日は何か食べたいものはある?
今日はお風呂に入りたい?それともシャワーでさっと済ませてベッドに直行したい?
今日はどんなことがあった?その時どう感じたの?

と、自分に優しく問いかけてあげたり、ありがとうを届けてあげてみてください。
イメージは自分が自分の親友になってあげて、親友に声をかける感じです。

のらさんの大事なお友達が、のらさんと同じように好きな彼とのことで悩み抜いて、でも答えが出せないとボロボロになって泣いているのを見たら、のらさんはどう接してあげますか?

そんな男、幸せになれないんだからクヨクヨしないでさっさと別れなよ!
何決められないでいるの?バカじゃないの??

なんて言わないはずです。
ずっと親友が悩んでいる姿、葛藤している姿を見ていたのであれば、その気持ちに寄り添ってあげようとするのではないでしょうか?

なんとかしなくちゃいけない!と頑張る人ほど、親友に対して言わないような辛辣な言葉を自分にかけてしまいがちです。
でもね、一番欲しい言葉はのらさんが一番知っているはずです。

苦しいし自分を責めちゃうし、決められなくてもうヤダ。
そんな私を許してよ。受け入れてよ。抱きしめてよ。

そう言って泣いている傷だらけののらさんの手を取ってあげて、ただ優しく「つらいね」って泣かせてあげませんか?

私も時間がかかりましたが、時間をかけた分だけ「決めた後の後悔」をせずに笑って前に進めました。(決めたとはいえ揺れましたけれど、今はそんな自分をも笑って許せています)

> 私は彼が好きです。人生のパートナーになりたいです。

のらさんがそう思えるくらい大好きな人ですもの。
いっぱい時間をかけて、のらさんの中で「こうしたい」と決まるまで、自分のことを癒して大切にしながら、ゆっくりやっていきましょう。

自分に余裕ができてくると、少しずつ考え方や選択肢や視野も広がりますから、その都度考えていけばいいんです!!

好きだったのにもういいや!と思えるかもしれませんし、とことん好きを貫きたい!と思ってもいいんです。
さらに、迷っていたら別の素敵な男性が現れて心が動く…なんてことがあったりするかもしれませんし、どう転んでも「私にとっていい選択」が未来にできればいいんですものね。

長くなってしまいましたし、迷路の中で何か希望になるようなことも届けられていませんが、最後に私の好きな言葉をお届けしたいと思います。
テレビで見た外国のおばあちゃんの言葉です。

夢を諦めたんじゃないのよ。
もっと素晴らしい夢に出会ったのよ。

人の気持ちは揺れ動き変わるものです。
「今」は答えが出せずに立ち止まっていたとしても、また気持ちが変化したり定まってのらさんの決定は変わることがあるはずです。

その時におばあちゃんの言葉を言ってあげたいですよね!
もっと素晴らしい目標や夢に出会ったんだもの!と。

のらさん、今とってもしんどいと思いますが、決められない自分をこれ以上責めてしまわないでくださいね。
決められない自分に「しょうがないよねー」って言ってあげて、どうかどうか、自分を見捨てずに抱きしめてあげて欲しいと願っています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 恋愛
  • >
  • 【ココロノマルシェ】好きな気持ちを持ったまま離れることも、そばにいて愛されない、大切にされない自分を感じ続けることも嫌なんだと気づきました。