手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

【ココロノマルシェ】の長い話を途中で切れず、結局、相手が終わろうとするまで続いてしまいます。

女子力アップだとかいって ピンクのお塩を見せびらかしてるですよ

突然ですが、日々のお料理に欠かせない調味料の「お塩」ですが、みなさんはどんなものを使っていますか?

お土産などでちょっといいお塩をもらったり、自分で出かけた際に道の駅でお塩に誘惑されて買ってきたり…と、実は私はちょっとだけ【贅沢塩】を使っています。

といっても、私はそんなにグルメ舌ではない上にお料理によって塩を変えるとかするお料理上手でもないので、高いお塩といってもせいぜい300円~500円くらい。

そんな私が今ドハマリ中なのが「ヒマラヤピンク岩塩」です。

カルディでミル付きのガリガリ削れる容器に入ったピンクソルトを買ってみたら、ミネラル分が豊富なのか、少量でもすごく味が濃い上にピンクっていうだけでちょびっとテンション上がる単純思考。
ミル付きのお塩はミルのお値段もあってだと思うのですが、やっぱり少しお高めなので、販売メーカー元は違うけれど詰め替えで使えるヒマラヤ岩塩を買って使っています。

一番実力を発揮するのが、オリーブオイルと塩コショウだけのサラダに使うときで、だだ塩気を感じるだけではなく味わい深く感じるんです。
最近はなんにでもガリガリとピンク岩塩を使っている私の情報を思いっきりダラダラお届けした後は(注:誰にも頼まれていない前置き)【ココロノマルシェ】に寄せられたお悩み相談をしたいと思います。

こんにちは ご無沙汰してます。その節は大変お世話になりました。とーーっても、救われました。ありがとうございました。以前相談してから しばらくぶりですが、よろしくお願いします。

人間関係にいよいよ行き詰まり、とうとう、発作まで起きるようになったのは昨年春夏あたりで、色々学び、今はその時を10としたら今は4ぐらいまでになりました。
人間関係は皆親の投影とわかり、ぬいぐるみ療法などで、自分を癒しており、かなり自分わ大切に、自分を主役にできるようになってきてますが、なかなか しつこい悩みが、人の長い話を途中で、切れない、大丈夫なんだから トイレがとか、火がとか言って電話切ればいいと冷静な時は思うけど、話してる瞬間は、断りたいと思った瞬間、心がロックしてしまい、ドキドキが始まり、断れない自分にも悔しいのといろんな感情で、苦しくなり、汗ビッショリになり、結局、相手が終わろうとするまで、続いてしまいます。

誰に対してもですが、特に親と同じ年代、目上の人、威圧的な人に対してはなおさらです。

今、私は地域で、責任者をしておりますが、住む方々ほとんどが、親と同じ世代の方で、皆、話が長い年代だし、同じ話ばかりもします。

たまにならまだしも、立て続けになることも多々あり 自分の生活に浸食しすぎて、疲弊します。後で自分責めが始まります。
責めてもしかたないのわかっていてもです。
緊張のあまり、咄嗟に嘘の理由が思いつかないし、嘘がバレるのではとも思うし、気分を、害してしまうのではという、思いが、どうしても強いです。

いっそのこと引越したい、その立場辞めたいと思うけど、そうもいかない状況です。ぬいぐるみ療法の他に何かやった方がいいことありましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。
相談者:cafeさん

cafeさん、こんにちは。
以前、お返事を書かせていただいたcafeさんでしょうか??

> 人間関係にいよいよ行き詰まり、とうとう、発作まで起きるようになったのは昨年春夏あたりで、色々学び、今はその時を10としたら今は4ぐらいまでになりました。

発作が起きてしまうくらいまでしんどい思いを抱えて苦しかった状態から、ご自身を立て直して大事にしてあげられるようになり、今は苦しかった時と比べたら「10から4」と言えるくらいまで楽になられたなんて、すごいですね!!!

10と4では全然違いますものね。

自分を上手に助けてあげる方法を見つけ出せたこと、本当によかったですね。
これからも自分に合ったやり方を磨いていき、ますます楽に自分を寛がせて行けますように。

> ぬいぐるみ療法などで、自分を癒しており、かなり自分わ大切に、自分を主役にできるようになってきてますが、なかなか しつこい悩みが、人の長い話を途中で、切れない、大丈夫なんだから トイレがとか、火がとか言って電話切ればいいと冷静な時は思うけど、話してる瞬間は、断りたいと思った瞬間、心がロックしてしまい、ドキドキが始まり、断れない自分にも悔しいのといろんな感情で、苦しくなり、汗ビッショリになり、結局、相手が終わろうとするまで、続いてしまいます。

ぬいぐるみ療法がcafeさんの苦しさを和らげるのに合う方法だったんですね。
自分の苦しみを癒すためのアプローチは様々ありますが「自分に合っている」方法を持つというのは、すごくいい事だと思っています。
ぜひこれからもぬいぐるみ療法でcafeさんの事を大切にしてあげて、今以上に「自分の人生の主役」を生きることを板に付けていけますように。

10ほどもあった苦しみが今は4だと感じられるくらい楽になれている事や、自分を癒すアプローチ方法を覚えて、自分を大事にしてあげられて癒しがすすんでいるくると、不思議な事に「だんだんとその状況に慣れてしまう」んですよね。
勿論、あの時よりは楽なんだけど…と実感としてもありますしそう思えている上に体感としても分かってはいるけれど、より楽になりたいしもっと自分を大切にしてあげたいからと、現状の自分では足りていない部分を何とかしなくちゃいけないと焦ってしまう事があります。

人の長い話を聞くのは嫌だなぁと感じていれば、自分にとって「不快」な状況を自分のために打破してあげたいと思うのは、とってもいい事です。
それだけ自分のことを思いやれるようになれているという証拠ですものね。

でもそこで、自分を守るために「うまくやろうとしてしまう」とどうしても力が入ってしまいます。
頑張らなくちゃ!トイレに行くって言えばいいだなんだし…
頑張らなくちゃ!火が気になるって言えば話を終えられるし…
タイミングを計ろうとして神経を研ぎ澄まして力んでしまうと、疲れてしまいますよね。
「頑張って」言わなくちゃいけないと自分を奮い立たせているのですから、心臓もバクバクしますし、自分で自分に対してプレッシャーを与えてしまっていませんか??

勇気を出して行動しようと思っても、苦手な事であれば簡単には克服できなくてもしょうがない事ですものね。
だからこそ、自分のために「勇気をだして遮ってあげたい」と思ったことを褒めてあげませんか?

出来た・出来ないという結果に対してうまくやれたら盛大に喜ぶことも大事ですが、すぐに行動ができなかったとしても

自分を助けたいと思えるようになれたcafeさんの「思い」を大事にして評価してあげませんか??

以前のcafeさんであれば、嫌だなぁ、しんどいなぁ、と思ってもそれを受け入れ耐えることで苦しい思いを飲み込んでいませんでしたか?
それが自分を大切な存在だとして扱ってあげられるように自分に向き合い続けた結果、自分の嫌な事に対して行動してみよう!とまで思えるようになれたという事が、すでにすごい変化と成長の現れではないでしょうか??

上手くやれない自分にがっかりしちゃうことがあるけれど、自分のために行動したいと思えるくらい「自分を愛せるようになった私、すごい!!」って自分で自分に対してガッツポーズで笑いかけてあげましょう。

心臓がバクバクして、汗びっしょりになってしまうくらいに「頑張ろうとした」自分のことを、偉かったね!ありがとう!!って抱きしめてあげませんか?
よーく考えてみたら、ここまで自分のために行動してあげたいという愛があるから、汗びっしょりでぐったりするくらい力んでいるんですものね。

それなのに、自分のために頑張ろうとしてくれた自分に対して「がっかりした」と突き放してしまったら、一生懸命に行動しようとした(うまくやれなかった)cafeさんの大事な気持ちが傷付いちゃうと思いませんか??
上手くやれないならいいよ、って背を向けられたら悲しくなりませんか?

登山をしているcafeさんの姿をイメージてもらいたいのですが、昨年のしんどかった時に自分を助けて生きやすい世界へ行きたい!!と山頂を目指して歩き出しました。
ぬいぐるみ療法というcafeさんにフィットするやり方に出会い、軽快に山道を登り、6合目まで歩みを進め、見えている世界も随分と変わりました。
自分自身でも「随分と登ってきたなぁ」という手応えを感じ、さらに歩幅を日広くして頂上に向けて走り出そうしましたが、急に勾配がきつくなって思っていたよりしんどくて別のルートを探したほうがいいのか、ちょっとだけ休憩して体力を回復させた方がいいのか迷っているのが、今のcafeさんなのかもしれません。

なかなかしつこい以前から抱えている悩みであれば、cafeさんにとっては「苦手」な事です。
それをひょいっと克服できてしまえば楽ですが、苦手意識もありますしタイミングを掴もうにもおっかなびっくりですから「うまくやる」なんて難しいですよね。

ちょっぴり険しい道であれば、ゆっくり休み休みでいいですし、一気に登れなくたったいいと思いませんか??

> 自分の生活に浸食しすぎて、疲弊します。後で自分責めが始まります。
> 責めてもしかたないのわかっていてもです。

自分のために話を切り上げたいと思えた私は素敵だしマル。
だけど行動できなかった私はダメで×。

こんな風にcafeさんは自分に対して「×」をつけて責めることで、自分を苦しくさせちゃっていますものね。
さらに、責めてもしょうがないのに…と責めてしまう自分をも責めてしまっては疲れてしまいますよね。

自分を責める自分をも「しょうがないよねー」って笑ってあげることが自己肯定・自己受容で、それを目指していくことが大事ではありますが、これができたら苦労しませんものね。
私自身、自己肯定感が低かったので「自分を責めちゃいけないのに責めちゃう自分を責める」という、もはや日本語としてもややこしいようなことをずっとやり続けてしまいました。

やめたい!やっちゃだめだ!と思えば思うほど、早くうまくやれるようになりたくて焦っては自分を虐めるというドツボにはまってしまっていました。

ドツボにはまっちゃうのも、それだけ自分を楽に生きられるように助けてあげたいという自分を愛する力がついているからなんですけれど、ね。

以前、ご紹介しているかもしれませんが「自分を責めちゃく思考癖を緩める」アプローチとして

ちょっとアホになって、自分責めのクセにニックネームをつけて茶化してあげる

というのをオススメしています。
コツはちょっと「アホ」になる事です。まじめにやろうとすると、できない自分を責めるので、真剣にやろうとしてるなんて「どんだけ~」と脳内IKKOさんを登場させるくらい、少し楽に構えて挑戦してみてください。

ついついやってしまう自分責めについて、自分がクスッと出来るようなかわいいニックネームをつけます。
例えばですが、ちょっぴりかわいらしく「ケロケロ」でも「にゃおん」でもなんでもいいのですが、自分責め=ケロケロという呼び名にして、自分を責めていると気付いたら自分を俯瞰で見るイメージで切り替えて、自分に声掛けをします。

今日もうまくやれなかったな…
言えるチャンスはあったのに、遮れずに飲み込んじゃったな…
あーぁ、なんでダメなんだろう…

と自分を責めていると気付いたらすかさず、自分に声掛けをしましょう。

ちょっとちょっと、cafeちゃーーん。
また「ケロケロ」してますよーーー。
今日、何度目の「ケロケロタイム」???
ってか、ホントに「ケロケロ」するの好きだよね~。
cafeちゃん、ケロリすぎだよーー。どんだけーーー!
(← 個人的に最後はIKKOさんに指を振って笑ってもらうと楽になれると思っています。)

何度も何度も、自分責めを繰り返すたびに「ほらまたやっちゃってるよ」と自分に繰り返し教えてあげて、責めなくていいんだよ!とセルフイメージを変えていけるよう、ニックネームをつけて自分のクセを笑いながら、自分がもう自分を苛めなくていいんだよと「許可」を出していきませんか?

実はこれ、私が実践していた「自分責めを緩めるための作業」です。

cafeさんは現在、ぬいぐるみ療法で楽になれているのですから、組み合わせてもいいですよね。
自分を責めちゃった自分のことを「今日またケロケロしちゃったんだよねー」とぬいぐるみに話しかけて、その自分にぬいぐるみから優しいメッセージを届けてもらって一緒に笑う、というやり方もありですものね。

ご紹介する記事の中でも「ニックネーム法」(← 今、思いついて命名)をご紹介しているので被ってしまう内容ではありますが、自分の事を諦めずに楽にしてくために出来る方法をいくつかご紹介していましたので、何かが役立てられたらと思いご紹介させていただきます。

一足飛びで自己肯定できるようになって、もっと自由に振舞えるようになれれば…と思ってしまいますが、ある程度の時間がかかってしまうのは仕方のない事です。
また、自己肯定できるようになったら言えなかったことが言えるようになる!というよりは、言えないでいる自分でもしょうがないよねぇって優しく笑えるようになって力まずに楽になれる…という感じで「持って生まれた優しい気づかい」を変えられなくても楽に感じられるようになればいいんだ!と、難しく険しい山を傷だらけで登ろうとしなくていいよ!と思ってあげられますように。

> いっそのこと引越したい、その立場辞めたいと思うけど、そうもいかない状況です。

責任感のある、投げ出さずに頑張っているcafeさんに、ちゃんとご褒美を上げてくださいね!
美味しいお菓子でもいいですし、読みたい本でもいいですし、新しいブラウスでもマッサージの時間でも、美味しいお酒でもなんでもいいので、自分に「ありがとう」「偉いね」「お疲れ様」とねぎらいの時間や言葉と一緒に、すてきなプレゼントをしてあげてください。(高いものじゃなくてもいいですよ!!)

もしかしたら、自分のためにしてあげれることが増えたり思いやりを持てるようになった分だけ、頑張り過ぎているのかもしれません。
疲れているなぁ、しんどいなぁ、と思うときは「できないまま休む」ことも大事です。
仕事が休めるようならば有給を取得したり、休めないのであれば夜時間に緊張をほぐすために暖かい飲み物やお風呂で体をほぐして早めに寝るなど、文字通り体を休めてあげることも、自分を元気にさせてもっとやってみようと思わせる力になってくれます。

やれない事・出来ていない事を見て責めてしまうのは、向上心があるから…ですが、やっぱり責めるよりは「ほめて伸ばしてあげる」ほうが気持ちよい事だと思うので、ぬいぐるみからも沢山ほめ言葉をかけてもらいながら、今やれていること・前よりも変われている所・誰かのために話を聞いてあげられるcafeさんの優しさを大事にしてあげて、ますます自分と仲良くなって楽になって行けますように。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェでは様々な視点でお悩みに回答を寄せてくれるカウンセラーが沢山います!
あなたと同じようなお悩みを発見したり、あなたのお悩みを相談したり、あなたのココロが少しでも軽くなるお手伝いが出来れば嬉しいです♡

ココロノマルシェへ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ココロノマルシェとは違いますが、あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • お悩み相談
  • >
  • 人間関係
  • >
  • 【ココロノマルシェ】の長い話を途中で切れず、結局、相手が終わろうとするまで続いてしまいます。