手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

(読書会のご感想)自分が思っていた以上に自分が仕事に偏っている生活をしているのだなと気づいたことと、相当無理してきたんだなー

まだ桃が買えるんですね。 今年最後の桃でしょうか?

今日は秋分の日。
気が付いたら昼と夜の長さが一緒になり、これからしばらくは夜の時間が長くなり寒くなっていくんですよね~。

近所のスーパーではもう桃の姿を見かけることがなくなり、今年の桃も終わったなぁ…と思っていたのですが、昨日出かけた先の農産物直売所で「まるみ白桃」と書かれた大きくてずっしりした桃を見つけて買ってきました。(2玉で498円というお値段も安いくないですか??)

調べてみたら「福島市で偶発実生として誕生した品種。10月まで収穫できる晩生種」ということだったので、桃のシーズンの終わりに食べられるもののようです。

冷蔵庫で冷やしているので、一つはそのままでパクリ。もう一つは生ハムやチーズ・オリーブオイルでちょっとオシャレに食べようと思っています。

今年はもう食べられないだろうなぁと思っていたのに、思いがけずまるまるおおきな桃を安く変えてご機嫌な私の情報をお届けした後は、「鬼畜生になりきれない私たちのための読書会」へご参加いただいたJさんからご感想をいただきましたのでご紹介します!!

鬼畜生な読書会へのご感想(Jさん)

こんばんは、日曜日は読書会に参加させていただき、ありがとうございました。
お礼のメール、これから書くアンケート、遅くなりましたが、お許しください。
以前の私ですと、「当日すぐ書かないと、遅いって思われちゃうかも。」と仕事並みに即レスをしたかもしれませんが、鬼畜生を目指しておりますので、「自分ができるときでいいか!」と自分を許すことにしました(笑)

とても楽しく、また考えさせられた2時間でした。
私はこのような会に参加するのは初めてで、どんな感じなんだろう?とドキドキしておりましたが、始まってしまうと、そんな緊張はすっかりなくなり、自分についてあれこれ考えたり、他の人のお話しを聞いたりで、あっという間の2時間でした。
マミコさんの絶妙な合いの手、サトヒさんの適確なファシリテートが、大変いいバランスかつ、全員、はじめまして~でしたし、参加者同士で何か会話するということはありませんが、 日曜の午後に相応しい、ゆったりとした、優しい時間が流れていたのもよかったです。

1)なぜ読書会にご参加いただこうと思ったのですか?

長女気質が強いのか、一人でなんでも頑張ろうとしてしまう癖があり、苦しくても助けてと言えず、顔に出せない自分、また人とぶつかるのが苦手で、平和主義ゆえに物事がうまくいかないことがあり、マミコさんのブログを読んで、いろいろなキーワードが自分の琴線に触れたからです。

また第1回目の時は、申し込もうか迷っているうちに、すぐ満席になってしまったので、「おかわり」の会を開催することを知り、次は勇気出してポチっとしてみようと思いました。

1対1のカウンセリングだと少しハードルが高いけど、数名の限られた時間で、他の人のお話しをシェアしていただけるのが、こういった読書会の醍醐味だと思い、参加を決めました。また、参加しやすい価格もよかったですね。

2)読書会で学べたこと・得られたものがありましたか?

自分の顔は超薄化粧なのに、心のメイクは相当厚化粧なのだったのね!と実感しました( ;∀;)

また、自分が思っていた以上に自分が仕事に偏っている生活をしているのだなと気づいたことと、当たり前だと思っていたけれど、相当無理してきたんだなー、あんなこともこんなことも身近な人のかなり無理な望みを叶えるべく、向かい合わなくては、と自分なりに努力したこともあったけど、「あの努力いらなかったんじゃない?そんなの、あなたの問題だから私知らない。」って言えたらよかったなと。

また、サトヒさんから私はずっと放任主義と思い続けてきたけど、本当はちょっと違うのかも、と指摘された点についても、かなり目からうろこでした。

3)サトヒ&おまみの鬼畜生コンビにやって欲しい企画があれば教えてください

お二人の相性抜群なので鬼畜生コンビでやっていただきたいです!
自己肯定感をアップしたい人向けの会とか、執着を手放すには?とかやってほしいです。
特に、人はいろんなことに執着しているので、ぜひお願いしたいです(^^)/

本当に参加させていただいてよかったです。顔面のメイクはもっと上手くなりたいと日々思っておりますが、心のメイクは薄化粧にシフトしたいです。
ありがとうございました。
また次回企画があればぜひ、参加させてください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

Jさん、読書会へのご参加とご感想(アンケート)を届けていただき、ありがとうございます♡

> お礼のメール、これから書くアンケート、遅くなりましたが、お許しください。
> 以前の私ですと、「当日すぐ書かないと、遅いって思われちゃうかも。」と仕事並みに即レスをしたかもしれませんが、鬼畜生を目指しておりますので、「自分ができるときでいいか!」と自分を許すことにしました(笑)

Jさんが「周りの気持ちよりも自分の気持ち優先」にしようと思って、鬼畜生を目指してくれている姿、とっても嬉しいです!!
あくまで「任意でのお願い」のアンケート・ご感想を丁寧に届けていただけることがすでに「愛と優しさ」そのものですから、自分が出来るときでいいとJさんのタイミングで届けていただけたんだと思ったら、ブラボー!と大きな拍手をして大喜びで受け取らせていただきました。

Jさんが世界一大切なJさんの気持ちを大切に守ってあげるための「鬼畜生道」を少しずつ歩いていけるよう応援しています。

> 長女気質が強いのか、一人でなんでも頑張ろうとしてしまう癖があり、苦しくても助けてと言えず、顔に出せない自分、また人とぶつかるのが苦手で、平和主義ゆえに物事がうまくいかないことがあり、マミコさんのブログを読んで、いろいろなキーワードが自分の琴線に触れたからです。

お姉ちゃん気質を手放さずに一生懸命周りの人の分まで背負って生きようとしたのは、それだけ「優しさと強さ」を持っているからだと思うんです。
実際にたくさん与えてきたものがありますし、平和主義なのは「周りの人にも心地よく笑っていて欲しい」という動機となるJさんの大きな愛情があるからですものね。

そこで鬼畜生が許可できていれば「は?私がしんどい思いして折れてあげてるのに、どういうこと??」と自分の中に湧き出した怒りを我慢させずにいられるのですが、しんどい気持ちも分かって欲しい気持ちも飲み込んで耐えてきたのですから、随分と自分を疲弊させてしまいましたよね。

これからは少しずつ、自分の「思い」を聞いてあげて、
私は辛いんだね。
私は周りの人のために我慢して優しいね。
私はたくさんの笑顔のために働いていて素晴らしいね。
と自分のことを沢山承認してあげてください。

だって本当にJさんは素晴らしいものを与えて来ましたし、今も与え続けていますから。
そして、その素晴らしい贈り物を「受け取ることが出来ない人」がいたとしてもそれは相手側の問題であって、Jさんが届け続けた「かけがえのない思い」というのは誇るべき素晴らしいものです。
上手く実を結べなかったとしても、努力し・向かい合い・与え続けたJさんの「愛」の価値をどうか大いに評価してくださいね。

> 1対1のカウンセリングだと少しハードルが高いけど、数名の限られた時間で、他の人のお話しをシェアしていただけるのが、こういった読書会の醍醐味だと思い、参加を決めました。また、参加しやすい価格もよかったですね。

カウンセリングを申し込むのって勇気がいりますよね。
実は私も「もじもじ系の村人」なので、うまく話せるだろうか?と緊張して、カウンセリングの申し込みなどを尻込みしてしまうタイプなので、読書会とはいえお申し込みいただき、その勇気にありがとう!を届けさせてください。

読書会って何だろう?と思う部分もあったと思いますが(何しろあまり具体的に説明していませんでしたし。反省です。)少人数だからこそ「はじめまして」の人であっても抱えている悩みに共感出来たり相手の魅力を見ようとできたりと、相乗効果で自分を掘り下げることが出来る時間が届けられたらいいなぁと、サトヒちゃんとあれこれと準備して作った時間だったので、その時間を「醍醐味」と言っていただけてとっても嬉しいです!

> また、自分が思っていた以上に自分が仕事に偏っている生活をしているのだなと気づいたことと、当たり前だと思っていたけれど、相当無理してきたんだなー、あんなこともこんなことも身近な人のかなり無理な望みを叶えるべく、向かい合わなくては、と自分なりに努力したこともあったけど、「あの努力いらなかったんじゃない?そんなの、あなたの問題だから私知らない。」って言えたらよかったなと。

自分がしてきたことを「認めてあげる」って大きな一歩ですよね。
Jさんが書いてくれたように「自分なりに努力した」んですもの。努力ですから力をうーんと使ったんです。
その時々で私は周りの人のために自分を我慢させても平和な環境のために尽力したんだ!とどうかその努力を表彰してあげてくださいね。

あなたの問題だから私は知らない!

そう言葉に実際に出さなくても、心の中でJさんが境界線を持ちJさんを守ってあげることが出来るようになれたら、きっと同じように我慢したり犠牲することがあっても「私が私のことを分かって寄り添ってくれているからいい」と、自分を信頼してくれるようになりますし、きっと少しずつ周りのために頑張り「過ぎる」力を緩めて行けるようになれると思います。
頑張ってもいいんです。ただそれが「過ぎる」事で自分を疲弊させ過ぎるのですから、その加減がちょっとずつ緩んでいけて、自分なりの平和を守るやり方がきっと見つかっていくと思いますから、のんびりと少しずつ「私は私の思いを大事にしていい。あなたの問題だから私は何もできない。」と言えるようになっていきましょうね♡

>顔面のメイクはもっと上手くなりたいと日々思っておりますが、心のメイクは薄化粧にシフトしたいです。

きっと心のメイクもJさんらしさのある軽やかなものに変わっていけると思いますし、お顔のメイクも心のメイクも磨きをかけちゃったら、Jさんは男女年齢問わずモテモテになっちゃいますね!!
自分を守るために身に付けた「メイク」の方法を変化させて、より一層自分を寛がせて自由に軽くなれるよう、ぜひクレンジング方法の中でやれそうなものを無理のない範囲で続けてみてください。

Jさん、読書会へご参加いただきありがとうございました♡

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • ご感想
  • >
  • (読書会のご感想)自分が思っていた以上に自分が仕事に偏っている生活をしているのだなと気づいたことと、相当無理してきたんだなー