手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

(ご感想)否定しているのは他でもなく私自身。まさに自作自演でした(笑)

マミコが使っている妖怪から人間に変身する道具だそうですよ。

チッ(← 舌打ち)
だーれが『メガネ妖怪BBA』だって?!(← そこまで言ってない)

みなさんは「眉メイク」ってどうされていますか?

私も眉メイクは本当にどうしていいものか…と思考錯誤の日々ですが、基本アイテムはコレ。

・シュウウエムラの鉛筆みたいな硬いアイブロウ
・3色位のパウダーが並んだブラシでつけるタイプのもの
・眉マスカラ

をその時の「気分」で使い分けるのですが、最近はズボラゆえに「固まらないタイプの眉マスカラ」を眉全体に伸ばしたあと、透明のマスカラで毛流れを整えるだけ…という時短なのに誰も私の手抜きに気付かない眉メイクをしています。

私は美容オタク…まではいきませんが、コスメ雑誌を読んだり口コミを見たり聞いたりするのが好きで、県外に住む「美容マニア」なお友達からのおすすめ情報(ハイブランドからプチプラまで)をもらえるのでとっても助かっています。
そんな彼女が「お手軽な上に安い」と紹介してくれたのが、ギンちゃんと写っている『インテグレード ニュアンスアイブロー』です。(1,000円位です。)

ふわっとしたつけ心地で、眉が極端に薄くない人はコレをサッと塗るだけで眉メイクできちゃう…と思っています。
色もニュアンスある色展開で、私は少し明るい髪色なので「BR774」という明るいものを使っています。明るいけど浮かないのもいい感じです!

マミコ愛用プチプラアイテムを頼まれてもいないのにご紹介した後で、お悩み相談へのご感想をいただきましたのでご紹介させていただきます。

ご感想(チャゲさん)

相談にのってくださって、ありがとうございました。怒りについて丁寧に答えてくれて、とてもわかりやすかったです!

マミコさんから回答をいただいて、気づいたことを報告させていただきます。

相談のメールを送った翌日の話なのですが、職場のおっさんは、機械の扱い方をカスタマーサービスに電話をして、やはり無礼なものの言い方をしておりました。いつもだったら、そんな言い方を聞くだけでも頭痛がして嫌なのですが、客観的な状況だったからか少し冷静な自分がいて、、、。

おっさんがカスタマーサービスのお姉さんに怒鳴っているのを客観的に聞いていると、「機械が使えなくて、俺は困っている!早く直す方法を教えてほしい!」ということをただただ「高圧的に・一方的に・大声」で伝えているんですね。
ですがその姿が私にはカスタマーサービスのお姉さんをダメな人扱いしているように見えていたんです。

私はカスタマーサービスのお姉さんを自分自身に置き換えて、どうせ私は「高圧的」「怒声を浴びる」「人の話を聞いてもらえない」こんな扱いをうける人間なんだと思い、傷つき悲しみいじけているようなのです。思いっきり自己否定してた!

おっさんは私と接するときに「高圧的に一方的に怒鳴る」こともありますが、単に短気で声が大きくてやや下品なところがある特徴がある人で、誰に対してもそんな態度。私を否定しているわけではないのです。

否定しているのは他でもなく私自身。まさに自作自演でした(笑)

もうひとつ、私は短気で大声で怒鳴るひとはやっぱり大嫌いです。母と離婚した父(父方の家族も含む)が、怒ると車のスピードをあげたり、怒鳴ったりしていて、そのたび母親が緊張や恐怖で体が硬くなっているのを母に抱っこされていた私は感じていて、その記憶はとても鮮明です。当時の私は母が可哀想と思っていたのかもしれないですね。

だからこそ自分の中にあるダメだと禁止していること(怒り)を過剰に反応して責めてしまっていたのかなと思います。

おっさんの存在も感じないようにしていた怒りの感情や自己否定に気づくために必要だったのかもしれないですね(笑)怒鳴り返してごめんなさい。

不思議なことに、マミコさんに相談メールをしてから、職場のおっさんがインフルエンザにかかり1週間お休みになりました。とても平和な日々を過ごしております(笑)

▼チャゲさんのお悩みへのお返事

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

チャゲさん、こんにちは。
丁寧なご感想の中に自分と向き合った事で見えてきた「自分の行動への気付き」を織り交ぜていただき、すごい!!と感動しました。

そして、職場のおっさんのインフルエンザ!!!
残り少ない期間に「合わずにすむ」時間が予想外に訪れるなんて、自分の気持ちをしっかり見つめてあげると、予期せぬ方法で自分を穏やかにさせる時間がやってくるんですね~。(これもスゴイ体験ですよね~)

> 私はカスタマーサービスのお姉さんを自分自身に置き換えて、どうせ私は「高圧的」「怒声を浴びる」「人の話を聞いてもらえない」こんな扱いをうける人間なんだと思い、傷つき悲しみいじけているようなのです。思いっきり自己否定してた!

いつもならイライラの導火線に火が付くような状況で、冷静に俯瞰して見れる事がまずスゴイ事の一つですよね~。
そして職場のおっさんの「高圧的な態度や言動」を自分で全力で受け止めて、自己否定する道具にしていたと気付かれた事は、すごい気付きです!!

「高圧的」「怒声を浴びる」「人の話を聞いてもらえない」という扱いを受けると思い込んでいる自分が『こんな扱いされる存在じゃないんだ!!』と思えているから、職場のおおっさんの態度に怒りが刺激されていたんですもの。
自己否定していた…と見る事も出来ますが

自己価値が上がってきたから、理不尽な扱いに対する怒りが湧いた

という見方もできますよね♡
自分を大切にしはじめ、ちゃんと自分を満たしたり大事に扱っているのに、私の事を「ぞんざいに扱う」存在がいたら、許せませんもの。
だって、とびきり大事な私が悲しい思いや嫌な気分になったら、その自分を守りたくて、高圧的な人に怒りが湧いちゃったんですものね~。

> おっさんは私と接するときに「高圧的に一方的に怒鳴る」こともありますが、単に短気で声が大きくてやや下品なところがある特徴がある人で、誰に対してもそんな態度。私を否定しているわけではないのです。 否定しているのは他でもなく私自身。まさに自作自演でした(笑)

この気付きはとびきり大きな気付きですよね!!
職場のおっさんを使って自分を否定している、勝手におっさんの言葉を受け取って「私を雑に扱っている!」と変換して虐めていると気付けたら、フッと怒りが抜けていきますよね。
嫌だな~。好きになれないな~。と感じたとしても、言い返して打ち負かしたい!!と思う程の強い怒りは「怒りの下にある自分の感情」に気付く事で抜けていきますものね。

> 私は短気で大声で怒鳴るひとはやっぱり大嫌いです。母と離婚した父(父方の家族も含む)が、怒ると車のスピードをあげたり、怒鳴ったりしていて、そのたび母親が緊張や恐怖で体が硬くなっているのを母に抱っこされていた私は感じていて、その記憶はとても鮮明です。当時の私は母が可哀想と思っていたのかもしれないですね。
> だからこそ自分の中にあるダメだと禁止していること(怒り)を過剰に反応して責めてしまっていたのかなと思います。

職場のおっさんに対する「激しい怒り」は自分を否定するために使っていた自作自演の「チャゲちゃん劇場」だと思えるだけではなく、なぜ高圧的で下品で強い口調や態度に自分の感情が揺り動かされるのか・なぜ嫌いだと思っているのかを掘り下げる事もできていて、本当に素晴らしいですよね!!
ブラボー!!のスタンディングオベーションものです。

自分が「なんで悲しい気持ちや怒りを感じるのか」という感情の根っこにある気持ちを見てあげると、怒りを持っている自分や泣いている自分に「どう接してあげようか?」という寄り添い方が見えてきます。

お母さんのことを「かわいそうだ」と思える優しいチャゲさん。
過去に体験した嫌な出来事から「私は激しい怒りが嫌い」とちゃんと自分が「嫌いな物は嫌いでいい」と言ってあげられるのは、自己肯定そのものですね。
自分にとって「大声で下品に接してくる人」への怒りがあると知っておくだけで、怒りを感じてもやり返したくなる気持ちまでは発展しなくなりますから、怒りを上手にコントロールする上で、すごく大きな発見をいくつもされましたね~。

チャゲさん、どんどんステップアップしていらっしゃいますよね!!
ご感想をいただくたびに、すごーい!!と拍手して読んでいます。

> 怒鳴り返してごめんなさい。

うふふ。とってもカワイイ♡
そうそう、怒鳴り返してしまったり感情的になってしまったら「ごめんなさい」という感情を取り戻せばいいんですもの。
おっさんも高圧的ですし、喧嘩両成敗!ってことで、怒鳴り返したことも「ごめんなさい」の気持ちで水に流して、あと数日になるのかな??の職場のおっさんとの時間を乗り越えてくださいね~。

ご感想、ありがとうございました。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

あなたのお悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。
私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • ご感想
  • >
  • (ご感想)否定しているのは他でもなく私自身。まさに自作自演でした(笑)