手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

(ご感想)ゆっくりと焦らず、良い方向にセルフイメージを変えていければいいなあと思いました。

マミコちゃん、モッキーマウスのとこに 遊び行ってきたんでちよ~

惜しいっ!!
仁くんは「モッキーマウス」と記憶してしまったミッキー。(そんな話はいいですよね…)

映画「アラジン」を見て、すっかりアラビアンナイトに夢中な私。
先日妹から「ディズニーシーに行かない?アラジンの世界へ行こうよ!」と誘われ、人生初のディズニーシー体験をしてきました。

シーってお酒が飲めるとこですよね?またいっぱい飲んだんですか?

ディズニーシーはお酒が飲める!と楽しみにしていましたが、遊びに行った日はあいにくの曇り空でポツポツ雨が降る寒い日で、なーんか飲む気分になれずお酒は飲まずに園内を楽しみました。

行きたいって思ったから行こっか?!と思って、その気持ちを優先させる事ができたおかげで、 午後の3時からのパスポートでしたが、思っていた以上に満喫出来きました。

アラジンエリアで大はしゃぎ。ラジャーがかわいすぎてパチリ!

こう見えて(?)私は絶叫系の乗り物が苦手なので乗れないものも沢山あるけれど、ジャスミンのフライングカーペットは怖くなくて気持ち良かったのも嬉しい収穫です。

さぁ、今日も全然関係ない前置きをタップリしたところで、とっても嬉しいご感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます。
※ご本人より掲載の許可をいただいています。

お悩み相談へのご感想(シホホさん)

マミコさん

こんにちは。シホホです。
先日は私の相談に真摯に回答していただきありがとうございました。
とってもうれしかったです。
お礼をお伝えしたく、他のメールフォームが見当たらなかったのでこちらから失礼します。

他人からバカにされたときに傷つくのを防ぐために、
先回りして自分で自分をバカにして自分の心を守る。
というなんともややこしく器用なことをしていたんですね、私。

私は幼少期に母から褒められたことがありませんでした。
大人になってから母に聞いたのは、親が変に褒めると子供の可能性を狭めると思ったからあえて褒める言葉かけをしなかったそうです。

ですが子供の私は、「お母さんは何をやっても褒めてくれないのに、ちょっとしたことをからかって笑う。私っていいところないんだ」と思い、どんどん自尊心がなくなっていったのだと思います。
そこに男子からのからかい、というオプションが付属されてしまったのかな。

また、母から「お母さんは子供のころ親に言われなくても勉強したのに、お前は言ってもしない」等々、
よく母の子供時代と比べて〇〇をしない、〇〇ができないと言われていたので
無意識のうちに、できない私は価値がないというセルフイメージを持ってしまったのかもしれません。

マミコさんからの回答を読んで
ゆっくりと焦らず、良い方向にセルフイメージを変えていければいいなあと思いました。
過去の清算も、やってみようと思います。

マミコさんのブログを読んで文章から優しさや穏やかさやユニークなお人柄を感じ、この方に相談してみたいと思い、思い切ってブログに直接相談をお送りさせてもらいました。

回答をいただいて、やっぱり相談してよかったなと思いました。
マミコさん、いつかお会いしてみたいです。

この度は本当にありがとうございました^^

▼嬉しい追記をいただきました – – – – – – – – – – – – – – –

マミコさんのギン様と仁くんとの日常のブログもひっそりこっそり楽しみにしています。
(ギン様って呼びたくなるお顔ですよね♡)

文字数の都合で最初にお送りした感想に書ききれなかったのですが、
いつかマミコさんに根本さんのようなランチ付とか
アフタヌーンティー付のグループセッションを
開催していただきたいです。
そしたらきっと私張り切って参加させていただきます!

どこかでお会いできたらうれしいです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

▼シホホさんのお悩み相談はこちら

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

シホホさんが「相談してみようかな?」と思ってくれた事、とっても嬉しかったです♡
何か少しだけでも心を楽にするヒントがあったでしょうか??

私たちの心は自分を守ろうとしてややこしい事をしてしまったり、生き辛さに気付いて!とSOSを発するかのように見たくないものを見せたりして一生懸命に頑張ってくれています。
先回りして傷付かないようにしてくれている健気な心の持ち主であるシホホさんが、これから少しずつシホホさんの中に隠れている沢山の魅力にOKの許可を出して感じていくことができますように。

> 私は幼少期に母から褒められたことがありませんでした。
> 大人になってから母に聞いたのは、親が変に褒めると子供の可能性を狭めると思ったからあえて褒める言葉かけをしなかったそうです。

「可能性を広げてあげたい」というお母さんの愛情が、シホホさんの求めていた形と違っていたのは残念だけれど、褒める事が出来なかった根っこの部分に「愛」がある事を知れた事は、大きく素敵な収穫ですね。
お母さんなりの愛情表現も、ちょっとややこしくて遠回りだった、のですものね。

お母さんの子供時代の話の中には、言われなくても頑張らないと認められなかったがゆえに奮闘した過去が隠れているのかもしれませんね。
本当のところは分からないけれど、お母さんも何かしら子供時代に経験をしていて、自分が育てられた方法に不満を感じていたりして、全く違うやり方でシホホさんを育てようと思っていらっしゃったのかもしれません。

けれど、ずーーっと比較されて認めてもらえなかった事は、やっぱり悲しいし淋しい事だもの。
今、その悲しさを感じた時に「ヨシヨシ」として、シホホさんが沢山シホホさんの事を褒めて伸ばしてあげてくださいね!
遠くでマミコも褒め褒めしてますからね~。(うふふ)

どもどもです。オレ、ギン様です。イケメンなオレに惚れちゃったようですね。オレへのファンレター、嬉しかったです。

ギンちゃんのイケメン具合に賛同していただき、ギンちゃん・仁くんにファンレター(?)までいただいて、マミコ・銀太・仁くんの3魂でいただいたメッセージにキャッキャしました。

ランチやお茶会…
そんな素敵な時間を開催できる日がいつかやってくるように、私も出来る事をコツコツ積み重ねて、いつかご案内できる日が来るように目標を持ちたいと思わせていただきました。

師匠のセミナーだったり講演会だったりに参加したりもしていますので、どこかで「こんにちは♡」と会えたりするかもしれませんね。
その時はぜひ、お声掛けいただけたら、ぴょんぴょん飛び跳ねて喜びます!!

ご丁寧で優しく、あったかいご感想を届けてくれたシホホさんのあったかい愛をギューッと感謝して受け取って、シホホさんへの心からのありがとうをが届きますように。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

あなたのお悩みを、ここでそっとシェアしてもいいよ!という方がいらっしゃったら
あなたの心の声・思いを聞かせてください。

私なりの形で、あなたのお悩みに寄り添いたいと思っています。
ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談を送ってください。

ブログdeお悩み相談に応募する

  • HOME
  • >
  • ご感想
  • >
  • (ご感想)ゆっくりと焦らず、良い方向にセルフイメージを変えていければいいなあと思いました。