手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

(御礼)13日の金曜日。ジェイソンの代わりに素敵な笑顔に出会えました。

今日もホカホカのお天気なんでちー マミコちゃんは土曜日のお仕事の日でち。

昨年から「月に一度の土曜日出勤」という謎の制度をお試し運用すると言われ、なぜかコロナの件で「お試し」はどこへやら…と、今年度も当たり前のように月に一度の土曜出勤が継続されいて「むぅ」と思っているマミコです。

この月1出勤は【未来に向けた投資の日】という事で、通常業務日ではなく新商品のための開発会議だったり、勉強会を通して新技術を共有したりするはずだったので、業務日が増えたというよりは会社の成長のための前向きな日だったのですが、コロナで未来よりも今を何とかしないと!!という事で、通常業務日になりました。

とはいえ、在宅勤務なので出社と比べたらストレスはないのでいいのですけれど、出社勤務となったら暴動ものです。はい。

なーんて、今日は午後から有給をもらってあれこれ用事を足しに行ってきたのでとっても気楽だったんですけれど。うひひ。

ウンベラータさんが巨大になって エアコンを塞ごうとしてるんでち。 春になったらチョッキンするって言ってるでちよ

そうなんです!!!
写真の奥に写っている大きな緑の木が「ウンベラータ」という観葉植物なのですが、別居をしてこのマンションに引っ越してきた際に我が家のシンボルツリーとして迎えました。(我が家では「ウンベさん」と呼んでいます)

実は初代ウンベさんは、冬の時期に私が入院して留守にしていた際に寒さにあたり「人間で言うところの全身しもやけ」みたいになり、ダメになってしまったので3年前に小さな鉢を買ってきて再度育てだしました。

なので2代目ウンベさんなのですが、我が家は日当たりがいい事もあり、尋常じゃない成長の仕方をし、今年はとうとう私の背丈を超えました。

夏の途中で「このまま真っすぐ伸びたら天井に着く!」と、慌てて柔らかい幹を紐で縛って曲木にして横に伸びるようにしましたが、今年の成長が止まった10月くらいに

もう来年はこのまま成長させられないので「取り木」をしなくてはいけない…と、上の部分を切って他の鉢に移植する作業をしないといけなさそうです。
取り木はしたことがないのでドキドキしていますが、まずは新潟の寒い冬を元気に越せるようにと枝の様子を見るのがここ毎日の朝の日課です。

* * * * *

どーでもいい前書きがめちゃくちゃ長くなりましたが、昨日11月13日の金曜日に

鬼畜生になり切れない私たちのための「自己肯定感クリニック」再診の日

を無事に終えることが出来ました。
今回はゲリラもゲリラ、開始まで1週間ない状態でいきなり募集をするという「鬼の所業」のようなことをしてしまい、サトヒーヌと二人で「ゲリラにも程度ってものがあったよね…」と小さな反省をしましたが、

前もって予定を立てるのが嫌なので、ゲリラだったから参加しました

という声をいただき、そうなのか!!という新しい気付きもいただくことが出来ました。
おふたりにご参加いただきましたが、少人数だったので少し長めにお話をさせてもらえてついつい話過ぎてしまいましたが、すごくいい時間を過ごさせていただきました。
ご参加、本当にありがとうございました。

ゲリラにせよ、前もってきちんとイベントをご紹介して応募をさせてもらうにせよ、みなさんそれぞれに事情や用事、タイミングがあるんですよね。
気になるけれど勇気がない…という方もいらっしゃると思いますし(← 過去の私。いろいろ参加したいセミナーなどがあったけれど迷って迷って参加できないタイプでした)、ご参加のみならず「気になるなぁ」と思ていただいたすべての皆さんに、『心からありがとうございます』を届けさせてください。

相棒のサトヒーヌが、シリーズもので「自己肯定したいあなたのための処方箋」という記事の中で、今回の「自己肯定感クリニック」について書いてくれています。

記事の中でサトヒーヌことサトヒカウンセラーが、自分のことを脳内で否定し続け【自己否定3種の神器】を身に付けていたと書いていました。

●自分のことが嫌い
●自分のことが許せない
●自分なんていない方がいいと思う

あぁぁ、分かりみしかない。
私も同じ十字架を自分でわざわざ背負って生きていました。

自己否定・自己嫌悪している人はもれなく持っている「3種類」だとは思いますが、どう頑張っても「自分以外の人として生きることはできず、自分は自分と生涯付き合っていく必要がある」のに、その自分が大嫌いな時って、生きることにも絶望します。

でも死ぬのも怖いし、正直言ったら死にたくない。
自分に自信がある人が眩しいし、羨ましいし、あんな風に楽しく生きたい。

そう思っては「無理矢理ポジティブシンキング」だったり、自己愛を身に付けるために「用事は断ってみる」だとか、

テクニック的な事に走り、全く自分の「気持ち」を置き去りにしていました。

でもそれは、テクニックに走って何とかなるなら自分を楽にしたい、という藁にも縋るような思いだったからなんですよね。
それだけ苦しかったという事。

そして、自己啓発系の本や引き寄せ系の本、ちょっとスピ系の話から心理学や言霊系の本など、とにかく「自分を好きになって楽にならせてあげるための方法」が知りたくて、本を読みまくって実践するものの、自分に鞭うって「義務」のようにテクニックをこなしていくので、途中で挫折しては

また私は自分を好きになれなかった。
こんなにも努力しているのに、私は自分が好きになれないなんて、私って本当に最低なやつだ。
だからいつも「捨てられる」んだ。

と、失敗や挫折で心はポキポキ折れ曲がり、ダメの経験値だけを積み重ねて自分をこじらせていきました。

サトヒちゃんも記事の中で書いていましたが、確かに一つ一つは「実を結ぶ前」に挫折したり続けられずに断念したけれど、

自分のために与えたものは、何も無駄なんかではなく、ちゃんと心の土壌に柔らかい栄養として浸透していたんです。

あれもこれも、手を出した全てがきっと、ゆっくりと発酵するように時間がかかった後に複雑に混ざり合いつつ、自分と仲直りする際の力になってくれていると思っています。

もしもあなたが今、自分を愛してあげたい・好きになりたい・もっと楽に生きたいといろんな取り組みをして、それが今一つうまく行かずに落ち込んだり、自己肯定することに疲れたり、自分には無理なんじゃないか…と肩を落としてたら、ぜひこんな言葉を自分にかけてあげてください。

– – – – – – – –
あなたは今、土を耕し、肥料を与え、種を撒いているんだね。
その種は全てが芽吹くわけではないかもしれないし、時間がかかるかもしれないけれど「蒔いたら時期が来るまで待つ」しかないもんね。
私はちゃんと、私を助けようとしていて、本当に私に対する愛があって素敵だね。
– – – – – – – –

我が家は観葉植物ばかりで、花をつける鉢は唯一「ミモザ」を育てています。
ミモザの木に、この7月~9月の間にいくつもの蕾がつきました。
季節を間違えて今にも咲くんじゃないかと思う位にふっくらとしだしたのに、そこでパタリと成長を止め、今もまだ蕾のままです。

ミモザは春を告げる2月~3月に咲きます。(私の暮らす寒い地域ではもう少し後に花を咲かせます。)

今にも咲きそうに見えて、蕾の時期がとっても長くて、寒い冬を越すため「大丈夫かな?」とハラハラしますが、ミモザにとっては自分が咲く時期はだいぶ先だと分かっているので、咲きそうで咲かない沈黙の時間があります。

自分を肯定するための様々な取り組みも、この蕾と似ています。

手応えを感じたり、小さな変化を通して「前より楽になった」「前より自分を否定しなくなった」というのは、自分と仲良くなるための蕾のようなもので手応えがある状態です。
そこから一気に自分を肯定できればいいですが、人によってはそこからしばらく時間がかかって、まるで無理なんじゃないか?と思う冬のような膠着した時間が流れることもあります。

あぁ、やってきたことは手応えまではあったけれど実を結ばなかった

と思ってしまいますが、ただ「咲く時期がもうちょっと後」なだけで、やってきたことはちゃんと咲きます。
思ったような花ではないかもしれませんし、うーんと時間がかかってから咲くかもしれません。

昨晩もカウンセリングの場で私の事を少しお話させてもらいましたが、今こんな風にケラケラ笑っていますが、生きることを諦めそうになって心療内科の扉を叩きボロボロ泣いて(それまでは泣くことも出来ない時間もありました)、ただ毎日を生きる事だけを目標にしていた時期もあります。

それでも私は今、自分と一緒に笑いながら生きています。

うまくやれなくても大丈夫。
挫折しても失敗しても、トンネルの先が見えなくても、大丈夫です。
あなただから大丈夫。あなたを信頼してあげて、大丈夫です。

「自己肯定感クリニック」では、サヒちゃんと私の2人のカウンセラーが揃って同じ話を聞かせてもらいますが、私が見ていない角度からサトヒちゃんが質問や見解を届けてくれることで気付けるものがあり、相乗効果で一人では届けられないものを見つけることが出来る事にすごく自分たちでビックリしています。

私もサトヒちゃんも「自己否定しちゃったり自分を生きづらくさせてしまう位、人を思える優しさや能力があるあなたの価値や魅力を届けたい」と思っているので、受け取るのがしんどい…と思われるかもしれませんが

2人があらゆる角度から「そうするしかない様々な事情や痛みを抱えているあなたの与えてきたものや力、あなたに備わっている魅力」を探したり引っ張り出してお届けしています。

私たちは、散々つまづいたり失敗してきましたから!
足踏みしているあなたも、あれこれするのに気持ちが付いてこないあなたも、同じ場所をグルグルしていると肩を落とすあなたの気持ちが、痛いくらいよく分かります。

それゆえに自分で責めちゃうことも、ね。

そうするしかない「あなたの今」を「しょうがないもんね。お疲れ様、よくやってきたね。」って笑って包み込めるような時間をお届けしながら、クリニックを出た後で「なんかちょっと気持ちが軽くなれた…かな?」と思ってもらえたらいいなぁと思って準備をしてあなたをお待ちしています。

さぁ!ここからはステマです!!!(← 予告)

ドクターのサトヒがお話を聞かせてもらってあれこれ処方箋をご提案し、ナースのマミコが合いの手…ならぬ「それでいいんだよ」とそっと絆創膏を貼りながら気が緩むような「自分の愛し方」をご紹介したりする【鬼畜生になれない私たちのための「自己肯定感クリニック」】を、今月28日(土)にもう一度再診予定です。

11/13(金)に加え、11/28(土)追加開催決定!【限定4名】鬼畜生になりきれないあなたのための「自己肯定感クリニック」
11/13(金)に加え、11/28(土)追加開催決定!【限定4名】鬼畜生になりきれないあなたのための「自己肯定感クリニック」
こ、こ、こんにちわーー!(← 控えめにそっと入ってきたイメージでお読みください)今世のうちに鬼畜生になる事を目.....
https://many-smiles.com/counseling/self-esteem-clinic-03

自分一人では出口が見えない、なんだかしんどい、自分苛めがやめられない、ただ話を安心できる場所で聞いてもらいたい…

そんなあなたの大事な思いを、私たち「鬼畜生見習い」に話してみませんか?

全4名様でのグループカウンセリングでは、自分以外の人の話から気付きを得たり自分に当てはまる「悩みの種」を見つけたり、マンツーマンで体験するカウンセリングとはまた違う発見があります。

気になる…と思っていただけたあなたの話を聞かせてくださいね♡

▼色々すっ飛ばして申し込んでみる!

お申込みはこちら

最後に突然の予告

サトヒちゃんも書いてくれていましたが、12月5日(土)の午後から、鬼畜生になれずに終わった心優しきみなさんと1年の自分を振り返り、来年を素敵に夢見る時間を計画中です!

サトヒちゃんが臨月で、来年早々「赤ちゃんの誕生」という嬉しいニュースが飛び込む予定なので、ママとして大事な時間を優先するため、鬼畜生見習の私たちの活動はしばらくお休みすることになると思います。

11月28日(土)の鬼畜生クリニックが、サトヒ&マミココンビでみなさんの個人的なご相談やお悩みをお受けできる最後の場となります。

12月5日(土)にやる予定でサトヒちゃんと計画・レジュメ等を煮詰め中のものはワークショップ形式を考えています。

ジェイソン襲来の可能性のある日、かつ大西ライオンさんの誕生日に再診した「自己肯定感クリニック」はゲリラ過ぎて自分たちでも冷や汗をかいたので、あらかじめ今後の予定をご紹介させていただきました。

どちらも「私たちが楽しいと思えないものはやりたくない!」と鬼畜生に考えて企画しているものなので、一緒にあったかい時間を過ごしたいと思っています。

ではでは、これにて突然失礼します。
ほな、ドロン!

  • HOME
  • >
  • カウンセリング
  • >
  • (御礼)13日の金曜日。ジェイソンの代わりに素敵な笑顔に出会えました。