手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

(ご感想)しばらくは悲しくて寂しい気持ちが続くかもしれないけれど、ショックで心が凝り固まってた状態からは抜けられた気がします。

このざまですよ…って言ってた キウイくんでちね!!

いかに楽して痩せるか?!が命題である「ズボラ国在住」のおまみーぬ。

健康診断前に少しでも痩せる方法はないか?とgoogle先生に聞いてみたところ「キウイを食べたら知らないうちに痩せちゃった♡」というものを見つけ、ほほう…と手を出したキウイフルーツ。

私はあまりフルーツが得意ではなく(のわりに、果物の話をしている気もしますが)、好きなフルーツベスト3は

1.シャインマスカット
2.桃
3.パイン

と、ほぼほぼ夏系のフルーツ。
次点で「スイカ」「キウイフルーツ」「グレープフルーツ」と続きます。

フルーツを積極的に採れば、お肌にもきっといい影響(ビタミンとか瑞々しさとか)があるに違いない!と思うので、キウイは好きな果物グループに入れている事もあり、毎日1個~2個を食べる生活を続けています。
ダイエット効果…はまだ分からないけれど、ビタミン接種は風邪予防とかにも効果があるはず!だし、当社比ですが「私が潤ってきている気分」を味わえています。

近所のスーパーに並んでいるキウイは、グリーン・ゴールド共に「ゼスプリ」のみ。
大きさによって値段も違うのですが、キウイって1つ100円以上するんですね!!ビックリ。

毎日続ける…には、もう少しリーズナブルだといいなぁと思っていたら、まとめ売りされているこちらを発見。
お値段は8つ入りで400円位なので、一つ50円位。
少し小さいのだと思いますが、継続にはこれくらいのお値段だとありがたい限りです。

ゼスプリのキウイと言えば、CMで見かけるゴールドとグリーンの「なんか独特」で愛らしいキャラクター。
調べてみたら『キウイブラザーズ』というキャラクター名で、なんとグリーン・ゴールドの他にピンクもいました!!

ピンクのキウイなんて食べたことないなぁ。
どんな味なんだろう。気になります。

はっ!
サラッと触れる予定でしかなかったキウイトークをこねくり回してしまい、こんなに長くなりましたが、鬼畜生クリニックへのご感想をもらっていますので、ご紹介させていただきます。

鬼畜生クリニックのご感想(Yさん)

まみこちゃん、さとひさん
昨日は本当にありがとうございました。

前の日もお友達と話してて泣いていたし、今回は初めてお会いするもう一人のクライアントさんもいたので、泣くつもりは全然なく、、、ところが話し始めたとたんに泣いてしまいましたね。

まさに失恋したような気持ちですね。
楽しかったのに、大好きだったのに別れなきゃいけなかった、みたいな。
でも、まみこちゃんが「好きなままでお別れしていいんだよ」って言ってくれてホッとしました。

まだしばらくは悲しくて寂しい気持ちが続くかもしれないけれど、ショックで心が凝り固まってた状態からは抜けられた気がします。

ありがとう。

1)なぜ「鬼畜生クリニック」にご参加いただこうと思ったのですか?

優しさとユーモア溢れるお二人のキャラクターとコンビが好きなので(笑)

2)「鬼畜生クリニック」で得られたものがありましたか

a) 自分では気づいてなかった心の癖をほどいてくれたり、
b) モヤモヤ感じていたけど言語化できていなかったことを言葉にしてもらってすっきりしたこと。

a)普段は結構ゆっくりと柔らかい口調のまみこさんがハッキリきっぱりと、「でもYちゃんは自分のライフワークのために時間もお金も投資してきたじゃない」と言ってくれてほんとにハッとしました。
自己肯定感は低くはないと思いますが、自分の努力は割引してしまう癖があったなって気づきました。
自分がしてきた努力をそのまま認めてあげたら、自分が次のステージに到達していることは当然のことなので、それに伴う経験を受け取ることができると思いました。

b)友人から自分に向けられる嫉妬心に対する気持ち、ということでサトヒさんが「上辺だけを見て羨ましがって、私がここに到達するまでの努力なんて知らないくせに。棚ぼたで手に入れたわけじゃないのに」と思った経験があると言われて、私がモヤモヤと感じていた気持ちを代弁して頂きました。
自分がどれだけ努力をしたかをもっと自分自身が自覚したら、他人から嫉妬されることもなくなっていくかなと思いました。

3)サトヒ&おまみの鬼畜生コンビにやって欲しい企画があれば教えてください

鬼畜生ワークショップ、みたいな感じで、鬼畜生になれない人を具体的なワークを通じて「小鬼畜生」ぐらいにはするのはいかがでしょうか?

ほんとにありがとうございました。
そして楽しかったです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

Yさん、鬼畜生クリニックへのご参加とご感想(アンケート)を書いていただき、ありがとうございます。
とっても嬉しいです♡

> 今回は初めてお会いするもう一人のクライアントさんもいたので、泣くつもりは全然なく、、、ところが話し始めたとたんに泣いてしまいましたね。

Yさんが流していた涙は、とても「愛あるあたたかい涙」でしたよね。
大切な人を思って流す涙って、見ていてもとても感動するものだなぁ~というのをYさんから教えてもらいました。

話をしようと思った時に、様々な感情がブワーーッと沸き上がったと思いますが、ゆっくり一つずつ、大事なYさんの気持ちを話してくれてありがとうございました。

私も感極まって泣くことはよくあるので、あぁ、Yさんも同じだー!と勝手に親近感を覚えました。
うふふ。涙の事は気にしないでくださいね!

> まだしばらくは悲しくて寂しい気持ちが続くかもしれないけれど、ショックで心が凝り固まってた状態からは抜けられた気がします。

わーー!よかった。
寂しい気持ちはしばらく居座ると思うけれど、その寂しさは「大事な人に対してだから湧きあがるもの」ですし、一時的なお別れをしても、ご縁があればまた関係が復活するものなので

一時的にバイバイだね。
私が先に行って待ってるね。

と、少しずつでいいので気持ちが楽になって行けますように。

> a) 自分では気づいてなかった心の癖をほどいてくれたり、
> b) モヤモヤ感じていたけど言語化できていなかったことを言葉にしてもらってすっきりしたこと。

自分の事を俯瞰して見れるようになっても、人から「こんな素敵なところがあるよ!」と教えてもらって「あ…そっか!」と拾えるものってありますよね~。
カウンセリングの時間がYさんにとって「気付き」がある時間だったと知れて、とっても嬉しいです。

サトヒーヌは本当に「言語化」してスッキリさせてくれるプロフェッショナルだよね!!

私はうまく言葉を見つけられないのだけれど、サトヒーヌと一緒にグループカウンセリングやワークショップをやらせてもらう度にそうそう!そう言いたかったの!!とモヤモヤッとしたものに名前を付けるように言葉で処理できるので、色んな人にサトヒーヌの「言語化の魔法」を感じてもらえたらいいなぁ~と思っています。
言葉にして表現できると、モヤモヤが成仏するというか、なんか取り扱いやすくなるんですよね~。

私たちカウンセラー側も「2人」だから気付けることや届けられることがあると思っています。

それぞれが質問をさせてもらったり、やり取りをさせてもらうのを聞いていて「あ!こういう面もあるかも!」と気付けたり、そこから話を膨らませたり笑いに変えたり。

私たち自身がすごくいい時間だと思っていますし、2人で「価値や魅力」を探すことで、隅から隅まで…じゃないですが、細かいところまでお話いただく皆さんの「素敵さ」を探させてもらえるのはとっても嬉しい時間です。

> 自己肯定感は低くはないと思いますが、自分の努力は割引してしまう癖があったなって気づきました。

おおおーっ!すごい気付きがありましたね~~。
そうよ、そうよ、Yちゃんが自分を幸せにしてライフワークを生きるとコミットメントして、自分のために今まで存分に「時間もお金も投資」したんですもの!!
ディスカウントする必要なんて全くないんですよね~。

とはいえ、ディスカウントしたくなるのも「大事な人」だからですし、できれば一緒に幸せになるために進んでいきたいと思っちゃいますよね。

自分が暮らす世界はマンションや会社のフロアのようなもので、一段上のお部屋やフロアに移動するとなれば、それまで同じフロアにいた人と離れてしまうことになります。
新しいフロアで新しい人間関係が待っている(それは自分によりフィットした関係がある)とはいえ、慣れ親しんだ大切な人たちとお別れするって寂しい気持ちになりますよね。

それは「卒業式」に似ているのかもしれません。

卒業式は「ハレの日」「門出」でおめでたい旅立ちの日です。
けれど今までずーーーっと一緒にいた大好きな人たちと、毎日のように会えていたのに、バラバラになってしまい、人によっては疎遠になります。けれど、いつまでもそこに留まる事はできず、必ず卒業式はやってきますよね。

また、自分だけは卒業したくない!!と留年するように仕向けても、周りの人は卒業していくのですから、やはり今までと全く同じではいられません。いつまでも同じ場所に留まるってできないんですものね。

自分も、周りも、必ず変化していくものですから。

卒業後にそれぞれの場所で新しい人間関係・新しい社会を作っても、ひょんなことでまた出会い、意気投合して関係が始まる事もあります。

新しく繋がりなおすことが出来るかどうか、未来の事は予測は出来ないけれど

もしかしたら、また会えるかもしれないね♡

と、新しいステージに向かう際に離れ離れになる大切な人たちに笑顔を向けて、またどこかの人生の曲がり角で出会えるといいですね!

新しいステージに向かうYちゃんに、ぜひ贈りたい言葉があります。
赤毛のアンの一節なのですが、とっても素敵な言葉です。

今、曲がり角に来たのよ。
曲がった向こうには何があるか分からないけれど
でも、きっといちばん良いもの(素晴らしい世界)に違いないと思うの。
(赤毛のアン・モンゴメリ 著より引用)

この言葉は、アンが大学進学を諦めて就職する「言わば人生の曲がり角」を体験している時の言葉なのですが、私たちは幾度となく自分の人生の「曲がり角」を曲がります。

それはステップアップだったり、夢や生きやすさにより近づくための変化も含まれるのですが、人間関係が変化する時はやはり不安に感じるものです。

角を曲がって新しい世界の扉を開けるYさんの前に広がる未来に、何があるのかは「扉を開けてみてのお楽しみ」ではありますが、アンの言葉を借りれば

きっと一番よいもの・素晴らしい世界

が広がっているんですものね。
そのために、今まで「こっちに行くんだ!」と舵を切って来たんですし、新しい世界を楽しみながら、その世界に大切な人がやってきてくれるのを祈りましょう!

> 鬼畜生ワークショップ、みたいな感じで、鬼畜生になれない人を具体的なワークを通じて「小鬼畜生」ぐらいにはするのはいかがでしょうか?

鬼畜生ブートキャンプ!みたいに、鬼畜生特訓をする時間、楽しそうですね~~。

って、私たちも「鬼畜生になり切れていない」ので、一緒に鬼畜生道を極めていく必要がありますが、まずは小悪魔ならぬ「小鬼畜生」を目指すっていいですね!!
さっそくサトヒーヌと何か楽しく鬼畜生になれる方法がないか…と相談したら、楽しくなりすぎて横道に逸れだしてまとまらなかったので、またちゃんと真面目に(?)鬼畜生ワークショップが出来るように煮詰めたいと思います。

Yさん、鬼畜生クリニックへのご参加、そしてご感想を届けてもらえて嬉しかったです。
ありがとうございました。

  • HOME
  • >
  • カウンセリング
  • >
  • (ご感想)しばらくは悲しくて寂しい気持ちが続くかもしれないけれど、ショックで心が凝り固まってた状態からは抜けられた気がします。