手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

仁くんは入院延長となり、今日もお迎えは叶いませんでした。

今日は仁をお迎えに行けると 思ってましたが まだお泊り延長ですか…

今日で入院して3日目になる仁くん。

昨日の面会時にはお肉やジャーキー、カリカリも食べることが出来ましたし、病院へ連れて行ったときのパヤーンとした表情はだいぶ良くなり、今日には「お迎えOKですよ!」と言ってもらえると信じていましたが、残念ながら今日も退院は見送りとなりました。

昨日よりは良くなってきているものの、まだ「お帰りOK」の基準には満たないとのことで、酸素室で呼吸を楽にさせてもらいながら点滴を続けることになりました。
今日は仁くんの主治医の先生はお休みで、引継ぎをして診てくれている先生の話では「このまま状態が安定して波形も良くなれば明日、またはあさってにはお家に帰れると思います」とのことでした。
が、あくまでも「良くなれば」という事なので、はっきりとした退院日はまだ未定です。

今日はお迎えに行けるだろう!と思っていたのですが、ギンちゃんも寂しいようでいつも仁くんが居る場所で寝ていました。
明日にはまたこの場所に仁くんがちょこんと座ってくれたら嬉しいね。
マミコ&ギンちゃんで、仁くんの場所を大事にしながらお迎えOKの電話が来るのを待とうね。

マミコちゃーーん!!マミコちゃーーん!!

今日も「茹でたササミ」と「大好きな紗」を持って面会に行きました。

酸素室の中で私を見つけると、看護師さんとやり取りしている間も真っすぐにこっちを見て「マミコちゃーーーん!!」と尻尾をブルンブルンと振っていました。
立ち上がるようにして酸素室の透明の壁をカリカリして「抱っこしてーー」とアピールをする姿になんだか泣けてきました。

本当はそこから出してムギューーッと抱っこしたいし、一緒にベットでお昼寝だってしたいし、「まだおやつの時間じゃないでしょ?!」なんて言いながらソワソワする仁くんとギンちゃんを見て苦笑いして「しょうがないなー」と言いたい。

酸素室の中で、懸命に訴えた後は「はぁはぁ」と少し呼吸が荒かったので、抱っこは諦めて少しだけ酸素室を空けて頭を撫でるだけでしたが、少しだけでも仁くんは嬉しそうにしてくれていました。

今日も持参した茹でたササミと紗も食べてくれましたし、残りを看護師さんにお渡ししてきたので夜もちゃんと食べて病気と闘う体力が少しでもついてくれてらいいな!と願っています。

マミコちゃんが来て嬉ちくて ちょっとハァハァしちゃったでちけど お注射とお薬頑張って、 明日はにーたんにも会いたいでち!!

うん。
今日は昨日よりも元気になったから、興奮できて「はぁはぁ」が出ちゃったけれど、それだって元気に力いっぱい吠えたり動けたりするようになった証拠だもんね!

ずーっと点滴しているのは辛いと思うけれど、呼吸のしやすい酸素室で楽に呼吸を整えながら、お薬が効くようにしっかり寝て、明日にはギンちゃんの待つお家に帰っていいよ!って言ってもらたらいいね。

今日は「帰れない」という話を聞きましたが、昨日よりも良くはなっているという言葉が聞けたことは嬉しい収穫でした。

仁くん、頑張れ!!!
マミコちゃんも元気が回復するように祈るからね!!!

また明日、会いに行くからね。

  • HOME
  • >
  • 銀太
  • >
  • 仁くんは入院延長となり、今日もお迎えは叶いませんでした。