手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

たった1%の違いが持つ能力。ならばそれを”笑顔”にするために使いたいですよね。

みんな大好きなトムが 揚げ餅になったでちか?!

今日は少し肌寒いかな?と思うくらいでしたが、気持ちよく過ごせた新潟市。
どうやら明日は「一気にプラス5度」という天気予報のようなので、早起きして涼しい時間帯に仁くんのお散歩に行こうと思っています。

先日、キャンドルに点火するための「チャッカマン」のようなものを買いに近くの100均へ行った際に、その近くにあるシャトレーゼに吸い寄せられました。

今、シャトレーゼってテレビでも特集されることが多くてすごい人気ですよねー。

シャトレーゼでは小袋の「揚げ餅」が季節限定でいろんな味で登場しているのですが、以前発売されていた『塩レモン味』が食べたくて、また売ってるかな??と思って見てみたのですが、なんとなんと

トムヤムクン揚げ餅

なるエスニックで刺激的な揚げ餅を発見!!
しかも小さな袋で食べきりサイズな上に、お値段97円(税込)というリーズナブルさ。

パッケージもアジアンテイストでとてもオシャレですよね!

シャトレーゼのホームページをチェックしたら、なにやら人気商品で品薄状態なのだそうで、偶然出会えて買えてラッキーでした。
うふふ、なんか嬉しい。

揚げ餅でトム…
想像つかなかったのですが袋を開けると、ふわーーっとトムヤムクンのスパイシーな香り。

見た目は「こつぶっこ」のような小さな揚げ餅なのですが、口に入れると「あ!想像以上にトムだ!」とトムヤムクンの再現度が高い!!
レモングラスの香りなのかな??それがとてもいいアクセントでとっても美味しかったです。
※ホームページの商品紹介には、パクチーの記載はあるのにレモングラスは書いていないので、味音痴ですみません…

* * *

話はいきなり変わり、少し前に読んだ本で印象的だったものをご紹介します。

いきもの人生相談 動物たちに学ぶ47の生き方哲学(小林 百合子さん著)』という、人間の持つ悩みを色々な種類の動物の生態やクセを通して考えるという面白い一冊。

この本の最初の方で紹介されているのですが、私たち人間は『地球上で唯一、未来を想像できる生き物』なのだそうです。

今、動物グリーフの勉強もしていて、そこでも獣医の先生が「動物は”今”を精いっぱい生きている」と言われて、なるほどと思ってギンちゃんや仁くんのことを考えてみると、2魂が「未来を思い煩う」ことをしているのを見た事がありません。

あ…
ちょっとだけ先の未来(数分後)の事でソワソワすることはあるので、ものすごく「今に直結した未来」は想像しているとは思うのですが、1日後、10日後…といった未来のことを考えることはしていなさそうです。

ちなみに、このちょっとだけ先の未来というのは、いつものご飯タイムに近い時間になってお腹が空いてきたら「もうすぐご飯だよね?」とウロウロしたり、私が仕事中にひと息つく11時過ぎに2魂にもちゅーるや歯磨きガムをあげていたところ、その時間が近づくと「今日もおやつあるよね!」とワクワクして期待した素振りを見せます。
とはいえ、これも体内時計でその時間が近くなると反射的に嬉しいのスイッチが入るのでしょうから、人間の持つ「未来を考える能力」とはまた違うものなんですよね。

話を本に戻しますが、本の中にはこのような言葉書かれていました。

生物の中で、未来を想像できるのは人間だけと言われています。ヒトと最も近いとされるチンパンジーやオランウータンですら未来について考えることはできないの。
彼らにあるのは今だけ。彼らと人間のDNAの違いは1%ほどと考えられていますが、そのなかに”想像する”能力があるわけです。だから人間は平和を思って戦争をやめることもできるし、未来を想像してワクワクする事もできる。
人間にしかない特別な能力ですから、せっかくなら幸せになるために使った方がよくないですか?
(引用:いきもの人生相談 動物たちに学ぶ47の生き方哲学/小林 百合子さん著)

なんと、私たち人間とチンパンジーやオランウータンは「DNAの違いがたった1%」というのに、まずすごくビックリしました。
たった1%の違いなのに、その1%がこんなにも大きな違いになるなんて!!!

そして、この違いの1%の中に『想像することが出来る力』も含まれていて、この力があるから私たちは未来のことを考えて不安になったりワクワクしたりできるなんて、本当にすごいですよね~。

とっても素敵な「人間だけに備えらえている能力」ですが、未来のことを考えすぎると不安になったり身動きが出来なくなってしまうこともあります。
私も見聞きした情報、例えば「老後2,000万円問題」とか「お一人様の未来」とか、考えると不安や暗い気持ちになる事だってありますが、そんな時に不安の沼にハマりそうになる度に

そんな遠い未来のことは予測して不安になり過ぎてもしょうがないこと!
未来を完璧に予言することなんて誰にも出来ないし、不安に思う未来まで私が生きている保証なんてどこにもないんだよ!
だったら不安に思って「今」を無駄にするよりも、もうちょっと未来に近づいてから考えて良くない??
だって子供の時に「スマートフォンがある未来」なんて想像していなかったのに、それが今は普通にあるよね。それと同じで、今の不安が解消されるような画期的な未来になっているかもしれないじゃない!
取り越し不安で苦しむのは、私がつらいだけだから、さぁ、深呼吸して考えるのを手放そうね。

と言うようなことを、不安が襲ってくるたびに自分に伝えて胸を撫でおろして、ゆっくりとその不安から離れることを続けています。

そのおかげで、不安になっても「それ、今考えすぎてもねぇ」「不安でつらかったね、ヨシヨシ」としながら、不安から立ち直るまでの時間が早くなりました。

未来を創造するときに、不安という大きなものに引っ張られてしまうこともありますが、未来を予測する力は、なにもネガティブに使うばっかりじゃないですもんね!

楽しいことを想像することが出来る、それって人間だけに備わっている素敵な神様からの贈り物なんですもんね~。

どうせ空想するなら思いきり素晴らしい想像にした方がいいでしょう?
(赤毛のアン / L・M・モンゴメリ著 より)

アンが言う通り、私たちには想像する力があるのですから、ネガティブな事も思ってしまうこともあっても、それ以上に「素晴らしく楽しい」未来を想像できた方が、生きることが心地よくなります。

嫌な事も、嬉しいことも、まずは半分こ。

それくらいに楽に力を抜いて、未来を創造した時に不安になる気持ちがあってもいいけれど、楽しいことももうちょっと考えていいよ!と、自分に優しく声がけしてあげて、案のように「思い切り自由に素晴らしい創造」を許可していけたらいいですね。

だって、未来を自由に描いて考えられるのは、たった1%のDNAの違いで私たち人間だけに与えられたスペシャルな能力なんですもの。
それを自分を笑顔にするためにより有効に使って行けたらいいですよね。

  • HOME
  • >
  • 考え方
  • >
  • たった1%の違いが持つ能力。ならばそれを”笑顔”にするために使いたいですよね。