手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

嫌い・苦手・無理!っていうものがあるのは当然だし、あっていいもんね。

おっはよーんぬ!でち。仁くん、グリンピースが嫌いだから ペッてしてお残しするんでちー

おっはよーんぬー。よんぬぅーー。(← 最近の我が家の朝の挨拶)

今日も気持ちよい青空が広がり、朝5時過ぎには明るい陽射しが窓から差し込んできていました。
とはいえ、お盆を過ぎると急に「夏の終わり感」が出てきませんか?

残暑も厳しく体感ではちゃんと夏なんですが、夜が早くなってきて網戸にすると秋の虫の声が聞こえたり…と、なんとなく少しだけもの悲しい気持ちになります。
秋は秋で爽やかでおいしくて悪い季節じゃないのですが、多分「好きな事が終わりそう」という雰囲気が寂しいのかな??なんて思っています。

そして、今は在宅勤務が主なのであまりに気にせずに済んでいますが、お盆を過ぎると

急にノースリーブなどの夏服が照れ臭い問題

というのを私は抱えています。
ノースリーブ・ビーサンが好きなので、GWが終わると速攻でノースリーブを着だし(寒そう…といわれたり寒い日もありますが)、ビーサンに至っては3月くらいから勝手に解禁しています。

そうそう、その大好物なノースリーブもビーサンも、まだ全然「残暑厳しい」今は着ていてもいいのに、お盆が終わってもうじき秋だなぁと感じることで、私だけが夏の終わりを勘付いていない人なんじゃないか???と、居心地が悪いような何を着ていいのか分からない恥ずかしさのようなものを感じます。

さらにここに大好物の「わら系バッグ」(別名:カゴバック)を加えると、より照れくささが増します。

今の時期から秋の初めにかけて毎年何を着たらいいんだろう?
っていうか、クローゼットを開けてみてもピンとこなくて、何を着ていたんだろう??と思い、毎年叫んでいる「アレ」を今年も叫ぶ季節になりました。

私、去年の秋のはじめって洋服着てたっけーーー??
大事なところを葉っぱで隠してしのいでたっけーーー?

またもや前置きが長く脱線していますが(そもそも脱線も何も、私が何を話そうとしているか皆さん?なんですけども)冒頭の仁くんのかわいいカミングアウト、聞いていただけましたか??

仁くんはフードの好みがはっきりしているようで、カリカリでは「ニュートロ」「シュプレモ」などのフードは食べてくれますが、お仕事関係の方からお高いアムウェイの鹿肉フード(多分いいもの)をいただき、ワクワクして仁くんのご飯皿に入れて「召し上がれ!」としたのに、全く食べてくれませんでした。
何度トライしてもダメで、いただいたフードは実家のワンコ達に横流しし、実家の子たちははしゃいで食べたと報告をもらいました。(実家のワンコたちは数年前に虹の橋に向かいました)

他にも獣医さんからいただいたサンプルフードや、ペットショップで紹介されたフードサンプルなどもありますが、やはり同じように「ヤダ」と食べてくれません。
その点、ギンちゃんは膀胱炎になることが数回あったので、結石が出来にくい病餌食を病院ですすめられ

とはいえネコちゃんはグルメだから、病餌食は美味しくなくて食べてくれない子も多いんだよねー。
「0」の方が効果は高いけど、それだけ美味しくない…ってことだから「1」とか「2」のレベルを食べればそっちを続ける事でもいいからね~

と言われて渡されたサンプルの、味気ない・猫人気がないほうの「0」をもりもり食べるギンちゃんの姿は、本当に惚れ惚れするくらいかっこいい!!

※ちなみにギンちゃんはロイヤルカナンの「PHコントロール0」というのを食べていました。今は呼び名が変わりユリナリーS/Oという商品名です。

あ、また話が若干脱線したので戻しますが、仁くんは食いしん坊なのに「嫌い」がはっきりしていて、嫌いなフードは絶対に食べません。

そして、それはカリカリだけではなく「おやつ」や「ウェットフード」に対しても一貫していて、歯磨き用のガムやジャーキーなど、買ってみても食べない…などは多々あります。

我が家は晩ご飯のカリカリに、パウチ状のウェットフードを少しだけ混ぜています。
仁くんの心臓のお薬を楽に飲ませるため…に始めたのですが、カリカリの上に普通のパウチを1/3袋くらいという少量を混ぜて食べています。(残りは冷蔵庫で保管して3回に分けて食べるイメージです)

が…
パウチ系のフードってねこちゃんは種類が豊富ですが、ワンちゃん用って少ないんですよね。
カリカリでは「シュプレモ」というメーカーのものを喜んで食べるので、同シリーズのウェットフードも試してみたのですが

カリカリじゃないのは美味しくないでち

と、混ぜた途端に食べてくれなくなります。
ちょっとーー。1個100円以上するのにーーー。

他にも人間が見ると高級そうな「シーザー」シリーズだったり、ゴロゴロお肉と野菜のスープ系だったりをトッピングすると一口も食べてくれず、仁くんが唯一食べてくれるのが

ちゅーるでおなじみの「イナバ」のツインズというウェットフード

やっぱりイナバは最高ですよね。

そうなんだねーー。
ちゅーるがバカ売れしているけれど、それ以外のイナバもねこちゃん・ワンちゃんのお口に合う美味しいものを作っているんだねー。

ご紹介した「ツインズ」というフードには、お野菜も入っていて彩りもいいのですが、この中に【グリンピース】が入っています。

で、どうやら仁くんはグリンピースが嫌いなようで、食べた後でグリンピースを発見すると

ペッ

とお皿の外に捨てるため、たまにお掃除をするときに「放置されてカチカチになったグリンピースのミイラ」が我が家では発見されることが多々あります。

好き嫌いの「いい・悪い」は置いておいて、誰だって苦手だったりできない事だったり嫌な事ってあります。
それは人から見たら大したことじゃないことだったり、そんなこと気にしなくても…というものだったりすることもありますが

自分にとって「不快」であったり「苦手」であったり「イヤ」なものを
無理して受け入れ続けるって、自分虐めなんだよなぁと思うんです。

時には受け入れざるを得ない状況もあるでしょうし、嫌いだから!!と誰かを攻撃したり傷付けたりするのはまた違うと思っていますが、自分が自分の「嫌いなこと」を認めてあげて

私にとってこれは苦手な事だよね。
私にとっては苦痛なんだよね。
私にとっては嫌いな人なんだよね。

と「私にとって」という言葉を使って自分に声をかけてあげて、それを否定せずに「うんうん」と分かってあげると、自分が随分と楽になります。

だってね、私にとって苦手だったり嫌いな人だったりと様々なシチュエーションで頑張ってうまくやろうとしていたのであれば、それを偉いね!頑張ってるね!って褒めてあげた方が、自分が喜ぶじゃないですか。

誰かが分かってくれなくても、側にいる自分が分かってくれたら、嬉しくなりますし安心します。

好きなものを好きだと認めるのと同じように、嫌いなものを嫌いだって「自分が」認める事もまたひとつの自己受容ですもんね♡

嫌いだからと言って排除できないものと向き合っていたら、もうほんと、偉い!!の極みですし、苦手な事にチャレンジしている事に気付いたら、うーんと労ってあげたいですものね。
嫌いを知る・苦手を知るって、自分に優しくするヒントが隠れ居ているのかもしれませんね。

で、一気に話の流れをぶった切り、自己肯定・自己受容するのに「自分を褒める」という例のアレですが、もしもよければみなさんの【今週の私的がんばった事・私的褒められるべきこと】を教えてください!!

本日23:59まで募集をさせてもらっています。

皆さんの頑張ったこと・素敵な価値を「やったね!」「すごーーい」と語彙力乏し目ではありますが、ブログ上で表彰しちゃおう!!と思っていますので、自分で自分を褒めてもなんとなくピンとこない…という方も、自分の頑張りを聞いてよ!という方も、ドシドシ「自分褒め」を届けてもらえたら嬉しいです♡

ちなみに私は、昨晩15歳年下のかわいい系男子から手を握られてキスされそうになる…という幸せ過ぎる夢を見ました。
キスする寸前で朝日が目を刺して目覚めるという悲しい出来事がありましたが、夢の中でではあれど「キュン」が大放出したことが嬉しくて、いいことあったーーー!と浮かれています。

自分を褒めてみる!

自己肯定・自己受容レッスンに…と、よかったらぜひ皆さんの声を聞かせてください。
ではでは、これから気になっているお菓子屋さんをパトロールしてきます!
ほな、楽しい週末を!!

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 嫌い・苦手・無理!っていうものがあるのは当然だし、あっていいもんね。