手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

星に願いを

昨日は七夕っていう お星様のイベントの日でしたね。

ですねー。
七夕といえば「笹の葉に願いを書いた短冊を飾る」お願い事の日。
よく由来を知らないけれど、小さな頃からそういうものだ!と思っていて、私は短冊を書くのも・読むのも好きなのですが、大人になってからは、自宅に笹の枝を飾ったりする事がないため、短冊を書く機会がめっぽう減ってしまっています。

マミコちゃん、今年もお店でたなばたのお願い書いてきたでちよね~

うん。書いてきたよ~
いつもは実家の近くのスーパーマーケットの七夕コーナーで、ちびっこに混じって書くのですが、今年はショッピングセンター内にある「占いコーナー」の脇で、女子高生が沢山願いを書いている中にちょこんと混じって、私もお願い事を書いてきました。

2019七夕の願い ~マミコバージョン~

欲張りマミコは短冊を2枚書きました。

1枚目は【銀太と仁くんが健康で長生きできますように】という何よりも大切な願い。

2枚目は【まみこと♡♡♡さんがパートナーシップになれますように】という片想い満喫中のムホホなお願い。

ギンちゃんと仁くんの健康と長生きを、また今年も短冊に祈りと願いを込めて書く事ができた幸せに心から感謝しています。
だって、毎年こうやって健康を祈れるというのも、ふたりが健やかでのびやかに私の側で生きていてくれるからこそ願えるあたたかい祈り。
この短冊の願いが星に届いて、また来年も同じようにふたりの未来の事をお願い出来ますように。

そして欲張りにもう一枚の短冊が書けた事。
私はまだ、恋に対して臆病で前に進むほどの勇気がなく、キュンとした恋心を両手で包むようにしながら切ない気持ち、近付きたい気持ち、どうしたらいいのか?と迷う気持ちを抱えるだけの『片想い』を楽しんでいます。
最初は好きだ!と思える気持ちをまた持つ事が出来た事に感謝でいっぱいだったのに、だんだんと欲張りになって、もっと近付きたい、もっと知りたい…と前のめりになってきたけれど、まぁ、それが恋ですものね♡
でもね、こんな風にもどかしかったりドキドキしたりできるのも『好きな人が出来たから』であって、

この地球上に好きな人がいる事が幸せ

をすでに私は持っているんですよね。
ついつい「もっと」と思ってしまうけれど、好きな人ができるって、実はそれだけであったかくて嬉しい気持ちを感じられる素敵な事。

1年前の私は、ちょうど離婚に応じると腹を括ったばかりで、慰謝料の話を詰めることでドキドキしていました。
嫌いになって離婚を選んだのではなく、好きだけれど、大好きだったけれど、もう充分私は頑張ったし、自分なりに愛情を届ける事が出来なかった事を受け入れ、離婚をして新しく歩き出そうと決めたばかりで、とはいえちょっとしたことで気持ちはやじろべえをピンとはじくように大きく揺れて、とっても不安定な気持ちで過ごしていました。

1年前の今、また私が恋をするなんて、想像すらしていなかったなぁ。

本当に、未来は予測できないな…
1年前の私に会えたら、ニッコリ笑って耳元にそっと手をあてて内緒話みたいにささやいてあげると思います。

慰謝料請求で胸を痛めていたマミコちゃんには想像もつかないだろうけれど
1年後の七夕の頃には、とっても素敵な人を見つけて、また胸をときめかせているよー。
大丈夫、マミコちゃんは1年後、ちゃんと笑って暮らしているよ。

うふふふ。
1年後の私は、今日の私になんていってくれているのかな???
恋が実ったよ♡と笑っているのかな?
別の人とパートナーになっているよ!と照れたように言っているかな?
何にせよ、きっと1年後にも、私は笑っていてくれたいいな、と心から願っています。

今、少し心が疲れてしまっているあなたの1年後だって、笑顔に縁取られた日々に代わっているかもしれないし、本当に1年でどんな変化があるか分かりません。
ううん、1年どころか1カ月後に問題がスッキリ解決!なんてことや、片想いが実る!なんてことだってあるかもしれず、本当に先の事は分からない。

今の苦しさが永遠に続くように思えるけれど、私たちは日々少しずつ変化していて、この苦しみはいつかゆっくりと形を変えて過去になっていけますから、今、苦しみの渦中にいる人が、また来年には笑顔になっていられるようにと、星に願いと祈りを込めて。
何よりもあなたの涙が乾いて、また少しずつ歩きだせるようにと願っています。

七夕の短冊ではないけれど、今の気持ちをノートに書きだしておいて1年後に見返して見ると成長分にびっくりしたり、1年後の私はどうなっていたら幸せかを書きだしておくと、そのうちのいくつかが現実になっていたり、書いたもの以上の現実を生きていたり…という事もあるので、季節のイベントの時期を利用してノートを活用するというのも楽しい時間になるかもしれませんね!
私も1年後の私の理想図を描いてみようと思っています。むふふふー。
描くときは、思いっきり自由に、ワクワクと描きたいですね!
未来には、私たちの流した涙がキラキラの星になって私たちを照らしてくれるのだもの。
たくさん苦しんだ分だけ、私たちは幸せになりましょうネ♡