手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

心だけじゃなく体に余裕がない時も、自分を甘やかしていい!

マミコちゃんが 安いエナジードリンクを 買ってきたでち…

こんにちはー。ちはー。ちはー。 ← 定番のひとりやまびこ

私の暮らす新潟は、雨が降ったり晴れ間が広がったりと、今週はコロコロと空模様が変わりやすい一週間でしたが、先週はずーーっと雨だったので、それと比べると健やかな晴れ間にニッコリできた一週間でした。

そういえば、満月の月食、見れましたか??

名古屋に滞在した際に「プラネタリウム」で今回の月食について事前予習をしていたので楽しみにしていたのですが、新潟はあいにくの曇りで、雨は降らなかったのですが空を幾度見上げても厚い雲に覆われて月を見ることが出来ませんでした。
くーーっ、残念!

そうそう、ちょうど仁くんの手術から1か月が過ぎましたが、手術のために名古屋に立った日も満月でした。
夕方、仕事を終えた後で「肺水腫」を起こさないようにと利尿剤の注射を打ってもらった後で名古屋に向かいましたが、利尿剤を使っているためこまめにトイレ休憩を挟み、SAで仁くんと満月を見上げながら「どうか無事に手術が終わりますように」と祈ったのを思い出します。

あっという間に1か月が過ぎました。

仁くんは順調な回復ではなく、途中で「感染症」になってしまって1か月の山を越えられないのでは…と思った時期もありましたが、小さな体は「まだ生きる」という事を諦めずにいてくれて、危険な山を越えて1か月の壁を打破することが出来ました。
1か月を超えられない命もあると術後に言われていたので、まずは第一関門を突破出来た事にホッとしています。
とはいえ、大きな身体的負担のある外科手術のため3か月は特に注意をしてみてあげる必要があるので、いつも以上にのんびりと日々を過ごしていこうと思っています。

本来であれば、昨日(28日)に名古屋の病院で術後一か月検診を受ける予定でした。
となると、木曜の夜に仕事を終えたら車中泊の準備をして仁くんと名古屋に向かい、翌日に検査、夕方に結果を聞いてとんぼ返り…と、私もバタバタとしていたはずですが、術後検診を新潟で受けさせてもらえることになり、移動がなくて済んで「肉体的に」だいぶ楽が出来ています。

今のお薬がなくなる前である来週に、仁くんの一カ月後検診をしてもらいます。

術後の「原因不明の炎症(感染症またはアレルギー反応)」を乗り越えた仁くんですが、手術・炎症と立て続けに体力を奪う事が続き、体重が大幅に落ちました。
今はすっかり元気になって(多少お腹は緩いのですが)、食欲も旺盛・元気いっぱいなのですが、急激に痩せたことで筋力も落ちてしまったようで、ソファーやベッドといった「少し高いもの」へ自分でジャンプして乗る事が出来なくなりました。

術後、家に戻って来た直後は普通に飛び乗ることが出来ていたのですが、食べれなくなって激ヤセした後から、飛ぶための力がまだ戻ってきていないようです。

仁くんは「新しいもの」への抵抗が強く、良かれと思って準備したものでも慣れるまでに時間がかかります。(モノによってはずっと慣れずに使ってくれない事もあります。)

ソファーやベッドで寝るのが好きな仁くんなので、普段使っているクッションを重ねて「階段風」にして試してみたのですが乗ろうとしてくれないので、ペット用の階段を買うのをためらっています。
でも、慣れればきっと仁くんにとっても楽に好きな場所に登れるようになるので、やっぱりポチッと買っちゃおうかなぁ~。

ソファーに乗れなくとも、床にクッションを置いてあげればフワフワしたところで寝るので問題はないのですが、ベッドに乗れないのは大問題!!

仁くんはベッドの上で私に「お尻」をくっつけて寝るのが定番スタイルなのですが(他には腕枕スタイルや、なぜか足の間に収まるスタイルの時もあります)、自分でベットに乗れなくなってしまい

くーん、くーん

と悲しそうに鼻を鳴らしてウロウロします。

ベッド下に「仁くんベッド」と呼んでいる、お布団をたたんでカバーをして作った『即席ベッド』があり、日中はそこでよく寝ているのですが、夜はもうずーーっと長年一緒に寝ているので、やはり仁くんもどうしていいか分からない様子。

その仁くんベッドに「階段風」にクッションを置いたりしたのですが、どうも階段は抵抗があるようで乗ってくれません。

私が寝る前に仁くんを抱っこしてベッドに乗せるので、寝る時には問題は感じていないのですが、夜中に問題が起きるんです!!!

そう!トイレに行った後でベッドに乗れない問題。

心臓の手術を終えたとはいえ、まだ心臓のサポートの薬が必要で、術前に飲んでいたより容量は減ったとはいえ「利尿剤」も続けていて、とにかくトイレの回数が多いんです。

私がぐっすり寝ている間にトイレに向かい、その後、ベッドに戻れずに「くーーん、くーーん」という声で目を覚まし、もぞもぞとベッドから這い出して仁くんを抱っこし、秒でまた夢の中へ。
すると寝ていたギンちゃんが反応して「ちょっとカリカリ食べたい!」と変な時間の空腹アピールで私を起こしに来ます。
ギンちゃんの「腹時計故障問題」は、以前に獣医さんに相談した結果

要望に応えて、サッと起きて数粒カリカリをあげて満足させれば落ち着く

という事で、夜中に起こされればベッドサイドに置いてある「ギンちゃんのカリカリ入れ」に手を伸ばし、数粒をお皿に乗せてあげてまたすぐに寝ます。

なので、夜中に幾度か起こされるのには慣れているのですが、

仁くん → ギンちゃん → ギンちゃん → 仁くん → 仁くん

と、一晩に5~6回起きることが続くと、さすがに体がダル重な日も出てきます。
さらに追い打ちをかけるように(しっかり眠れていない事が要因かもしれませんが)、貧血状態が続き、あっかんべーをすると目の下が真っ白な状態で、常に酸欠のような疲れが抜けない日々。

うーーーむ。

ということで、昨日は名古屋に行かずに済んでゆっくり過ごせたので、早々に自分ケアのためにベッドにダイブ。
いつも「5秒で寝る」という位すぐに眠りにつくのですが、昨日は「カンマで寝る」という位、ベッドに入ってすぐにクカーーッと眠りました。

昨晩も幾度か起こされてはいるものの、今日は土曜日で朝も急がなくていい事からのんびりと起きてきて、元気注入の仕上げに

スーパーで78円で買ってきた「デカビタC」でエナジー補給!

私はあまり「エナジー系ドリンク」は飲まないのですが、さすがにヘロヘロかも…と思うと、本格的すぎないエナジードリンク(スーパーで買えるデカビタ・ドデカミン・リアルゴールド)などに助けてもらいます。
レッドブルやモンスターエナジーなどはちょっと強そうで飲まないんですよね。えへへ。
多分、ドラッグストアで買うお高いエナジードリンクとは効果は違って、プラセボ効果(気休め的)なものが大きいとは分かっていますが、なんとなーく元気が回復するような気がしています。

実際、今日明日をなんとか乗り越えなくてはいけない!というような状況でエナジードリンクを飲むわけではないので、強い効果を求めている訳ではないので、私にとってはこれがちょうどいいんですよね。

体のケアや体を甘やかすことも、心のケアと同じようにとっても大事な事。

だからここ数日は「ちょっと頑張ればやれるはず」な事は「頑張らないでお休みしよう」と甘やかしています。
また体がスッキリ元気になれば、いくらだって頑張れますもんね!

アントニオ猪木さんの『元気があれば、なんでもできる!』の通り、元気がある状態ではない時は自分をゆるゆるとっと甘やかしてあげながら元気を蓄える時間が必要です。

さてさて、この後はまたベッドに飛び乗り、ゴロゴロしながら本を読んで少しの時間横になりつつ過ごそうと思います。
みなさんの土曜日が朗らかな日でありますように。

  • HOME
  • >
  • わたしのこと
  • >
  • 心だけじゃなく体に余裕がない時も、自分を甘やかしていい!