手のひらサイズの幸せのお友達

手のひらサイズの幸せ

『ペットロス・離別・失恋』サヨナラの痛みと哀しみを癒す心の保健室 ~あなたの傷に優しく絆創膏を貼るお手伝いをしています~

MENU

夜の不調は弱気になる

マミコがバッグの中を整理するとかいってまた無駄使いしたようですよ

うふ、かわいいでしょ♡

私は割と「キチンと整頓」されているのが好きなので(変な潔癖)、カバンの中や見えないクローゼットの中などが綺麗に整っていないとモヤモヤしてしまいます。

仕事などで持ち歩く荷物は決まっているので、それらは過去に雑誌の付録で手に入れたバッグインバッグやポーチなどで私にとって使いやすく散らからないように整理していますが、さすがに数年たったことでくたびれてきて使いにくくなってしまいました。(角がヨレたりして引っかかるようになりました)

バッグの中の整理用アイテム…とはいえ、やはり毎日使うもの。
だから手にするたびに「うふふ」と思えるものに出会えたらいいな~と、ポーチやミニバッグなどを探していました。

ネコちゃんの布に一目ぼれしたでち~ってマミコちゃんが言ってたでちよ!

そうなのーーー。
2月の末に東京に行った時に妹と銀座にショッピングに行きました。
東急プラザの中で「期間限定の出店」的な感じの小さな一角があったのですが、そこに置かれていた布製品がどれもかわいくて思わず吸い寄せられました。

emoemoというオリジナルテキスタイルや小物販売されている作家さんの作品のようで、ザリガニ型のポーチやハイヒールを履いたトリのポーチ、かわいいブローチなどに心が躍りました。

お店にはネコちゃんの顔型のミニポーチも置かれていてすごくかわいかったのですが、グレーは売り切れてしまったと言われションボリ。
でもミニポーチを探していたんじゃない!!
私が探してるのは少し大きめのバッグを整理するポーチなんだった!!

女子猫ちゃんたちなんですね…だってその…お、お、お、おっぱいが、あ、あ、あ、あるんだな!!

丁度A6サイズのノートやこまごましたミニポーチをいれるのに良さそうなサイズのポーチで、かわいらしいネコちゃん柄に心惹かれたおまみーぬは、自分への東京土産という事にして奮発(?)してご購入。

気分が明るくなりそうないイエロー生地にお花とネコちゃんがプリントされているのですが、ネコちゃんをよーく見るとギンちゃんが照れて「裸の大将」っぽく発言した通り

おっぱいがあるんです!!

ギンちゃんを照れさせちゃうカワイイポーチ(約3,000円)を買って、いそいそと荷物を整理し出したら…

なんと、あと1cmくらい横幅が足りず、普段持ち歩いているノート類がおさまらない!!

という残念の極み乙女という事態に…

ほんと、あとわずか!!なのに、物が入りきらず使おうと思っていた用途では使う事ができないと判明して「それなりにショック」を受けたりはしましたが、別の小物整理かペンやシールなどをひとまとめにして持ち歩く大き目のペンケース風にして使うのもよさそうだし…と、新しい用途を考えている最中です。

ポーチ類ってかわいいものがたくさん売られていますが、いざ「これを買おう」と思う位に気に入るものに出会う事って私はあまりありません。
そして、1度買うとなかなか買い替えるものではないので、サイズはちょっと残念でしたが「一目ぼれできるポーチに出会えた事」それ自体はとっても嬉しかったんです。
やっぱり東京は色んなカワイイが売っていて羨ましいなぁ~。

* * * * * * * * *

話はいきなり変わりますが、私はたまに「胃痙攣」を起こします。

原因は様々なのですが(鎮痛剤による刺激だったり、食べたものによる刺激だったり、過労だったりと諸々)胃痙攣をおこすと胃がとにかく痛くて気持ち悪くなり冷や汗をかいて「えび」のように体を折るようにして痛みをやり過ごします。

特に苦しいのが胃を雑巾を絞る時のようなギューッと掴まれてねじられているような痛み。
表現のしようのないこの痛みには吐き気と息苦しさがセットになり、なんとか耐えていたものの夜中もキリキリと痛みが増して吐いてしまったため、救急車を呼ぼうか考えてしまう程でした。
(タクシーで病院へ…とも思いましたが、下手な動きで吐くためタクシー利用も難しいと悩みました。)

脂汗と嘔吐が止まらない状況の時は病院で点滴をしてもらいますが、胃痙攣というのは病気ではなく「胃の不調による症状」のため、治療ということではなく胃に優しい生活を心がけるしかないうえに、あの痛みはなんだったの?!という感じでケロッと治ったりする謎の症状。

でですね、昨日は仕事中に胃痙攣の症状があり、会社の救急箱に『胃痛』に効く胃薬がないのかな?と探してみたのですが、あいにく胃痛用がなくトホホな気分でいたところ、同僚が

市販の胃痛用の胃薬の成分は炭酸水と同じだから、胃薬じゃなくて『無糖の炭酸水』を飲むといいよ

と教えてくれたので、急いで自動販売機へ!!

ところが自販機にはフレーバー付きの炭酸水しかなく、それでも藁にも縋るおまみーぬは炭酸水を買って飲んでみました。

結果は、病は気から??なのか、なんとなーーく楽になたような、でもしばらくするとまたギューッと胃を捻られるような痛みが襲ってきて、泣きたい気持ちでした。

昨晩は胃痙攣ゆえに横になって痛みをやり逃していたとはいえ、夜中に吐いてしまう程の痛みで救急車を呼ぶか考えた時は、さすがにちょっとだけ気弱になりました。
が、命にかかわる病気ではないため(一過性の痛みのため)弱っている自分に対して

不安になるよねー。だって独り暮らしだもんねー。
このまま一人で病院行ったら、ギンちゃん・仁くんの朝ごはんとか色々心配だもんねー。
痛いと心配になるし、いざとなったら救急車呼んでヨシ!!
だから限界だと思ったら無理しなくていいよー。

とお布団の中で胃をさすりながら話しかけていましたが、横で寝ていた仁くんが寝ぼけた表情で私の腕に顎を乗せて私の顔を見上げるようにしたので、大丈夫だよ!!と話しかけるついでに

胃が痛くてエンエンしてるけど、マミコちゃんは大丈夫だよー。
そうだ!!マミコちゃんは今…

ポンポントラブル発生!
ポンポントラブル発生!

と緊急事態宣言を出してみたら、アホらしくてちょっとゆるみました。

ポンポントラブルとは、我が家で使われている「胃腸がよろしくない状態」を指す言葉です。
私の胃痛・ギンちゃんや仁くんのおトイレ事情がよろしくない(ゆるい)時に発令される緊急事態宣言。

ポンポントラブル発生!
ポンポントラブル発生!と、2回繰り返すのが正しい使用法です。

激しい痛みは落ち着いたものの、まだ胃を絞られるような気持ち悪い痛みは残っていて、今日は炭酸水を持参していますが、そもそもこの「胃痛に炭酸水」って本当なのかな???
ま、でもお薬じゃないし副作用があるものではないうえに、なんとなーく効いてる気もするのでこれで痛みが引いてくれればいいなと思っています。